レーティング: リバプール 4-0(AGG:4-3) バルセロナ《CL》

2019.05.08 06:04 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、リバプールvsバルセロナが7日に行われ、4-0でリバプールが勝利した。この結果、2戦合計スコアを4-3としたリバプールが大逆転で2季連続の決勝進出を果たしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 アリソン 6.5
彼の好セーブがなければ大逆転劇は生まれなかった

DF
66 アーノルド 7.5
コウチーニョを消し、2、4点目をアシスト。とりわけ4点目のアシストは頭脳的だった

32 マティプ 6.5
安定感あるプレーでクリーンシートに貢献

4 ファン・ダイク 6.5
ロングフィードで先制点の起点に。守備面も冷静だった

26 ロバートソン 6.0
質の高い攻撃参加からミドルシュートでゴールを狙ったが、負傷のため前半で交代

(→ワイナルドゥム 7.5
後半からの出場で2ゴール。奇跡の立役者に

MF
14 ヘンダーソン 6.5
タイミング良く前線に絡み、先制点に関与

3 ファビーニョ 7.5
潰しのプレーが秀逸だった。配球も問題なし

7 ミルナー 6.0
後半から左サイドバックでプレー。どのポジションでもそつなし

FW
23 シャキリ 6.0
久々の先発でなかなか乗り切れなかったが、3点目をアシスト

(→スタリッジ -)

27 オリジ 7.0
全体的なプレーの質は高かったとは言えないが、先制点と4点目を決めて大仕事を果たした

(→J・ゴメス -)

10 マネ 6.5
サラーとフィルミノが不在の中、攻撃を牽引

監督
クロップ 8.0
主力不在の中、不可能だと思われた大逆転劇を演出。2季連続の決勝進出の偉業を達成

▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 5.0
防げるシュートは止めていたが4失点

DF
20 セルジ・ロベルト 5.0
攻守に良さが出なかった

3 ピケ 5.0
守備を統率できず

15 ラングレ 5.0
ゴール前で身体を張れず

18 ジョルディ・アルバ 5.0
バックパスミスで1失点目に関与し、2失点目にも関与。守備に回った際のプレーに難

MF
22 ビダル 5.5
1stレグに続きハードワークをこなした

(→アルトゥール 5.0)
無難にパスは捌いたがそれだけ

5 ブスケッツ 5.0
ゲームを作れず良さは出なかった

4 ラキティッチ 5.0
攻守に低調だった

FW
10 メッシ 6.0
個人技で幾つかチャンスを生み出すもゴールを決めるには至らず

9 スアレス 5.5
動きは悪くなかったが、決定的なシュートはアリソンに止められた

7 コウチーニョ 5.0
惜しいシュート1本。古巣対決で存在感示せず

監督
バルベルデ 5.0
後手後手に回る采配に。ビダル交代が裏目に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ワイナルドゥム(リバプール)
奇跡を起こした全選手がMOMに相応しいところだが、逆転の可能性を大きく手繰り寄せる2ゴールを挙げたワイナルドゥムを選出。1stレグでは不慣れな1トップでの起用から本職中盤の位置からゴール前に絡む動きで持ち味を遺憾なく発揮した。

リバプール 4-0 バルセロナ
【リバプール】
オリジ(前7)
ワイナルドゥム(後9)
ワイナルドゥム(後11)
オリジ(後34)
※リバプールが2戦合計4-3で決勝進出!
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア、アーセナルが最も“ダーティー”なチームに…

イギリス『トーク・スポーツ』の統計によると、プレミアリーグのフェアプレーテーブルでアーセナルが最下位となっているようだ。 本来のプレミアリーグでは8位でヨーロッパカップ戦の出場権を目指すアーセナル。ミケル・アルテタ監督の下、徐々に熟練度が増し、最近では3連勝を収めていた。 しかし、ことファウルに目を向けると、不名誉な記録が浮き彫りに。イエローカードや退場、ファウルの質や暴言など諸々の反則行為ごとにポイントを割り当てた結果、アーセナルは346点で群を抜いて最下位だったのだ。 わかりやすい数字では、アーセナルはここまで34試合で73枚のイエローカードと5人の退場者を出しており、いずれもリーグ最多。直近のレスター・シティ戦でもFWエディ・エンケティアが相手DFジェームス・ジャスティンへ足裏を見せた危険なプレーを行い、一発退場となっていた。 一方で最も点数の低かった、すなわち最もクリーンだったチームは、30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプール。1人の退場者を出しているものの、イエローカードの枚数は31枚と最少で王者たる風格を醸した。ポイントは134点で、アーセナルとの点差は212点だった。 なお、ここまで一度もレッドカードを受けていないチームはチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドとバーンリーのみ。チェルシーとユナイテッドはそれそれ224点と236点で、上から4位と8位。 マンチェスター・シティとトッテナムは、それぞれ272点と294点で16位と18位。あまり良い成績ではなかった。 2020.07.10 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

PL100ゴール関与のサラー、“ロボ”との計画通りの一発に満足!

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーは、ブライトン戦での自身の2点目のゴールに満足感を示している。 リバプールは8日、敵地で行われたプレミアリーグ第34節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦し、3-1で勝利を収めた。 前節、アストン・ビラ相手に苦しみながらも勝利したリバプールは、今節もブライトン相手に厳しい戦いを強いられた。それでも、サラーの2ゴール1アシストの活躍により、最終的には2点差を付けての勝利となった。 同試合後、殊勲のエジプト代表FWはイギリス『スカイ・スポーツ』でシーガルズとの一戦を振り返っている。 「個人的にファンが楽しめる試合だったと思うよ。彼らは後方から丁寧にボールを繋いだり、本当に良いプレーをしていたよ」 「僕らは少しラッキーな形で立ち上がりに2点を奪うことができた。それによって初めから自信を持ってプレーすることができた。だけど、彼らも本当に良い試合をしていたと思うよ」 「2-1のスコアになってからは、相手はより自信を持ってプレーしていた。本当に素晴らしいプレーをしていたし、2点目にも迫っていた。だから、僕らが3点目を奪ったこと後には、ようやく試合が落ち着き、終わらせることができた気がしたよ」 ブライトンの健闘を称えたサラーは、試合を決めた自身の2点目についても言及。この一戦に向けて2日前から準備していたプレーだったことを明かしている。 そのサラーの2点目は76分、右CKの場面でキッカーのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンがニアサイドに鋭いクロスを入れ、ボックス中央から走り込んできたサラーが頭でニアを破る形のゴールだった。 そのゴールについてサラーは、「僕たちは昨日も2日前にもあのプレーを練習していた。そして、ついにロボ(ロバートソン)がアシストしてくれたんだ。だから、より嬉しい気持ちさ」と、“ロボ”との計画通りの一発に喜びもひとしおであると語っている。 また、イギリス『Squawka』が伝えるところによれば、サラーはブライトン戦での2ゴール1アシストの活躍により、リバプール加入後のプレミアリーグで100ゴールへの関与を達成。その内訳は73ゴール27アシストという素晴らしい数字だ。 とりわけ、目を引くのが、その他のプレミアリーグのゴールスコアラーに比べて明らかに目立つアシスト数。 その点について問われたサラーは、「正直、理由はよくわからないんだ。ただ、このクラブに来て以降、良い数字を継続できているね。自分のポジションではかなり頑張っているんじゃないかな」と、自身のチャンスメーク能力に満足感を示している。 2020.07.09 16:38 Thu
twitterfacebook
thumb

「まずは目の前の勝ち点3」勝ち点100突破も見えてきたリバプール、クロップ監督は先を見過ぎず

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは8日、プレミアリーグ第34節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。試合は3-1で勝利を収めた。 <div id="cws_ad">◆サラーが2ゴール!ブライトンvsリバプール<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8qv7868l996j1gdd59pzgvunp" async></script></div> マンチェスター・シティ戦での大敗から一転、前節はアストン・ビラ相手に快勝を収めていたリバプール。モハメド・サラーの2ゴールとジョーダン・ヘンダーソンのミドルシュートで連勝となった。 3ゴールを奪い勝利したものの、難しい試合だったと振り返ったクロップ監督。ブライトンのパフォーマンスについても評価した。 「良い対戦相手との難しい試合だったが、当然の勝利だった。仕事は終わっており、試合の大半はうまくいったが、全てではない」 「我々は本当に良いスタートを切り、良い終わり方をした。その間、ブライトンのためにドアを少し開けすぎていた。でも、ブライトンが本当に良かったからそうなったのだろう」 また、この勝利で今シーズンの勝ち点が92となったリバプール。残りは4試合となり、勝ち点100の大台も見えてきた。 勝ち点100についてクロップ監督は考えることはないと強調。目の前の試合で勝ち点3を掴むことしか考えないと語った。 「なんと言えばいいかな?次の4つの相手について考え、それらを見て、12、10、またはそれ以上の勝ち点を得られると思う。でも、私はそうしたことはない。そうできない」 「バーンリーと対戦するが、彼らは結果を求めるマシーンだ。彼らがやっていることをこれ以上リスペクトすることはできない。彼らはアウェイでウェストハムに勝利し、我々のところにやってきて全てを出して戦うだろう。これは、我々もしなければならないことだ」 「その後、良い時期を過ごすアーセナルと対戦する。そして、本当に調子の良いチェルシーとも対戦する。これらのチームを相手に、全ての勝ち点を獲得できるとどうしたら推測できるのか。まずは、バーンリーとの試合について考える」 「勝ち点92と考えれば、「OK。昨年は、どうやって97ポイントを獲得した?」と考える。信じられないことなんだ。そして、チャンピオンズリーグを週の半ばに常に行なっていた。信じられない」 「何よりも、まずは目の前の勝ち点3のために戦わなければならない。それは今夜我々がやったこととだ。それが好きなんだ」 すでにリーグ優勝を決めているリバプールは、残り4試合。バーンリー、アーセナル、チェルシー、ニューカッスルと対戦する。 2020.07.09 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「何もないことはない」ヒザを痛めて途中交代のヘンダーソンにクロップ監督が言及

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンの負傷について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは8日、プレミアリーグ第34節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。試合は3-1で勝利を収めた。 <div id="cws_ad">◆ヘンダーソンもゴール!ブライトンvsリバプール<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8qv7868l996j1gdd59pzgvunp" async></script></div> マンチェスター・シティ戦での大敗から一転、前節はアストン・ビラ相手に快勝を収めていたリバプール。モハメド・サラーの2ゴールとヘンダーソンのミドルシュートで連勝となった。 しかし、この試合の80分にヘンダーソンは相手選手と接触。その際に左ヒザを痛め、ジェームズ・ミルナーと交代していた。 試合後、クロップ監督はヘンダーソンの状態を尋ねられ、「正直なところ、(どれほど深刻か)分からない。ピッチでは状況を確認できなかったが、おそらく何もないことはないだろう。我々は待つ必要がある。これ以上は言えない」とハッキリとしたことはまだ分からないとコメントした。 また、松葉杖をついていたかという質問には「試合が終わってから取材に応えたので、彼がどうやってロッカールームを出て行ったかは分からない」とし、この時点ではヘンダーソンの状態を把握していないことを強調した。 すでにリーグ優勝を決めているリバプールは、残り4試合。バーンリー、アーセナル、チェルシー、ニューカッスルと対戦する。 2020.07.09 09:35 Thu
twitterfacebook
thumb

サラー2G1Aのリバプールがブライトンを撃破しプレミア史上最速で30勝目に到達!《プレミアリーグ》

南野拓実の所属するリバプールは8日、プレミアリーグ第34節でブライトンとアウェイで対戦し、3-1で勝利した。南野は87分からプレーした。 前節のアストン・ビラ戦を完勝で終え、大敗を喫したマンチェスター・シティ戦からのバウンスバックに成功したリバプールは、開始早々に試合を動かす。6分、敵陣でハイプレスをかけたN・ケイタがボックス左でプレパーからボールを奪うと中央へラストパスを供給。フィルミノのスルーしたボールを逆サイドから走り込んだサラーがゴールに流し込んだ。 幸先良く先制したリバプールは、8分にもN・ケイタのパスカットからカウンターでチャンスを迎える。フィルミノの縦パスをボックス右手前のサラーが落とすと、ペナルティアーク手前に駆け上がったヘンダーソンがダイレクトシュートをゴール左に突き刺した。 立て続けの2ゴールで主導権を掌握したリバプールだったが、クーリングブレイク直後の26分にピンチを迎える。最終ラインダンクのロングフィードに抜け出したグロスがボックス右から侵入しクロスをトロサールが流し込んだが、これはグロスの抜け出しがオフサイドだったためノーゴールに。 このまま前半終了かと思われたが、リバプールは前半終了間際に1点を返される。45分、右サイドを持ち上がったランプティの右クロスをボックス中央のトロサールがハーフボレーでゴールに突き刺した。 迎えた後半、リバプールは初スタメンのウィリアムズを下げてロバートソンを投入。立ち上がりはブライトンにやや押し込まれたリバプールだが、54分にチャンス。N・ケイタのスルーパスに反応したサラーがボックス右まで切り込みシュートを放ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 一進一退の展開が続く中、リバプールは61分にチェンバレンとN・ケイタを下げてマネとファビーニョを投入。すると76分、ロバートソンの右CKをニアに走り込んだサラーがヘディングでゴール右隅に流し込み、リバプールが待望の追加点を奪った。 ブライトンを引き離したリバプールは、80分に相手選手との接触で左ヒザを痛めたヘンダーソンに代えてミルナー、87分にフィルミノを下げて南野を投入した。 その後も危なげない試合運びを見せたリバプールは、試合終了間際にサラーにハットトリックのチャンスが訪れるも、ヘディングシュートは枠の上。この直後に試合終了の笛が鳴り、3-1で試合終了。リバプールがプレミアリーグ史上最速での30勝目を飾った。 2020.07.09 06:32 Thu
twitterfacebook