バイエルンが原口フル出場の10人ハノーファーに快勝で7連覇へ大きく前進!《ブンデスリーガ》

2019.05.05 00:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第32節、バイエルンvsハノーファーが4日に行われ、3-1でバイエルンが快勝した。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。前節ニュルンベルク戦を引き分けた首位バイエルン(勝ち点71)だったが、2位ドルトムントがシャルケに敗れたため、ポイント差は2に広がった。そのバイエルンはフンメルスをベンチスタートとした以外は現状のベストメンバーを送り込んだ。

対するハノーファーは前節、マインツ相手に虎の子の1点を守り抜いて10戦ぶりの勝利を飾った。残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトを6ポイント差で追う中、右サイドバックとして守備面で奮闘した原口は[4-5-1]の右MFで引き続きスタメンとなった。

5分に原口がダイビングヘッドでゴールに迫ったハノーファーだったが、地力に勝るバイエルンが一方的な展開に持ち込むと、11分に決定機。しかし、コマンがダイビングヘッドで合わせたシュートはGKエッサーの好守に阻まれた。

その後も攻勢に出たバイエルンは26分、ニャブリの右クロスにミュラーがダイレクトで合わせたシュートが枠を捉えるも、ここもGKエッサーのセーブに阻止される。それでも27分、バイエルンがゴールをこじ開ける。右サイドからのキミッヒの正確なクロスにレヴァンドフスキが頭で押し込んだ。

続く36分にミュラーが、37分にはJ・ボアテングがそれぞれミドルシュートで追加点に迫るも、いずれもGKエッサーにファインセーブで阻まれた。しかし40分、バイエルンに順当な2点目が生まれる。ボックス手前中央からのゴレツカのミドルシュートがゴール左に決まった。

追加タイムにはキミッヒのお膳立てからゴレツカに2点目のチャンスがあったものの、シュートはバーを掠めて3点目は決められず前半を終えた。

迎えた後半開始4分、J・ボアテングのハンドでPKを獲得したハノーファーは、ジョナタスが決めて1点差に詰め寄った。

しかし55分、ゴール後にイエローカードを貰っていたジョナタスがキミッヒへのファウルで2枚目のイエローカードを受けて退場となり、ハノーファーは10人での戦いを強いられてしまう。

数的優位となって攻勢に出るバイエルンは60分にアラバのミドルシュートでGKを強襲すれば、68分には再びアラバのミドルシュートが枠の右隅を捉えたが、GKエッサーのファインセーブに阻止された。

勝負を決めきれないバイエルンはリベリを投入して3点目を狙うと、そのリベリが84分にダメ押しゴールを奪った。コマンのスルーパスをボックス左で受けたリベリがDFを外してシュートを流し込んだ。

終盤、負傷明けのロッベンを投入して久々にロッベリーが同じピッチに立った中、バイエルンが3-1で快勝。7連覇へ大きく前進している。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン退団濃厚のJ・ボアテング、OBは契約延長を勧める「良い役割を果たしている」

バイエルンのレジェンドである元ドイツ代表MFローター・マテウス氏が、古巣に対して元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(32)との契約延長を求めた。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 2011年夏にバイエルンに加入したJ・ボアテングは、これまで2度の3冠(リーグ戦、国内カップ戦、チャンピオンズリーグ)達成に貢献。クラブに大きな栄光をもたらしてきた。今シーズンも公式戦20試合に出場しており、ハンジ・フリック監督にとっても重要な戦力になっている。 一方で、バイエルンとJ・ボアテングの契約は2021年夏で満了を迎えるものの、クラブ側に契約延長の意思はなく、今シーズン限りでの退団が既定路線だ。加えて、オーストリア代表DFダビド・アラバも2021年夏で契約満了となるため、バイエルンは一度に2人の主力DFが退団する予定となっている。 こうした状況を受け、マテウス氏はバイエルンに対して考えを改め、J・ボアテングとの契約延長をするべきだと語った。 「バイエルンは移籍にそこまで費用を費やしたくないクラブだ。そしてJ・ボアテングはここ2年、バイエルンで良い役割を果たしていると思う。特にフリックの下で彼は開花し、かつての自分を取り戻せたね。アラバが去る以上、彼と1~2年の契約延長を考えるべきだ」 「守備はバイエルンにとってすでに大きな穴になっている。J・ボアテングとアラバが一度に去り、(リュカ・)エルナンデスはいまだフィットせず、(二クラス・)ジューレは不調に陥っている」 「バイエルンは移籍市場で積極的に活動する必要があるだろう。だが、私にとってはJ・ボアテングとの契約延長の方が、より良い選択肢だと思う」 2021.01.22 14:08 Fri
twitterfacebook
thumb

名手クロースがバイエルン時代に決めた豪快な無回転ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クロースの豪快な無回転ロング<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ1UXFVSlNCNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 16歳で名門バイエルンの下部組織に入団したクロースは、同クラブでプロデビュー。レンタル移籍を経てファーストチームに定着すると、主力として2012-13シーズンの3冠などに貢献した。 類稀なパスセンスで試合を組み立てる力を持つクロースだが、2010年10月29日に行われたブンデスリーガ第10節のフライブルク戦では、豪快な一撃を決めている。 3-1とバイエルンリードの80分、MFバスティアン・シュバインシュタイガーのパスを相手陣内左サイドでクロースが受ける。ドリブルでやや中央に入ったクロースは、ゴールからまだ距離がある位置からロングシュートを放つ。無回転気味の強烈なシュートは、軌道の読めない細かい変化をしながらゴール左上に決まった。 試合は、このゴールでリードを広げたバイエルンが4-2で勝利している。 2021.01.21 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

首位でリーグ折り返しも、バイエルン指揮官はパフォーマンスに納得せず「後半ミスが多すぎた」

バイエルンのハンジ・フリック監督が、首位でのリーグ折り返しを評価しつつ、パフォーマンスの改善を誓っている。クラブ公式サイトが伝えた。 バイエルンは、20日に行われたブンデスリーガ第17節でアウグスブルクと対戦。前節フライブルクに勝利し公式戦の連敗をストップさせたチームは、この日も前半にPKで幸先よく先制。終盤は苦しんだものの相手のPK失敗にも助けられ、1-0で勝利を収めた。 この結果、バイエルンは勝ち点39を獲得し、リーグ前半戦を首位で終えることに。ただし、年明けから勢いに陰りが見られ、DFBポカールでは2部相手に不覚をとり2回戦で敗退するなど、万全からは程遠い状態だ。 試合後のインタビューに応じたフリック監督も、チームの復調が何より重要だと語りつつ、改善の必要性があることについて認めている。 「我々は勝ち点39を獲得し、首位に立つことができた。2度の敗戦を経て、調子を取り戻すことが大切だったと思う。そしてそのためには、結果を出すことが重要だ。次もまた良い結果を得るため、すべてのことに取り組んでいきたい」 「今日の前半のようなプレーを90分続け、試合を支配するのが我々の野望なんだ。前半で試合を終わらせる必要があったがそうはならず、その後は違った展開になってしまったね」 「後半の我々はミスが多すぎて、試合に入ることができていなかった。我々の野望のためにも、今は(次節の)シャルケ戦に向けて、パフォーマンス改善に取り組む必要がある」 2021.01.21 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが連勝で前半戦最終戦を飾る! 相手のPK失敗に救われる苦しい内容も勝負強さ発揮《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、アウグスブルクvsバイエルンが20日に行われ、アウェイのバイエルンが0-1で勝利した。 前節、フライブルクに2-1で辛勝し公式戦の連敗をストップしたバイエルン。2位のRBライプツィヒの取りこぼしにより、ヘルプストマイスターを決めた絶対王者は前半戦最終戦で連勝を狙った。 前節からアルフォンソ・デイビスに代えてリュカを起用した以外、同じメンバーを継続したバイエルンは立ち上がりから相手を押し込んでいく。すると、13分にはリュカがボックス内でケディラに倒されてPKを獲得。これをキッカーのレヴァンドフスキが冷静に決めて幸先よく先制に成功した。 その後もがっちりと主導権を握って相手を押し込むアウェイチームは22分にニャブリが強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かす。さらに、コマンとニャブリの両ウイングの仕掛けを突破口に再三の決定機を創出。だが、相手GKの好守に阻まれる。 前半終了間際の43分にはニャブリの右からの鋭いクロスに反応したファーサイドのレヴァンドフスキがワンタッチで合わすが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 1点リードで試合を折り返したバイエルンはなかなか追加点を奪えないものの、ほとんど相手に決定機を与えることなく危なげない試合運びを続ける。 67分にはレヴァンドフスキとニャブリを下げてサネとトリソを投入。この交代でミュラーを最前線に上げた。やや守備的な采配で逃げ切りを意識したバイエルンだったが、この直後に最大のピンチを招く。 76分、DFパヴァールのボックス内での不用意なハンドでPKを献上。しかし、キッカーのフィンボガソンが左を狙って蹴ったシュートは左ポストを叩き相手のミスによって同点のピンチを逃れた。 これで気を引き締めたいバイエルンだが、以降も攻撃では決定機まで持ち込めず、守備でも相手の攻勢に晒される苦しい状況が続く。それでも、試合最終盤にはミュラーに代えてハビ・マルティネスを投入する割り切った采配で虎の子の1点を守り切った。 フライブルク戦に続く苦しい内容も持ち味の勝負強さを発揮して勝ちきったバイエルンが前半戦最終戦を白星で飾り2連勝を達成した。 2021.01.21 06:29 Thu
twitterfacebook
thumb

来月カタール開催のFIFAクラブワールドカップの対戦カード決定!

FIFAクラブワールドカップ(CWC)2020の組み合わせ抽選会が19日に行われ、対戦カードが決定した。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期となっていたCWCだが、昨年11月に今年2月にカタールで開催されることが決定。ただ、コロナ禍によってオセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)の参加辞退が決定し、現行の7チーム制から6チーム制への変更を余儀なくされた。 2回戦ではCONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海王者)のUANLティグレス(メキシコ)と、AFCチャンピオンズリーグ王者(アジア王者)の蔚山現代(韓国)が対戦。もう1カードは開催国王者であり、柏レイソルからケニア代表FWオルンガが加入したことで注目を集めるアル・ドゥハイル(カタール)が、CAFチャンピオンズリーグ王者(アフリカ王者)のアル・アハリ(エジプト)と対戦する。 また、チャンピオンズリーグ王者(欧州王者)のバイエルン(ドイツ)と、サントス(ブラジル)とパウメイラス(ブラジル)が今月30日に決勝を戦うコパ・リベルタ・ドーレス王者(南米王者)は準決勝からの参戦。 前者はアル・ドゥハイルvsアル・アハリの勝者と、後者はUANLティグレスvs蔚山現代の勝者と対戦することになる。 ★FIFAクラブワールドカップ2020 日程 ◆2回戦 ▽2/4(木) UANLティグレス vs 蔚山現代[Match 2] アル・ドゥハイル vs アル・アハリ[Match 3] ◆5位決定戦 ▽2/7(日) [Match 2]の敗者 vs [Match 3]の敗者[Match 4] ◆準決勝 ▽2/7(日) コパ・リベルタ・ドーレス王者 vs [Match 2]の勝者[Match 5] ▽2/8(月) [Match 3]の勝者 vs バイエルン[Match 6] ◆3位決定戦 ▽2/11(木) [Match 6]の敗者 vs [Match 5]の敗者 ◆決勝 ▽2/11(木) [Match 6]の勝者 vs [Match 5]の勝者 2021.01.20 02:20 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly