プレミア得点ランキングは3人が並ぶ珍事に!

2019.05.13 02:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節が12日に行われ、マンチェスター・シティの連覇という結果で幕を下ろした。

2位のリバプールまでもが勝ち点97を獲得するという史上最も激しい優勝争いとなった今季のプレミアリーグ。その得点ランキングでも珍しいことが起こった。

元々リバプールのFWモハメド・サラーが22得点でトップに立っていたのだが、最終節で同クラブのFWサディオ・マネと、アーセナルのFWピエール=エメリク・オーバメヤンがそれぞれ2ゴールを挙げたことで、この3者が22ゴールでトップに並ぶことになった。

以下には、21得点でマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、18得点でレスター・シティFWジェイミー・ヴァーディ、17得点でトッテナムFWハリー・ケインとマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングが続いた。

また、アシストランキングではチェルシーのMFエデン・アザールが15アシストでトップに。ボーンマスMFライアン・フレイザーは14アシストで惜しくも届かなかった。

以下、12アシストでトッテナムMFクリスティアン・エリクセン、リバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、11アシストでリバプールDFアンドリュー・ロバートソン、10アシストでマンチェスター・シティのFWレロイ・ザネとFWラヒーム・スターリングが続いた。

◆プレミアリーグ18-19ゴールランキング
《22得点》
FWピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
FWモハメド・サラー(リバプール)
FWサディオ・マネ(リバプール)
《21得点》
FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)
《18得点》
FWジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)
《17得点》
FWハリー・ケイン(トッテナム)
FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
《16得点》
MFエデン・アザール(チェルシー)
《14得点》
FWカラム・ウィルソン(ボーンマス)
《13得点》
FWリシャルリソン(エバートン)
FWラウール・ヒメネス(ウォルバーハンプトン)
FWアレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
FWグレン・マーレイ(ブライトン)
MFギルフィ・シグルズゾン(エバートン)

◆プレミアリーグ18-19アシストランキング
《15アシスト》
MFエデン・アザール(チェルシー)
《14アシスト》
MFライアン・フレイザー(ボーンマス)
《12アシスト》
DFトレント・アレクサンダー=アーノルド
MFクリスティアン・エリクセン(トッテナム)
《11アシスト》
DFアンドリュー・ロバートソン(リバプール)
《10アシスト》
FWレロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)
FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
《9アシスト》
MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
FWカラム・ウィルソン(ボーンマス)
コメント