河北華夏の元ブラジル代表MFエルナネスが古巣サンパウロへ完全移籍!

2018.12.30 03:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンパウロは29日、河北華夏から元ブラジル代表MFエルナネス(33)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年12月31日までの3年契約となる。

▽2005年にサンパウロでプロキャリアをスタートしたエルナネスは、2010年にラツィオに完全移籍。以降、インテルとユベントスでプレーを続け、2017年2月からは河北華夏に活躍の場を移した。

▽河北華夏では、2017年シーズンの開幕戦から6試合連続フル出場したが、以降は招集メンバーから外れると同年7月にサンパウロへレンタル移籍。河北華夏に復帰した2018年シーズンは、リーグ戦13試合に出場し、3ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

バイエルン、デ・リフト獲得にパヴァール譲渡を提案も撃沈…最低110億円は必要か

ユベントスが、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得に向けたオファーを拒否したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今夏の移籍市場の注目株として連日メディアに取り上げられているデ・リフト。一時はチェルシー行きが近いと言われていたが、現状では追い上げを見せたバイエルンが個人間合意に達したという様相だ。 しかし、難関はやはりユベントス本体だ。『スカイ』によれば、6000万ユーロ以上の支払いを嫌うバイエルンは、フランス代表DFバンジャマン・パヴァールの譲渡を含めたオファーを提示したが、門前払いされた模様。 ユベントスは現金で9000万ユーロから1億ユーロの支払いを求めており、最低でも8000万ユーロのオファーでなければ交渉の席に着かない姿勢とのこと。そのため、札束バトルではチェルシーに分があるとの見方もあるが、果たして。 2022.07.06 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

セインツ、El準優勝に貢献した多才なナイジェリア代表MF獲得に接近

サウサンプトンが、レンジャーズのナイジェリア代表MFジョー・アリボ(25)の獲得に迫っているようだ。イギリス『ガーディアン』など、複数メディアが報じている。 ナイジェリアにルーツを持つロンドン生まれのアリボは、ステインズ・タウン、チャールトンでのプレーを経て、2019年にスコットランド屈指の名門へ加入。加入1年目から主力に定着すると、ここまで公式戦148試合に出場し、26ゴール25アシストを記録している。 本職はセントラルMFながらも、身体能力を生かした推進力、打開力、キープ力を買われて、ウイングやセンターフォワードでもプレーし、2020-21シーズンのスコティッシュ・プレミアシップ無敗優勝や、2021-22シーズンのヨーロッパリーグ準優勝に大きく貢献した。 報道によると、サウサンプトンはその多才なナイジェリア代表MFに強い関心を示しており、600万ポンド(約9億7000万円)+アドオンの総額1000万ポンド(約16億1000万円)の条件での獲得に迫っているようだ。 さらに、選手本人とは2026年までの4年契約で合意に至っている模様だ。 2022.07.06 18:52 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサで戦力外のピャニッチに古巣リヨンからオファー…ラカゼット&トリソに続くか

バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(32)にリヨン復帰の可能性が浮上している。 2020年夏にユベントスからバルセロナ入りしたが、本領を発揮といかず、不遇のときを過ごすピャニッチ。昨夏からベシクタシュにローン移籍したが、契約に付帯した買取オプションを行使されるに至らず、ひとまずのバルセロナ復帰が決まった。 バルセロナとまだ2024年まで契約が残るものの、構想外で変わらず、今夏も移籍が有力視。そうしたなか、マルセイユのほかにも、ローマ時代に師事したルディ・ガルシア監督のアル・ナスルが移籍先に浮上している。 しかしながら、ピャニッチが2008年夏から2011年夏までを過ごしたリヨンもバルセロナの内情に精通するスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏いわく、復帰のオファーを出しているという。 リヨンは今夏、FWアレクサンドル・ラカゼット、MFコランタン・トリソといったかつての主力を続々と連れ戻し。ピャニッチもその流れに乗り、かつて公式戦120試合でプレーした古巣に戻るのだろうか。 2022.07.06 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアムがシャフタールMFソロモンの獲得決定的に!

フルアムが、シャフタール・ドネツクのイスラエル代表MFマノー・ソロモン(22)の獲得を決定的なモノにした。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 フルアムは過去にアーセナルも関心を示した逸材獲得に向け、プレミアリーグ昇格が決定した段階からシャフタールと交渉を行ってきた。 しかし、先月に国際サッカー連盟(FIFA)がロシア・ウクライナに所属する外国籍選手・スタッフに対する、他クラブへの移籍特例措置延長を決定したことで、交渉が一時中断。 そういった中、一時は交渉破談も伝えられたが、フルアムとシャフタールは1年間のレンタル移籍という条件で合意。すでにクレイブン・コテージ行きに同意していたソロモンは、6日にロンドン入りしてメディカルチェックを受診する予定だ。 22歳にしてイスラエル代表で31キャップを刻むソロモンは、母国のマッカビ・ペタティクバから2019年1月にシャフタールへ加入。ここまでは公式戦106試合22ゴール9アシストを記録。2020-21シーズンのチャンピオンズリーグではレアル・マドリー相手にグループリーグ2試合でそれぞれ1ゴールずつ奪う活躍も披露していた。 左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションをカバーする170cmのアタッカーは、スピードと優れた足元の技術を生かしたドリブル突破が最大の特長。また、オフ・ザ・ボールにおける鋭い背後への飛び出しや、アタッキングサードでの遊び心のあるチャンスメークと攻撃面で違いを作れる逸材だ。 2022.07.06 17:59 Wed
twitterfacebook
thumb

レスターがフェイエの10番コクチュに再関心!

レスター・シティがフェイエノールトのトルコ代表MFオルクン・コクチュ(21)の獲得に動いているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 レスターは今夏の移籍市場でベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスの退団が既定路線と見られている。さらに、ここ最近ではフランス人MFブバカリ・スマレに、モナコへのレンタル移籍の可能性が報じられており、中盤の補強が急務となっている。 そういった中、再び獲得候補に挙がっているのが、過去にアーセナルやウェストハムも関心を示していたフェイエノールトの背番号10。 コクチュは今年1月にレスターからの関心が伝えられた際、オランダ『Voetball International』で「クラブが良い話をくれて、フェイエノールトがそこからお金を稼ぐことができれば、個人的にはその話に耳を傾ける可能性は想像できるよ」と、オファー次第で移籍に前向きな姿勢を示していた。 トルコ人の両親の下、オランダのハールレムで生まれ育ったコクチュは、フローニンヘンの下部組織から2014年にオランダ屈指の名門フェイエノールトのアカデミーへ加入。 攻撃的MF、セントラルMFを主戦場にテクニック、戦術眼、運動量、決定力を併せ持つ万能型MFはオランダのユース年代で最も才能に優れた逸材と評されてきた。 2018年9月に行われたKNVBベーカーでトップチームデビューと初ゴールを飾ると、ここまで公式戦129試合20ゴール22アシストを記録。直近の2021-22シーズンは公式戦51試合に出場し、9ゴール9アシストの数字を残し、エールディビジ3位フィニッシュと、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ準優勝に貢献していた。 2022.07.06 17:29 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly