ケアンに人種差別疑惑のカリアリに処分なし2019.05.15 01:28 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FIGC(イタリアサッカー連盟)は14日、ユベントスのイタリア代表FWモイゼ・ケアンに対する人種差別チャントを行ったとされるカリアリに対し、処分を行わないことを発表した。この件は4月2日に行われたセリエA第30節、カリアリvsユベントスでケアンに対し、人種差別チャントをカリアリサポーターが行ったとして調査が行われていた。ケアンはこの人種差別チャントに抗議する意味でゴール後にカリアリサポーターの前でセレブレーションを行い、騒動となっていた。

1カ月以上にわたるFIGCの調査が行われたが、FIGCは「チャントと人種差別の関連性は限られている」としカリアリに処分は行わないとした。

カリアリでは昨年1月にもユベントスMFブレーズ・マテュイディに対し、人種差別チャントが行われていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマの新星ザニオーロにユベントスが興味?

ローマ期待の新星、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)にユベントスが興味を持っているとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ザニオーロはインテルユース出身の19歳。 トップチームでは出場を機会に恵まれなかったものの、その能力を評価していたローマに移籍した今シーズンはレギュラーに定着。リーグ戦では27試合で4ゴールという成績を残し、チャンピオンズリーグ(CL)の大舞台でもラウンド16のポルト戦で2ゴールを挙げるなど大ブレイクを果たした。 そのザニオーロに興味を持っていると報じられたのがリーグ8連覇中のユベントス。 ザニオーロの獲得には、昨シーズンリバプールへ移籍したGKアリソン・ベッカーの時と同じく7000万ユーロ(約90億円)という移籍金が必要になるとみられ、その程度の金額を提示できればローマも移籍を認めるのではないかと伝えられている。 ユベントスもまだ調査をしている段階ではあるとの事だが、ローマならずイタリアサッカー界の新星の今後の動向が注目される。 2019.06.15 14:04 Sat
twitterfacebook
thumb

「ユベントスに来て欲しい」C・ロナウド、ハメスに加入の勧誘?

ドイツ代表のレジェンドであるローター・マテウス氏は、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)がユベントスに加入すると予想している。スペイン『アス』が伝えた。 バイエルンとの2年間にわたるレンタル期間満了により、今夏退団が決定したハメス・ロドリゲス。レアル・マドリー復帰が既定路線となっているが、ジネディーヌ・ジダン監督は戦力としてみておらず、クラブは売却する意向を持っている。そういった状況から、現在、ユベントスやナポリ、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に関心を示している。 そんな中、マテウス氏は2週間前にハメス・ロドリゲスと会ったことを告白。そこでの会話によると、同選手がかつてマドリーで共演したユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドからラブコールを受けたようだ。 「ユベントスで会うことになると思っている」 「2週間前、私は、バイエルンのリーグ優勝の祝勝会で彼(ハメス・ロドリゲス)と話したよ」 「彼はロナウドととても親しく、連絡も取っていると言っていた。そこで彼は、『ユベントスに来て欲しい』と言われたみたいだよ」 「ハメスはロナウドにパスすることができ、彼はそれを決めることができる。2人とも輝けるようになるね」 2019.06.15 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

イグアイン、ユーベでの引退を希望 代理人が明かす

チェルシーに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)は、ユベントスでキャリアを終えたいと考えているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が『Radio Marte』での情報をもとに伝えた。 リーベル・プレートやレアル・マドリー、ナポリでプレーしたイグアインは、2016-17シーズンからユベントスでプレー。同シーズンには24ゴールを記録するなど、イタリア王者をけん引した。その後、2018年8月にミランにレンタル移籍をしたが、期待されていたようなパフォーマンスを見せることができず、今冬の移籍市場では再びレンタルでナポリ時代の恩師であるマウリツィオ・サッリ監督が率いるチェルシーへ。今シーズンのプレミアリーグでは14試合5ゴールの成績で終わった。 そんなイグアインとチェルシーとの契約には1年間のレンタル延長オプションが付随。しかし、チェルシー側は今シーズンの成績から行使しない見込みであることが伝えられている。 その他、イグアインにはローマからの関心も。しかし、イグアインの代理人を務めるニコラス氏によれば、自身はユベントスとの契約を尊重しており、同クラブで現役を終えることを望んでいるようだ。 「ゴンサロ(・イグアイン)は自身の契約を尊重している。つまり、あと2年間はユベントスに留まりたいと思っているということだ」 「ユーベでの彼のパフォーマンスは良かった。イタリアの他のチームでプレーすることはありえないだろうね」 「彼は誰に対しても無礼なことはしたくない。もし彼が再びイタリアでプレーするのであれば、それは所有しているユーベのみだろうね」 「ゴンサロの年になるかもしれない。それほど彼は強さと決意を持っている。そして彼は、ユーベでキャリアを終えたいと思っているよ」 なお、現在、ユベントスでは、恩師であり、今シーズンも共にチェルシーで戦ったサッリ監督の就任が濃厚となっている。果たして来シーズンも共闘することになるのだろうか。 2019.06.15 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ラビオとユーベが交渉! 本人が認める

パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)がユベントスとの接触を認めたという。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 今シーズンがPSGと契約最終年のラビオは、延長交渉を固辞して今シーズン途中から干されており、今夏のフリー移籍が既定路線。だが、高額な賃金要求を受けて獲得希望クラブの相次ぐ撤退が指摘されており、行き先が不透明な状況だ。 そのラビオを巡っては現在、マンチェスター・ユナイテッドとユベントスの関心が浮上中。そうしたなか、本人がバカンス先のイタリアでユベントスとの交渉を明かしたという。 「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」 2019.06.14 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

サッリ、ユーベ“移籍”へ…英『BBC』報じる

イギリスの有力メディア『BBC』は13日、チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ氏(60)のユベントス行きを報じた。 チェルシーはサッリ監督の“移籍”に関して、ユベントスとの協議の末、13日の夜遅くに500万ポンド(約6億8000万円)以上の契約解除金が支払われる形で大筋合意。14日にも取引完了の見通しだという。 サッリ監督は今シーズンからチェルシーを指揮。批判の声に晒されたが、最終的にプレミアリーグ3位に入り、ヨーロッパリーグ(EL)でも優勝を成し遂げ、チャンピオンズリーグ(CL)権をもたらした。 だが、そのサッリ監督を巡っては現在、マッシミリアーノ・アッレグリ氏の後任として、ユベントス行きの可能性が加熱。本人もナポリ時代のライバルクラブ行きを希望との報道が続いている状況だった。 レアル・マドリー移籍のベルギー代表MFエデン・アザールに続き、指揮官の流失も決定的なチェルシーは現在、後任として、ダービー・カウンティを率いるチェルシーOBのフランク・ランパード氏(40)が浮上している。 2019.06.14 09:50 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース