プレミア昇格を目指すリーズがバルセロナとウインガー獲得で合意か2019.05.15 16:28 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来シーズンのプレミアリーグ昇格に向けてプレーオフを戦っているチャンピオンシップ(イギリス2部)のリーズ・ユナイテッドだが、バルセロナのFWラファ・ムヒカ(20)の獲得で合意に至ったようだ。スペイン『マルカ』が報じた。ラス・パルマス出身のムヒカは、2015年にバルセロナに入団。下部組織で育つと、昨シーズンはコルネジャへとレンタル移籍を経験。今シーズンはセグンダB(スペイン3部)で33試合に出場し7ゴール1アシストを記録していた。

トップチームでの出場経験はこれまでないものの、両サイドでプレーが可能なウインガータイプ。U-19スペイン代表としても2キャップを記録している。なお、契約は今季までとなっているため、フリーでの移籍となる。

リーズは、現在昇格プレーオフを戦っており、ダービー・カウンティとの初戦を勝利。2ndレグで勝利すれば、決勝でアストン・ビラと対戦。勝利すれば、プレミアリーグ昇格となる。
コメント
関連ニュース
thumb

井手口陽介、リーズ復帰へ フュルトが高すぎて買い取れずか

来シーズンもグロイター・フュルトでプレーする可能性が熱を帯びた元日本代表MF井手口陽介(22)だが、一転して退団が既定路線だという。ドイツ『キッカー』が報じた。 井手口は昨夏、リーズ・ユナイテッドからシーズンローンで加入。昨年9月に行われたブンデスリーガ2部第5節のホルシュタイン・キール戦で新天地デビューを果たしたが、右ヒザ後十字じん帯断裂や半月板損傷に見舞われ、6日に行われた第32節のケルン戦でようやく実戦復帰を果たした。 その井手口に関して、買取希望を持つグロイター・フュルトだが、リーズ・ユナイテッドの求める移籍金額が高額すぎるため、交渉が暗礁に。来シーズンも引き続きグロイター・フュルトでプレーする見通しだった井手口は、一転してリーズ・ユナイテッド復帰の可能性が高まった模様だ。 だが、リーズ・ユナイテッドに井手口の居場所はないのかもしれない。イギリス『HITC』によると、リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督のなかで、井手口は昨夏の段階で構想外の選手。監督交代がない限り、井手口にプレー機会が巡ってくる可能性は極めて低いという。 なお、その井手口とリーズ・ユナイテッドの契約は2022年まで。来シーズンはどこのユニフォームを来てプレーすることになるのだろうか。 2019.05.17 07:55 Fri
twitterfacebook
thumb

やり過ぎ? プレミア昇格POでリーズ撃破のダービーが試合後に“スパイ”パフォーマンス

15日に行われたリーズ・ユナイテッド戦を勝利したダービー・カウンティの選手たちが試合後にマルセロ・ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄するパフォーマンスを見せた。イギリス『Caught offside』が伝えている。 15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ(3位)vsダービー(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。 敵地で行われた1stレグを0-1で落としていたダービーは、この試合でも先手を奪われる。それでも、マリオット、マウントのゴールで2戦合計スコアを2-2とし、アウェイゴール数で上回ると、その後もウィルソン、マリオットにゴールが生まれ、最終的に2戦合計3-4でアストン・ビラの待つ決勝進出を果たした。 同試合後、ダービーの選手たちはアウェイサポーターに向けて両手で丸の形を作り、双眼鏡のようにして覗き込むようなパフォーマンスを敢行した。 実はリーズとダービーの対戦では、今年1月に行われたリーグ戦の対戦前にビエルサ監督の指示でチームスタッフがダービーの練習場に偵察へ向かい、相手の練習を観察するスパイ行為が発覚。 後にビエルサ監督は自身の監督キャリアを通じて、常にそういった偵察行為を行い、今シーズンもダービー戦前に対戦したすべての対戦相手の練習場にチームスタッフを派遣していたことを認めていた。また、この問題を受けてリーズはイングランドフットボールリーグ(EFL)から罰金20万ポンド(約2800万円)を科されていた。 そして、その一件を受けて、ダービーの選手たちはビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄する今回のパフォーマンスを披露したのだ。 このパフォーマンスに関してはビエルサ監督の“スパイ”行為を快く思わない人たちを中心に風刺の利いた痛快なパフォーマンスだという好意的な反応があった。 一方、先日のアストン・ビラとの対戦で相手選手負傷時に自軍が奪ったゴールを正当と認めず、直後にわざと相手にゴールを決めさせるフェアプレイ精神を見せるなど、フットボールに対して真摯な態度を見せるビエルサ監督を揶揄する行為、激戦を演じた相手にそれも敵地でバカにするような行為を見せたことに不快感を示す反応もあり、やや物議を醸す一件となった。 ◆ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄 https://twitter.com/RealCasuals/status/1128766913734217728 2019.05.16 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ランパード監督率いるダービーが大逆転! 来季プレミア挑戦権はチェルシーのレジェンド対決に《チャンピオンシップ》

15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ・ユナイテッド(3位)vsダービー・カウンティ(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。 1stレグを0-1で先勝していたリーズは、この試合でも先手を奪う。24分、左サイドで得たFKからクロスを送ると、誰も触らないボールが右ポストに跳ね返り、最後はダラスが決めて先制する。 2戦合計2-0とリードを許したダービーは、アウェイということもありリーズに押し込まれ続ける展開に。それでも45分、カウンターを仕掛けると浮き球の処理をGKとDFが被ってしまい、最後はマリオットが無人のゴールへ流し込み、ダービーが2戦合計2-1とする。 迎えた後半、早々にダービーが仕掛ける。46分、自陣からパスを繋ぎボックス内に侵入すると、最後はマウントが体勢を崩しながらもネットを揺らし2戦合計で2-2に。58分にはPKを獲得すると、ウィルソンが落ち着いて決め、ついに逆転に成功する。 逆転を許したリーズは62分、左サイドを崩すと、ボックス内左からダラスが技ありのゴールを決め、2戦合計で3-3の同点に。その後はリーズが猛攻を仕掛けて追加点を目指すが、決定機を作るもののなかなかゴールを奪えない。 さらにリーズには悪夢が続き、ベラルディが78分に2枚目のイエローカードをもらい退場。数的不利に陥る。するとダービーが息を吹き返し猛攻。85分に、ボール奪取からカウンター。最後はマリオットが落ち着いてネットを揺らし、2戦合計3-4とリードを奪う。結局そのまま試合は終了。白熱の対決はダービーが制し、アストンビラが待つ決勝へと駒を進めた。 ダービーの指揮を執るフランク・ランパード監督と、アストン・ビラでアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏はチェルシーやイングランド代表で長年チームメイトとしてプレーした間柄。プレミアリーグでの成功を知る両者が、最後の昇格枠を懸けて対戦する。なお、昇格プレーオフ決勝は26日に行われる。 リーズ 2-4(AGG:3-4) ダービー 【リーズ】 ダラス(前24) ダラス(後17) 【ダービー】 マリオット(前45) マウント(後1) ウィルソン(後13) マリオット(後40) 2019.05.16 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

“変人”ビエルサが超フェアプレイ! 自動昇格かかる試合でワザと得点させる

チャンピオンシップ(イングランド2部)の一戦で、珍しい光景が見られた。 その光景は、28日に行われたチャンピオンシップ第45節のリーズ・ユナイテッドvsアストン・ビラの一戦で起こった。 来シーズンのプレミアリーグ昇格を目指し、勝ち点82で3位につけるリーズと勝ち点76で5位につけるアストン・ビラの一戦。昇格プレーオフ圏にいる両チームだが、自動昇格圏を狙える位置にいるリーズにとっては、勝たなければいけない試合だった。 そんな試合、なかなか見られないプレーが生まれる。0-0で迎えた72分、GKからのフィードがこぼれ球になると、競り合いでアストン・ビラのジョナタン・コジアが負傷。ピッチに倒れ込む中、審判はノーファウルであるとし、リーズはパスを繋ぐ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190429_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> しかし、チームメイトが倒れている事に気づいたアストン・ビラの選手たちがボールを外に出してくれとアピール。その際にライン際でボールを持っていたリーズのテイラー・ロバーツが外に出すと思いきや、前線にいたマテウシュ・クリヒへとパスを送った。 パスを受けたクリヒは左サイドからカットイン。慌ててアストン・ビラの選手も対応するが、ボックス内左から見事にゴールを決めて、リーズが先制した。 プレミアリーグの自動昇格を目指すリーズにとっては勝たなければいけない試合でもあり、審判も止めていないためにこの判断は間違ってはいない。しかし、この行動にアストン・ビラの選手が激怒。ゴールを決めたクリヒにコナー・フリハンが掴みかかると一気に乱闘騒ぎに発展。この流れで、アストン・ビラのアンワル・エル・ガジが退場処分となり、最悪の空気となる。 すると、ここで“変人”とも称されるリーズのマルセロ・ビエルサ監督が1つの判断を下す。それは、このゴールをなかったことにすることだ。ピッチサイドでビエルサ監督は、鬼の形相でピッチ内の自身の選手たちに対し、アストン・ビラにゴールを決めさせるように指示を飛ばした。 アストン・ビラのキックオフで試合が再開すると、リーズの選手たちは棒立ちに。そのままアストン・ビラのアルベルト・アドマーがゴールを決めるが、この判断を受け入れられないポントゥス・ヤンソンが妨害しようとしたため、最後はチームメイト同士で揉める事態となった。 結局試合は1-1のドロー。リーズが引き分けたため、2位のシェフィールド・ユナイテッドのプレミアリーグ昇格が決定。リーズとアストン・ビラは昇格プレーオフに進むことが決定しており、再びこのカードが見られるかもしれない。 2019.04.29 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.19“ヤング・リーズ”リーズの集大成/リーズ・ユナイテッド[2000-2001]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.19</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2000-2001シーズン/リーズ・ユナイテッド 〜ヤング・リーズ〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fom2000-01leeds.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:デイビッド・オレアリー(43) タイトル実績:プレミア4位、CLベスト4 攻撃力7:★★★★★★★☆☆☆ 守備力7:★★★★★★★☆☆☆ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係8:★★★★★★★★☆☆ 選手層6:★★★★★★☆☆☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ヤング・リーズの集大成</div> 1998年にデイビッド・オレアリー監督が就任したリーズは、若い選手たちが躍動する魅力的なサッカーでプレミアリーグに旋風を巻き起こした。プレミア制覇こそならなかったものの、幾度も優勝争いに絡み、1999-2000シーズンは3位という好成績を残す。 そのリーズの集大成が2000-01シーズン。CLに初参戦したチームは、この大舞台で躍進する。ミランやバルセロナと同居したグループステージ1次リーグを2位で通過。2次リーグでは前年のCL覇者であるレアル・マドリーやイタリア王者のラツィオと同組に入ったが、再び2位で決勝トーナメント進出を決めた。 決勝トーナメント準々決勝では、リーガ王者の“スーペル・デポル”ことデポルティボと対戦し、2戦合計スコア3-2で準決勝に勝ち進む。準決勝ではバレンシアの前に屈して決勝進出を果たせなかったが、大会を大きく盛り上げる活躍を見せ、多くのフットボールファンを虜にした。 しかし、このシーズン以降は財政難に陥り、DFリオ・ファーディナンドなどの主力選手を手放さざるを得なくなる。そして、2003-04シーズンにはチャンピオンシップに降格し、現在までプレミアリーグの舞台に舞い戻れていない状況だ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">若さ溢れる勢い</div> 主に20代前半から半ばまでの選手で構成されたチームは、攻守においてダイナミックなパフォーマンスを披露した。その若さを存分に生かしたスタイルは、躍進を遂げる大きな原動力だった。 最後尾に構えたベテランのGKナイジェル・マーティンは安定したゴールキーピングに加えてコーチング能力が高く、若いチームの中で重要な存在だった。最終ラインは、若かりしころのファーディナンドが中心。時折ミスはあったものの、スピードとビルドアップ能力に長けたセンターバックとして将来が嘱望されていた。さらに、精度の高い左足のキックを装備する左サイドバックのDFイアン・ハートは、オーバーラップから好クロスを供給し、直接FKでゴールを陥れた。 中盤はMFオリビエ・ダクールらが地味な働きながらも献身的なプレーでチームを助けた。右サイドのMFリー・ボウヤーは精力的な動きで攻守に大きく貢献。左サイドのMFハリー・キューウェルは切れ味鋭いドリブル突破からチャンスに絡んだ。 前線は、弱冠20歳のFWアラン・スミスが豊富な運動量を見せてチャンスメイクに奔走。大型FWマーク・ビドゥカとともに抜群の補完性を見せ、2人でゴールを量産した。その他、スミスと同じく20歳のFWロビー・キーンも少ない時間の中でしっかりと結果を残した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">MFハリー・キューウェル(22)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/kewelPC.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> リーズ・ユース出身のキューウェルは、躍進する若いチームの象徴としてヨーロッパで暴れまわった。全盛期のギグスを彷彿とさせるドリブル突破や正確な左足でチャンスを演出するなど攻撃の中心を担い、プレミアリーグを代表するウインガーとして地位を確立した。また、同じオーストラリア出身のビドゥカとの連係も見事だった。 2019.04.12 22:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース