ミラン、途中出場のカスティジェホで先制も終了間際に追いつかれドロー CL圏外に転落する可能性も…《セリエA》2019.04.20 21:51 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは20日、セリエA第33節でパルマとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けに終わった。前節のラツィオ戦を1-0で勝利した4位・ミラン(勝ち点55)は、その試合からスタメンを2名変更。GKドンナルンマが復帰し、サパタが起用された。残留争い中の14位・パルマ(勝ち点35)に対し、[4-3-3]で臨んだミランは1トップにピョンテク、2シャドーにボリーニ、スソを据えた。

試合は18分、敵陣右サイドの深い位置でガッツォーラにクロスを許すと、ファーサイドのバリッラにオーバヘッドで合わされたが、ゴール右にわずかに外れて何を逃れる。

ミランはイニシアチブを握るも縦パスを供給することができない。それでも28分には、後方からのフィードに抜け出したピョンテクがボックス右からシュートを放った。しかし、これは枠を捉えることはできない。

決定的なチャンスを作ることができず試合を折り返すと、後半も決定機を作ることができない。

攻撃の活性化を図るべくミランは58分にバカヨコに代えてクトローネ、66分にはコンティを下げてカスティジェホを投入。システムも[3-4-1-2]に変更する。

この交代策が的中する。ミランは69分、ボックス右手前でボールを受けたスソが縦に仕掛けてクロスを供給。ニアサイドのカスティジェホがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

畳みかけるミランは73分、ケシエのパスに抜け出したピョンテクがGK一対一のチャンスになると、並走してきたクトローネがパスを受けて、無人のゴールに流し込んだ。だが、ピョンテクにオフサイドの判定が下され、ゴールが取り消しとなる。

それでもこのまま試合終了かと思われた87分、ミランはボリーニがバイタルエリア左の位置でFKを献上する。キッカーのブルーノ・アウベスが放ったシュートは、弧を描いてゴールに吸い込まれ、土壇場で追いつかれてしまう。

試合はこのまま試合は終了。このあと、行われるインテル(勝ち点60)vsローマ(勝ち点55)の結果次第ではチャンピオンズリーグ(CL)圏外の5位に転落する可能性があるだけに、痛すぎる引き分けとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

モナコ、A・シウバの獲得決定的に! メディカル完了か

モナコがミランに所属するポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)の獲得を決定的なものとしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2017年夏にポルトからミランに加入したものの、セリエA24試合でわずか2ゴールに終わったA・シウバ。期待を裏切る働きぶりにより、昨シーズンはレンタルでセビージャに活躍の場を移すことになった。だが、そのセビージャで躍動。終盤こそケガで棒に振ったが、開幕戦でハットトリックを達成するなど公式戦40試合11ゴール3アシストをマークした。 そのポルトガル代表FWに関して、モナコが移籍金3000万ユーロ(約36億2000万円)でミランとクラブ間合意に達したとのこと。A・シウバは23日にモナコのメディカルチェックをパスした模様で、5年契約での加入になるという。 なお、ミランはA・シウバの売却資金でアトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・コレア(24)の獲得に動くとみられる。 2019.07.23 22:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブス関心のクトローネ、ミランでの将来を検討?

ウォルバーハンプトンが、ミランに所属するイタリア代表FWパトリック・クトローネ(21)の獲得に向けて交渉中のようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランの下部組織出身のクトローネは、2016-17シーズンにトップチームデビュー。昨シーズンは公式戦46試合に出場し、18ゴール6アシストと印象的な活躍を残した。 そのクトローネに関して、ウォルバーハンプトンが獲得を希望しており、先週には交渉がスタートしたことが報じられた。これに対してクトローネは、ウルブスからのオファーを含めミランでの将来を検討してはいるものの、退団を急いではいないようだ。 同メディアによれば、ミランが2300万ポンド(約30億9000万円)と評価しているクトローネだが、ウォルバーハンプトンは果たして獲得できるだろうか。 2019.07.23 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、バルセロナのU-20フランス代表DFトディボに関心 レンタルでの獲得望む

ミランが、バルセロナのU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボ(19)の獲得に興味を示しているようだ。『フランスフットボール』報じている。 今冬にトゥールーズからバルセロナに4年半契約で加入したトディボは、190cmの恵まれた体躯と高い身体能力に加えて守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つ逸材だ。 そのトディボに対して、昨季限りで退団したコロンビア代表DFクリスティアン・サパタの後釜を探すミランが注視。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるミランはレンタルでの獲得を検討しているという。 『フランスフットボール』によれば、バルセロナはトップチームでプレー機会を得られない可能性があるトディボに関して、より高いレベルで経験を積ませたいと考えており今回のレンタル移籍に前向きな姿勢を見せているようだ。 ミランはトディボの他にも、今夏にユベントスへ加入したトルコ代表DFメリフ・デミラルや同クラブのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニをレンタルで獲得に動いていたが、共に失敗していた。 2019.07.23 02:12 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、アルゼンチンの新星MFマティアス・サラチョに注目か

ミランが、ラシン・クラブに所属するアルゼンチン代表MFマティアス・サラチョ(22)に関心を寄せているようだ。イタリア『calciomercato.com』が伝えている。 2016年に18歳でトップチームデビューを果たしたサラチョは、これまでトップチームでは、公式戦63試合に出場し6ゴール5アシストを記録。今年3月にはアルゼンチン代表デビューも飾った期待の新星だ。 『calciomercato.com』によれば、2022年まで契約を残しているサラチョ獲得には2500万ユーロ(約30億円)程度かかると予想。ミランにとって安くない買い物となるが、以前から同選手のパフォーマンスを評価するミランのフレデリック・マッサーラSD(スポーツディレクター)はサラチョ獲得は未来への投資だと考えているようだ。 なお、サラチョにはミランの他にアトレティコ・マドリーやスポルティング・リスボンも関心を示しているという。 2019.07.22 04:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン退団のベルトラッチがフリーでセルティック加入へ!

セルティックが、昨季限りでミランを退団した元イタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチ(28)の獲得に迫っているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 昨シーズン限りでミランとの契約が終了したベルトラッチは現在フリーの状態が続いている。一部ではセリエAの複数クラブから関心を集めているとの報道も出ていたが、新天地はスコットランドになる可能性が高いようだ。 ローマのプリマヴェーラ出身のベルトラッチは、2012年に加入したジェノアで中盤の全ポジションでプレー可能なユーティリティプレーヤーとしてブレイク。 2015年に加入したミランでは加入初年度こそレギュラーを掴んだが、以降はケガの影響もあって思うように出場機会を得られず、2017-18シーズンは古巣ジェノアにレンタル移籍。同クラブで定期的な出場機会を確保したものの、昨夏復帰したミランではセリエAでの出場機会はなく、ヨーロッパリーグ4試合の出場にとどまっていた。 2019.07.21 17:02 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース