アンフィールドの奇跡! 主力不在のリバプールがワイナルドゥム&オリジの2発でバルセロナに大逆転勝利! 2季連続の決勝進出《CL》

2019.05.08 06:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、リバプールvsバルセロナが7日に行われ、4-0でリバプールが勝利した。この結果、2戦合計スコアを4-3としたリバプールが大逆転で2季連続の決勝進出を果たしている。

1週間前にアウェイで行われた1stレグを多くの好機を作りながらも0-3と敗戦して決勝進出が厳しくなったリバプールは、3日前に行われたニューカッスル戦ではプレミアリーグ優勝が懸かっていたため現状のベストメンバーを起用して3-2と競り勝った。しかし、その試合で脳震とうを起こしたサラーが欠場となった他、1stレグで途中出場したフィルミノがそ径部の負傷により欠場となった。サラーとフィルミノの代役にはそれぞれシャキリとオリジを起用した。

一方、メッシの活躍で先勝し、決勝進出を濃厚としたバルセロナは、3日前に行われた消化試合のセルタ戦では全選手を入れ替えて臨み、1stレグ同様のスタメンを送り込んだ。

立ち上がりからテンション高く試合に入ったリバプールがハイプレスをかけていくと、7分にゴールをこじ開けた。ジョルディ・アルバのクリアボールをマネがカットし、ヘンダーソンへパス。ヘンダーソンはボックス右に侵入してシュートに持ち込むと、GKテア・シュテーゲンのセーブしたルーズボールをオリジが押し込んだ。

勢い付くリバプールに対し、押し込まれる入りとなったバルセロナは14分にメッシが枠内シュートを浴びせて牽制。ここからリズムを掴んだバルセロナが立て続けにゴールに迫ると、18分にはコウチーニョがボックス左から決定的なシュートを放った。

アウェイゴールを脅かされたリバプールは23分、ロバートソンの強烈なシュートでGKテア・シュテーゲンを強襲。再び攻勢に出る時間を増やすと、前半終盤の43分にもロバートソンがミドルシュートで追加点に迫った。

一方、バルセロナは前半終了間際、メッシがミドルシュートとスルーパスで好機を演出するもアウェイゴールは奪えず、リバプールが2戦合計1-3として前半を終えた。

迎えた後半、負傷の影響でロバートソンに代えてワイナルドゥムを投入したリバプールは、ミルナーを左サイドバックに回した。そのリバプールが後半も攻勢に出る入りとなると、51分にCKからファン・ダイクがヒールシュートでオンターゲットを記録。

直後、メッシのスルーパスからボックス右に侵入したスアレスに決定的なシュートに持ち込まれるも、GKアリソンがファインセーブで阻んだ。

すると54分、リバプールが2戦合計スコアで2-3とする。ラキティッチのパスがずれたところをアーノルドがカットしてクロスを送ると、DFに僅かにディフレクトしたボールをゴール前に突っ込んだワイナルドゥムが押し込んだ。

さらに2分後、リバプールが一気に追いつく。左サイドからのシャキリのクロスをワイナルドゥムがヘッドでねじ込んだ。

まさかの展開となったバルセロナは、1stレグ同様コウチーニョに代えてN・セメドを投入し、フラットな[4-4-2]に変更した。

このシステム変更で試合を落ち着かせたバルセロナは68分に決定機。CKの流れからラキティッチとのワンツーでボックス右に侵入したメッシがシュート。だが、GKアリソンのセーブに阻まれた。

リズムを取り戻しつつあったバルセロナはビダルに代えてアルトゥールをセントラルMFに投入。ラキティッチを右MFに、セルジ・ロベルトを左MFに回した。

すると79分、リバプールが2戦合計スコアで大逆転に成功する。アーノルドの意表を突いたクイックな右CKをニアサイドのオリジがダイレクトで合わせたシュートが左サイドネットを揺すった。

このままでは大逆転負けとなるバルセロナがマウコムを投入してきたものの、J・ゴメスを投入して守備を固めたリバプールが終盤にかけても集中力を切らさず時間を消化していく。そして5分の追加タイムを凌いだリバプールが4-0で勝利。アンフィールドの奇跡を起こし、大逆転で2季連続の決勝進出を果たした。
コメント