ラフィーニャがバイエルン退団を発表…8年間で16個の主要タイトル2019.05.14 21:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは14日、元ブラジル代表DFラフィーニャ(33)が、今季終了を以ってクラブを退団することを発表した。

同日行われた記者会見で、ラフィーニャは以下のようなコメントを残した。

「素敵な8年間だった。素晴らしい瞬間を何度も経験できたよ。2013年のトレブルは特別だったね。でも、すべてのことにいつかは終わりが来る」

「僕らは毎日一緒で、互いによく理解していた。僕たちは家族だった。みんなが一番大切にしてきたのは友情だった」

「本当にありがとう!今シーズン、2つのタイトルが獲れることを願っているよ!」

2011年にジェノアからバイエルンに加入して以降、右サイドバックと左サイドバックを主戦場に頼れる準主力として活躍を続けてきたラフィーニャ。バイエルンでの公式戦通算266試合出場を誇る同選手は、2012-13シーズンからのリーグ戦6連覇、12-13シーズンのチャンピオンズリーグ制覇、3度の国内カップ戦優勝など、合計16個もの主要タイトルを掲げてきた。

今シーズン、バイエルンに残されたタイトルはカップ戦とブンデスリーガの2つ。果たしてラフィーニャは、最後にトロフィーを手にすることはできるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキ&コマン弾でバイエルンが3年ぶり19度目のポカール制覇! 《DFBポカール》

DFBポカール決勝のライプツィヒvsバイエルンが25日にベルリン・オリンピアシュタディオン行われ、0-3でバイエルンが勝利した。この結果、バイエルンが3年ぶり19度目のDFBポカール制覇を達成した。 準決勝でブンデス2部のハンブルガーSVを3-1で下し決勝進出を決めたライプツィヒは、18日に行われたブンデスリーガ最終節ブレーメン戦の先発からアダムス以外の10人変更。中盤フラットな[4-4-2]を採用したライプツィヒは、2トップにバイエルン行きが噂されるヴェルナーとユスフ・ポウルセンを起用した。 一方、準決勝で日本代表FW大迫を擁するブレーメンに辛勝し2年連続の決勝進出を果たしたバイエルンは、ブンデス最終節のフランクフルト戦から先発を2人変更。GKウルライヒとゴレツカに代えて約6週間ぶりの復帰戦となるGKノイアーとハビ・マルティネスが先発で起用された。 開始3分にボックス右から仕掛けたニャブリのシュートで幕を開けた一戦。良い入りを見せたバイエルンだったが、セットプレーからピンチを迎える。11分、ライプツィヒはハルステンベルクの左CKからY・ポウルセンがヘディングシュートを狙ったが、これはGKノイアーが右手で弾くとクロスバーを直撃した。 決勝戦らしく一進一退の攻防戦が展開される中、バイエルンは29分に均衡を破る。コマンのパスから左サイドをオーバーラップしたアラバがクロスを供給すると、ゴール正面のレヴァンドフスキが後ろに下がりながらヘディングで合わせると、このシュートがゴール左に吸い込まれた。 先手を取ったバイエルンは、42分にもフンメルスのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したコマンに決定機が訪れたが、飛び出したGKをかわして放ったシュートはゴールカバーに戻ったコナテにゴールライン手前でクリアされた。 迎えた後半、先に決定機を迎えたのは1点を追うライプツィヒ。48分、コナテのロングスルーパスで相手DFの裏に抜け出したフォルスベリがドリブルで持ち上がりGKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKノイアーが左足に当てるビッグセーブを披露。 ライプツィヒは、57分にもフォルスベリのパスをボックス右で受けたヴェルナーが細かなステップで相手マークを外しシュート。しかし、これはゴールカバーに入ったジューレにゴールライン手前でブロックされた。 膠着状態が続く中、バイエルンは65分にハビ・マルティネスを下げてトリソを、73分にニャブリを下げてロッベンを投入。すると78分、オーバーラップしたキミッヒがボックス内へパスを供給すると、相手DFに当たり浮いたボールをボックス中央で収めたコマンが縦への突破から左足のシュートでゴールネットを揺らした。 待望の追加点を奪ったバイエルンは、85分にも自陣でパスカットしたキミッヒが前線に大きくクリアすると、このボールに反応したレヴァンドフスキがボックス中央までボールを持ち上がり冷静に相手GKとの一対一を制した。 試合を決定づけたバイエルンは、87分にコマンを下げてリベリをピッチに送り出す。その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったバイエルンが、3-0で快勝。リーグ戦に続き、3年ぶりのDFBポカール制覇で国内2冠を達成した。 2019.05.26 05:13 Sun
twitterfacebook
thumb

「レロイやめてぇ~」 バイエルン行き噂に古巣シャルケ公式SNSが反応

今夏、バイエルン移籍の可能性が浮上しているマンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)の移籍報道に関して古巣シャルケの公式SNSが悲痛且つコミカルな反応を見せた。 今季、シティで思うように出場機会を得られなかったザネに関しては、バイエルンのウリ・ヘーネス会長が「我々は彼と交渉に入っている」と、交渉中であることを明らかにしている。 一連の報道を受けて、大きなショックを受けているのが、同選手がプロキャリアをスタートした古巣のシャルケだ。 シャルケのアメリカ版の公式『ツイッター(@s04_us)』は、イギリス『スカイ・スポーツ』などで働くイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏の「バイエルンがザネにオファーを出した」とのニュースを引用する形で、「それはやめてぇ~、レロイ…」と、泣き顔の顔文字付きの投稿を行った。 シャルケ最大のライバルは同じ地域に本拠地を置くドルトムントだが、愛する息子の盟主バイエルン行きは是が非でも避けたいようだ。 ◆悲痛且つコミカルな反応 https://twitter.com/s04_us/status/1131927019208495106 2019.05.25 14:57 Sat
twitterfacebook
thumb

ロッベン、新天地にレスター浮上…12年ぶりのプレミア復帰か

今シーズン限りでバイエルンを退団する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)にプレミアリーグ復帰の可能性が急浮上した。イギリス『talkSPORT』が報じた。 ロッベンは今シーズンがバイエルンとの契約最終年。契約満了による退団が決まっており、25日に行われるDFBポカール決勝のRBライプツィヒ戦がラストゲームとなる。 そのロッベンを巡ってはメジャーリーグ・サッカー(MLS)やJリーグ行きのほか、古巣フローニンヘン復帰の可能性が取り沙汰されてきたが、イングランドからも関心がある模様だ。 そこで新天地として挙がったのがレスター・シティだ。イギリスのブックメーカー比較情報サイト『Oddschecker』でも移籍先候補として、レスターに人気が集中しているという。 ロッベンのプレミアリーグ復帰となれば、チェルシー時代以来であり、実に12年ぶり。今後の動向から目が離せない。 2019.05.25 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンに朗報…主将GKノイアーがDFBポカール決勝で復帰へ

バイエルンを率いるニコ・コバチ監督が25日に行われるDFBポカール決勝のライプツィヒ戦で、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが復帰することを明言した。ドイツ『ビルト』が報じている。 ノイアーは、4月14日に行われたブンデスリーガ第29節のデュッセルドルフ戦で後半直後に左足ふくらはぎを負傷。その後、約6週間に渡り戦列を離れていたがついに試合に復帰するようだ。 ライプツィヒ戦前日会見に臨んだニコ・コバチ監督は次のようにコメントしている。 「マヌエルは明日の試合でプレーする予定だ。彼はキャプテンであり、我々にとって不可欠な存在だよ」 2019.05.25 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ザネと交渉中だ! バイエルン会長が関心認める

バイエルンの会長を務めるウリ・ヘーネス会長がマンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)の関心を認めた。ドイツ『Sueddeutsche Zeitung』が報じた。 2016年夏にシャルケから加入したザネ。シティがイングランド史上初の国内3冠を成し遂げた今シーズンは公式戦47試合16得点18アシストをマークしたが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングやポルトガル代表MFベルナルド・シウバに次ぐ3番手の序列に甘んじて、途中出場も少なくなかった。 その状況を受け、ザネを巡っては今夏の移籍報道が加熱。クラブも退団を容認する姿勢だという。そこで移籍先として挙がったのがバイエルンだ。今シーズン限りで退団する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)と元フランス代表MFフランク・リベリ(36)の後釜として、ザネを注視している模様だ。 そうしたなか、ヘーネス会長が「我々は彼と交渉に入っている」と述べ、ザネ獲得に向けた動きを認めたとのこと。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は以前、ザネの残留希望を口にしているが、去就はいかに。 2019.05.24 09:25 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース