ユベントスがアッレグリと2021年まで契約延長か、ディバラやカンセロが放出候補に2019.05.16 23:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスがマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)と2021年まで契約を延長するようだ。イタリア『La Stampa』が報じている。今季限りでの退任も報じられていたアッレグリ監督だが、15日夜にアンドレア・アニェッリ会長との会談を行い、続投に傾いているとのことだ。年俸は現在の750万ユーロ(約9億2000万円)から多少のアップが見込まれているようだ。

一方でアッレグリ監督の続投によりFWパウロ・ディバラ、DFジョアン・カンセロ、MFミラレム・ピャニッチらが放出される可能性があるとのことだ。

2014年夏にセリエA3連覇中のユベントスの指揮官に就任したアッレグリ監督は、その後個人5連覇を果たし、ユベントスをセリエA8連覇に導いている。
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウド、アッレグリ後任にマドリー時代の恩師を希望か

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、同クラブの後任監督にかつての恩師を望んでいるようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報をもとに伝えている。 ユベントスは17日、2014年夏から指揮を執り、セリエAを8連覇するなど、11個のタイトルを獲得してきたマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)の今シーズン限りでの退任を発表。そのため、同クラブは後任の招へいに動いており、最近では ラツィオのシモーネ・インザーギ監督(43)、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(47)、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督(48)、アントニオ・コンテ氏(49)の名前が挙がっている。 このように後任人事に関する憶測が熱を帯びている中、チームのエースであるC・ロナウドは、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督(59)の就任を望んでいるという。C・ロナウドはレアル・マドリー時代、2013-14シーズンから2年間、同監督から指導を受けていた。過去には将来的な再共演を希望する発言を残しており、今回、首脳陣にアプローチを進言したようだ。 アンチェロッティ監督は1999年2月から2001年5月までユベントスを指揮した経験があり、実現すれば18年ぶりの帰還となるが、同監督とナポリの契約は2021年まで。それもあり、同メディアは招へいが難しいと見解を示しているが、C・ロナウドの希望を叶うのだろうか。 2019.05.19 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドから退任アッレグリにメッセージ!

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが今シーズン限りで退任するマッシミリアーノ・アッレグリ監督に感謝した。 アッレグリ監督は2014年夏からユベントスの指揮を執り、セリエA8連覇中のチームのなかで個人としても5連覇を達成。計11個の国内タイトルをもたらしたが、17日にクラブから今シーズン限りでの退任が発表された。 わずか1シーズンだが、そのアッレグリ監督とともにセリエA8連覇を成し遂げたC・ロナウド。戦いをあと2試合残すなか、19日に自身のツイッター(@Cristiano)でアッレグリ監督に次のようなメッセージを寄せた。 「ありがとう、監督! たった1年間だったけど、格別なものだった。それはあなたが素晴らしい監督であり、素晴らしい人間だったからだ。あなたと一緒に仕事することは喜びだった」 2019.05.19 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

今季セリエAのMVPにC・ロナウド!

レガ・セリエAは18日、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)を2018-19シーズンのセリエA最優秀選手賞に選出した。 C・ロナウドは昨夏の移籍市場でレアル・マドリーからユベントスに加わり、ここまで国内公式戦33試合に出場して22得点11アシストを記録。30試合に出場しているセリエAでは得点ランキング3位タイの21ゴールを挙げ、チームのリーグ8連覇に大きく貢献した。 そのほか、最優秀若手選手賞にローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)、最優秀DFにナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)、最優秀MFにラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)、最優秀FWにサンプドリアのイタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(36)が選ばれた。 2019.05.19 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップが「ユーベに行かない」宣言!

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督(48)がユベントス行きの可能性に言及した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ユベントスは17日、在任5年間で11個の国内タイトルをもたらしたマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)の今シーズン退団を正式発表。これを受けて、後任人事に関する憶測がより熱を帯びている状況だ。 その候補の1人として挙がるのが、ユベントスの会長を務めるアンドレア・アニェッリ会長が招へいを夢見ているとされるグアルディオラ監督だ。だが、今のところ、その夢は夢でしかなさそうだ。 渦中のグアルディオラ監督は18日に行われるワトフォードとのFAカップ決勝に向け、前日会見に出席。ユベントスに渡る可能性を問われると、次のように返答した。 「いったいその質問にどれだけ答えなければならないんだい? ユベントスに行く気はない。そもそもイタリアにもね」 「ここで満足していて、どこにも行く予定はない。来シーズンもマン・シティの監督をやる。何度もそう言っているじゃないか」 2019.05.18 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ電撃退任決定のアッレグリ監督、「ユーベは偉大なコーチを選ぶはず」

17日に今シーズン限りでのユベントス退団が発表されたマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)が、退任発表後初めてコメントを発した。イタリアのニュース番組『Striscia la Notizia』が突撃取材の内容を伝えた。 アッレグリ監督は2014年夏からユベントスの指揮を執り、セリエA8連覇中のチームのなかで個人として5連覇を達成。さらに、4度のコッパ・イタリア優勝や、2度のスーパーカップ制覇など計11個のタイトルをクラブにもたらした。しかし、クラブが望む悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げられなかったこともあり、2020年6月30日まで残す現行契約を1年残す形でクラブを去ることになった。 18日に公式会見の場が設けられているものの、17日に『Striscia la Notizia』の突撃取材を受けたアッレグリ監督は今回の退任について初めてコメントした。 「これまでの5年間は素晴らしい愛に満ちたものだったよ。私にとってその5年間はとても長いものだったよ」 「このユーベを築くのに5年間を要した。ただ、それはそれだ。人生は続いていくし、行ったり来たりするものさ」 「今は家に帰ることだけを考えている。そして、短い休暇を取って海に行くつもりだよ」 また、ユベントスの後任人事に関する質問を受けた同監督は、「誰が自分の後任かって? 私にはわからないよ。ただ、ユベントスは偉大なクラブだ。したがって、偉大なコーチを選ぶはずだ」と語るに留めている。 最後にミラン時代に愛し、憎んだシルヴィオ・ベルルスコーニ元名誉会長がオーナーを務めるモンツァ行きの可能性はあるか、との冗談のような質問を受けると、「あるかもね」と陽気な返答を見せた。 2019.05.18 03:24 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース