【2018-19ブンデスリーガ総括】最優秀選手はキミッヒ!2019.05.28 21:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
★ドルトムント善戦もバイエルンが7連覇
ドルトムントが最終節まで優勝の望みを残す善戦を見せたが、終わってみれば大方の予想通り、王者バイエルンが7連覇を達成する結果となった。ニコ・コバチ新監督の下、前半戦終了時にはドルトムントに6ポイント差を付けられるなど躓いたが、後半戦は“ロベリ”に代わるウインガーとしてコマンとニャブリが攻撃を牽引し、13勝3分け1敗と圧巻の戦績を収めた。とりわけ、第28節でのドルトムントとの直接対決では5-0と粉砕し、王者の貫禄を見せつけた。そして、引き分けでも優勝が決まる状況だった最終節ではバイエルンの黄金時代を築き上げ、今季限りで退団することが決まった“ロベリ”にゴールが生まれるなど、圧勝で有終の美を飾った。そのバイエルンに最後まで食らいついたドルトムントも素晴らしいシーズンを過ごした。知将ファブレ監督の下、新戦力のMFヴィツェルが早々にチームにフィットし、攻守に隙のないチームに仕上がった。とりわけ前半戦はエースのMFロイスがフル稼働し、FWサンチョやFWアルカセルらと共に爆発的な攻撃力を誇った。惜しむらくはそのロイスが後半戦は懸念の負傷に泣かされ、コンスタントにプレーできない状況となったこと。それでもバイエルンのライバルとして、来季以降に繋がる良いシーズンを過ごしたことに疑いの余地はない。

2強に続いたのはライプツィヒだった。名将ラングニック監督が1年限定で現場に戻ったチームは、ヨーロッパリーグ(EL)と並行して戦っていた前半戦は5敗を喫するなど乗り切れなかったものの、ELグループステージ敗退を受けてリーグ戦に集中できた後半戦に加速。10勝5分け1敗の好成績を収め、余裕を持って2年ぶり2度目のCL出場権を手にした。来季は新進気鋭のナーゲルスマン監督の下、更なる飛躍を誓う。

そして、最終節までもつれたCL最後の出場枠を巡っての争いは、レバークーゼンが制した。前半戦は9位と振るわずヘルリッヒ前監督が解任となったが、新指揮官に就任した元ドルトムントのボス監督の下、攻撃陣が躍動した。とりわけMFハフェルツが覚醒し、後半戦だけで11ゴールをマーク。11勝を挙げて怒涛の追い上げを見せ、最終節で今季最高位の4位に滑り込んだ。

そのレバークーゼンに惜しくも巻かれたのはボルシアMGとフランクフルト。ボルシアMGはMFトルガン・アザールに押し上げられる形で前半戦を3位フィニッシュ。後半戦はそのT・アザールに疲れが見えてチームも下降線を辿り、最終節でレバークーゼンにかわされる格好となった。

フランクフルトはヒュッター新監督の下、昨季に続いて長谷部をリベロで起用する策が奏功し、第32節まで4位の座を死守。しかし、ELで準決勝まで進出したチームは最終盤で力尽き、3連敗で7位フィニッシュに終わった。

一方、下位では降格の憂き目に遭ったのが、日本人所属の2クラブとなった。MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーは、初勝利を手にしたのが第7節と苦戦。わずか2勝に終わっていたブライテンライター監督を2月に解任するも、ドル新監督も建て直せず、2月から4月にかけて泥沼の8連敗を喫してしまった。そんな中で原口は守備を泥臭くこなしていたが、それが結果に繋がることは少なく、ハノーファーは2年で2部へ逆戻りとなっている。

そしてMF久保裕也の所属するニュルンベルクも大苦戦を強いられた。こちらは第6節までに2勝を挙げ、まずまずのスタートを切ったかに思われたが、そこから第27節まで勝利から見放されるなど、21試合未勝利が続いた。結局、わずか3勝に終わったチームは最終節を前に1年での降格が決定。久保はわずか1ゴールに終わり、ブンデスの高い壁の前に跳ね返されてしまった。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆DFヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
Getty Images
2シーズン連続で得点王に輝き、7連覇の原動力となったレヴァンドフスキと迷ったが、シーズンを通して最もコンスタントにチームの力になっていたキミッヒを選出。右サイドバックながら累積による出場停止もなくフルタイム出場を果たしたキミッヒは、14アシストを記録し、多くのゴールに絡んだ。また、チームがうまく行っていなかった前半戦には本職のボランチでチームを助けるなど、与えられた仕事を的確にこなして見せた。彼がいなければニコ・コバチ監督の首が飛んでいてもおかしくない程の存在感だった。

★最優秀監督
◆ルシアン・ファブレ(ドルトムント)
Getty Images
ニースで好結果を残し、ブンデスリーガに戻ってきたスイス人指揮官がドルトムントを優勝争いに導いた。ボルシアMG時代の愛弟子であるロイスを軸としたアタッキングフットボールでバイエルンに次ぐ81ゴールを記録。若手の起用も積極的でサンチョの大ブレイクを促した。また、多くのケガ人にも見舞われたが、ヴァイグルのセンターバック起用や、ゲッツェのゼロトップ起用でうまく乗り切って見せた手腕もさすがだった。

【期待以上】
★チーム
◆ドルトムント
Getty Images
バイエルンの一強状態に待ったをかける存在として十分な役割を果たした。補強したヴィツェルやアルカセル、デラネイといった面々がチーム力を押し上げ、サンチョやアカンジ、ラーセンといった若手の台頭でチームが活性化した。近年、バイエルンの独走優勝が続いた中、ドルトムントの奮闘があったからこそ、最終節まで優勝争いがもつれる結果となった。

★選手
◆FWルカ・ヨビッチ(フランクフルト)
Getty Images
バルセロナで燻っていたもののドイツの地で持ち前の決定力を見せ付けたアルカセルと迷ったが、一躍メガクラブ注目の存在となったヨビッチを選出。昨季8ゴールを挙げて徐々に存在感を示していたセルビア代表FWは、今季は得点ランク3位の17ゴールをマーク。両足を遜色なく使え、豊富な得点パターンを持つ点取り屋は、アラー、レビッチと共にフランクフルトの得点源として重要な働きを見せた。

【期待外れ】
★チーム
◆シャルケ
Getty Images
33歳の青年指揮官の下、昨季は2位となってCL出場を果たしたシャルケだったが、CLと並行して戦えるほどの戦力はやはりなく、リーグ戦で大きく躓いてしまった。結局、3月にテデスコ監督を解任したものの、後任のステーフェンス監督もチームを立て直せず、残留争いに巻き込まれかけた。何とか14位でシーズンを終えたが、昨季とは一転して明るい話題のないシーズンとなってしまった。

★選手
◆セバスティアン・ルディ(シャルケ)
Getty Images
バイエルンから完全移籍で加入し、中盤の要となることが期待されたが、バイエルンで試合勘をなくしたドイツ代表MFは全く期待に応えられなかった。ケガがなかった中、リーグ戦での先発は17試合に留まり、凡庸なパフォーマンスに終始。期待が大きかっただけに周囲の失望も大きくなってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

ロドリ、エティハド行きを選択…シティ史上最高額で加入へ

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティ移籍を決断した模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、既報でクラブ側に移籍希望の意思を表明したとされ、去就がよりヒートアップしている。 そのロドリを狙っているとされてきたのが、シティとバイエルン。両軍ともに契約解除金6300万ポンド(約83億1000万円)を支払っての獲得に意欲を示しているといわれるなか、ロドリ自身がシティ行きを選択したという。 これが実現すれば、ロドリはシティ史上最高額でのエティハド行きに。これまでの最高額は昨夏にレスター・シティから加入したアルジェリア代表FWリヤド・マフレズの6000万ポンド(約82億円)だった。 今夏、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(34)の後釜として、ロドリの獲得が有力的なシティ。今夏の補強第一号は、プレミアリーグ3連覇、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇への機運が高まるものになりそうだ。 2019.06.22 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

フライブルク、バイエルンからU-20韓国代表FWチョン・ウヨンを獲得!

フライブルクは19日、バイエルンからU-20韓国代表FWチョン・ウヨン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間や移籍金に関する詳細は非公表となっている。 2017年に韓国の仁川ユナイテッドFCからバイエルンのユースに加入したチョン・ウヨンは、左右のウイングを主戦場とする右利きのアタッカー。バイエルンのリザーブチームでの活躍をキッカケに、昨年11月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのベンフィカ戦でトップチームデビュー。 また、スピードとテクニックに優れる“ソン・フンミン2世”は、今年3月に行われたボルシアMG戦でブンデスリーガデビューも飾っていた。 フライブルクでマネージャーを務めるヨヘン・ザイアー氏は、チョン・ウヨンに大きな期待を抱いている。 「ウヨンは韓国で最も才能のある若手の1人だ。彼のプレーを楽しむ姿勢、状況やスペースに対する良い感覚はその若さを考えれば特筆すべきものだ。我々は彼と一緒になって1人前のブンデスリーガに育て上げたいと思っている。そのための時間を与える準備もできている」 一方、フライブルク加入が決定したチョン・ウヨンは新天地での意気込みを語っている。 「新たな挑戦をとても楽しみにしているよ。同時にこの移籍を認めてくれたバイエルンに感謝したい。フライブルクは若いプレーヤーが成長していくうえで素晴らしい場所だと思っているよ。個人的にはクラブが素晴らしいシーズンを送る助けになりたいと思っているよ」 2019.06.20 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

フンメルスの復帰でバイエルンとドルトムントが基本合意! 3年ぶりに古巣復帰

バイエルンとドルトムントは19日、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)が復帰することで基本合意に達したことを発表した。 フンメルスは、バイエルンの下部組織出身で、2007年1月にトップチームへ昇格。しかし、トップチームではほとんど出場機会を得ることなく、1年後の2008年1月にドルトムントへとレンタル移籍。2009年7月に完全移籍していた。 ドルトムントではディフェンスの要として長年プレーし、公式戦309試合に出場し25ゴール16アシストを記録。ユルゲン・クロップ監督の下ではブンデスリーガを連覇するなどタイトルを獲得していた。 しかし、2016年7月に古巣のバイエルンへと完全移籍。復帰1年目からディフェンスラインの軸としてプレー。今シーズンはブンデスリーガで21試合に出場し1ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグで6試合に出場し1ゴールを記録していた。 なお、バイエルンとドルトムントは移籍の内容に関しては明かさないことでも合意しているとのこと。フンメルスはメディカルチェック後に正式に復帰となる。 2019.06.19 22:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ロドリ、アトレティコからの移籍を希望…シティ&バイエルンの争奪戦に拍車

イギリス『スカイ・スポーツ』は18日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の移籍希望を報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、今シーズンの活躍ぶりを受け、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜を探すマンチェスター・シティのほか、バイエルンの関心が浮上している状況だ。 そのロドリの代理人は、アトレティコ・マドリーの最高経営責任者(CEO)を務めるミゲル・アンヘル・ギル・マリン氏との会談で、選手の移籍希望を伝達。さらに、他クラブとの交渉許可を求めた模様だ。 なお、ロドリとアトレティコ・マドリーの契約に存在する解除条項額は、7000万ユーロ(約84億8000万円)。シティ、バイエルンともに同額を支払う意向だという。 2019.06.18 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人がバイエルン移籍説を突っぱねる

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)のバイエルン移籍は現時点で非現実的なのかもしれない。アメリカ『ESPN』が報じた。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。高額給与や移籍金が原因で獲得に名乗り上げるクラブが少ないことが指摘されるなか、長らくリンクしたマンチェスター・ユナイテッドの争奪戦撤退も明らかになっており、今後の動向がより不鮮明になりつつある。 そうした状況のなか、一部イギリスメディアが先日、ベイルに対するバイエルンの関心を報道。退団した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンと、元フランス代表MFフランク・リベリに代わる新たなサイドアタッカーとして、1年間のレンタルを希望しているとの見方が浮上している。 だが、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は、イギリスで「くだらない」「ありえない」「馬鹿げている」という意味で使われる「rubbish=ゴミ」とのフレーズを口にして、バイエルン移籍の実現性を否定したという。 なお、ベイルは3年間の契約を残すレアル・マドリー残留を希望しているとみられており、先日に代理人がその意向を明かしている。 2019.06.18 14:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース