ルーキー荒木隼人がプロ初ゴール! 広島3連勝で首位浮上!!《ACL2019》2019.04.23 21:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンフレッチェ広島は23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループF第4節で大邱FC(韓国)と対戦し、1-0で勝利した。グループステージ折り返しとなった第4節。前節のホームでの一戦を2-0で勝利した広島はその後の国内リーグ戦でヴィッセル神戸に逆転勝利したものの、直近ではFC東京に敗れ初黒星を喫した。そこからバウンスバックが求められる今節は、FC東京戦からスタメンを7選手変更。守備陣では水本が先月のメルボルン・ビクトリー戦以来の先発復帰を果たした。

互いに慎重な入りを見せた序盤戦。5バックを敷く大邱相手に広島はなかなか攻撃の糸口を見つけられない。守備では20分に川辺が警告を受け次節出場停止に。

ファーストシュートが生まれたのは26分、大邱はハン・ヒフンのパスを受けたセシーニャが狙ったが枠の左へ。28分のエドガルのシュートは大きく枠を越えた。

広島は30分、川辺のスルーパスでDFの間を抜けたパトリックがゴールへ侵攻。ボックス右からアウトサイドで流し込みにかかったが、相手のスライディングタックルに阻まれた。

ここからエンジンを入れ直した広島は34分に森島のシュートでCKを獲得。すると、その森島が上げた左CKをニアに飛び込んだ荒木がダイビングヘッドで合わせて先制。荒木はこれがプロ初ゴールとなった。

ホームで先制を許した大邱は42分、リュ・ジェムンを下げてFWのチョン・ソンウォンを投入し攻撃の枚数を増やす。後半にはファン・スンミンをカン・ユンクに代えた。

早くも2枚の交代カードを切ってテコ入れを図った大邱は49分、右サイドのキム・デウォンの右足のクロスにエドガルが頭で合わせて広島を強襲。59分にもエドガルがボックス右からシュートを狙うが、GK大迫がセーブした。

だが、その後も攻め込まれる時間が続く広島は68分に水本を下げて佐々木を投入し守りを整える。シュート数では大きく下回る広島は72分、ピッチ中央から川辺の絶妙なスルーパスでパトリックが一気にチャンスに。ボックス左に侵入したが、シュートは前半同様ホン・ジョンウンにブロックされた。

防戦一方の広島は81分に森島を下げて前節ゴールの渡をピッチへ送り出す。だがその渡も守備に奔走。そんな中85分頃に野上が自陣でのマルセイユルーレットで相手の厳しいチェックをいなし開場を沸かす。

結局最後まで押し込まれた広島だったが、荒木のゴールを死守して逃げ切りに成功。3連勝で首位に浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

松本、後半AT弾で土壇場勝ち点1ゲット! 広島は5戦負けなしも痛恨ドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第21節、松本山雅FCvsサンフレッチェ広島が20日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 勝ち点17で最下位に沈む3チームの中の一つが松本だ。リーグ戦最後の勝利は第13節の名古屋グランパス戦まで遡る。ここまでワーストの10ゴールという絶望的な攻撃力だが、今節に向けたスタメンは前節のジュビロ磐田戦から変更は一人のみとなった。 対する広島は前節にサガン鳥栖に勝利しここ4戦で2勝2分け。好調を維持して連勝といきたい今節のスタメン変更はこちらも一人。パトリックに代わってドウグラス・ヴィエイラが起用された。 最初のチャンスは広島。7分にボックス右でパスを受けたドウグラスが一度はボールを失うも、こぼれ球を拾って攻撃態勢へ。切り返してマークを外してシュートに持ち込んだが、惜しくも左上に外れた。 柏とハイネルの両ウイングバックの位置を変えるなど攻撃にアクセントを加える広島。ほとんど松本に攻撃のチャンスを与えないまま主導権を握っていく。28分にはDF吉野からのロングボールを胸トラップで受けた森島がシュートに繋げるも、ボックス左からのシュートは外側のサイドネットを叩いた。30分には右に流れたドウグラスの折り返しを柴崎がシュート。今度は左ポストを叩いてしまう。 ことごとく松本に攻撃を撥ね返される広島。すると前半の終わりにそのツケが回ってくる。44分、松本は右CKの流れで高橋がゴール前にクロスを供給。これを前田がヘディングシュートで合わせゴール右隅を突く。しかし、GK林が左手一本で掻き出しゴールならず。前半はゴールレスで終えた。 それでも前半の勢いを後半まで持ち込んだ広島は51分に試合を動かした。センターサークル内で頭で繋いだ森島のパスをドウグラスが左サイドの空いたスペースへスルーパス。これに走り込んだ柏がトップスピードでボックス左に持ち込み、そのまま左足を振り抜きニアを打ち抜いた。 しかし、ここから松本が攻撃に転じるようになると流れは少しずつホームチームに傾いていく。すると70分、味方のパスに右サイドの深い位置で反応した田中隼は、ボールを相手に奪われそうになるも粘り強くボックス右からマイナスの折り返しを供給する。その先にいた前田がダイレクトで狙うと、DFの股の下を通りゴール左に吸い込まれた。 逃げ切れなかった広島は75分にドウグラスを下げてパトリックを投入。79分には柴崎に代えて松本泰をピッチに送り込む。この交代で再び攻撃に勢いが出てきた広島は85分、最終ラインの野上からのロングボールを絶妙な飛び出して受けたパトリックが、飛び出してきたGKの頭上を抜くループシュートを決めて勝ち越し弾を決めた。 これで試合は決したかに思われたが後半アディショナルタイムのラストプレー。松本はボックス手前でパスを受けたパウリーニョが左足を振り抜くと、これがゴール右に決まって土壇場で同点に持ち込んだ。 試合はここで終了。広島にとっては痛恨のドローに。松本はまたしても勝つことはできなかったが、価値のある勝ち点1となった。 2019.07.20 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

中村俊輔に続き…横浜FC、広島から元日本代表FW皆川祐介を完全移籍で獲得!

横浜FCは14日、サンフレッチェ広島から元日本代表FW皆川祐介(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号「16」に決定している。 2014年に中央大学から広島に入団し、プロキャリアをスタートさせた皆川。同年7月頃からJ1リーグでの出場機会を掴み始めると、当時、就任したばかりのハビエル・アギーレ監督に見出されて、同年9月に行われたキリンチャレンジカップのウルグアイ代表戦でいきなり日本代表デビューを飾った。 しかし、その後は代表に定着するには至らず、クラブでも徐々に出場機会を減らしていった。昨シーズンは期限付き移籍先のロアッソ熊本で明治安田生命J2リーグで11ゴール6アシストを記録。だが、復帰した今シーズンはここまで公式戦11試合1ゴールに留まっていた。 横浜FCへの完全移籍が決定した皆川は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「初めまして。サンフレッチェ広島から移籍しました皆川佑介です。J1昇格に向けて自分の持てる力の全てを注ぎ、頑張ります。応援よろしくお願いします!」 ◆サンフレッチェ広島 「この度、サンフレッチェ広島から離れることになりました。期限付き移籍から戻り、シーズン中の半年という短い期間での移籍となり申し訳なく思います」 「プロになって初めて在籍させてもらったチームで、サッカーに集中できる環境や常に高みを目指す仲間、スタッフに囲まれてサッカーができたことは幸せでした」 「個人的にはチームの力になれず、ファン・サポーターの皆さんの期待に応えられず悔しい思いばかりでしたが、そんな中でも僕を応援し、支えてくれたすべての方々には感謝しています。」 「今後は新しい環境でチャレンジしたいという気持ちが強く、大きな決意をもって横浜FCに移籍します。5年半ありがとうございました」 横浜FCは11日にもジュビロ磐田から元日本代表MF中村俊輔(41)を完全移籍で獲得。皆川は同クラブのJ1昇格に向けた2枚目の切り札として活躍が期待される。 2019.07.14 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

後半2発の広島が鳥栖を撃破!鳥栖は最下位に転落《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節のサガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が13日に行われ、2-0で広島が勝利した。 前々節に3連敗から脱した16位の鳥栖(勝ち点17)は、前節は川崎フロンターレに引き分けアウェイで勝ち点1を持ち帰った。少しずつ上昇気流が生まれ始めてきている中、今節のスタメンは川崎戦から1人変更。福田に代わり松岡が入った。 一方、8位の広島(勝ち点25)はリーグ戦ここ2戦は先制を許しながらも追いつく粘り強さを見せている。3試合ぶりの白星を狙う今節のスタメンは前節のセレッソ大阪戦から1人変更。吉野に代えて稲垣を起用した。 キックオフ直後仕掛けたのは広島。左サイドで華麗なタッチで相手を躱した森島からのパスで柏が縦に突破。クロスを上げるもクリアされる。そのあとパトリックの仕掛けやFKでゴールに迫るも、鳥栖もこの時間帯での失点は許さない。 互いに締まりのない攻撃を続ける中、22分に鳥栖CKの場面で高橋秀人がボックス中央でクロスをダイレクトシュート。しかしジャストミートせずボールは左に外れた。広島は29分にカウンターを発動。左サイドの森島からパトリックへ絶妙なスルーパスが送られると、DFのGKの間に入ったパトリックがファーストタッチで持ち出したところをGKに倒されるが、笛は鳴らしてもらえなかった。 鳥栖は32分にクエンカが、広島は38分にハイネルがそれぞれ強烈なシュートを放つも、どちらもGKの正面に飛ばしてしまいネットを揺らすことは出来ず。 ゴールレスで迎えた後半、ボールを保持する広島は50分にボックス手前右から川辺が上げたクロスをファーサイドの柏がヘディングシュート。相手の裏を突きフリーで放ったシュートだったが、相手GKのビッグセーブに遭う。その直後にはパトリックにチャンスが訪れたが、ボックス右で相手の守備に遭いシュートは打てなかった。 ピンチを凌いだ鳥栖は57分、右サイドからの折り返しを受けた金崎がボックス右から強烈なシュートを放つ。枠を捉えていたが、GK林にわずかに触られボールは右ポストを弾いた。70分にも鳥栖はFKから福田がバックヘッドで広島ゴールを脅かす。林も反応が遅れたシュートだったが、ポストをかすめて右に外れた。 互いに攻めあぐねる試合を動かしたのはアウェイチームだった。75分、敵陣左サイドでFKを得た広島は森島がゴール前に放り込むと、パトリックの頭での折り返しを荒木が押し込んで先制に成功する。 さらにその5分後には、右サイドを駆け上がったハイネルが中に切り込んで左脚を振り抜く。これがゴール前の密集地帯を抜けて、ゴール右隅に決まった。 これで勝利を大きく手繰り寄せた広島は上手くパスをつなぎながら時間を消費していく。4分のアディショナルタイムも危なげなく乗り切り、広島がアウェイで勝ち点3。鳥栖は3試合ぶり黒星で最下位に転落した。 2019.07.13 21:42 Sat
twitterfacebook
thumb

昨年の豪雨災害の追悼試合…広島はパトリックのゴールでC大阪に追いつきドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節、サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪が6日に行われ、1-1の引き分けとなった。 広島にとって甚大な被害を受けた西日本豪雨から1年となる大切な日。その追悼試合となる今節、前節はアジアチャンピオンズリーグでも激突した鹿島アントラーズと最後まで死闘を繰り広げ、2度のリードを許しながらも後半アディショナルタイムの柏のゴールで引き分けに持ち込んだ。その試合からのスタメン入れ替えは1人のみ。ドウグラス・ヴィエイラに代えて、天皇杯で2得点を挙げたパトリックが先発に起用された。 一方のC大阪は、前節は湘南ベルマーレに勝利しここ5試合で4勝。好調を維持してシーズン後半戦に臨むことになった。第3節の対戦では0-1で黒星を喫しているため、そのリベンジマッチとなる今節のスタメンは湘南戦と同じメンバーを揃えた。 キックオフ前に黙祷が捧げられた試合は3分、右サイドから攻めるC大阪はゴール前のブルーノ・メンデスにパスを入れると、ブルーノ・メンデスはDFに付かれながらも強引にシュート。これは相手に当たって僅かに左に逸れる。 立ち上がりやや押され気味の広島は5分、左に流れたパトリックのパスから柴崎がボックス手前からシュート。これが広島の初シュートとなったが枠を捉えることはできなかった。 主導権を握るC大阪は15分、敵陣中央でフリーでボールを受けた水沼がドリブルで運んでボックス手前から右足を振り抜く。これが相手に当たって高く跳ね上がったボールはゴール方向へ。だがGK林が寸前のところで弾き出した。 それでもその4分後、押し込むアウェイチームはブルーノ・メンデスが獲得したボックス手前のFKで、水沼が左寄りの位置から直接叩き込み先制に成功した。 その後も後手に回る広島は柏や川辺がゴールに迫る場面もあったがネットを揺らすまでには至らない。まずは同点に向けて後半頭に吉野を下げて稲垣を投入した。 すると51分、速攻を仕掛けた広島は一度撥ね返されたボールを拾った稲垣がボックスの外からシュート。左足の鋭いシュートだったがGKに防がれた。その直後、C大阪にビッグチャンス到来。味方のスルーパスでボックス右に侵入したブルーノ・メンデスが相手を躱してシュートを放つが、至近距離からのシュートは、狙いすぎたのか枠に飛ばすことが出来なかった。 前半とは打って変わってボールを保持する広島は、柴崎や川辺が執拗に敵陣のスペースに入り込み効果的なパスを要求していく。そんな中迎えた66分、左サイドを攻めて守備を寄せた後、すぐに右に展開してフリーのハイネルへ。ボックス右のハイネルはクロスを選択すると、これをパトリックが頭で押し込んで同点とした。 その後にもパトリックのヘディングシュートが右ポストを直撃するなど、旗色が悪くなってきたC大阪は木本を代えて山下を投入。広島も1アシストのハイネルを下げて皆川を起用し、2トップにポジションを変更した。 86分にその皆川がチャンスに絡む。右にポジションを移した柏からパトリックに鋭い縦パスが入ると、ワンタッチでこれをはたいて川辺に。その川辺からダイレクトで前線の皆川にスルーパスが送られ、ボックス右からシュートを放つ。しかし、惜しくも外側のサイドネットを叩いてしまい、逆転とはならなかった。 後半アディショナルタイムまで逆転のチャンスはあった広島だったが、追加点は奪えず試合終了。1-1の引き分けに終わった。 2019.07.06 21:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ACLからの3連戦最後はドロー決着!柏の後半AT弾で広島がアウェイで鹿島から勝ち点もぎ取る《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が6月30日に行われ、2-2の引分けに終わった。 AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16でも対戦した両チーム。セカンドレグでは主審の笛に振り回されながらも、鹿島がアウェイゴール差でベスト8進出を決めた。 その試合から5日、今度はJリーグに舞台を戻し両雄が激突。4位の鹿島(勝ち点27)は、そのセカンドレグからスタメンを4人変更。負傷したチョン・スンヒョンと名古、遠藤、セルジーニョに代えて、小池、伊藤、山口、レアンドロが起用された。 一方、8位の広島(勝ち点23)のスタメンは2人変更。中林と清水に代わり、林とハイネルが入った。 3連戦最後の試合は早々に動いた。キックオフ直後、左サイドにボールを運んだ鹿島は山口のクロスをゴール前でレアンドロが頭で落とす。それを受けたレオ・シルバが戻すと、レアンドロがダイレクトで放ったシュートが広島DFに当たってゴールイン。開始1分も経たないうちに鹿島が先制した。 早々の失点で動揺する広島に畳み掛ける鹿島。何とか耐え凌ぐ広島も徐々に地に足つくようになりポゼッションで上回っていく。すると27分、サイド攻撃を得意とする広島が両ウイングバックのコンビから同点に追いつく。 攻撃の起点は左サイド。一旦中央でパスを受けた柴崎は素早く右のハイネルに展開。ボックス右に侵入したハイネルがグラウンダーのクロスを送ると、左から走り込んだ柏がダイレクトで合わせてネットを揺らした。 試合を振り出しに戻した広島は以降は主導権を握る展開に持ち込んでいく。38分にはハイネルのクロスからドウグラス・ヴィエイラがヘディングシュート。しかしわずかに左に外れた。 同点で迎えた後半、51分に鹿島は三竿がペナルティエリアの外からミドルシュート。抑えの効いた低弾道のシュートだったが、ここは今季初出場のGK林が正面でキャッチする。56分には伊藤がボックス左からシュートを打ったが外のサイドネットを叩いた。 広島はカウンターからビッグチャンスに。ドウグラス・ヴィエイうがオフサイドぎりぎりで飛び出しボックス左へ。ゴール前に折り返した先に川辺が飛び込んでいたが、直前に相手にカットされてしまう。65分にはFKから立て続けに2回シュートを打ったが、どちらも相手のブロックに遭った。 互角の戦いを動かしたのは試合巧者鹿島だった。74分、右サイドからのFKの場面で、一度跳ね返されたボールを小池が回収。ボックス手前でフリーでボールを持った小池はそこから左足一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さり、鹿島が勝ち越しに成功した。 失点直後、広島は川辺を下げてパトリックを投入。そのパトリックが単独突破を図るもファウルを取られてチャンスにつながらず。時間が無くなるにつれ焦りが見え始めた広島は無駄なファウルでパトリックがイエローカードの対象に。 後半アディショナルタイムは5分、このままACLでもリーグ戦でも涙を飲むかに思われた広島だったが、左サイドのスローインのリスタートが前線のパトリックに渡ると、体勢を崩されながらもゴール前にパスを供給。ここに飛び込んだ柏が押し込んで土壇場で同点に追いついた。 その後まもなく笛が鳴り試合終了。3連戦最後の試合は2-2の痛み分けに終わった。 2019.06.30 20:44 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース