ケアンに人種差別疑惑のカリアリに処分なし2019.05.15 01:28 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FIGC(イタリアサッカー連盟)は14日、ユベントスのイタリア代表FWモイゼ・ケアンに対する人種差別チャントを行ったとされるカリアリに対し、処分を行わないことを発表した。この件は4月2日に行われたセリエA第30節、カリアリvsユベントスでケアンに対し、人種差別チャントをカリアリサポーターが行ったとして調査が行われていた。ケアンはこの人種差別チャントに抗議する意味でゴール後にカリアリサポーターの前でセレブレーションを行い、騒動となっていた。

1カ月以上にわたるFIGCの調査が行われたが、FIGCは「チャントと人種差別の関連性は限られている」としカリアリに処分は行わないとした。

カリアリでは昨年1月にもユベントスMFブレーズ・マテュイディに対し、人種差別チャントが行われていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベ移籍のデ・リフト、CR7の勧誘効果を認める!

アヤックスからユベントスに移籍したオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が決め手として、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの勧誘効果を認めた。スペイン『マルカ』が報じた。 今夏の人気銘柄として大きな脚光を浴び、移籍先に注目を集めたデ・リフト。18日に移籍金7500万ユーロ(約90億6000万円)+追加費用1050万ユーロ(約12億6000万円)でユベントス移籍が決定した。 そのデ・リフトは、今年6月に行われたUEFAネーションズリーグ決勝戦のポルトガル代表vsオランダ代表でC・ロナウドから口説かれたことを明らかにしており、話題を呼んだ。 デ・リフトは最終的にユベントス行きを決断した今夏を振り返ったなかで、その件について問われると、こう述べたという。 「あの当時、夏にどこに行くかを考えていた。僕のなかに考えはあったけど、代表戦後のあとに決めたかったし、まず休みたかった。そして、新たなクラブに行きたかった」 「あのとき(ポルトガルとオランダの一戦)、ほぼ決めていたけど、クリスティアーノのような選手からユベントスに移籍したいかどうか尋ねられたことはすごく良かったよ」 2019.07.20 08:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ入団会見に臨んだデ・リフト、「ブッフォンやキエッリーニ、ロナウドから学びたい」

オランダ代表DFマタイス・デ・リフトが19日、ユベントス入団会見に臨んだ。その場で背番号4を背負うことが決まっている。 18日に移籍金総額8550万ユーロ(約103億5000万円)でアヤックスからユベントスに加入したデ・リフト。昨季、守備の要としてアヤックスのチャンピオンズリーグ4強進出に大きく貢献した19歳は入団会見で次のように意気込んでいる。 「アヤックスでプロとして3年プレーし、とりわけ昨季は多くの経験を積むことができた。19歳としては経験を持っている方だとは思うけど、更なるステップアップを図るために移籍を決断した。僕はまだキャリアをスタートさせたばかりだから、ユーベの経験豊富な選手たちから学びたい」 「今回の移籍は大きなステップアップだ。国外への初めての移籍だし、慣れていかなくてはならない。でも、ユーベのファンが歓迎してくれたことを光栄に思うし、誇りに感じた。そんな彼らに恩返しをしたいと思ったよ」 ――C・ロナウドの勧誘について 「クリスティアーノ・ロナウドが僕をユーベに勧誘してくれたのは嬉しかったよ。でも、誘われる前にユーベに行こうと決めていたんだ。勧誘は大きな賛辞だったけど、それが加入を決めた要因ではないよ」 ――サッリ監督について 「サッリ監督とは電話で話をした。彼のことを早く知りたいからね。彼の存在がユーベに行こうと思った一つの理由でもある。彼の戦術、哲学、攻撃的なサッカー、守備の構築など、多くのことを聞いてみたいんだ」 ――子供の頃の写真にユーベのユニフォームを着ているものがあったが 「DFであれば誰もが称賛するあの選手が大好きだったんだ。2006年ワールドカップ優勝メンバーでその年のバロンドールを獲得したファビオ・カンナバーロだよ。僕は彼の大ファンだったけど、それ以上にユーベに対して良い印象を持っていた。素晴らしいクラブだし、小さい頃からユーベのファンだったよ」 「チャンピオンズリーグでユベントスと対戦した際、サポーターが作り出す素晴らしい雰囲気に驚いた。彼らは本当にチームを支えているね。そんな彼らのために全力でプレーしたいと思っている。スタジアムもピッチと観客席が近い素晴らしい環境だね」 「イタリアは守備の国で守備を愛する国だ。ユーベに移籍しようと思った要因でもある。そして様々なタイプのストライカーがいることも、僕にとっては大きな挑戦になると思う。毎日、彼らから学ぶことができるだろうね」 「僕は19歳でまだまだ改善しなければならないことがある。毎日、学ぶ姿勢を示すことが重要だ。あらゆる面で成長し、より良い選手になりたいと思っている。クラブが高い移籍金を払って加入した身としてはプレッシャーがかかるのは当然だ。だが、良い選手になるにはそのようなプレッシャーに対処する必要がある。自分のプレーをして、ピッチの上でハードワークするだけだよ」 ――4番を選んだ理由について 「4番は僕にとって特別な番号だ。アヤックスでは常に背負っていたからね。ユーベでは過去に偉大な選手が付けていたし、その番号を背負うことを誇りに思う。多くの成功を手にできたらと思う。アヤックスは若い選手が多かったけど、ユーベには経験豊富な選手がたくさんいる。ブッフォンやキエッリーニ、ロナウドから学び、成長したい」 2019.07.20 03:38 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマが買い取り義務付きレンタルでイグアインを獲得か、本人はユーベ残留を希望も…

ローマがアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)を買い取り義務付きのレンタルで獲得することでユベントスと合意したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればローマはレンタル料600万ユーロ(約7億2000万円)、シーズン終了後に2700万ユーロ(約32億6000万円)を支払う契約でユベントスと合意に達したとのことだ。 一方でユベントスのプレシーズンツアーに帯同しているイグアインは残留を希望しているとされ、年俸を450万ユーロ(約5億4000万円)に下げることでユベントスに留まることを望んでいるという。 ローマはインテル移籍が規定路線のFWエディン・ジェコに代わる得点源としてイグアインを望んでいるが、昨季ミランとチェルシーで結果を残せず衰えを露呈したイグアインは新天地をローマに選ぶだろうか。 2019.07.20 02:52 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド&エバートンがマテュイディに関心? すでにユベントスと接触か

マンチェスター・ユナイテッドとエバートンが、ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(32)に関心を寄せているようだ。フランス方面の情報をもとにイギリス『ミラー』が報じた。 今夏にフランス代表MFポール・ポグバを失う恐れが取り沙汰されるユナイテッド。加えて、スペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)が退団しているため、中盤の補強が見込まれている。 一方のエバートンはマンチェスター・シティからイングランド代表MFファビアン・デルフ(29)を獲得。だが、マルコ・シウバ監督はさらなる中盤の補強を望んでいるという。 両クラブは豊富な運動量で献身性を備えるマテュイディ獲得に向けて、ユベントス側とコンタクトを取ったようだ。なお、移籍金は2000万ポンド(約26億9000万円)が下限になるとみられている。 だが、ユベントスは新シーズンまで契約を結ぶマテュイディを手放したがっていない様子。仮に他クラブからオファーが届いても、抵抗する可能性があるとのことだ。 2019.07.19 17:52 Fri
twitterfacebook
thumb

メディカルチェック失敗のペリン、治療後12月にベンフィカ移籍か

ベンフィカは18日、ユベントスのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)のメディカルチェックに問題があったとし、移籍のオペレーションを延期したことを発表した。 ただ、『フットボール・イタリア』によればユベントスで治療を受けた後、12月か1月にベンフィカに移籍する運びとなるようだ。 移籍金1500万ユーロ(約18億1000万円)で、ベンフィカと5年契約を結ぶと報じられていたペリンだが、過去に両ヒザのじん帯を断裂していたことや右肩に手術を受けていたことが問題となったようだ。 2018年夏にジェノアから加入したペリンだったが、今夏にパリ・サンジェルマンからレジェンドのGKジャンルイジ・ブッフォンが復帰。昨季、守護神を務めていたGKヴォイチェフ・シュチェスニーもおり、ペリンは移籍先を探していた。 2019.07.19 04:36 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース