やはりダメか…アブラモビッチ、サッリ解任準備

2019.05.15 19:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのロマン・アブラモビッチオーナーが、マウリツィオ・サッリ監督の解任の準備を進めていると、イギリス『メトロ』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。

チェルシー就任1年目のサッリ監督は、“サッリ・ボール”と呼ばれる独自の戦術をもたらし、シーズン序盤は快進撃を見せた。だが、徐々にその快進撃も衰えを見せ、終わってみれば優勝を争ったマンチェスター・シティとリバプールから大きく水をあけられ、薄氷の3位という結果となった。

シーズン途中にも解任の噂があったサッリ監督だが、当初は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が首を繋ぐ唯一の方法だと騒がれ、サッリ監督はその通りやってのけた。

しかし今回伝えられるところによると、CL出場権に関係なく、アブラモビッチオーナーはサッリ監督解任の準備を進めているという。

その理由は、同監督とファンとの関係だ。今シーズン、チェルシーが度々見せる貧相な試合で、ファンからファ〇クサッリ・ボールと批判されることが何度かあった。

また、『ガゼッタ』は「サッリ監督がアブラモビッチに愛されていない」と主張している様で、サッリ監督が、チェルシーがヨーロッパリーグ決勝戦までの間に、アメリカでニュー・イングランド・レボリューションとの試合を組んだことに不満を表したことを上層部は良く思っていないようだ。

サッリ監督自身も来季のチェルシーを率いるかどうかは不確実の様で「クラブはCL出場権を獲得するよう言ってきた。その通りにやったが将来は不透明だ」とコメントしている。

果たしてイタリア人指揮官も、気短なオーナーの犠牲者となってしまうのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

レバークーゼンCEO、ハフェルツの移籍希望を明言も…

レバークーゼンの最高経営責任者(CEO)を務めるフェルナンド・キャロ氏が、同クラブに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツの去就について言及した。ドイツ『キッカー』がコメントを掲載している。 ここ2シーズン、2桁ゴールを記録するなど印象的な活躍を見せているハフェルツにはチェルシーなどが獲得に興味を示しているとされるが、キャロ氏は「ヨーロッパリーグが終了したら協議を行うことは常に明らかだった。カイは次のステップへ踏み出したいとの意向を表明した。ただ、現時点ではこれがうまく行くかはわからない。書面でのオファーは届いていないからね。もちろん、我々としても彼を今後のチームの計画に含めたいと思っている」と、現状では具体的なオファーはなく、残留が基本線であることを強調した。 2020.08.15 02:00 Sat
twitterfacebook
thumb

主将アスピリクエタが2人のニューカマーの印象語る「本当に大きな戦力」

チェルシーでキャプテンを務めるスペイン代表DFセサール・アスピリクエタが、今夏加入の2人の新戦力について語っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 チェルシーはこの夏、モロッコ代表MFハキム・ジイェフとドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを獲得。それぞれアヤックスとライプツィヒでは重要戦力で、新シーズンにおけるチームの躍進にはこの2人の活躍は欠かせない。 すでにチームに合流し、来季に向けてトレーニングを重ねている中、主将のアスピリクエタは早くも大きな期待を寄せているようだ。 「この数週間のトレーニングで2人ともその質の高さを見せ付けているよ。彼らの攻撃的なポテンシャルやチャンスの作り方、ゴールを見てると大きな戦力だと感じるよ」 「彼らがより早く、より簡単にプレミアリーグに適応出来るのは誰にとっても良いことだ。だからシーズン終了直後からチームに合流してくれたのは幸運だったね」 「彼らはすでにチームに溶け込んで素晴らしい時間を過ごしているよ。ピッチの上で彼らのプレーを見るのが今から楽しみで仕方ないよ」 2020.08.14 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督、新加入のウィリアンを語る「違いを生み出す選手」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、チェルシーからフリーで加入したブラジル代表MFウィリアンにコメントしている。 アーセナルは14日、ウィリアンの加入を発表。2023年6月末までの3年契約を結んでいる。アルテタ監督は、即戦力候補のウィリアンに関してクラブ公式サイトでコメントを残している。 「我々は彼が違いを生み出してくれる選手だと信じているよ」 「この数ヵ月、彼を見てきた。我々には攻撃的なミッドフィルダーとウィングの両ポジションを強化するという明確な狙いがあった。彼は多様な選手で3、4つの異なるポジションでプレーできる」 「彼は多くのクオリティーと我々が必要とするモノをもたらしてくれるだろう。彼はフットボール界で全てを手にしてきた経験がある。だが、それでもまだアーセナルに来て貢献したいという野心があった」 「彼はたくさんの魅力的なクオリティーをもっている。狭いスペースでプレーする能力や、人を躱す技術と打開する力、ボールを運ぶ力も備え、オープンプレーでもセットプレーからでも決定機を演出できる」 「私は、試合で難しい状況になっても責任を持ち、試合に勝ちたいと思うようなキャラクターを求めていた。そして、チームにもたらすクオリティーは全ての選手にとっても良い向上心に繋がるだろう」 2020.08.14 20:22 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー退団のブラジル代表MFウィリアンが3年契約でアーセナル加入決定!

アーセナルは14日、チェルシーを退団したブラジル代表MFウィリアン(32)の獲得を発表した。契約期間は3年間となり、背番号は「12」をつける。 コリンチャンスやシャフタール・ドネツクでプレーしたウィリアンは、2013年にアンジ・マハチカラからチェルシー入りを果たした。 チェルシーではウインガーとしてプレミアリーグ234試合に出場し37ゴール39アシストを記録。プレミアリーグで2度、FAカップで1度、EFLカップで1度、ヨーロッパリーグで1度優勝を果たしていた。通算成績は339試合で63ゴール62アシストだった。 2019-20シーズンもプレミアリーグで36試合に出場し9ゴール7アシスト。チャンピオンズリーグでも7試合で1ゴール1アシストを記録していたが、契約は2019-20シーズン限りとなっており、契約交渉が難航していた。 チェルシー側は2年契約を提示していたが、3年契約を求めたウィリアンと交渉が決裂。正式に退団が決まっていた。 なお、獲得にはバルセロナやメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミらも乗り出していたが、アーセナル移籍が決定。『ESPN』によれば、週給約10万ポンド(約1400万円)で合意していたとのことだ。 2020.08.14 18:12 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルのウィリアンが2日以内に誕生か 英『スカイ』報じる

今季限りでチェルシーを退団したブラジル代表MFウィリアン(32)のアーセナル移籍が2日以内に実現する様相だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 2013年にアンジ・マハチカラからチェルシー入りしたウィリアンは今季限りで失効する契約を巡り、長らく延長交渉を続けたが、難航。最後まで両者が求める契約年数の溝が埋まらず、先日にチェルシー退団が決定した。 そんなブラジル人名手を巡ってはバルセロナやインテル・マイアミの関心が取り沙汰されたが、選手が望む3年契約を提示したアーセナルがポールポジションに。そして、15日までに正式契約を結ぶ可能性があるという。 なお、先日の『ロンドン・イブニング・スタンダード』によると、ウィリアンはすでにアーセナルのメディカルチェックを受け、パスしたとみられている。 2020.08.14 11:55 Fri
twitterfacebook