シティ、FFP違反に関するCFCB ICからの照会に対して声明 「失望を感じているが驚くべきことではない」2019.05.16 18:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは16日、欧州サッカー連盟(UEFA)の独立財務管理委員会(CFCB IC)からの照会に対する公式な声明を発表した。シティは以前、ドイツ『Der Spiegel』により、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の規則に抵触した疑いがあることを報じられていた。これを受け、UEFAやプレミアリーグ、イングランドサッカー協会(FA)の調査開始が明らかになっている。

この件について沈黙を貫いてきたUEFAは2週間前、FFPに違反した疑いのあるクラブの会計状況を調査する、CFCB ICがスイスのニヨンで会合。CFCB ICを率いるベルギー元首相のイブ・ルテルム氏がこの一件に関する何らかの選択を伝えた模様だ。そして、一部メディアはルテルム氏がUEFAに対して、シティへの1年間のCL出場禁止を支持したと報じていた。

一連の流れを受けて、シティは16日に以下のような公式声明を発表した。

「マンチェスター・シティ・フットボールクラブは、CFCB ICを率いるイブ・ルテルム氏による照会が突然発表されたことに関して失望を感じています。しかし、残念ながら驚くべきことではありません」

「先週にメディアへリークされたものは、ルテルム氏によって監視されたプロセスを示しています」

「この問題が独立した司法機関によって検討された場合、マンチェスター・シティはポジティブな結果を得られることに完全な自信を持っています」

「金銭的な不正の告発は完全に虚偽であり、CFCB ICの照会は、マンチェスター・シティがこれまで提供した包括的な証拠を無視しています」

「この決定に関しては多くのミス、誤解が含まれています。その混乱に関しては根本的に正当な手続きの欠如から生じたものであり、重大な未解決の問題を抱えたままだと考えています。同時にクラブは全く満足しておらず、切り取られた、敵対したプロセスであると考えています」

今回、一連の報道に加え、CFCB ICの照会に対する清廉潔白を改めて訴えたシティだが、ここまでの情勢を考慮すると、少なくとも1シーズンの欧州大会出場禁止処分を科される可能性は高いかもしれない。

ただ、イギリス『BBC』は、仮に1年間の出場禁止処分が決定したとしても、シティ側がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てを行う可能性が高く、来シーズンのCLでこの処分が適用される可能性はほぼないと主張。したがって、シティが来シーズンに欧州大会への出場権を手にした場合、2020-21シーズンに前述の処分が適用されるのではないかと報じている。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ退団のコンパニ、古巣・アンデルレヒトに選手兼監督として13年ぶりに帰還!「次世代に今まで得た知識を提供したい」

今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(33)が、アンデルレヒトの選手兼監督になることを自身のフェイスブックで発表した。契約期間は2019年7月から3年間となっている。 2003年にアンデルレヒトでプロキャリアをスタートさせたコンパニは、ハンブルガーSVを経て、2008年8月にシティに加入した。以降、シチズンズに必要不可欠な守備の柱として君臨し、負傷に悩まされるシーズンもありながら、在籍11年間で公式戦360試合20ゴール11アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝を経験した他、FAカップを2度、EFLカップを4度制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。今シーズンも公式戦26試合に出場し、国内3冠の力になっていた。 そのコンパニは19日にシティ退団を発表。その際、フェイスブック(Vincent Kompany)での投稿では自身のシティへの想いを綴った文章を第1章とし、同章の最後に「僕の将来についての発表はまもなく第2章で」と去就を明かすことを報告していた。 そして、13年ぶりに古巣帰還を報告。コンパニは以下のように語った。 「僕はキャリアを終えるという決断にまだ抗うことを選んだ。過去に感謝しながら、野心と共に未来に突き進む決断を下した。そこで、今後3年間、アンデルレヒトで選手兼監督を務める。ベルギーは最高だ」 「これはみんなにとって驚く決断かもしれない。でもこれは、僕がこれまでやってきたことの中で最も情熱的で合理的な判断によって下されたものだ」 「僕はフットボーラーとして、アンデルレヒトに生まれ、6歳の頃からアンデルレヒトと共にあった。34回、リーグタイトルを獲得しているどこにも引けを取らないクラブだ」 (省略) 「僕は昨年、代表活動の中でアンデルレヒトに訪れた。その時は挨拶をするためだけだった。その時、会長、スポーツディレクターたちからクラブが困難な状況にあったこともあり、僕に意見を訪ねてきたんだ。そして、自分の考えを明かすとと共に、彼らの考えを聞いた。野心的で勇敢だった。だからこそ戻ることを決意した。彼らが必要とするならば、助けたいと」 (省略) 「そしてこの間、アンデルレヒトから電話がきた。本当に予想外で、彼らは選手兼監督というポジションを提供してきたんだ。スポーツディレクターとテクニカルディレクターが詳細や展望について説明してくれた。そして、考え抜いた中でサポートを誓ったんだ。オーナーは時間、予算、スタッフ、設備など、全面的な支援を約束してくれた。それに興味をそそられたよ」 「僕はここ(マンチェスター・シティ)で夢を見た。そしてこの3年間は多くを学んだ。驚くべき指揮官から。グアルディオラは僕のゲームに対する愛情を再燃させた。それを目の当たりにし、分析し、夢中になり、学んだ。シティのフットボールは僕がプレーしたいフットボールだった。それは僕が指導し、実現させたいフットボールでもある」 「僕はアンデルレヒトでの挑戦を選んだ。選手兼監督。アンデルレヒトの次世代に今まで得た知識を提供したい」 「これは別れではない。また会おう」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=355114" terget="_blank">コンパニ、シティ退団ニュース&コメントはコチラ</a><hr></div> 2019.05.19 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

主将コンパニ、在籍11年のシティ退団決定「全ての人々に感謝でいっぱい」

マンチェスター・シティは19日、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(33)が今シーズン限りで退団することを発表した。 コンパニは2008年8月にハンブルガーSVからシティに加入した。以降、シチズンズに必要不可欠な守備の柱として君臨し、負傷に悩まされるシーズンもありながら、在籍11年間で公式戦360試合20ゴール11アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝を経験した他、FAカップを2度、EFLカップを4度制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。今シーズンも公式戦26試合に出場し、国内3冠の力に。唯一挙げたゴールは、プレミアリーグ第37節のレスター・シティ戦(1-0で勝利)で見せた豪快なミドルシュート。同リーグ史上最も激しい優勝争いを制すのに、重要な勝ち点3を得る値千金のゴールだった。 プレー面での貢献だけでなく、博学ぶりや厚い人望からファンに愛され、強豪としての礎を語る上で欠かせない存在となったコンパニだが、ついに退団が決定。クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このクラブを離れる時が来た。感謝しかない。僕の特別なクラブでの特別な旅を支えてくれた全ての人々に感謝でいっぱいだ。このクラブに初めて来た時のことは、今のように鮮明に覚えている。マンチェスター・シティの人々にとても親切にしてもらったことをね」 「全てのマンチェスター・シティのサポーターが、良い時も悪い時も僕たちを忠実に支えてくれた。みんながいつも僕を後押ししてくれて、諦めない勇気を与えてくれたんだ」 「シェイク・マンスール(オーナー)、そして世界中のシティファンが僕の人生を変えてくれた。永遠に感謝する」 なお、コンパニはシティ退団発表後、プロキャリアをスタートさせた古巣・アンデルレヒトに選手兼監督として復帰することを発表した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=355115" terget="_blank">コンパニ、アンデルレヒト帰還ニュース&コメントはコチラ</a><hr></div> 2019.05.19 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

国内3冠のシティ、注目集めたペップの“アレ”をオークションに出品?

イングランド史上初となる国内3冠を達成したマンチェスター・シティ。シーズンを通して注目を集めたが、今シーズンの1つの象徴をオークションにかけるという。イギリス『BBC』が報じた。 EFLカップを制し、今シーズン初のタイトルを獲得したシティは、リバプールとのデッドヒートを制してプレミアリーグ連覇を達成。そして、ワトフォードとのFAカップも制し国内3冠を達成した。 その強さに目を奪われるが、もう1つ注目を集めたものがある。それは、ジョゼップ・グアルディオラ監督が着用していた、フード付きのグレーのカーディガンだ。これは、グアルディオラ監督の妻のブティックのものと伝えられている。 シティは、コミュニティチャリティのため、グアルディオラ監督が着用したこのカーディガンをオークションに提供するとされている。 FAカップを制した後、グアルディオラ監督もこの件についてコメント。提供することを明かした。 「私はチャリティのためのものだと思うし、今は夏の時期だ。私はもうそれを必要としていない」 グアルディオラ監督は、これまでにもコートやスーツなど、ピッチサイドでのファッションも注目を集めているが、このカーディガンは一体いくらの値がつくのだろうか。国内3冠達成というプレミアムもつくかもしれない。 2019.05.19 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップがイングランド史上初の国内3冠に言及 「CL制覇より難しいこと」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がイングランド史上初の国内3冠達成に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 シティは18日、FAカップ決勝でワトフォードを6-0で破り、8シーズンぶり6度目の同カップ制覇。これにより、イングランド史上初となるEFLカップ、プレミアリーグ、FAカップの国内3冠を成し遂げた。 就任3年目で快挙達成のグアルディオラ監督は試合後、充実したシーズンを次のように振り返り、イングランド史上初の国内3冠を評価した。 「監督としてベストシーズンの1つだ。『ベスト』とは言い切れないが、『ベストの1つ』なのは確かだよ。10カ月間、すべてのコンペティションで戦い続けるなかで、(国内3冠を達成した)初のチームだ。それは我々がこの10カ月間、一貫性を持ったチームだったということの証さ。チャンピオンズリーグは大好きだが、チャンピオンズリーグを制することより難しいことだ」 2019.05.19 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

国内3冠のペップ「素晴らしい1年」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がトレブル達成後、コメントした。イギリス『BBC』が報じた。 シティは18日、FAカップ決勝でワトフォードと激突。6-0の快勝で飾り、EFLカップ、プレミアリーグに続いてFAカップをも手中に収め、イングランド史上初の国内3冠を成し遂げた。 2018-19シーズンを歴史的快挙で締めくくったグアルディオラ監督は試合後、チーム関係者に感謝。特に、選手たちの労った。 「インクレディブルな決勝戦だった。そして、素晴らしい1年を過ごすことができたよ。クラブのあらゆる人々を大いに祝福する。特に、選手たちをね。彼らのおかげで、様々なタイトルを手にできたのだから」 2019.05.19 08:00 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース