最大5チームのCL出場枠、プレミア5位“だけ”では来季CL出場はなし2019.05.12 13:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
12日、2018-19シーズンのプレミアリーグが最終節を迎える。マンチェスター・シティとリバプールの熾烈な優勝争いが最終節まで残っており、目が離せない状況だ。一方で、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できる熾烈な4位争いが4チームによって長らく繰り広げられてきたが、前節をもってほぼ終了。トップ4はリバプールとシティに加え、現在3位のチェルシ、そして4位のトッテナムで99%決定していると言える。

4位のトッテナムと5位のアーセナルの勝ち点差は「3」だが、得失点差でトッテナムが「8」リード。この差を1試合でひっくり返すことは現実的には考えにくい状況だ。

そこで気になるのが、シーズン前にまことしやかに囁かれてきたプレミアリーグ4位チームのCL出場権の問題だ。可能性として4位になっても来シーズンのCLに出られないというパターンがあったが、現時点でその可能性は「0」となっている。

しかし、ヨーロッパの2大会、CLとヨーロッパリーグ(EL)のファイナリストがイングランドの4チームになったことで、新たな疑問が浮上。プレミアリーグ5位チームのCL出場権問題が少し話題となっている。今回は、その点を改めて整理する。

まず、UEFAの取り決めとして、同一国からの出場チームが最大「5」チームというものがある。この記述が、プレミアリーグ5位チームに可能性をもたらせるという疑問に繋がっている方もいるようだ。

かつては、CL王者がリーグ戦でもCL出場権獲得の条件を満たした場合、リーグ戦の出場権が繰り下げで付与されることがあった。その条件であれば、リバプールとトッテナムのトップ4が決まった時点で、5位のチームに出場権が与えられることとなる。

しかし、そのルールはすでに撤廃されており、各リーグに与えられたリーグ順位による出場権が遵守される。プレミアリーグの場合は上位4チームとなるため、何が起こっても5位のチームが来シーズンのCL出場権を得ることはあり得ないこととなる。

では最大「5」チームとは何なのか。それは、5位以下のチームがリーグ戦以外で来シーズンのCL出場権を得た場合となる。

CL出場権が与えられるのは、今シーズンのCL、そしてELの王者だ。つまり、プレミアリーグの4チームがファイナリストとなっているが、どちらかの大会を5位以下のチームが優勝しない限り、5チームが出場するということはない。トップ4の4クラブとCL、ELの王者となる。

すでにマンチェスター・ユナイテッドの4位以内の可能性がないため、5チームにしか与えられないことは確定している。

可能性という意味ではトッテナムにも5位に転落する可能性はあるが、現実的には4位をキープするだろう。一方で、アーセナルはトップ4に入る可能性が限りなく低く、結果次第では勝ち点差「1」のマンチェスター・ユナイテッドに抜かれ6位になる可能性もある。

4位浮上が難しいとなれば、アーセナルにとってはELで優勝することが来シーズンのCLに出る条件となる。一方で、ユナイテッドは5位になってもCL出場権が溢れてくることはないということだ。
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナ、8月のジョアン・ガンペール杯でアーセナルと対戦!

今年8月に行われるバルセロナ主催のジョアン・ガンペール杯の対戦相手がアーセナルに決定したようだ。。現時点でクラブ側から公式なアナウンスはないが、スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 毎年プレシーズンの時期に行われるバルセロナ主催のフレンドリーマッチであるジョアン・ガンペール杯。54回目となる今大会は、8月4日にカンプ・ノウでアーセナルと対戦することになった。 今年4月にアーセナルへの出場要請が報じられた際には、両クラブがチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)で勝ち進んでおり、8月14日にトルコのイスタンブールで行われるUEFAスーパーカップ2019で対戦する可能性があった。しかし、いずれも敗退に終わったことで、最終的に両クラブ間で合意に至ったようだ。 なお、昨夏行われた同大会ではバルセロナがボカ・ジュニアーズに3-0で勝利している。 2019.06.16 23:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、オスピナ買い取り3年契約へ

ナポリが、コロンビア代表GKダビド・オスピナ(30)の買取でアーセナルと合意したと『GOAL』がイタリア方面の情報をもとに伝えている。 記事によると、両クラブは移籍金300万ユーロ(約3億6500万円)でオスピナの完全移籍に合意。現在同選手はコロンビア代表としてコパ・アメリカに出場中のため、大会終了後に公式発表があると見られている。3年契約を結ぶようだ。 オスピナは2014年夏にニースからアーセナルに加入するも正GKの座を掴めず4年が経過。今季はドイツ代表GKベルント・レノの加入もあり、ナポリにレンタル移籍した。 ナポリではGKアレックス・メレトととレギュラー争いしながら公式戦24試合に出場した。 2019.06.16 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ガナーズ、2大主砲のサラリーアップを準備か

アーセナルがガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(29)とフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(28)の両ストライカーに対して、それぞれ新契約を準備しているという。イギリス『サン』が報じた。 2大主砲として、今シーズンのアーセナルをリードしたオーバメヤンとラカゼット。信ぴょう性こそ定かでないものの、それぞれ中国行きやバルセロナの関心が取り沙汰されている。 アーセナルはそうした懸念を払拭すべく、両者の契約見直しを検討しているという。それに察して、週給20万ポンド(約2700万円)以上のサラリーアップを考慮している模様だ。 なお、19得点13アシストを記録したラカゼットの現週給は18万ポンド(約2400万円)。31得点8アシストのオーバメヤンは20万ポンドに近い額を受け取っているものとみられる。 2019.06.15 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

積極補強のドルトムント、次なるターゲットはガナーズ主将か

ドルトムントが、アーセナルに所属する元フランス代表DFローラン・コシエルニー(33)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏の移籍市場ですでにベルギー代表MFトルガン・アザール、ドイツ代表MFユリアン・ブラント、同国代表DFニコ・シュルツの獲得に成功しているドルトムント。バイエルンからマイスターシャーレを奪還するべく、今後は守備の強化と経験豊富なベテラン選手の獲得を目指しており、コシエルニーに白羽の矢を立てているようだ。 2010年にロリアンからアーセナルに加入したコシエルニー。以降、ガナーズの主力としてここまで通算353試合に出場し27ゴールを記録している。今シーズンはケガの影響で出遅れたが、復帰以降はヨーロッパリーグ全試合に出場し決勝進出に貢献するなど、公式戦31試合に出場した。 アーセナルは今夏の補強費用が4500万ポンド(約61億7000万円)に限られているため、その費用拡大のために2020年夏までの契約となっているコシエルニーの放出を容認している模様だ。 2019.06.14 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルアカデミー監督、10代女性主審への暴言で懲戒処分に

アーセナルのU-9チームの監督を務めるアレックス・ニコルズ監督が、試合中に主審を務めた10代の女性審判に暴言を吐いていたことが分かった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 記事によると、ニコルズ監督はU-9レディングとの試合で女性主審のジャッジに対し毎度のようにケチをつけ、女性を貶める発言を繰り返していたとのこと。試合終了間際には、ついにその女性は涙を流してしまい、試合後の握手も拒否したという。 暴言について最初は否定していたニコルズ監督だったが、イングランドサッカー協会(FA)の調査や、レディングのコーチ陣からも証言を得られたことから、のちに不適切な行為だったと認めた模様。 アーセナルはニコルズ監督に対し、3試合の活動停止処分と400ポンドの罰金を課し、さらに12年間務めていた監督の立場から、標準的なコーチへと降格させたようだ。 2019.06.14 14:04 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース