アーセナル、EL優勝逃せば今夏は緊縮財政に…2019.05.16 14:38 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは今月30日にチェルシーとのヨーロッパリーグ(EL)決勝戦を戦う。この一戦は今夏の補強費に甚大な影響を与えることになるようだ。イギリス『BBC』の著名ジャーナリスト、デイビッド・オーンスタイン氏が明かした。ウナイ・エメリ監督就任1年目となった今シーズンのプレミアリーグをチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位で終えたアーセナル。そのため、今季の最低限のノルマと言われる来季のCL出場権獲得に向けては、チェルシーとのダービーとなったELファイナルを制するほかない状況だ。

来季CL出場の有無がリクルートに関して影響を与える一方、今夏の補強予算という面でも大きな影響を与えるようだ。

オーンスタイン氏は『BBC 5 Live Sport』で、アーセナルが来季CL出場を逃した場合の補強予算が4000万ポンド(約56億2000万円)ほどになると予想。一方、ELに優勝してCL出場が決定した場合、補強予算は最大で1億ポンド(約140億円)ほどになるようだ。

また、今夏の補強ポジションに関してはセンターバックとユベントスに移籍するウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜となるボックストゥボックスタイプのセントラルMF、ウインガーの3つのポジションとなるようだ。

現在、アーセナルではFWアレクサンデル・ラカゼットとFWピエール=エメリク・オーバメヤンの2枚看板以外に高額の移籍金が見込める選手もいないため、来シーズンに成功を収めるうえではEL制覇が必須と言えそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

EL決勝の主審がイタリア人レフェリーのジャンルカ・ロッキ氏に決定!

欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、5月30日(木)にアゼルバイジャンのバクー・オリンピックスタジアム行われるチェルシーとアーセナルのヨーロッパリーグ(EL)決勝でイタリア人レフェリーのジャンルカ・ロッキ氏(45)が主審を務めることを発表した。 6年ぶり2度目の優勝を目指すチェルシーと、19年ぶり2度目の決勝進出でEL初制覇を目指すアーセナルの“ビッグロンドン・ダービー”となったELファイナルを裁くのは2008年から国際審判員を務める経験豊富なイタリア人レフェリーのロッキ氏となった。 過去に2度(2010年、2017年)EL決勝で第4審判を務めた経験を持つロッキ氏は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)6試合を担当。さらに、同氏は2017年8月に行われたUEFAスーパーカップのレアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドを裁いていた。 なお、ロッキ氏と共に試合を裁く副審はイタリア人レフェリーのフィリッポ・メリ氏とロレンツォ・マンガネッリ氏、第4審判はイタリア人レフェリーのダニエレ・オルサート氏が担当する。 2019.05.14 00:01 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア得点ランキングは3人が並ぶ珍事に!

プレミアリーグ最終節が12日に行われ、マンチェスター・シティの連覇という結果で幕を下ろした。 2位のリバプールまでもが勝ち点97を獲得するという史上最も激しい優勝争いとなった今季のプレミアリーグ。その得点ランキングでも珍しいことが起こった。 元々リバプールのFWモハメド・サラーが22得点でトップに立っていたのだが、最終節で同クラブのFWサディオ・マネと、アーセナルのFWピエール=エメリク・オーバメヤンがそれぞれ2ゴールを挙げたことで、この3者が22ゴールでトップに並ぶことになった。 以下には、21得点でマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、18得点でレスター・シティFWジェイミー・ヴァーディ、17得点でトッテナムFWハリー・ケインとマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングが続いた。 また、アシストランキングではチェルシーのMFエデン・アザールが15アシストでトップに。ボーンマスMFライアン・フレイザーは14アシストで惜しくも届かなかった。 以下、12アシストでトッテナムMFクリスティアン・エリクセン、リバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、11アシストでリバプールDFアンドリュー・ロバートソン、10アシストでマンチェスター・シティのFWレロイ・ザネとFWラヒーム・スターリングが続いた。 ◆プレミアリーグ18-19ゴールランキング 《22得点》 FWピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル) FWモハメド・サラー(リバプール) FWサディオ・マネ(リバプール) 《21得点》 FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ) 《18得点》 FWジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ) 《17得点》 FWハリー・ケイン(トッテナム) FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ) 《16得点》 MFエデン・アザール(チェルシー) 《14得点》 FWカラム・ウィルソン(ボーンマス) 《13得点》 FWリシャルリソン(エバートン) FWラウール・ヒメネス(ウォルバーハンプトン) FWアレクサンドル・ラカゼット(アーセナル) FWグレン・マーレイ(ブライトン) MFギルフィ・シグルズゾン(エバートン) ◆プレミアリーグ18-19アシストランキング 《15アシスト》 MFエデン・アザール(チェルシー) 《14アシスト》 MFライアン・フレイザー(ボーンマス) 《12アシスト》 DFトレント・アレクサンダー=アーノルド MFクリスティアン・エリクセン(トッテナム) 《11アシスト》 DFアンドリュー・ロバートソン(リバプール) 《10アシスト》 FWレロイ・ザネ(マンチェスター・シティ) FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ) 《9アシスト》 MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) FWカラム・ウィルソン(ボーンマス) 2019.05.13 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、オーバメヤン2Gなどでバーンリーに快勝も、最終順位は5位でフィニッシュ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ最終節が12日に行われ、アーセナルはバーンリーと対戦し、3-1で勝利した。 5位に位置しているものの、4位のトッテナムとは勝ち点差3で得失点差は8あるため、実質この最終節での4位浮上は不可能となっているアーセナル。照準はすでにチェルシーとのヨーロッパリーグ決勝に向けられているか。スタメンにはモンレアルやムヒタリアン、ウィロック、オーバメヤン、イウォビが起用された。 相手GKヒートンのハンドでFKを獲得したアーセナルは4分、ムヒタリアンのクロスにオーバメヤンが反応。だが、至近距離からのヘディングシュートはクロスバーを叩いた。対するバーンリーも28分、ウッドのシュートが右ポスト直撃。互いに好機を迎えた。 中盤での潰し合いが続く中、34分にマヴロパノスがティーレマンスと競り合った際に、ヒジが頭に入ってしまい続行不可能に。コシエルニーとの交代を余儀なくされた。 前半半ば以降は、バーンリーがやや攻勢を強めてアーセナルを押し込んでいく。37分には右CKからトロホウスキがゴール左を掠めるヘディングシュートを放つ。だが、前半はどちらもネットを揺らすことなくゴールレスで試合を折り返した。 試合は後半に動きを見せた。52分、バーンリーのバックパスを奪ったオーバメヤンが一気にGKと一対一に。そのままゴールに流し込んで、アーセナルが先制点を奪った。 アーセナルはさらに53分に、ボックス左からモンレアル、イウォビとつないで右足でクロスを上げる。するとこれをオーバメヤンが右足ダイレクトボレー。見事なシュートでアーセナルに追加点をもたらした。 しかしそれから2分後、バーンリーに1点返される。右サイドを攻めたバーンリーは、クロスをファーサイドのグズムンドソンが収めると、すぐに右足で入れたクロスを供給。これにバーンズが頭で合わせてゴール。これで1点差となった。 だが、アーセナルはそれでも相手の流れに飲まれることなく試合を展開。70分過ぎにはムヒタリアンやオーバメヤンが立て続けにゴールを狙っていく。バーンリーも終盤にクラウチを投入するなどして攻勢を強めると、82分にクラウチがボックス中央からシュートを放ったが、ここはアーセナルDFにブロックされた。89分にはグズムンドソンのクロスからバーンズがヘディングシュート。ゴールを生んだコンビがチャンスを作ったが、シュートは枠の右に外れた。 このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、アーセナルは疲れきったバーンリー守備陣に途中出場のエンケティアが侵攻。ボックス左でドリブルで一人躱しでシュートを放つと、角度のないところだったが相手に当たってゴールに吸い込まれた。 結局、試合はアーセナルが3-1で勝利。しかし、最終順位は変わらず5位で今シーズンのプレミアリーグを終えた。 2019.05.13 01:15 Mon
twitterfacebook
thumb

最大5チームのCL出場枠、プレミア5位“だけ”では来季CL出場はなし

12日、2018-19シーズンのプレミアリーグが最終節を迎える。マンチェスター・シティとリバプールの熾烈な優勝争いが最終節まで残っており、目が離せない状況だ。 一方で、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できる熾烈な4位争いが4チームによって長らく繰り広げられてきたが、前節をもってほぼ終了。トップ4はリバプールとシティに加え、現在3位のチェルシ、そして4位のトッテナムで99%決定していると言える。 4位のトッテナムと5位のアーセナルの勝ち点差は「3」だが、得失点差でトッテナムが「8」リード。この差を1試合でひっくり返すことは現実的には考えにくい状況だ。 そこで気になるのが、シーズン前にまことしやかに囁かれてきたプレミアリーグ4位チームのCL出場権の問題だ。可能性として4位になっても来シーズンのCLに出られないというパターンがあったが、現時点でその可能性は「0」となっている。 しかし、ヨーロッパの2大会、CLとヨーロッパリーグ(EL)のファイナリストがイングランドの4チームになったことで、新たな疑問が浮上。プレミアリーグ5位チームのCL出場権問題が少し話題となっている。今回は、その点を改めて整理する。 まず、UEFAの取り決めとして、同一国からの出場チームが最大「5」チームというものがある。この記述が、プレミアリーグ5位チームに可能性をもたらせるという疑問に繋がっている方もいるようだ。 かつては、CL王者がリーグ戦でもCL出場権獲得の条件を満たした場合、リーグ戦の出場権が繰り下げで付与されることがあった。その条件であれば、リバプールとトッテナムのトップ4が決まった時点で、5位のチームに出場権が与えられることとなる。 しかし、そのルールはすでに撤廃されており、各リーグに与えられたリーグ順位による出場権が遵守される。プレミアリーグの場合は上位4チームとなるため、何が起こっても5位のチームが来シーズンのCL出場権を得ることはあり得ないこととなる。 では最大「5」チームとは何なのか。それは、5位以下のチームがリーグ戦以外で来シーズンのCL出場権を得た場合となる。 CL出場権が与えられるのは、今シーズンのCL、そしてELの王者だ。つまり、プレミアリーグの4チームがファイナリストとなっているが、どちらかの大会を5位以下のチームが優勝しない限り、5チームが出場するということはない。トップ4の4クラブとCL、ELの王者となる。 すでにマンチェスター・ユナイテッドの4位以内の可能性がないため、5チームにしか与えられないことは確定している。 可能性という意味ではトッテナムにも5位に転落する可能性はあるが、現実的には4位をキープするだろう。一方で、アーセナルはトップ4に入る可能性が限りなく低く、結果次第では勝ち点差「1」のマンチェスター・ユナイテッドに抜かれ6位になる可能性もある。 4位浮上が難しいとなれば、アーセナルにとってはELで優勝することが来シーズンのCLに出る条件となる。一方で、ユナイテッドは5位になってもCL出場権が溢れてくることはないということだ。 2019.05.12 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

エジルの血はアーセナルの赤! 代理人が残留主張

アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)の今夏移籍はないという。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 今シーズンがアーセナル在籍6年目のエジル。だが、ウナイ・エメリ監督の下で出場機会を減らしており、クラブ最高週給35万ポンド(約4900万円)の負担軽減に向けた今夏売却も取り沙汰されている。 そのなか、エジルは先日、去就を問われ、残留希望を口に。そして、同選手の代理人を務めるエルクト・ソグト氏も移籍の可能性を否定するとともに、2021年まで残る現行契約を全うする可能性を示唆した。 「噂はいつまでも続くだろうね。それに疑いの余地はない」 「だが、保証できるひとつは、メストの忠誠心だ。彼のマインドはアーセナルのみで、それしかない」 「メストの血はアーセナルカラー一色。契約を尊重することは確実だ」 「少なくとも2021年までアーセナルに残るだろう。ファンは今夏のゴシップに心配する必要はない」 「彼は自分が歓迎されていると感じられる場所を見つけた。そこでもっとできることがあると考えているよ」 2019.05.12 09:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース