バイエルンがドルトを5発粉砕! ブンデス通算100回目となった“デア・クラシカー”制して首位奪還!《ブンデスリーガ》2019.04.07 03:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第28節、バイエルンvsドルトムントの“デア・クラシカー”が6日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが5-0で圧勝した。7連覇を目指す2位バイエルン(勝ち点61)と、首位に返り咲いたドルトムント(勝ち点63)の両雄が2ポイント差の中で対峙する今季のマイスターシャーレの行方を左右する大一番。

前節のフライブルク戦こそ痛恨の引き分けに終わって首位から陥落してしまったものの、後半戦に入って8勝1分け1敗と本来の圧倒的な強さを発揮しているバイエルン。3日前に戦ったDFBポカールでは10人での戦いを強いられ消耗する試合となったが、何とか打ち合いを制して準決勝進出を決めた。そのハイデンハイム戦からは先発5人を変更。守護神ノイアーを戻したほか、アラバ、コマン、ハビ・マルティネス、レヴァンドフスキを起用した。

一方、知将ファブレ監督の下、接戦を制する勝負強さを発揮して首位でデア・クラシカーを迎えたドルトムント。前節のヴォルフスブルク戦では試合終了間際にパコ・アルカセルが決めた2ゴールによって劇的な勝利を手にして敵地での大一番に弾みを付けた。だが、今回の一戦に向けては奥さんの出産に立ち会い前節欠場のロイス、負傷交代のディアロが復帰を果たした一方、アルカセル、アクラフ・ハキミ、ラファエウ・ゲレイロを負傷で欠くことに。このアクシデントを受けてダフードを3センターの一角に配し、ロイスを最前線に置いた[4-3-3]の布陣で臨んだ。

ブンデスリーガ創設後、通算100回目となった“デア・クラシカー”。試合は立ち上がりから決定機を作り合うオープンな展開に。まずは1分、バイエルンの左CKの場面でチアゴのインスウィングのクロスをニアのフンメルスが頭で合わすが、これは枠の右に外れる。一方、ドルトムントも6分にロイスの左サイドからの折り返しを中央に走り込んだダフードが抑えの利いたダイレクトシュートで合わすが、これは惜しくも右ポストの外側を叩いた。

オープンな攻防の中でより優勢に試合を運ぶバイエルンは10分、セットプレーからゴールをこじ開ける。立ち上がりと似たような左CKの形からチアゴのインスウィングのクロスをニアのフンメルスが頭で合わせ、ゴール右隅に突き刺した。

フンメルスの古巣恩返し弾で先手を奪ったバイエルンはもう1人の古巣対戦の男がこちらも恩返し弾を決める。17分、自陣でサンチョからバックパスを受けたDFザガドゥが右に展開しようとしたボールをレヴァンドフスキがカット。これをカバーしようとボックス外に飛び出したGKビュルキを冷静に浮き球でかわしたポーランド代表がジャンピングボレーでかつての古巣のゴールへ流し込んだ。なお、レヴァンドフスキにとってこのゴールは古巣相手の5戦連続ゴールになると共にブンデスリーガでの通算200点目となった。

セットプレーと相手のミスを抜け目なく突いて試合の流れを掴んだバイエルンは、その後も制空権を握るフンメルスやミュラー、レヴァンドフスキを起点としたセットプレーで相手ゴールに迫っていく。

すると41分、ザガドゥが不用意に与えたFKの場面でキッカーのチアゴとミュラーの阿吽の呼吸で意表を突いたリスタートを行うと、ミュラーのダイレクトボレーはGKビュルキに阻まれるが、この流れからレヴァンドフスキのシュートのこぼれ球をハビ・マルティネスがゴール前の密集を射抜く見事な右足のミドルシュートで決め切って3点目を奪取。さらに43分にはロングカウンターからコマンが相手陣内を持ち上がってボックス手前右のミュラーに繋ぐと、ミュラーの浮き球クロスに対してDF2枚の間に入ったニャブリが頭で合わせ、前半だけで試合を決定付ける4点目とした。

敵地で悪夢のような45分間を過ごしたドルトムントは失点に絡むミスを犯したザガドゥを下げて後半頭からヴァイグルをセンターバックとしてピッチに送り込む。ここから心機一転反撃に転じたいところだったが、ゲームコントロールを優先するホームチームを相手になかなか良い形でボールを奪えず、攻撃の形を作り出せない。

後半はバイエルンが無理をしない戦い方を選んだことでややこう着状態が続く。何とか流れを変えたいドルトムントは61分にダフードを下げてゲッツェ、69分にはピシュチェクを下げてヴォルフを投入。この交代でゲッツェ、ロイスを前線に並べる[4-4-2]にシステムを変更。

対するバイエルンは65分を過ぎてコマン、ハビ・マルティネス、ミュラーを下げてリベリ、ゴレツカ、レナト・サンチェスを続けてピッチに送り込んで試合を締めにかかる。やや重心を置いてクリーンシートを意識しつつ、レヴァンドフスキやニャブリがカウンターから決定機に迫っていくが、最後の場面でうまくいかない。

それでも、89分にはボックス右に抜け出したニャブリからのマイナスの折り返しをドフリーのレヴァンドフスキがワンタッチで流し込み、この日のゴールショーを締めくくった。そして、ブンデスリーガ創設後、通算100回目となった“デア・クラシカー”で文字通りドルトムントを粉砕したバイエルンが首位奪還に成功し、7連覇に向けて大きな勝ち点3を獲得した。
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英デビューのレアル・マドリー、バイエルンに3失点敗戦《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019が日本時間21日に行われ、バイエルンがレアル・マドリーを3-1で下した。 今大会初戦となるレアル・マドリーは、FC東京から加入した久保建英は背番号「26」が割り当てられてベンチスタート。セルヒオ・ラモスがレギュラーシーズンさながらの顔ぶれを並べたスタメンにアザールが新戦力で唯一起用され、背番号「50」で新天地デビューを果たした。 対するバイエルンは、このレアル・マドリー戦が今大会2試合目。ゴールゲッターのレヴァンドフスキがベンチスタートになったものの、最後尾のノイアーをはじめ、アラバやチアゴ・アルカンタラ、ミュラーといったチーム屈指の実力者がスターティングメンバーに名を連ねた。 欧州が誇るビッグクラブ同士が相対した一戦は、ボールの主導権が激しく入れ替わる展開のなかで、レアル・マドリーが6分、モドリッチからの縦パスに反応したベンゼマが最終ラインの背後を取り、前がかったGKのポジショニングを確認してチップキックシュート。だが、これを枠に飛ばせない。 レアル・マドリーと互角の戦いを演じるバイエルンは15分、数人によるパス交換でボックス左を抜け出したアラバがゴール前に折り返すと、ファーサイドに詰めたトリッソがプッシュ。ゴールライン際で相手にカバーされたが、トリッソがクリアボールを押し込み、先制に成功する。 ゴールが遠いレアル・マドリーは後半の頭にメンバーの総入れ替えに動き、ヨビッチやロドリゴら新戦力とともに、久保もピッチイン。待望のデビューを果たした久保は左インサイドハーフに入り、キックオフ直後にクロスからいきなりチャンスを作り出すなど存在感を示す。 ヴィニシウスがゴールに迫るなど引き続き攻撃に力を注ぐレアル・マドリーだが、67分に途中出場のレヴァンドフスキが最終ラインからのロングフィードをボックス内で収めて右足シュート。これがレアル・マドリーのゴールネットを揺らして、バイエルンが追加点を挙げる。 その2分後にもゴレツカのアシストからニャブリにゴールを決められたレアル・マドリーは、80分にバイタルエリア左に抜け出したロドリゴがGKウルライヒを一発退場に追い込むファウルを誘い、FKのチャンスを獲得。このFKをロドリゴが直接沈め、1点を返してみせる。 だが、レアル・マドリーは数的優位の状況を生かし切れず、1点を挙げるにとどまり、バイエルンに敗戦。アーセナルとの初戦を落としたバイエルンが今大会初白星を手にしている。 2019.07.21 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

WG獲得難航のバイエルン、プラン変更でロ・セルソに接触か?

バイエルン・ミュンヘンがベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の獲得に動いているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 昨季限りで元オランダ代表MFアリエン・ロッベン、元フランス代表MFフランク・リベリの重鎮2選手が退団したバイエルン。その後継者としてクラブはトップターゲットとみられたマンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・ザネ、チェルシーのイングランド代表MFカラム・ハドソン=オドイ、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペら若手ウイングの獲得に動いているが、ここまでいずれの交渉も難航している。 この状況の中で『シュポルト・ビルト』は、バイエルンが新たな新戦力候補の1人としてロ・セルソをリストアップし、ベティスと会談の場を設けたと伝えている。 トップ下やセントラルMFを主戦場とするロ・セルソは、個での打開力に長けたウイングを探すバイエルンの補強ポイントと合致していない。しかし、ニコ・コバチ監督は今シーズンから3バックの本格導入を見込んでおり、フランクフルト時代に採用していた[3-5-2]や[3-4-3]のシステムであれば、トップ下や2シャドーの位置でプレー可能だ。 ただ、現時点でバイエルンは具体的なオファーを掲示しているわけではなく、ロ・セルソ獲得にどれだけ真剣かどうかは不明だ。 なお、ロ・セルソに関しては相思相愛と言われるトッテナム行きが依然として有力な状況だ。 2019.07.20 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、昨季ブレイクのスペイン代表MFブライス・メンデスに30億用意か

バイエルンが、セルタに所属するスペイン代表MFブライス・メンデス(22)に関心を寄せているようだ。ドイツ方面の情報をもとにスペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 今夏に退団した元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と昨シーズン限りで現役を引退した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の後釜を探すバイエルン。これまでにマンチェスター・シティのドイツ代表FWレロイ・ザネ(23)やバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)、チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)らをリストアップしていると見られているが、交渉は難航している。 そこで、ドイツ王者が新たにリストアップしたのがメンデスだ。セルタの下部組織で育ったメンデスは187cmと大型ながら左利きの技巧派であり、中盤の複数のポジションをこなせるポリバレントな選手。昨シーズンから右ウイングの主力に定着すると公式戦32試合で6ゴール7アシストを記録し、昨年11月にはスペイン代表デビューを飾っている。 同選手の契約解除金は2500万ユーロ(約30億2000万円)で、『ムンド・デポルティボ』は合理的な金額だという見解を示している。先日にはオドイに4500万ポンド(約61億円)のオファーを出すと報じられたバイエルンだが、新ウインガーは誰になるのだろうか。 2019.07.19 14:38 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルが白星スタート! 終盤投入エンケティア弾でバイエルン撃破《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のアーセナルvsバイエルンが18日にアメリカで行われ、2-1でアーセナルが勝利した。 昨シーズンのプレミアリーグでは5位、ヨーロッパ・リーグ(EL)では決勝戦で敗れてチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したアーセナルは、ウナイ・エメリ体制2年目を迎える。GKレノ、ナイルズ、パパスタソプーロス、ムスタフィ、モンレアル、ジャカ、ジョー・ウィロック、オーバメヤン、エジル、ムヒタリアン、ラカゼットを起用した。 一方、ブンデスリーガで7連覇、DFBポカールも制し、国内2冠を達成したバイエルンは、ニコ・コバチ体制2年目を迎える。GKにノイアー、ジョナス・ケール、ボアテング、ハビ・マルティネス、アラバ、トリソ、チアゴ・アルカンタラ、R・ヨハンソン、オントゥザン、ミュラー、アルプをピッチに送り出した。 試合はアーセナルが3分にいきなりチャンスを創り出す。ボックス右手前でボールを持ったオーバメヤンがボックス右に走り込んだエジルとのワンツーで中央に切れ込み、右足アウトサイドでシュート。しかし、これは枠を捉えることができない。 その後、アーセナルは自陣ボックス内での守備でバタつくシーンが見られたが、19分には中盤からジョー・ウィロックが左サイドに展開し、ムヒタリアンが頭でボックス左へ。走り込んだエジルがGKとDFの間にクロスを送るが、わずかにオーバメヤンと合わない。しかし、流動的なパスワークでバイエルンを崩しにかかる。 しかし、バイエルンも徐々に反撃態勢へ。32分、チアゴ・アルカンタラのパスを受けたアラバがボックス左外からゴール前に低い弾道のクロスを供給。これをミュラーが右足で合わせるも、GKレノにブロックされた。さらにバイエルンは34分にもボックス右で浮き球のパスを受けたオントゥザンがワントップから右足を力強く振り切るが、ここもGKレノの素早い反応に阻まれてしまう。 立て続けにピンチを迎えたアーセナルは、カウンターからチャンスを迎える。38分、相手の右CKをボックス付近で拾ったオーバメヤンが快速を飛ばして一気にボックス手前までドリブルで持ち込み、ボックス左にラストパスを送る。走り込んだエジルがワントラップから左足でシュートを放つも、これがGKノイアーの正面に飛んでしまい、先制点とはならない。 後半に入ると、バイエルンは終盤に相手選手との接触で足を痛めたオントゥザンに加えて、ミュラー、アラバ、J・ボアテング、ハビ・マルティネス、チアゴらに代えて、ニャブリ、コラシナツ、レヴァントフスキ、コマン、キミッヒら一気に10名を入れ替えた。今夏にシュツットガルトから加わったパヴァールもデビューを飾った。対してアーセナルは、GKレノとモンレアルに代えてGKメイシーとコラシナツを投入している。 後半開始早々、アーセナルがラッキーな形で先制点を奪う。49分、ボックス手前やや左からムヒタリアンがボックス右に浮き球のパスを供給。これをオーバメヤンが折り返すと、ブロックを試みたポズナンスキの足に当たってそのままゴールに吸い込まれた。 バイエルンは56分からGKウルライヒがGKノイアーに代わってプレー。対するアーセナルは64分にムヒタリアンとジョー・ウィロックに代えて、バートンと今夏にホッフェンハイムから加わったネルソンを投入した。 66分、バイエルンにチャンス。ゴレツカのロングフィードをコマンが敵陣左深い位置で収めて対峙した相手をかわし、ボックス左から右足で強烈なシュートを放つ。しかし、GKメイシーが微かに右手でボールに触り、ゴールのわずか上を通過した。 それでもバイエルンは71分、ボックス右外からニャブリがボックス中央へ絶妙なクロス。これをレヴァンドフスキが頭で合わせると、ボールはゴール右隅へ。GKメイシーは一歩も動けず、ゴールネットが揺れた。 その後、追いつかれたアーセナルは終盤、バイエルンに押し込まれる時間帯が続いたが、82分にムスタフィ、オーバメヤン、エジルらに代えてチャンバース、ジョン=ジュールズ、エンケティアを投入。すると88分、CKの流れからボックス左でセカンドボールを拾ったジョン=ジュールズがチャンバースとのワンツーで縦に突破してゴール前にラストパスを送り、最後はエンケティアが押し込んだ。 終盤に投入された3人でゴールを奪い、2-1と勝ち越したアーセナルがバイエルンを下した。 アーセナル 2-1 バイエルン 【アーセナル】 OG(後4) エンケティア(後43) 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(後26) 2019.07.18 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ロドリ逸のバイエルン、エスパニョールのロカと個人合意も…契約解除金に難色か

バイエルンがエスパニョールに所属するU-21スペイン代表MFマルク・ロカ(22)が獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏、中盤の補強として注目していたスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスの獲得に失敗したバイエルン。その後、代替案としてロカの獲得を目指していた中、すでに個人合意には達しているという。しかし、4000万ユーロ(約48億5000万円)に設定されている契約解除金がネックとなっており、バイエルン側は減額を要求しているようだ。 バルセロナのカンテラ出身であるロカは、長短遜色なき高精度のパスや、ボール奪取能力を兼備する守備的MFで、2016年にエスパニョールでプロデビュー。昨シーズンはリーガエスパニョーラ35試合に出場し、U-21欧州選手権2019のスペイン代表としてもプレーした。 2019.07.17 12:50 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース