ブラジル代表エヴェルトンがグレミオ退団へ…移籍先有力候補はアーセナル2019.07.14 20:34 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(23)が今夏の退団を示唆する発言をしている。ブラジル『GloboEsporte』が伝えている。エヴェルトンは13日に行われたブラジル・セリエAのバスコ・ダ・ガマ戦の後、ミックスソーンでインタビューに応じ「18日のバイーア戦(コパ・ド・ブラジル準々決勝2ndレグ)に出るか分からない」とコメント。10日の1stレグの後には「ヨーロッパからのオファーはある」にとどめていた同選手だが、このたび移籍の意思があることを示した。

エヴェルトンにはマドリッド勢やミラン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンなどが興味。『GloboEsporte』によると、スペインクラブが3500万ユーロ(約42憶6300万円)の移籍金に1000万ユーロ(約12憶1800万円)のボーナスを加えた内容のオファーを出したと言われている。

しかしその移籍金に関する事項が複雑で、全体の50%がグレミオ、残りが代理人や古巣のフォルタレザに分配されると、事細かく分けられているようだ。同メディアはこれが移籍の障壁になっていると伝えている。

今年のコパ・アメリカ優勝メンバーであるエヴェルトンは今季はここまでグレミオでの公式戦12試合で6ゴールを記録。同大会では全6試合に出場し3ゴール2アシストとMVP級の活躍を残した。

なお、現在最もエヴェルトン獲得に近いのはアーセナルと言われており、すでに代理人やクラブとの交渉に入っている模様。それでもブラジル代表FWを巡ってはまだまだ争奪戦は繰り広げられる模様で、目が離せない状況となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

コパ得点王のエヴェルトン、ガナーズ移籍近し?

アーセナルがグレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(23)の獲得に迫っているという。スペイン『マルカ』が報じた。 先のコパ・アメリカ2019でブラジル代表の南米制覇に貢献するとともに、3ゴール2アシストを記録の個人としても大会得点王に輝いたエヴェルトン。欧州の複数クラブが関心を示すなか、本人も今夏の欧州挑戦を示唆しており、その行く先に注目が集まっているところだ。 そんなエヴェルトンに対して、移籍金4000万ユーロ(約48億4000万円)でアーセナル加入の可能性が高まっている様子。以前からエヴェルトンの獲得が取り沙汰されてきたアーセナルはクラブドクターをブラジルに向かわせ、すでにメディカルチェックを行ったという。 アーセナルは今夏、クリスタル・パレスでプレーするコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の獲得を最優先事項に掲げたが、高額な移籍金がネックとなり、エヴェルトンにシフトしたとみられる。 2019.07.19 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、コパ・アメリカ得点王のエヴェルトンにスカウト派遣か

マンチェスター・ユナイテッドが、グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(23)の獲得に動き出したようだ。ブラジル方面のレポートをイギリス『ミラー』が報じた。 コパ・アメリカで得点王に輝きブラジルの優勝に貢献したエヴェルトンは、今夏のヨーロッパ行きが濃厚となっている。この新星FWに対してユナイテッドは、10日に行われたコパ・ド・ブラジルのバイーア戦にスカウトを派遣。この試合がグレミオでのラストマッチとも噂される同選手は、フル出場を果たすと共に前半アディショナルタイムにPKを決めていた。 しかし、『ミラー』が伝えるところによれば、エヴェルトンに関心を示しているのはユナイテッド以外に少なくとも2クラブがあるという。 その一つであるミランはすでにオファーを掲示しており、ウイングの補強を目指すバイエルンも強襲する可能性があるという。なお、同選手の契約解除金は8000万ユーロ(約97億4000万円)に設定されていると言われているが、実際は半額程度の移籍金で獲得可能な模様だ。 2014年にグレミオでトップチームデビューを飾ったエヴェルトンは、左ウイングを主戦場にカットインからの強烈な右足のシュートが魅力のアタッカー。先日まで行われていたコパ・アメリカでは、6試合に出場し3ゴールを挙げる活躍で得点王に輝き、母国の4大会ぶりの優勝に貢献した。 2019.07.12 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

火の車アーセナル、新CBにグレミオのカンネマンに関心か

アーセナルが、グレミオに所属するアルゼンチン代表DFワルテル・カンネマン(28)に関心を寄せているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 今夏にセンターバックの補強を目指しているアーセナル。これまでにサンテチェンヌのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)やドルトムントのU-20フランス代表DFダン=アクセル・ザガドゥ(20)らの獲得に動いているものの、補強費が限られていることもあり交渉は難航している。 そこで、新たにカンネマンに目を光らせており、すでにグレミオ側とコンタクトを取っているという。なお、『transfermarkt』によれば、現在アルゼンチン代表DFの市場価値は450万ポンド(約6億1000万円)となっているが、イギリスメディアによると契約解除金は1700万ポンド(約23億円)に設定されている模様だ。。 サン・ロレンソ下部組織出身のカンネマンは、アトラス(メキシコ)を経て、2016年にグレミオへ加入。グレミオではここまで公式戦90試合に出場し、コパ・リベルタドーレスやコパ・スダメリカーナなど3つのカップ戦優勝に貢献。サン・ロレンソ時代にもコパ・リベルタドーレスを制覇しており、プロキャリア8年で経験値は申し分ない。アジリティとスピードを兼備しており、今シーズンもここまで公式戦9試合に出場している。 2019.07.06 15:07 Sat
twitterfacebook
thumb

豪快弾のブラジル代表FWエヴェルトン、欧州挑戦をほのめかす注目発言!

グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(23)が今夏の欧州挑戦を示唆した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 エヴェルトンは2018年9月にブラジル代表デビューを果たした新星。ウィングやセンターフォワードでプレー可能で、ミランやパリ・サンジェルマン(PSG)、ユナイテッドとシティのマンチェスター勢がこぞって熱視線を注いでいるとみられ、今後の動向に注目が集まっている。 そのエヴェルントンは、自国開催となるコパ・アメリカ2019のブラジル代表に選出。15日に行われたグループA第1戦のボリビア代表戦は途中出場だったが、85分に左サイドからカットインしての強烈な右足シュートを叩き込み、ブラジルの白星スタートに貢献した。 個人としてもインパクトを残したエヴェルントンは同試合後、ミックスゾーンで今後の去就について問われると、次のようにコメント。関心が取り沙汰されるユナイテッドの名前を挙げ、移籍に前向きであることをほのめかしたという。 「頭のなかにあるのは、代表のことだけ。僕は選手として、常に頂きを目指している。左サイドからのカットインとフィニッシュは、僕の武器だ。ヨーロッパのクラブでもこのスタイルでプレーする選手がいるから、僕も適応できると思う。マンチェスター・ユナイテッドだろうが、そのほかのクラブだろうがね」 2019.06.16 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レオナルド氏がブラジルに? ミランがグレミオFWエヴェルトン獲得へ本腰か

補強に動くミランは、グレミオのブラジル代表FWエヴェルトン(23)獲得に向けて動き出したようだ。ブラジル『FOX Sports』が伝えた。 マンチェスター・ユナイテッドなども獲得に興味を示していると言われてるエヴェルトン。契約解除金は8000万ユーロ(約100億4000万円)と高額であり、ミランは引き下げの交渉に動いたようだ。 『FOX Sports』によると、スポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が交渉のためにブラジルへ向かったとのこと。グレミオ側は交渉に応じるかは不明だが、エヴェルトンの売却に関しては問題がないものの、コパ・リベルタドーレスが終了してからとなるようだ。 また、エヴェルトン自身も3月のインターナショナル・マッチウィークにミラノへと行ったことを明らかにしており、ミラン入りが一層騒がれることとなった。 一方で、ミラン側は6日にユベントスとの一戦があるため、レオナルド氏がブラジルへ行っていないと主張。ディレクターであるパオロ・マルディーニ氏とともにトリノに居るとしている。 エヴェルトンは昨シーズンのブラジル・セリエAで28試合に出場し10ゴール3アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでは8試合に出場し5ゴールを記録している。また、ブラジル代表としても3月の親善試合2試合に出場していた。 2019.04.06 13:20 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース