【東本貢司のFCUK!】新版・カンプノウの奇跡

2019.03.09 20:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
「パリSGは何も学んでいなかった」……どこかで読んだか聞いたかしたそんな文言に、ふと恐ろしく引っかかった。あらばあえて問うが、「ではどうすればよかったのか」、あるいは今後に「どう(その教訓を)生かせばいいのか」? いわんや、フットボールマッチに限らず、いやスポーツであろうと何であろうと、その手の“決まり文句"的な後付け評価はごまんと垂れ流されている。単なる言いぐさで(あるいは見様見真似で?)つぶやく、吐き捨ててしまう輩の口に戸は立てられない。が、曲がりなりにもそれを生業にしているはずの“業界筋"からは、できることなら聞きたくない“身もふたもない無責任な軽口"ではないか。おっと、ややこしい、およそ理屈っぽいケチのつけ方はもうやめておこう。つまりは、いわゆるあの「カンプノウの悲劇」のことだ。えーと、間違いないかな?

「学んでいないはずはない」からだ。もしくは、「圧倒的優位に立ち、ホームのファンを背負って、ベストチームもろくに組めないマン・ユナイテッドを相手取った」フランスの王者が、そんな精神的ハンディを胸にゲームに臨んだはずなどないからだ。まさか、監督トゥヘルがわざわざ「おいみんな、間違っても2年前のあの屈辱の再現はごめんだぞ」などと言い含めるはずなどないし、もしも仮にプレーヤーの誰かがつい“思い出して"しまったとしても、現実のゲームの最中にくよくよとマイナス思考にひたる“ゆとり"なんぞあるわけがない。違う。ピッチ上のパリのメンバーは、ファーストレッグをオールド・トラッフォードで勝ち取った「良き記憶こそに学んで」意気揚々だったはずなのだ。そこで筆者は今にして思う。その「意気揚々」が、一瞬のミスによる早い失点とすぐに取り返すというドタバタ展開によって、未知の「意気過剰」に変化してしまったのではないか、と。

平たく言えば、ルカクの先制点を何事もなかったように“忘れて"しまえば、それこそ普段通りのパリに戻れていればよかったのだ。ところがそうはならなかった。終始7割以上ボールを支配し続けていながらも、また「どこかから思いがけない一発」が飛んで来るのではないかと、びくびくし続けたそのあげく……! 誰あろう、名手ブッフォンが目測を誤ったように“とりこぼし"て、またしてもやらずもがなの失点。その前後から、観戦中の筆者の目には、パリのプレーヤーの身のこなし、ひいては心の襞のあちこちから「どこか硬い何か」が見え隠れするようになる。ムバッペはなぜかゴール前からあまり動かず、ファーストレッグの影の支配者だったマルキーニョスはそれこそ影が薄く、その他に至っては、えーと誰だっけ、という始末。むろんユナイテッド贔屓ゆえの、一種のけだるさのようなものだったが、これはもう“動く"こともないのかな、と悲観気味だったのだが。

問題のPKは、それがそう判定されるまでの“かったるさ"もあって、実際にゴールネットが揺れる直前まで“半信半疑"だったし、思えばユナイテッドの3ゴールのすべてが“むずがゆい"印象のまま今もふんわり漂っている。“いただきもの"という感触も薄いし、奪い取ったという確かな手ごたえも弱い。強いて言えば「昔ながらの貫禄の賜物」? そうか、これも“スールシャール・マジック"なのか。この試合に限らず、ゴールが決まるたびに副官キャリック、ファーギー時代の鬼軍曹ウィーラン、知恵袋のマッケナらと、まるでいたいけない女の子たちのように無邪気に肩を抱き合う、スールシャールならではの“チャーム・マジック"。そういえば、試合後、駆け付けたゲスト“出演"のファーガソン、およびカントナとの3ショットも、時空を超えた懐かしさを醸し出していた。

そう、これは「カンプノウの悲劇」じゃない。それをいうなら、もっと時をさかのぼった「カンプノウの奇跡」の方を引き合いに出すべきだ。“あのとき"も、スタンドには我が物顔にふるまうカントナのごつい笑顔があった。これでは、いくらトゥヘルやネイマールがなんのかんのと(PKに)ケチをつけてもとうてい太刀打ちできないよな。
【東本 貢司(ひがしもと こうじ)】 1953年大阪府生まれ 青春期をイングランド、バースのパブリックスクールで送る。作家、翻訳家、コメンテイター。勝ち負け度外視、ひたすらフットボール(と音楽とミステリー)への熱いハートにこだわる。
コメント