ユナイテッド、エバートンにまさかの大量4失点…1シーズンのクラブワースト失点記録も更新《プレミアリーグ》2019.04.21 23:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第35節、エバートンvsマンチェスター・ユナイテッドが21日に行われ、4-0でエバートンが勝利した。チャンピオンズリーグでバルセロナに完敗を喫したユナイテッドは、公式戦ここ7試合で2勝5敗という成績。スールシャール監督就任直後の勢いがシーズン終盤に向かうにつれて尻すぼみしてきている印象だ。

3日後にリーグ戦延期分のマンチェスター・シティ戦を控える中で、バルセロナ戦からスタメンを3選手変更。ルカクやジオゴ・ダロト、マティッチが先発に復帰した。

6位ユナイテッド(勝ち点64)が10位のエバートン(勝ち点46)のホーム、グディソンパークに乗り込んだ一戦。まずはホームのエバートンがビッグチャンスを迎える。11分、右サイドのグイエのクロスがファーサイドのリシャルリソンに繋がると、リシャルリソンはトラップからハーフボレ―。しかし、ここはバルセロナ戦で大きなミスを犯したデ・ヘアがビッグセーブ。跳ね返りをさらに狙ったが、枠を捉えることは出来なかった。

エバートンはさらに13分、敵陣左サイドからのスローインの場面。ディーニュがロングスローでゴール前に放り込むと、キャルバート=ルーウィンが競り勝って後方へ。これをリシャルリソンが倒れ込みながらボレーシュート。今度はデ・ヘアの壁を貫いてネットを揺らした。

先制に成功したエバートンはホームの声援を背に畳みかける。28分、ユナイテッドのCKからカウンターに転じると、グイエのパスを受けたシグルドソンがボックス手前左から鋭いグラウンダーのシュートをニアに突き刺し、2点目のリードをもたらした。

リードを広げてもなお攻め込むエバートン。リシャルリソンがその後もシュートを重ね、前半だけで10本のシュートを浴びせた。

ユナイテッドは後半からヤングとマクトミネイをジョーンズとフレッジに代えて投入。一方、エバートンは先制ゴールのリシャルリソンが負傷し、51分にウィルコットと交代した。

エースを欠いたエバートンだったが56分、この嫌な雰囲気を断ち切る。左CKの場面、クロスはGKデ・ヘアにパンチングで返されるも、ディーニュがボックスの外からダイレクトで左足一閃。低弾道のシュートがゴール左下に決まった。

エバートンのゴールショーはこれで終わらない。64分、自陣左サイドからのスローイングで前線に供給すると、シグルドソンの斜めのパスを受けたウォルコットが最終ラインを突破。ボックス左から楽々と流し込んで4点目を奪った。

これでほぼ試合を決めたエバートンは76分、昨年1月に脛を骨折して長期離脱を強いられていたマッカーシーが1年3カ月ぶりに復帰を果たした。

その後、マルシャルのチャンスも逸したユナイテッドは1点も決められず0-4で惨敗。プレミアリーグにおける1シーズンの失点数がクラブワーストの「46」となるおまけ付きで大敗を喫した。


コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、シティのおかげで来季ELストレートイン

マンチェスター・ユナイテッドが来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に本戦から出場することが決まった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ユナイテッドは今シーズンのプレミアリーグで6位に終わり、来シーズンのEL参戦が決定。ただ、本大会からなのか、予選2回戦からなのかは、FAカップ決勝の結果次第という状況だった。 そのFAカップ決勝は18日にウェンブリー・スタジアムで行われ、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティが6-0でワトフォードを撃破。8シーズンぶり6度目の優勝を果たした。 これで、FAカップ優勝チームが手にするELストレートインの権利はユナイテッドへ。リーグ7位フィニッシュのウォルバーハンプトンに7月25日開催のEL予選2回戦からの出場権が渡った。 シティの恩恵を受けたユナイテッドはEL本戦を目指して6試合を戦う必要がなくなった上、プレミアリーグ開幕の8月10日からの始動に。プレシーズンも予定どおり実施可能になっている。 2019.05.19 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、デ・ヘア後釜にオナナに関心! すでにオファーを提示も…

マンチェスター・ユナイテッドが、アヤックスに所属するカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 元バルセロナのFWサミュエル・エトーが母国に設立した育成組織出身のオナナは2010年にバルセロナのカンテラに加入。その後、2015年1月にアヤックスへ完全移籍した。卓越した身体能力とバルセロナ仕込みの足下の技術を併せ持つモダンなGKは2016-17シーズンにトップチームデビューを飾ると、そこから若き守護神として君臨。今シーズンの公式戦55試合に出場し26回のクリーンシートを達成している。 そのオナナに対してユナイテッドが獲得に動いているようだ。ユナイテッドでは、長年守護神を務めてきたスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の契約延長が難航。今夏の去就が不透明になっていることから、後釜にオナナをリストアップしており、すでにオファーを提示した模様だ。 ところが、アヤックスがこれを拒否。同クラブは、オナナを4000万ユーロ(約49億1000万円)と評価しているものの、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの退団も近づいていることから、今夏の移籍市場で守備の要を2人放出することに否定的なようだ。 しかし、ユナイテッドはこの金額での取引は望んでいないことから、代替案としてバルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)に切り替えることを考慮しているとのことだ。 2019.05.18 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、エレーラ後釜に"NEWキャリック"に関心か

マンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルに所属するイングランド人MFシーン・ロングスタッフ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ニューカッスルの下部組織出身のロングスタッフは、中盤のポジションならどこでもプレー可能な万能型MFであり、"NEWキャリック"と評されている。今シーズンはシーズン中盤まで、ニューカッスルU-23を中心にプレー。シーズン終盤こそケガで戦列を離れたが、プレミアリーグ第19節のリバプール戦以降、トップチームのスタメンに定着し、プレミアリーグに9試合出場していた。 そのロングスタッフに、ユナイテッドが触手を伸ばしているようだ。オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ホーム・グロウンであるイングランド産のタレントでチームの再建を目指しており、同選手を退団が決定しているスペイン代表アンデル・エレーラの後釜に見据えている模様だ。 ユナイテッドのスカウトは、少ない出場試合数もイングランド人MFのパフォーマンスに感銘を受けたという。そして、獲得に向けてニューカッスルに2000万ポンド(約27億9000万円)での獲得を打診したようだ。 しかし、ニューカスルのラファエル・ベニテス監督は、ロングスタッフのことを高く評価しており、クラブ側も残留を希望。近日中に行われるベニテス監督とクラブのオーナーを務めるマイク・アシュリー氏との会談で財政面も含めて可能性について検討するようだ。 2019.05.18 19:19 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの伝説ルーニーが心打つ助言 「恐れろ」

DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが古巣マンチェスター・ユナイテッドの選手に助言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ユナイテッドは今シーズン途中からオーレ・グンナー・スールシャール監督が就任後、公式戦19試合で14勝の勢いでプレミアリーグのトップ4争いへ。だが、終盤の公式戦10試合でわずか2勝の急ブレーキが大きく響き、最終的に6位フィニッシュに終わり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。 復権が求められる来シーズンのユナイテッドはどうすべきか。ユナイテッドの黄金期を知るルーニーは、改善すべき点として選手を挙げ、監督から自由をもらって喜ぶだけでなく、締めるべき部分を締めるべきとの意味で「恐れを抱け」とアドバイスした。 「選手たちは誰かを恐れるべきだよ。オーレ・グンナー・スールシャールや、マイケル・キャリックを恐れないと。もちろん、尊重は大事だけど、恐れもないとダメだ」 振り返れば、スールシャール監督就任後に調子を上げた当時、チームの数選手から自由化を喜ぶコメントが…。今シーズンの失敗に加担した選手たちは、クラブのレジェンドであるルーニーの重い言葉をどう受け止めるのだろうか。 2019.05.18 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

移籍希望表明のザハにまさかの…ユナイテッド再加入説!

クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)にマンチェスター・ユナイテッド再加入説だ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 2013年夏、クルスタル・パレスからユナイテッドに移籍したザハ。2012-13シーズンを最後に勇退したサー・アレックス・ファーガソン元監督の“最後の買い物”として注目を集めたが、鳴かず飛ばずに終わり、レンタル生活を経て、クリスタル・パレスに復帰した。 それ以降のザハは、切れ味抜群のドリブルスターとして大きくブレイク。今シーズンもエースとしてチームを引っ張り続け、公式戦36試合10得点10アシストと活躍したが、選手は先日、イギリス『デイリー・メール』のインタビューで今夏の移籍希望を表明した。 それを受けて、アーセナルやドルトムントの関心報道が浮上しているザハだが、移籍金1億ポンド(約139億9000万円)での売却を目論むクリスタル・パレスの姿勢にいずれのクラブも難色。そこで移籍先として挙がったのが同じく興味を抱く古巣ユナイテッドだという。 移籍先の条件として、自身としていまだ経験のないチャンピオンズリーグ(CL)出場権を持つクラブを挙げたザハだが、ユナイテッドからオファーが届いた場合、オールド・トラフォードでの再挑戦を真剣に検討するとのこと。ユナイテッドはCL権がないが、果たして…。 2019.05.18 10:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース