CL敗退バルセロナ、ビダル&メッシ弾でホーム最終戦を飾る! 柴崎先発ヘタフェは5位転落で最終節に…《リーガエスパニョーラ》

2019.05.13 03:36 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第37節、バルセロナvsヘタフェが12日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は先発出場し前半終了までプレーした。

前節、柴崎がベンチ外となったものの、残留争いの真っ只中にいるジローナ相手に2-0の快勝を収めた4位のヘタフェはセビージャの取りこぼしもあってクラブ史上初のCL出場権獲得へ大きく前進。

今節はリバプール相手に敵地で0-4の大敗を喫し、衝撃的なチャンピオンズリーグ(CL)敗退を強いられた王者バルセロナとのアウェイゲームに臨んだ。この一戦に向けてボルダラス監督は柴崎を2試合ぶりに先発で起用した。

一方、ホーム最終戦でバウンスバックが求められるバルセロナは、ヒザの手術に踏み切ったスアレスやGKテア・シュテーゲンら一部主力を除きメッシやブスケッツ、ピケらリバプール戦でプレーしたメンバーを起用した。

CL出場に向けてアグレッシブな入りを見せたヘタフェ相手にCL敗退のショックをうかがわせるバルセロナ。立ち上がりは攻守の切り替えで勝るアウェイチームが攻勢を見せると、11分にはモリーナが最初のシュートを放つ。さらに、直後の14分には柴崎もフィニッシュに絡むが、ここは相手のシュートブロックに遭う。

その後もヘタフェペースが続く中、26分にはフルキエからの左クロスに反応したモリーナがボックス内で冷静にシュートをゴール左隅に流し込むが、これは惜しくもオフサイドの判定に。

このピンチを凌いでようやく目を覚ましたバルセロナはメッシを起点にチャンスを作り始めると、39分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのメッシが浮き球で入れたボールをニアに飛び込んだピケがバックヘッドでフリック。これはGKソリアにはじき出されるが、こぼれ球をビダルが押し込み、前半のうちに試合を動かした。

善戦も1点ビハインドで試合を折り返したヘタフェは左サイドハーフで攻守に奮闘した柴崎に代えて、より攻撃的なポルティージョを後半開始と同時に投入する。しかし、後半もバルセロナに押し込まれる状況が続く。

55分と58分にはメッシとマウコムにボックス内に抜け出されて2点目のピンチを招くが、ここはGKソリアのビッグセーブで凌ぐ。さらに65分には裏へ抜け出したメッシにGKの頭上を抜くループシュートを許すが、ここはDFの決死のゴールカバーで阻止すると共にオフサイドの判定に。

一方、後半に入って追加点こそ奪えないものの危なげない試合運びを見せるバルセロナはラキティッチ、コウチーニョ、マウコムを続けて下げてアレーニャ、アベル・ルイス、ネウソン・セメドと若手をピッチに送り込んで試合を締めにかかる。

相手GKソリアの好守もあってなかなかゴールをこじ開けられないバルセロナだったが、89分にはボックス付近で強引に仕掛けたメッシがボックス右のセルジ・ロベルトとのパス交換でゴール前に入り込んで左足のワンタッチシュートを流し込み、試合を決定付ける2点目とした。

そして、ホーム最終戦を2-0の勝利で飾ったバルセロナはリバプール戦の悪夢をわずかながら払拭することに成功した。一方、敗れたヘタフェはバレンシアに勝ち点で並ばれた結果、当該成績で下回り5位に転落。自力での4位フィニッシュの可能性を失って最終節を迎えることになった。
コメント