ユナイテッド、エバートンにまさかの大量4失点…1シーズンのクラブワースト失点記録も更新《プレミアリーグ》2019.04.21 23:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第35節、エバートンvsマンチェスター・ユナイテッドが21日に行われ、4-0でエバートンが勝利した。チャンピオンズリーグでバルセロナに完敗を喫したユナイテッドは、公式戦ここ7試合で2勝5敗という成績。スールシャール監督就任直後の勢いがシーズン終盤に向かうにつれて尻すぼみしてきている印象だ。

3日後にリーグ戦延期分のマンチェスター・シティ戦を控える中で、バルセロナ戦からスタメンを3選手変更。ルカクやジオゴ・ダロト、マティッチが先発に復帰した。

6位ユナイテッド(勝ち点64)が10位のエバートン(勝ち点46)のホーム、グディソンパークに乗り込んだ一戦。まずはホームのエバートンがビッグチャンスを迎える。11分、右サイドのグイエのクロスがファーサイドのリシャルリソンに繋がると、リシャルリソンはトラップからハーフボレ―。しかし、ここはバルセロナ戦で大きなミスを犯したデ・ヘアがビッグセーブ。跳ね返りをさらに狙ったが、枠を捉えることは出来なかった。

エバートンはさらに13分、敵陣左サイドからのスローインの場面。ディーニュがロングスローでゴール前に放り込むと、キャルバート=ルーウィンが競り勝って後方へ。これをリシャルリソンが倒れ込みながらボレーシュート。今度はデ・ヘアの壁を貫いてネットを揺らした。

先制に成功したエバートンはホームの声援を背に畳みかける。28分、ユナイテッドのCKからカウンターに転じると、グイエのパスを受けたシグルドソンがボックス手前左から鋭いグラウンダーのシュートをニアに突き刺し、2点目のリードをもたらした。

リードを広げてもなお攻め込むエバートン。リシャルリソンがその後もシュートを重ね、前半だけで10本のシュートを浴びせた。

ユナイテッドは後半からヤングとマクトミネイをジョーンズとフレッジに代えて投入。一方、エバートンは先制ゴールのリシャルリソンが負傷し、51分にウィルコットと交代した。

エースを欠いたエバートンだったが56分、この嫌な雰囲気を断ち切る。左CKの場面、クロスはGKデ・ヘアにパンチングで返されるも、ディーニュがボックスの外からダイレクトで左足一閃。低弾道のシュートがゴール左下に決まった。

エバートンのゴールショーはこれで終わらない。64分、自陣左サイドからのスローイングで前線に供給すると、シグルドソンの斜めのパスを受けたウォルコットが最終ラインを突破。ボックス左から楽々と流し込んで4点目を奪った。

これでほぼ試合を決めたエバートンは76分、昨年1月に脛を骨折して長期離脱を強いられていたマッカーシーが1年3カ月ぶりに復帰を果たした。

その後、マルシャルのチャンスも逸したユナイテッドは1点も決められず0-4で惨敗。プレミアリーグにおける1シーズンの失点数がクラブワーストの「46」となるおまけ付きで大敗を喫した。


コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド&エバートンがマテュイディに関心? すでにユベントスと接触か

マンチェスター・ユナイテッドとエバートンが、ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(32)に関心を寄せているようだ。フランス方面の情報をもとにイギリス『ミラー』が報じた。 今夏にフランス代表MFポール・ポグバを失う恐れが取り沙汰されるユナイテッド。加えて、スペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)が退団しているため、中盤の補強が見込まれている。 一方のエバートンはマンチェスター・シティからイングランド代表MFファビアン・デルフ(29)を獲得。だが、マルコ・シウバ監督はさらなる中盤の補強を望んでいるという。 両クラブは豊富な運動量で献身性を備えるマテュイディ獲得に向けて、ユベントス側とコンタクトを取ったようだ。なお、移籍金は2000万ポンド(約26億9000万円)が下限になるとみられている。 だが、ユベントスは新シーズンまで契約を結ぶマテュイディを手放したがっていない様子。仮に他クラブからオファーが届いても、抵抗する可能性があるとのことだ。 2019.07.19 17:52 Fri
twitterfacebook
thumb

スールシャール、PSMで積極アピールの17歳グリーンウッドを称賛! チェルシーとの開幕戦に起用も…

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、プレシーズンマッチで積極アピールを続けている17歳の逸材を称賛している。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 現在、プレシーズンツアー中のユナイテッドは、オーストラリアの地でパース・グローリー、リーズ・ユナイテッド相手にプレシーズンマッチ連勝。その中で存在感を放っているのが、U-18イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(17)だ。 ユナイテッドのアカデミー育ちのセンターフォワードは、今年3月のチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦でトップチームデビューを果たすと、同月のアーセナル戦でプレミアリーグデビューも飾り、プレミアリーグ最終節のカーディフ戦では初スタメンでフル出場も記録したクラブ期待の若手だ。 そのグリーンウッドは前述のパース・グローリー戦で随所に好プレーを見せると、直近のリーズ戦では開始7分にボックス右に抜け出したDFアーロン・ワン=ビサカの折り返しをゴール前で冷静に合わせて先制点を挙げる活躍を見せていた。 そして、スールシャール監督は同試合後、グリーンウッドの活躍を称賛している。 「もちろん彼のゴールに喜んでいる。アタッカーにとってゴールを決めることは非常に重要なことだ。彼にその才能があることは以前から話してきたことだが、トップチームで最初のゴールを決めたことで、彼も肩の荷が下りたはずだ。動き方や賢さを見る限り、彼はこの先素晴らしいプレーヤーになると感じているよ」 「彼は前線の3トップのいずれでもプレーすることが可能だ。アタッカーを4人並べる際も同様にね。10番でも、7番、11番、9番でもやれる。彼は生まれながらフットボーラーだ。初めは左が利き足だったが、いまでは両方遜色なく使えて、前線のどこでもプレーできるようになった」 「彼が素質のあるプレーヤーであることは一目瞭然だろう。そして、マンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーであるということは、可能性は無限大だということだ。もちろん、運も必要になる。ケガをせずに、プロフェッショナリズムに徹していれば、大きなチャンスを手にできると確信している。そのためのすべての要素が彼にはある」 さらに、スールシャール監督は8月11日に控えるチェルシーとのプレミアリーグ開幕戦におけるグリーンウッドのスタメン起用の可能性について問われると、「その可能性はある」と肯定的な反応を見せている。 「もちろん、その可能性はある。常にペナルティエリア周辺を脅かし、チャンスを作る。彼がこの調子をキープできるなら、そのようなプレーヤーをベンチに座らせておくのはもったいないと思うよ」 ユナイテッドアカデミー期待の若手は先輩マーカス・ラッシュフォードのように新シーズンに大ブレイクを果たすことになるのか注目だ。 2019.07.18 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スールシャールが中盤の補強を渇望 ターゲットはザニオーロか

マンチェスター・ユナイテッドが、ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(20)をリストアップしたようだ。イタリア方面の情報をもとにイギリス『メトロ』が報じた。 中盤の補強を目指しているユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、今夏に少なくとも1名は引き入れたいと考えている模様。その中、ニューカッスルのイングランド人MFシーン・ロングスタッフ(21)、ディナモ・ザグレブのU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(21)に注目しているが、前者に関しては、5000万ポンド(約67億1000万円)のプライスタグが付いていることから難航している。そこでユナイテッドは、新たな候補としてザニオーロにも関心を寄せているようだ。 そのザニオーロには、ユベントス、トッテナムも獲得を画策。特にトッテナムは、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(30)の譲渡を含むオファーで交渉に臨む準備を進めていることが伝えられており、積極的な動きを見せようとしている。 しかし、慰留に努めるローマの上層部は、近日中にザニオーロに新契約を提示するとのこと。同クラブのスポーツディレクターを務めるジャンルカ・ペトラ―キ氏も最近、「ザニオーロを売却することはない」と主張しており、ユナイテッドがイタリア代表MFを獲得するには一筋縄でいかないことが予想されている。 昨夏にインテルからローマに加入し、トップ下や右ウイングを主戦場にローマの攻撃陣をけん引するザニオーロ。セリエAデビューシーズンとなった昨季は公式戦36試合6ゴール2アシストを記録していた。 2019.07.17 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ブルーノ・フェルナンデスに獲得熱望のユナイテッドが再度アプローチか

スポルティング・リスボンのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)にマンチェスター・ユナイテッドがアプローチをする見込みだ、とイギリス『インデペンデント』伝えた。 ブルーノ・フェルナンデスは2012年に当時セリエBのノヴァーラでプロデビュー後、ウディネーゼ、サンプドリアを渡り歩き、2017-18シーズンからスポルティングでプレー。昨季はリーグ戦33試合に出場し、20得点を挙げる活躍を見せた。 ユナイテッドは以前からブルーノ・フェルナンデス獲得に乗り出したが、スポルティングは放出を固辞してきた。だが、移籍が有力視されるフランス代表MFポール・ポグバ(26)に代わる選手としてブルーノ・フェルナンデスの獲得にこだわりを見せており、移籍金を5000万ポンド(約67億円)に上乗せしてまで再度交渉に臨む考えだという。 また、ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がブルーノ・フェルナンデスの獲得を特に熱望しているようで、今後の交渉にも自信を持っているという。 さらに、ニューカッスルのMFシーン・ロングスタッフ(21)の獲得も視野に入れているなど、中盤の補強に精を出すユナイテッド。はたして大型補強成功となるのか。今後の動きにも注目が集まる。 2019.07.16 20:19 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のリンデロフ、答えを出す! 「ユナイテッドですごく幸せ」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(24)がバルセロナの関心報道に言及した。イギリス『ミラー』が報じた。 昨シーズンのユナイテッドで主力センターバックの座を射止めたリンデロフ。加入初年度の2017-18シーズンこそ適応に苦戦したが、公式戦40試合に出場した昨シーズンが示すとおり、貧弱さを露呈する守備陣のなかで最も計算の立つセンターバックとして台頭を遂げた。 ユナイテッド在籍3年目の新シーズンも最終ラインの主軸として活躍が期待されるリンデロフだが、最近の報道でアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトを逃したバルセロナの代替候補に挙がり、去就に注目が集まりつつある。 だが、リンデロフは現時点でユナイテッドからの移籍を考えていないという。まことしやかに浮上したバルセロナ移籍の噂について、次のようにコメントした。 「マンチェスター・ユナイテッドの選手であることがすごく、すごくハッピーだ。新シーズンが楽しみだし、ここですごく幸せだよ。それこそが僕のアンサーだ」 「昨シーズンは初年度と比べてもかなりうまくプレーができた良いシーズンだった。周囲の人々がクラブで最も優れたDFとして評価してくれていることが本当に嬉しいよ」 「僕は日々、ベストを尽くそうとしている。チームを助けるためにね」 2019.07.16 17:00 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース