ミラン、チェルシー解任報道のサッリと面談へ2019.05.17 06:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランがチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)を来季指揮官に据えるべく、面談を行うようだ。イタリア『メディアセット』が伝えている。同メディアによればミランのCEOを務めるイバン・ガジディス最高経営責任者(CEO)がサッリ監督と面談するため、数時間以内にロンドンに向かうとのことだ。

今季、ナポリからチェルシーの指揮官に就任したサッリ監督はプレミアリーグで3位、ヨーロッパリーグで決勝に進出させるなど一定の結果を残したが、ロマン・アブラモビッチオーナーが同監督とファンや上層部との関係を問題視し、解任の準備を進めていると報じられていた。

一方のミランはシーズン開幕前や1月の移籍市場で巨額投資をしたものの、2試合を残すセリエAで5位と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場が微妙な状況で、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の来季続投が不透明な状況となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、ジャンパオロの新監督就任を発表!

ミランは19日、マルコ・ジャンパオロ氏(51)の新監督就任を発表した。2021年6月30日までの2年契約となるが、さらに1年間の契約延長オプションが付随している。 今シーズンのリーグ戦をチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位で終えたミランは、先日にスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたレオナルド氏と共にジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の退任を発表。 その後、パオロ・マルディーニ氏(50)のテクニカル・ディレクター(TD)昇格、ズボニミール・ボバン氏(50)のチーフ・フットボール・オフィサー就任とフロントの刷新を先に済ませたミランは、既報通りサンプドリアとの契約を解消したジャンパオロ氏の招へいを発表した。 マウリツィオ・サッリ監督の後任としてエンポリでポゼッションサッカーを継続した手腕が評価されたジャンパオロ監督は、2016-17シーズンからサンプドリアの指揮官に就任。就任初年度にセリエAで12位フィニッシュを果たすと、昨季は16位と苦戦したものの、今季は欧州カップ戦出場争いを繰り広げた末、9位に導いていた。 2019.06.20 03:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、来季のEL出場を辞退へ FFP違反が原因

ミランが、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権が無効になる可能性が高まっている。イギリス『デイリー・メール』がイタリアの情報をもとに伝えている。 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反により、UEFA(欧州サッカー連盟)から訴訟を受けていたミラン。その後、同クラブがスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴したことから、一時的にUEFAは訴訟を停止していた。 CASは8月14日まで審理を行うことはないと発表していたため、2019-20シーズンのEL出場権剥奪はないと見られていた。 ところが今回、来季のチャンピオンズリーグ出場権が獲得できず収支のバランスが保てなくなったミランは、EL出場を辞退し、UEFAに対しFFPをクリアするための執行猶予を求める動きを見せているという。 これが認められれば、ミランの代わりにローマがEL本戦へストレートインし、トリノがEL予選に参加する資格が得られることになる。 2019.06.19 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、ウルグアイ代表MFペレイロに接触か

ミランがPSV所属のウルグアイ代表MFガストン・ペレイロ(24)に接触している事をイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 G・ペレイロは2013年に母国ウルグアイのナシオナル・モンテビデオでプロデビュー。2015年にPSVに移籍し、今シーズンは27試合で10ゴールと二桁ゴールを記録。主にトップ下のポジションでチームの中心となって攻撃のタクトを揮った。 また、現在開催中のコパ・アメリカにもウルグアイ代表として参加しており、日本時間17日に行われたコパ・アメリカ2019・グループC第1節のエクアドル代表戦にも途中出場し、1アシストを記録している。 ミランは既にG・ペレイロの代理人のパコ・カザル氏とコンタクトをとっており、本人も同クラブが好きという事もあり、好感触を得ているようだ。移籍金は2000万ユーロ(約24億円)とされている。 新監督として前サンプドリア監督のマルコ・ジャンパオロ氏が就任確実と言われている中、既に大筋合意に達したとされているエンポリのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチ(25)に続き、中盤の厚みを生む補強が出来るかどうか注目されている。 2019.06.18 14:23 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、トレイラ売却の意思なし…恩師就任間近のミランが関心

ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(23)をミランに売却する気はアーセナルにないようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にサンプドリアからアーセナルに加入したトレイラ。豊富な運動量を武器に攻守両面で高い貢献度を誇るディフェンシブMFは、今シーズンの公式戦50試合で2ゴール5アシストを記録した。 そのトレイラに対して、サンプドリアを率いるマルコ・ジャンパオロ監督(51)の就任が間近に迫っているとされるミランが関心。トレイラ自身に1年でのセリエAに復帰する気はないものの、サンプドリア時代に2年間、ジャンパオロ監督と師弟関係にあったことから状況が一転する可能性もあると見られていた。 しかし、今回伝えられるところによると、アーセナル側がトレイラの売却を拒否。これに対してアーセナル側は、サッスオーロに所属するイタリア代表MFステファノ・センシ(23)を代替案としてリストアップしているようだ。 2019.06.17 08:20 Mon
twitterfacebook
thumb

豪快弾のブラジル代表FWエヴェルトン、欧州挑戦をほのめかす注目発言!

グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(23)が今夏の欧州挑戦を示唆した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 エヴェルトンは2018年9月にブラジル代表デビューを果たした新星。ウィングやセンターフォワードでプレー可能で、ミランやパリ・サンジェルマン(PSG)、ユナイテッドとシティのマンチェスター勢がこぞって熱視線を注いでいるとみられ、今後の動向に注目が集まっている。 そのエヴェルントンは、自国開催となるコパ・アメリカ2019のブラジル代表に選出。15日に行われたグループA第1戦のボリビア代表戦は途中出場だったが、85分に左サイドからカットインしての強烈な右足シュートを叩き込み、ブラジルの白星スタートに貢献した。 個人としてもインパクトを残したエヴェルントンは同試合後、ミックスゾーンで今後の去就について問われると、次のようにコメント。関心が取り沙汰されるユナイテッドの名前を挙げ、移籍に前向きであることをほのめかしたという。 「頭のなかにあるのは、代表のことだけ。僕は選手として、常に頂きを目指している。左サイドからのカットインとフィニッシュは、僕の武器だ。ヨーロッパのクラブでもこのスタイルでプレーする選手がいるから、僕も適応できると思う。マンチェスター・ユナイテッドだろうが、そのほかのクラブだろうがね」 2019.06.16 10:00 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース