リバプールが9連勝で今季リーグ閉幕! マネ2発でサラーと共に得点王獲得も逆転優勝には届かず…《プレミアリーグ》2019.05.13 01:09 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節、リバプールvsウォルバーハンプトンが12日にアンフィールドで行われ、リバプールが2-0で勝利。しかし、首位マンチェスター・シティの勝利によって逆転でのプレミア初優勝を逃した。リーグ8連勝で勝ち点94に積み上げる圧巻のシーズンを送るが、それ以上に強い首位のマンチェスター・シティ(勝ち点95)にわずか1ポイント離されて2位で今季リーグ最終節を迎えたリバプール。それでも、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ではバルセロナ相手に1stレグでの0-3の敗戦を引っくり返す4-0の大勝で“アンフィールドの奇跡”を完遂し、劇的過ぎる2年連続でのCLファイナル進出を果たした。

再び“アンフィールドの奇跡”を目指す今季リーグ最終戦では7位が確定しているウルブスと対戦。バルセロナ戦からは先発2人を変更。シャキリとミルナーに代えて脳震盪から回復したサラーとワイナルドゥムを起用。フィルミノは引き続きベンチ外も欠場が噂されたロバートソンは先発に入った。

開始直後にオリジがファーストシュートを放つなど、逆転優勝に向けて自らの仕事に集中するリバプールは、押し込んだ勢いそのままに先制点を奪い切る。17分、右サイドでヘンダーソンとのワンツーで右サイド深い位置まで抜け出したアーノルドのクロスが相手DFにディフレクトすると、このコースが変わったボールをゴール前のマネが冷静にダイレクトシュートで流し込んだ。

マネの今季21点目でリードを手にしたリバプールは、同時刻開催で0-0の首位チームにプレッシャーをかけることに成功。さらに24分にはロバートソンのエリア外からの強烈なミドルシュートで2点目に迫るなど、アンフィールドの後押しを受けて攻勢を続ける。

その後は連戦の疲れもあって徐々にウルブスのカウンターに晒されると、サイドを起点に危険なクロスを幾度となく許すが、相手の連係がなかなか合わないことにも助けられて失点を凌ぐ。さらに、前半終了間際にはボックス右のドハーティに決定的なシュートを許すが、これはクロスバーに助けられる。

結局、前半を1点リードで折り返したリバプールだが、首位シティが逆転に成功したとの一報を受けてか、後半はなかなかギアが上がりきらない。前半終盤同様に相手のサイドアタックに苦しめられるが、ヒメネスやジョッタの決定機を守護神アリソンの好守で凌ぐ。

その後、シティ大量リードとの情報もあって意気消沈のスタジアムの空気を察してか、徐々に持ち味のインテンシティを失い始めたリバプールはミルナーの投入でシステムを[4-4-2]に変更。すると、81分には右サイドのアーノルドからの鋭いクロスにサラーとマネの2トップが反応。ニアのサラーは触れなかったが、ファーのマネがダイビングヘッドで合わせ、サラーに並ぶ今季22点目とした。

その後、CLファイナルを意識してかロバートソン、ワイナルドゥムに代えてジョー・ゴメス、チェンバレンにプレー機会を与えたリバプールは相手の反撃を凌ぎ切って2-0の快勝。リーグ9連勝で今季のプレミアリーグの戦いを終えた。結局、シティが今節勝利したことで悲願のプレミアリーグ制覇をまたしても逃したが、アーセナルFWオーバメヤンと共にサラー、マネがリーグ得点王に輝くなど実りある内容で今季リーグ戦を終え、6月1日に行われるトッテナムとのCLファイナルに弾みを付けた。
コメント
関連ニュース
thumb

ララナにセインツ復帰の可能性! 友人に意思表示とも

リバプールに所属するイングランド代表MFアダム・ララナ(31)にサウサンプトン復帰の可能性が浮上した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 サウサンプトン下部組織出身のララナはトップチーム昇格を経て、2014年夏からリバプールに加わり、公式戦通算156試合21得点20アシストを記録。だが、ケガによる離脱もあって出番が減っており、13試合に出場した今シーズンのプレミアリーグでわずか5試合の先発にとどまった。 そのララナは、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督下での将来に不安こそ抱いていないが、今後のキャリアを考えて移籍も視野に。友人に対しても、サウサンプトン復帰を歓迎する旨を伝えているという。 また、サウサンプトンも2020年までリバプールとの契約が残るララナを追っているが、同時に負傷歴を懸念。移籍となれば、クロップ監督は容認姿勢であり、移籍金1300万ポンド(約18億1000万円)程度で成立する模様だ。 2019.05.18 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「残念に思うのは行き過ぎ」、シティMFデ・ブライネがライバルへ持論

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが、優勝を争ったリバプールについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 12日全ての日程が終了した2018-19シーズンのプレミアリーグ。最終節までもつれた優勝争いは、マンチェスター・シティが制し、2連覇を達成した。 2位に終わったリバプールは、今シーズンのリーグ戦でわずかに1敗。獲得した勝ち点97は、プレミアリーグ史上3番目に高い数字であり、優勝したシティとはわずか1ポイント差だった。 ここまでの成績を残しながらもプレミアリーグでの初優勝を逃したリバプールには、同情の声が多く集まっているが、デ・ブライネが世間の声を一蹴。同情はしないと語った。 「驚くべき努力だった。でも、それは僕たちが最終的に彼らよりも良かったことを意味する」 「彼らに申し訳ないと感じる人はいない。なぜなら、彼らも僕らに対して思うことはないだろうからね。僕たちがチャンピオンズリーグから敗退した時に起こったことで、残念に思ったとは思わない」 シティは、今シーズンのチャンピオンズリーグでベスト8に進出。準々決勝のトッテナム戦では、2ndレグの終了間際に決めたゴールが微妙な判定でオフサイドと取られ、ゴールが認められずに敗退していた。 デ・ブライネは当時のことを思い返し、自分たちの敗退に対してスパーズが残念だったと思っていないと明かし、優勝を争ったライバルとしては同情できないとした。 「僕は彼らがどう感じたかは知っている。ガッカリしたことだろう。僕たちに同じことが起きたとしても、僕たちは同じように感じたはずだ」 「でも、僕たちはまだライバルなんだ。大いなる戦いだった。彼らの気持ちは理解するけど、残念に思うのは行き過ぎている」 チームの中心としての活躍が期待されていたデ・ブライネだったが、今シーズンは度重なるケガの影響で満足にプレーできず。プレミアリーグで19試合に出場し2ゴール2アシスト、チャンピオンズリーグで4試合に出場し4アシストに留まっていた。 2019.05.18 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラントの去就は来季CL出場権の行方次第か 本人はプレミア<ドルトムント希望!?

レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)の去就は、ブンデスリーガ最終節の結果で左右されるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヴォルフスブルク下部組織出身のブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入。今シーズンは、左ウイングが主戦場でありながら、途中からはアタッキングMFを務め、ここまで公式戦42試合9ゴール17アシストを記録している。 今回伝えられるところによると、ブラントには現在、トッテナムやリバプール、ドルトムントが関心を寄せている模様。ただ、レバークーゼンがチャンピオンズリーグ(CL)への出場権を獲得できた場合は、来シーズンも同クラブに留まる意向のようだ。 現在、レバークーゼンはブンデスリーガで勝ち点55を積み重ね、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)でグループリーグからの出場となる5位に位置。CL出場圏内の4位・ボルシアMGとは同勝ち点で並んでいる一方、EL予選に回る6位のフランクフルト(勝ち点54)には勝ち点1差で迫られている状況だ。 同メディアによると、ブラントはレバークーゼンがCL出場権を逃した場合にも、残留を検討するとのこと。ただ、移籍を決断した場合、本人はプレミアリーグよりも、ドルトムントへの移籍を希望しているようだ。ブラントには、2150万ポンド(約30億1000万円)のリリース条項が契約に盛り込まれているようだが、同選手の去就はいかに…。 2019.05.17 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ジダンの次なるターゲットにサラーが浮上!

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(26)に対して、レアル・マドリーが目を光らせているという。フランス『Canal+』が報じた。 今シーズンの大失態を受け、今夏の移籍市場で大型補強が指摘されるレアル・マドリー。チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)や、フランクフルトでプレーするセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)の獲得が確実視されているが、ジネディーヌ・ジダン監督はさらなる攻撃陣の強化を希望している模様だ。 そこで、名前が挙がったのがサラーだ。ジダン監督は元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、アザールに続く3トップの一角として、サラー獲得を熱望。もちろん、リバプールに売却の意思があるとは考えにくいが、レアル・マドリーはサラーを重要ターゲットに定めており、獲得オファーを出す準備を進めているとのことだ。 リバプール在籍2年目のサラーは今シーズン、公式戦51試合に出場して26得点13アシストをマーク。シーズンが進むにつれて、調子を挙げていき、2年連続のプレミアリーグ得点王を獲得するとともに、チームのリーグ優勝争いや、チャンピオンズリーグ決勝進出に貢献している。 なお、レアル・マドリーはサラー獲得に失敗した場合、代役確保へ。リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)や、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(27)をリストアップしているとみられる。 2019.05.17 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク、同僚マネの強心臓に若干引く? 最終節ウルブス戦の動画が話題

リバプールのDFヴィルヒル・ファン・ダイクとFWサディオ・マネの今季プレミアリーグ最終節でのやり取りが話題になっている。イギリス『ミラー』が伝えている。 今季のプレミアリーグでマンチェスター・シティと熾烈な優勝争いを繰り広げたリバプールは、勝ち点1差の2位でアンフィールドで行われたウォルバーハンプトンとの最終節に臨んだ。 同試合を2-0で勝利したリバプールだが、シティがブライトン相手に4-1の勝利を収めたことで最終節での劇的逆転優勝とはならなかった。 シティの結果次第とはいえ、今回の最終節はタイトルが懸かった非常に重要なゲーム。そのため、多くの選手たちは試合前に緊張を抱えていたが、唯一リラックスし過ぎていたのが、この試合でチームを勝利に導いたセネガル代表FWだった。 『ミラー』はリバプールの公式チャンネルが公開したウルブス戦の一日を追った動画の試合前のトンネル内の様子に注目した。 そして、ちょうどロッカールームからファン・ダイクと共にピッチに向かう通路に出てきたマネは、ファン・ダイクからおそらく「調子はどうだい」というような声をかけられると、昨年日本で流行った『DA PUMP』の『U.S.A.』のサビの振り付けふうのダンス(実際は人気ゲーム『フォートナイト』のダンス)を披露しつつ、「めっちゃ調子いいよ」というような感じで反応。 恐らく、チームリーダーの1人として大きな責任感を背負い、緊張していたファン・ダイクは、「コイツ、どんな心臓してるんだよ」というような雰囲気で思わず顔を覆った。 その後もノリノリなマネは、ファン・ダイクとMFジョルジニオ・ワイナルドゥムの前で先ほどと同じダンスを披露していたが、秀逸だったのが、そこにちょうど通りがかったユルゲン・クロップ監督を確認した後のマネの反応だった。 マネはふざけていた中学生が厳しい先生を前にして何とかごまかそうとするように、ダンス直後に何食わぬ顔でクロップ監督の横を歩いてすれ違う素振りを見せた。 クロップ監督はウルブス戦のゲームプランを練っていたのか、マネのダンスに気付いた素振りは見せなかったが、ファン・ダイクとワイナルドゥムはマネの変わり身の早さに爆笑していた。 なお、試合でも同様に緊張を微塵も感じさせなかったマネは同試合で2ゴールを記録し、同僚FWモハメド・サラー、アーセナルFWピエール=エメリク・オーバメヤンと共に今季のプレミアリーグ得点王を獲得している。 ◆まったく、どんな心臓してるんだ?(当該場面は2分30秒過ぎから) https://youtu.be/co2xg4lLYjg?list=PLR8DItC4f5xuGoWfAoPopZS8cG8H1jwoY 2019.05.16 21:02 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース