飲酒運転で事故を起こしたドリンクウォーターの処分が決定…20カ月間の運転禁止など

2019.05.14 01:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先月8日に飲酒運転の疑いで逮捕されていたチェルシーの元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターに判決が下された。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

ドリンクウォーターは4月7日、マンチェスターで弁護士たちのパーティーに参加。しかし、8日の早朝にマンチェスターのヘイルで事故を起こしており、その際に基準値を上回るアルコールが検知され、“飲酒運転”を疑われ逮捕された。

このたび、ストックポートの治安裁判所に出廷したドリンクウォーターは飲酒運転を認め、20カ月の運転禁止処分と共に70時間の地域奉仕活動を科せられたという。

裁判所によると、ドリンクウォーターは逮捕時の呼吸検査で、100ml中のアルコールレベルが87マイクログラムもあったとのこと。イングランドの飲酒運転の限度は、35マイクログラムであり、基準値の約2.5倍であったことが明かされた。
コメント