レーティング: リバプール 4-0(AGG:4-3) バルセロナ《CL》

2019.05.08 06:04 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、リバプールvsバルセロナが7日に行われ、4-0でリバプールが勝利した。この結果、2戦合計スコアを4-3としたリバプールが大逆転で2季連続の決勝進出を果たしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 アリソン 6.5
彼の好セーブがなければ大逆転劇は生まれなかった

DF
66 アーノルド 7.5
コウチーニョを消し、2、4点目をアシスト。とりわけ4点目のアシストは頭脳的だった

32 マティプ 6.5
安定感あるプレーでクリーンシートに貢献

4 ファン・ダイク 6.5
ロングフィードで先制点の起点に。守備面も冷静だった

26 ロバートソン 6.0
質の高い攻撃参加からミドルシュートでゴールを狙ったが、負傷のため前半で交代

(→ワイナルドゥム 7.5
後半からの出場で2ゴール。奇跡の立役者に

MF
14 ヘンダーソン 6.5
タイミング良く前線に絡み、先制点に関与

3 ファビーニョ 7.5
潰しのプレーが秀逸だった。配球も問題なし

7 ミルナー 6.0
後半から左サイドバックでプレー。どのポジションでもそつなし

FW
23 シャキリ 6.0
久々の先発でなかなか乗り切れなかったが、3点目をアシスト

(→スタリッジ -)

27 オリジ 7.0
全体的なプレーの質は高かったとは言えないが、先制点と4点目を決めて大仕事を果たした

(→J・ゴメス -)

10 マネ 6.5
サラーとフィルミノが不在の中、攻撃を牽引

監督
クロップ 8.0
主力不在の中、不可能だと思われた大逆転劇を演出。2季連続の決勝進出の偉業を達成

▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 5.0
防げるシュートは止めていたが4失点

DF
20 セルジ・ロベルト 5.0
攻守に良さが出なかった

3 ピケ 5.0
守備を統率できず

15 ラングレ 5.0
ゴール前で身体を張れず

18 ジョルディ・アルバ 5.0
バックパスミスで1失点目に関与し、2失点目にも関与。守備に回った際のプレーに難

MF
22 ビダル 5.5
1stレグに続きハードワークをこなした

(→アルトゥール 5.0)
無難にパスは捌いたがそれだけ

5 ブスケッツ 5.0
ゲームを作れず良さは出なかった

4 ラキティッチ 5.0
攻守に低調だった

FW
10 メッシ 6.0
個人技で幾つかチャンスを生み出すもゴールを決めるには至らず

9 スアレス 5.5
動きは悪くなかったが、決定的なシュートはアリソンに止められた

7 コウチーニョ 5.0
惜しいシュート1本。古巣対決で存在感示せず

監督
バルベルデ 5.0
後手後手に回る采配に。ビダル交代が裏目に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ワイナルドゥム(リバプール)
奇跡を起こした全選手がMOMに相応しいところだが、逆転の可能性を大きく手繰り寄せる2ゴールを挙げたワイナルドゥムを選出。1stレグでは不慣れな1トップでの起用から本職中盤の位置からゴール前に絡む動きで持ち味を遺憾なく発揮した。

リバプール 4-0 バルセロナ
【リバプール】
オリジ(前7)
ワイナルドゥム(後9)
ワイナルドゥム(後11)
オリジ(後34)
※リバプールが2戦合計4-3で決勝進出!
コメント