ミラン、途中出場のカスティジェホで先制も終了間際に追いつかれドロー CL圏外に転落する可能性も…《セリエA》2019.04.20 21:51 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは20日、セリエA第33節でパルマとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けに終わった。前節のラツィオ戦を1-0で勝利した4位・ミラン(勝ち点55)は、その試合からスタメンを2名変更。GKドンナルンマが復帰し、サパタが起用された。残留争い中の14位・パルマ(勝ち点35)に対し、[4-3-3]で臨んだミランは1トップにピョンテク、2シャドーにボリーニ、スソを据えた。

試合は18分、敵陣右サイドの深い位置でガッツォーラにクロスを許すと、ファーサイドのバリッラにオーバヘッドで合わされたが、ゴール右にわずかに外れて何を逃れる。

ミランはイニシアチブを握るも縦パスを供給することができない。それでも28分には、後方からのフィードに抜け出したピョンテクがボックス右からシュートを放った。しかし、これは枠を捉えることはできない。

決定的なチャンスを作ることができず試合を折り返すと、後半も決定機を作ることができない。

攻撃の活性化を図るべくミランは58分にバカヨコに代えてクトローネ、66分にはコンティを下げてカスティジェホを投入。システムも[3-4-1-2]に変更する。

この交代策が的中する。ミランは69分、ボックス右手前でボールを受けたスソが縦に仕掛けてクロスを供給。ニアサイドのカスティジェホがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

畳みかけるミランは73分、ケシエのパスに抜け出したピョンテクがGK一対一のチャンスになると、並走してきたクトローネがパスを受けて、無人のゴールに流し込んだ。だが、ピョンテクにオフサイドの判定が下され、ゴールが取り消しとなる。

それでもこのまま試合終了かと思われた87分、ミランはボリーニがバイタルエリア左の位置でFKを献上する。キッカーのブルーノ・アウベスが放ったシュートは、弧を描いてゴールに吸い込まれ、土壇場で追いつかれてしまう。

試合はこのまま試合は終了。このあと、行われるインテル(勝ち点60)vsローマ(勝ち点55)の結果次第ではチャンピオンズリーグ(CL)圏外の5位に転落する可能性があるだけに、痛すぎる引き分けとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

四つ巴でCL出場権を争うセリエAも残り1節!各クラブの獲得条件は?

セリエAも残すところあと1節となり、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争いが混沌としている。 18日、19日とセリエA第37節が開催(20日に1試合開催)された。すでに優勝を決めているユベントスと対戦したアタランタは、1-1のドロー。2位のナポリと対戦した3位インテルは4-1で敗戦。6位のローマはアウェイでサッスオーロどゴールレスドロー、5位のミランはホームで2-0とフロジノーネに勝利した。 この結果、アタランタとインテルが勝ち点66で並び、ミランが勝ち点65、ローマが勝ち点63に。セリエAは勝ち点で並んだ場合、得失点差や総得点ではなく、当該チーム間の成績が優先されるため、順位決定がわかりづらい状況となる。 すでにユベントス、ナポリの順位は確定しているものの、3位と4位はまだ確定しておらず、最終節に全てが決定することとなる。 クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場を目指す3位のアタランタは、10位のサッスオーロと対戦。4位のインテルは17位のエンポリと対戦する。また、5位のミランは11位のSPALと、6位のローマは12位のパルマと最終節で対戦する。 ローマに関しては、勝ち点差が離れている上に得失点差も離れているため、勝利が絶対条件な上で、他3チームの結果が重要となり、全ての条件が揃うのは厳しい状況だ。 また、カギを握りそうなのはインテルか。対戦相手のエンポリは、残留ラインギリギリの17位。自動降格となる18位のジェノアとは勝ち点差「1」のため、自力で残留を掴むために最終節への意気込みは強いはずだ。ちなみに、ジェノアは15位のフィオレンティーナと対戦する。 4チームが争う来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争い。最終節は来週末に行われる。 ◆各クラブのCL出場権獲得条件 3位:アタランタ(vsサッスオーロ) 【勝利】 ・無条件 【引き分け】 ・インテルまたはミランが引き分け以下 【負け】 ・ミラン&ローマが引き分け以下 4位:インテル(vsエンポリ) 【勝利】 ・無条件 【引き分け】 ・ミランが引き分け以下 【負け】 ・ミランが引き分け以下 ・1-0で敗れた場合、ミランが負け&ローマが4点差以下で勝利 5位:ミラン(vsSPAL) 【勝利】 ・アタランタまたはインテルが引き分け以下 【引き分け】 ・アタランタ&インテルが負け、ローマが勝利 ・アタランタが負け&インテルが引き分け以上 6位:ローマ(vsパルマ) 【勝利】 ・5点差以上での勝利&インテルが1-0で敗戦、アタランタが引き分け以上、ミランが敗戦 ・アタランタ&インテル&ミランが敗戦 ちなみに、今シーズンの対戦成績を整理しておく。最大4チームが勝ち点66で並ぶ可能性があるため、その場合は下記が参考となる。 3位:アタランタ(勝ち点66) 【vsインテル】1勝1分け 【vsミラン】1分け1敗 【vsローマ】2分け 4位:インテル(勝ち点66) 【vsアタランタ】1分け1敗 【vsミラン】2勝 【vsローマ】2分け 5位:ミラン(勝ち点65) 【vsアタランタ】1勝1分け 【vsインテル】2敗 【vsローマ】1勝1分け 6位:ローマ(勝ち点63) 【vsアタランタ】2分け 【vsインテル】2分け 【vsミラン】1分け1敗 当該チーム間の成績が加味されるのは、前述の通り勝ち点で並んだ場合。この場合、勝ち点で並ぶ可能性があるのは、アタランタとインテルの勝ち点「69」、「67」、アタランタ、インテル、ミラン、ローマのいずれかが並ぶ勝ち点「66」の2パターンだ。勝ち点「69」、「67」の場合は、現状通りアタランタがインテルを上回ることとなる。この場合は来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権に関わるのは最大で1チーム。インテルが5位となる。 問題は「66」で並んだ場合だ。最大4チームが並ぶ可能性があるパターンだが、4チーム並んだ場合でトップに立つのは勝ち点9のインテル。続いて、ミランの勝ち点8、アタランタの勝ち点7、ローマの勝ち点5の順だ。 インテル、ミラン、ローマが並んだ場合でもインテルが勝ち点8でトップ、続いてミランの勝ち点4、ローマの勝ち点3だ。 アタランタ、ミラン、ローマが並んだ場合は、ミランが勝ち点8でトップ、アタランタとローマが勝ち点3。アタランタとローマは2試合ともドローのため、得失点差で上回るアタランタが上位となる。 アタランタとインテルが勝利してしまえばそれまでだが、どちらかが勝利しなかった場合には、色々な条件が絡んでくる。5大リーグで最も遅くシーズンが終わるセリエAの最終節からも目が離せない。 2019.05.20 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマのPKストップにピョンテク&スソ弾で降格フロジノーネを退けたミランが上位に圧力!《セリエA》

ミランは19日、セリエA第37節でフロジノーネをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節フィオレンティーナ戦を1-0と逃げ切って2連勝とした5位ミラン(勝ち点62)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを3ポイント差で追走する中、降格の決まっている19位フロジノーネをホームに迎えた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=vdhrdsu9cet5142silrvwno8c" async></script> </div> 3トップに右からスソ、ピョンテク、ボリーニと並べたミランが徐々に押し込む展開とするも、なかなかシュートにはつなげられない。 そんな中30分、浮き球のルーズボールをペナルティアーク中央のバカヨコがボレー。際どいシュートだったが、わずかに枠の右に外れた。結局、重苦しい展開が続いた前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半開始30秒、ミランにこの先制のチャンスが訪れる。ロングボールをピョンテクに当てた流れから、ルーズボールを拾ったボリーニがボックス中央からシュート。だが、枠を捉えきることができなかった。 すると48分、ミランがPKを献上する。浮き球パスでディフェンスライン裏を突かれると、アバーテがボックス内に侵入してきたパガニーニを倒してしまった。しかし、チャーノが枠の右に蹴ったシュートはGKドンナルンマがビッグセーブで凌ぎ、ミランは助かった。 直後、バカヨコに代えてクトローネを投入したミランは、フラットな[4-4-2]に変更。そのミランが57分に先制した。スソの右クロスがルーズとなったところをファーサイドのボリーニがボレー。枠に向かったシュートをゴール前のピョンテクがコースを変えてネットを揺らした。 さらに66分、ミランが一気に突き放す。ボックス手前右で得たFKをスソが直接狙うと、完璧なシュートがゴール右上に決まった。 その後はフロジノーネの反撃を許さず、2点のリードを保っていく。そして終盤、今季限りで退団するアバーテがピッチを後にし、A・コンティが投入された。 88分にはヴァルザニアのボレーシュートでゴールを脅かされるも、GKドンナルンマがファインセーブで凌ぎ、ミランが2-0で勝利。3連勝としてこの後に試合を行うインテルとアタランタの上位勢に圧力をかけている。 2019.05.20 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

レスター、ミランの10番への関心強める? フロジノーネ戦視察へ

レスター・シティが、ミランに所属するトルコ代表MFハカン・チャルハノール(25)を注視し続けているようだ。『フットボールイタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 昨シーズンにレバークーゼンから移籍金2200万ユーロ(約27億円)でミランに加入したチャルハノール。加入初年度こそ公式戦45試合8ゴールを記録したものの、今シーズンはここまで公式戦44試合3ゴールとロッソ・ネロの10番としては物足りない数字に。とりわけ、レバークーゼン時代に“FKの名手”と評された姿は見受けられない状況だ。 チャルハノールは以前からミランの放出候補として挙げられている。そんな同選手に対して、先日にも興味を抱いていることが伝えられたレスターが、19日に行われるセリエA第37節、ミランvsフロジノーネの一戦にスカウトを送り込むようだ。 先日にはウェストハムと競合する可能性が伝えられ、3000万ユーロ(約36億8000万円)を準備していることも伝えられているレスターだが、果たして獲得に動くのだろうか。 2019.05.19 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、チェルシー解任報道のサッリと面談へ

ミランがチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)を来季指揮官に据えるべく、面談を行うようだ。イタリア『メディアセット』が伝えている。 同メディアによればミランのCEOを務めるイバン・ガジディス最高経営責任者(CEO)がサッリ監督と面談するため、数時間以内にロンドンに向かうとのことだ。 今季、ナポリからチェルシーの指揮官に就任したサッリ監督はプレミアリーグで3位、ヨーロッパリーグで決勝に進出させるなど一定の結果を残したが、ロマン・アブラモビッチオーナーが同監督とファンや上層部との関係を問題視し、解任の準備を進めていると報じられていた。 一方のミランはシーズン開幕前や1月の移籍市場で巨額投資をしたものの、2試合を残すセリエAで5位と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場が微妙な状況で、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の来季続投が不透明な状況となっている。 2019.05.17 06:01 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGとユナイテッドがミラン守護神に興味か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(20)の獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『La Repubblica』の情報をもとに伝えている。 ロッソネロの絶対的守護神として君臨するドンナルンマ。20歳ながらミランでの公式戦160試合以上に出場しており、今季もリーグ戦34試合でフル出場中だ。 しかし、伝えられるところによると、ミランは再びファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触する恐れがあり、今夏に主力選手を放出する可能性があるという。そんな中、PSGは、ドンナルンマのの獲得を画策しており、すでに5000万ユーロ(約61億円)の移籍金を準備しているようだ。 その一方でイタリア『Calciomercato.com』は、PSGが巨額オファーを準備しているスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の後釜としてマンチェスター・ユナイテッドがドンナルンマの獲得に興味を示していると報じている。 2019.05.16 02:45 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース