バイエルンがドルトを5発粉砕! ブンデス通算100回目となった“デア・クラシカー”制して首位奪還!《ブンデスリーガ》2019.04.07 03:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第28節、バイエルンvsドルトムントの“デア・クラシカー”が6日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが5-0で圧勝した。

7連覇を目指す2位バイエルン(勝ち点61)と、首位に返り咲いたドルトムント(勝ち点63)の両雄が2ポイント差の中で対峙する今季のマイスターシャーレの行方を左右する大一番。

前節のフライブルク戦こそ痛恨の引き分けに終わって首位から陥落してしまったものの、後半戦に入って8勝1分け1敗と本来の圧倒的な強さを発揮しているバイエルン。3日前に戦ったDFBポカールでは10人での戦いを強いられ消耗する試合となったが、何とか打ち合いを制して準決勝進出を決めた。そのハイデンハイム戦からは先発5人を変更。守護神ノイアーを戻したほか、アラバ、コマン、ハビ・マルティネス、レヴァンドフスキを起用した。

一方、知将ファブレ監督の下、接戦を制する勝負強さを発揮して首位でデア・クラシカーを迎えたドルトムント。前節のヴォルフスブルク戦では試合終了間際にパコ・アルカセルが決めた2ゴールによって劇的な勝利を手にして敵地での大一番に弾みを付けた。だが、今回の一戦に向けては奥さんの出産に立ち会い前節欠場のロイス、負傷交代のディアロが復帰を果たした一方、アルカセル、アクラフ・ハキミ、ラファエウ・ゲレイロを負傷で欠くことに。このアクシデントを受けてダフードを3センターの一角に配し、ロイスを最前線に置いた[4-3-3]の布陣で臨んだ。

ブンデスリーガ創設後、通算100回目となった“デア・クラシカー”。試合は立ち上がりから決定機を作り合うオープンな展開に。まずは1分、バイエルンの左CKの場面でチアゴのインスウィングのクロスをニアのフンメルスが頭で合わすが、これは枠の右に外れる。一方、ドルトムントも6分にロイスの左サイドからの折り返しを中央に走り込んだダフードが抑えの利いたダイレクトシュートで合わすが、これは惜しくも右ポストの外側を叩いた。

オープンな攻防の中でより優勢に試合を運ぶバイエルンは10分、セットプレーからゴールをこじ開ける。立ち上がりと似たような左CKの形からチアゴのインスウィングのクロスをニアのフンメルスが頭で合わせ、ゴール右隅に突き刺した。

フンメルスの古巣恩返し弾で先手を奪ったバイエルンはもう1人の古巣対戦の男がこちらも恩返し弾を決める。17分、自陣でサンチョからバックパスを受けたDFザガドゥが右に展開しようとしたボールをレヴァンドフスキがカット。これをカバーしようとボックス外に飛び出したGKビュルキを冷静に浮き球でかわしたポーランド代表がジャンピングボレーでかつての古巣のゴールへ流し込んだ。なお、レヴァンドフスキにとってこのゴールは古巣相手の5戦連続ゴールになると共にブンデスリーガでの通算200点目となった。

セットプレーと相手のミスを抜け目なく突いて試合の流れを掴んだバイエルンは、その後も制空権を握るフンメルスやミュラー、レヴァンドフスキを起点としたセットプレーで相手ゴールに迫っていく。

すると41分、ザガドゥが不用意に与えたFKの場面でキッカーのチアゴとミュラーの阿吽の呼吸で意表を突いたリスタートを行うと、ミュラーのダイレクトボレーはGKビュルキに阻まれるが、この流れからレヴァンドフスキのシュートのこぼれ球をハビ・マルティネスがゴール前の密集を射抜く見事な右足のミドルシュートで決め切って3点目を奪取。さらに43分にはロングカウンターからコマンが相手陣内を持ち上がってボックス手前右のミュラーに繋ぐと、ミュラーの浮き球クロスに対してDF2枚の間に入ったニャブリが頭で合わせ、前半だけで試合を決定付ける4点目とした。

敵地で悪夢のような45分間を過ごしたドルトムントは失点に絡むミスを犯したザガドゥを下げて後半頭からヴァイグルをセンターバックとしてピッチに送り込む。ここから心機一転反撃に転じたいところだったが、ゲームコントロールを優先するホームチームを相手になかなか良い形でボールを奪えず、攻撃の形を作り出せない。

後半はバイエルンが無理をしない戦い方を選んだことでややこう着状態が続く。何とか流れを変えたいドルトムントは61分にダフードを下げてゲッツェ、69分にはピシュチェクを下げてヴォルフを投入。この交代でゲッツェ、ロイスを前線に並べる[4-4-2]にシステムを変更。

対するバイエルンは65分を過ぎてコマン、ハビ・マルティネス、ミュラーを下げてリベリ、ゴレツカ、レナト・サンチェスを続けてピッチに送り込んで試合を締めにかかる。やや重心を置いてクリーンシートを意識しつつ、レヴァンドフスキやニャブリがカウンターから決定機に迫っていくが、最後の場面でうまくいかない。

それでも、89分にはボックス右に抜け出したニャブリからのマイナスの折り返しをドフリーのレヴァンドフスキがワンタッチで流し込み、この日のゴールショーを締めくくった。そして、ブンデスリーガ創設後、通算100回目となった“デア・クラシカー”で文字通りドルトムントを粉砕したバイエルンが首位奪還に成功し、7連覇に向けて大きな勝ち点3を獲得した。
コメント
関連ニュース
thumb

J1首位FC東京、元蘭代表FWロッベンにオファーか

イタリア『カルチョメルカート』は21日、FC東京がバイエルンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の獲得に動いていると報じた。 今シーズンがバイエルンと契約最終年のロッベン。既にシーズン終了後の退団を表明しており、新天地に関して様々な憶測が飛び交っている。 そのロッベンを巡っては最近、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やイタリア行きの可能性が浮上しているが、FC東京も獲得オファーを打診した模様だ。 FC東京は今年で長谷川健太体制2年目。指揮官が志すファストブレイクを武器に、明治安田生命J1リーグ6勝2分け無敗で首位を走る首都クラブだ。 なお、ロッベンは今シーズンのここまで公式戦15試合に出場して5得点2アシスト。昨年11月末の試合を最後に負傷離脱が続き、復帰できていない。 FC東京にとって、実績十分の世界的スターであるロッベンが加われば、J1初制覇に向けて機運が高まるが、果たして…。 2019.04.22 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、”ロベリ”後釜にザネの獲得を検討か

バイエルンが、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 2016年にシャルケからシティに加入したザネ。今シーズンもここまで公式戦43試合で15ゴール18アシストと圧巻の数字を残しており、シティの強力攻撃ユニットの一角を担っている。 だが、2020年までの現行契約に関して延長交渉が難航しているザネに関しては今シーズン限りでのシティ退団の可能性が指摘されている。この状況を注視しているのがドイツ王者のようだ。 バイエルンでは、長年に渡って両翼を担ってきた元フランス代表MFフランク・リベリと、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの今シーズン限りでの退団が有力となっている。そして、その後釜としてザネに関心を寄せているという。 また、バイエルンのウリ・ヘーネス会長は「かつてないほど大きな投資プログラムになるだろう」と、今夏の移籍市場に向けて2億ユーロ(約251億円)の資金を準備していることを明言している。果たして、"ロベリ"の後釜としてザネの獲得に動くのか注目が集まる。 2019.04.21 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドイツ代表DFジューレ獲得に本腰か? 獲得に向けてバイエルンに照会

マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレ(23)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。ドイツ『Sport1』が伝えている。 オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で来シーズンの巻き返しを目指すユナイテッドは、今夏に大型補強に動く可能性が伝えられている。その中で優先度が高いのが、ようやくスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフが独り立ちもそれ以外に頼りになる選手が少ないセンターバックのポジションだ。 これまではトッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトやナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスらの名前が挙がっているが、この新戦力候補リストに新たに加わったのがジューレのようだ。 『Sport1』が伝えるところによれば、ユナイテッドは2017年にホッフェンハイムから加入して以降、卓越した身体能力と守備センス、リーダーシップを武器にバイエルンとドイツ代表で主力を担う万能型DF獲得に向けてバイエルン側に照会を行ったという。 バイエルンではセンターバックでもプレー可能なフランス代表のDFバンジャマン・パヴァール、DFリュカ・エルナンデスの2選手の加入が内定しているが、以前にクラブ側が今後ジューレを中心に最終ラインを構築すると宣言していたこともあり、ユナイテッドにとっては非常にタフなオペレーションになるはずだ。 2019.04.21 16:52 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンのトレーニングキャンプに参加してみないか? ジャパンセレクションのエントリー受付中!

ドイツの名門・バイエルンのトレーニングキャンプへの参加資格を得られる、「アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ –フットボール エディション(ジャパンセレクション)」が今年も開催。現在エントリー受付を行なっている。 この取り組みは、バイエルンのプラチナ・パートナーである「アリアンツ」がサッカー普及活動の一環として行なっているものだ。 この「アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ」は、2009年から10年に渡って、世界30カ国からエネルギー溢れる若いサッカー選手をミュンヘンに招待するプログラムとして開催。当キャンプの対象は14歳から16歳の男女となっており、それぞれ個人単位で参加するセレクションとなっている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2UQ65nV" target="_blank">応募詳細はこちら<br/>公式HP</a><hr></div> セレクション内容は、フットボールの技術を試す1対1による対戦だけでなく、書類選考や 面接による選考も実施。そして、日本をはじめとする世界各国からそれぞれ選考を勝ち抜いたセレクション優勝者は、世界有数のビッグクラブの一つでもあるバイエルンが、ドイツのミュンヘンで開催する無料のトレーニングキャンプへの参加資格が得られることとなる。また、ミュンヘンでのトレーニングキャンプでは、バイエルンのコーチ達から直々にトレーニングを受けたり、実際に現役選手との交流も可能だ。 「アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ – フットボール エディション(ジャパンセレクション)」は、昨年に引き続き2年目の開催。今年のセレクションは2019年6月16日(日)に東京での開催を予定している。 昨年はセレクションを通過した2名が、ドイツで異文化を体感しながら世界中の若きフットボーラー達との交流を図理、昨年よりキャンプでは“自己探求”という要素が追加され、参加者が自身のサッカースキルを向上させるだけではなく、それぞれの分野の優秀な人々との交流を通じて自信を蓄えることを奨励している。 この総合的なアプローチによって、参加者の運動神経の潜在能力を最大限に引き出せるた めのものとなっている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2UQ65nV" target="_blank">応募詳細はこちら<br/>公式HP</a><hr></div> 2019.04.21 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスの8連覇は欧州5大リーグでの新記録! その他のリーグ記録は?

セリエAで8連覇を達成したユベントスが、ヨーロッパ5大リーグでの新記録を樹立した。 ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。先制を許す展開となったものの、アレックス・サンドロ、そしてクリスティアーノ・ロナウドがオウンゴールを誘発し、2-1と逆転勝利を収めた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hoqwo943j9ns1h1e54ktbuhfd" async></script> </div> この勝利により、5試合を残してスクデット(セリエA優勝)を獲得したユベントス。これにより、通算35度目のセリエA優勝を達成するとともに、2011-12シーズンから続く連覇を「8」に伸ばした。 ヨーロッパ5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)でのリーグ連覇の記録は、リーグ・アンのリヨンが2001-02シーズンから2007-08シーズンまで記録した7連覇が最高だった。 リヨンは、ジャック・サンティニ(2001-02/1回)、ポール・ル・グエン(2002-2005/3回)、ジェラール・ウリエ(2005-07/2回)、アラン・ペラン(2007-2008/1回)と4人の監督の下で7連覇を達成。一方のユベントスは、アントニオ・コンテ(2011-14/3回)、マッシミリアーノ・アッレグリ(2014-19/5回)の2人で達成している。 なお、ブンデスリーガではバイエルンが今シーズン優勝すると7連覇を達成することに。リーガエスパニョーラの記録は、レアル・マドリーの5連覇、プレミアリーグはマンチェスター・ユナイテッドの3連覇が最高となっている。 ちなみに、欧州サッカー連盟(UEFA)の記録では、ジブラルタルのリンカーン(2003~16年)とラトビアのスコント(1991~2004年)の「14連覇」が最長記録となっている。 ◆セリエA ユベントス:8連覇 2011-2019(継続中) ◆リーグ・アン リヨン:7連覇 2001-2008 ◆ブンデスリーガ バイエルン:6連覇 2012-18(継続中) ◆リーガエスパニョーラ レアル・マドリー:5連覇 1960-65/1985-90 ◆プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド:3連覇 19998-2001/2006-2009 2019.04.21 10:25 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース