C・ロナウドが移籍後CL初得点も、ユナイテッドが敵地で土壇場逆転劇!ユベントス今季初黒星《CL》2018.11.08 07:04 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ユベントスvsマンチェスター・ユナイテッドが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-1でユナイテッドが逆転勝利を収めた。▽ここまで3戦全勝のユベントス。第3節では最少得点での勝利となったものの、ユナイテッド相手にスコア以上の差を見せて見事に勝利を収めた。リーグ戦を見ても好調でここまで10勝1分け。公式戦全体で白星を並べている。引き分け以上でグループ突破が決まる今節、直近のリーグ戦のカリアリ戦からスタメンを4選手変更。ボヌッチやキエッリーニ、ディバラ、C・ロナウドらが先発に名を連ねた。

▽一方、グループステージではここまで1勝1分け1敗のユナイテッドは、前回のユベントス戦の敗戦からリーグ戦では2連勝と立ち直りを見せた。中でもマルシャルは絶好調で、自身キャリア初となるリーグ戦4試合連続ゴール中。リーグのボーンマス戦から先発が2名が変更となったがマルシャルは先発出場。その他、スモーリングやエレーラ、サンチェス、リンガードらが起用された。

▽ファーストシュートはユベントス。5分にディバラの浮き球のパスを収めたC・ロナウドがボックス右からシュートを放つがリンデロフの身体に当たりボールは外へ。

▽ユナイテッドも8分にピッチ中央でC・ロナウドからボールを奪い攻撃に転じる。相手の守備が整う前にマルシャルがボックスの外から狙っていったが、DFのブロックに遭う。

▽その後の主導権はユベントスが握る。ディバラやクアドラードが自由にポジションチェンジし相手の守備をかく乱。前半半ばには、左右に振った後、最後はボックス手前からピャニッチがシュートに持っていく。

▽一方のユナイテッドは前線の機動力を生かして攻撃を仕掛ける。すると30分過ぎにサンチェスがゴール正面でFKを獲得。自ら直接狙ったが壁に激突してしまう。その直後、ユベントスは相手のCKからカウンターに転じ、ケディラがシュートに持ち込むがGKデ・ヘアの正面に。

▽流動的な攻撃を見せるユベントスは34分、ボックス右のクアドラードのシュートがマティッチに当たってゴールに向かうが、守護神デ・ヘアがファインセーブ。さらにその後、C・ロナウドの右からの折り返しをボックス中央のケディラがダイレクトシュート。しかしこれは左ポストに嫌われてしまった。

▽守勢を強いられるユナイテッドは前半終盤にポグバが強引にシュートに持ち込むがノーチャンス。逆にその直後にC・ロナウドに危険な場面を作られたが、前半はなんとか無失点に抑えた。

▽ゴールレスで迎えた後半、まずは絶好調男マルシャルのボックス手前左からのシュートでユナイテッドが先制パンチ。直後にユベントスもボックス右端からディバラが強烈なシュートを放つとこれがクロスバーを直撃。互いにアグレッシブな入りを見せる。

▽後半に入ってユナイテッドも少しずつ盛り返してきたかに思われていたが、迎えた65分、この男がユベントスに得点をもたらす。ボヌッチからのロングボールにC・ロナウドが反応。リンデロフをスピードを振り切り、後方からのボールをダイレクトでインサイドステップで丁寧に合わせてネットを揺らした。

▽新エースのスーパーゴールで先制したユベントスは67分にはピャニッチが決定機を迎えるが、シュートはGKデ・ヘアがファインセーブ。さらに73分にもピャニッチがチャンスになるも、シュートを枠に飛ばすことはできなかった。

▽俄然勢いがついてきたユベントス。74分にはカウンターからクアドラードにビッグチャンス。C・ロナウドからの横パスをダイレクトで狙ったが大きくふかしてしまった。

▽その後、ユナイテッドは先に代えていたラッシュフォードに加えマタとフェライニを投入。するとこの交代が試合を動かす。

▽86分、ユナイテッドはボックス手前左よりの位置でFKを獲得。これをマタが直接決めて、土壇場で同点に追いついた。

▽だが、試合はこれで終わりではなかった。後半アディショナルタイムに突入する90分、敵陣左サイドでFKを獲得したユナイテッド。ヤングが右足でゴール前に放り込むと、これがゴール前の混戦でアレックス・サンドロのオウンゴールを誘いアウェイのユナイテッドが逆転に成功した。

▽劇的な幕切れとなった試合は、試合後にモウリーニョが軽く一悶着を起こすシーンもあったものの、見事な逆転劇を演じたユナイテッドがユベントスに今季の公式戦初黒星を与えた。

▽グループHのもう一試合、バレンシアvsヤング・ボーイズの一戦は、3-1でバレンシアが勝利した。

▽試合はサイドを主体に攻めるバレンシアが先制する。14分、味方とのコンビネーションから右サイドを突破したソレールがクロスを送ると、これが左ポストを弾いてゴール前へ。そのボールにいち早く反応したサンティ・ミナが押し込んで幸先の良いスタートを切った。

▽バレンシアは37分にエンサメにGKの股を抜かれ一時同点に追い付かれるも、その5分後に再び右サイドからソレールのクロスにサンティ・ミナが飛び込んで追加点。1点リードで後半へ向かった。

▽後半開始早々にバレンシアが3点目を記録する。56分、ゴールキックを繋いだバレンシアは、ロドリゴ・モレノのパスからソレールが右サイドを突破。ボックス右に侵入し、そのままゴールに流し込んだ。

▽その後はバレンシアが試合の主導権を握り相手の反撃を許すことなく試合終了。

▽この結果、グループHは勝ち点「9」でユベントスが首位、同「7」でユナイテッド、同「5」でバレンシアが続き、ヤング・ボーイズは勝ち点「1」で決勝トーナメント進出の可能性は潰えた。
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントス、リヨンから逸材MFを獲得!

ユベントスがリヨンからフランス人MFハムザ・ラフィア(20)を完全移籍で獲得した。リヨンが16日に同選手の移籍を認めた。 リヨンが伝えるところによれば、ラフィアはリヨンとプロ契約を締結した後に40万ユーロ(約4850万円)でユベントスに移籍することになる。さらに、リヨンは最大500万ユーロ(約6億円)のボーナスに加え、今後の移籍時に20パーセントのインセンティブを受け取る契約になっている。 チュニジア生まれのラフィアは、リヨンの下部組織で育った攻撃的MF。トップチームデビューこそ果たせなかったものの、相手の逆を突く巧みなドリブルと高精度の右足を生かしたパスセンスに優れたプレーメーカーとして高い評価を集めてきた。 昨シーズンはUEFAユースリーグで7試合に出場し3ゴール4アシストを記録。また、フランスのU-17、U-18チームでプレーした経験もある。 なお、ユベントスではセリエCに所属するU-23チームでプレーすることになる。 2019.07.17 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

コナミがユベントスと長期パートナーシップを独占契約! 9月発売のウイイレ2020には本拠地やレジェンド選手が搭載予定

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、イタリアの名門サッカークラブ「ユベントスFC」と長期パートナーシップを締結したことを発表した。このパートナーシップは独占契約となる。 「ビアンコネロ(イタリア語で白と黒の意味)」の愛称で親しまれるユベントスは、セリエAで通算35度の優勝を誇っており、2018-19シーズンは欧州5大リーグで史上初となる8連覇を達成している。 <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190717_17_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> また「eFootball ウイニングイレブン」シリーズのmyClubレジェンドであり、欧州年間最優秀選手にも輝いたパベル・ネドヴェドや、中盤で攻守を司ったパトリック・ヴィエラがかつて活躍していたクラブでもある。 <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190717_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 9月12日発売予定の家庭用ゲーム『eFootball ウイニングイレブン 2020(以下、ウイニングイレブン 2020)』では、ピッチからスタンドとの距離が非常に近く、臨場感のある試合を味わえるユベントスFCのホームスタジアム「アリアンツ・スタジアム」が細部に至るまで美麗に再現されるほか、高精度3Dスキャンで撮影された計17名の選手がリアルフェイスで搭載される。 <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190717_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> さらに、FKの名手で、精度の高いキックで攻撃のタクトを振るうプレーメイカー、ミラレム・ピャニッチがアンバサダーに就任。公開中のユベントスFCのトレーラーにもミラレム・ピャニッチをはじめ、クリスティアーノ・ロナウド、パウロ・ディバラ、レオナルド・ボヌッチ、フェデリコ・ベルナルデスキなどユベントスFCで活躍する選手が多数登場する。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/rlho7itOuzc" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.07.17 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

インシーニェが主張! サッリのユーベ就任は「裏切りだ」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)が、かつての恩師であるマウリツィオ・サッリ監督のユベントス就任について口を開いた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2015-16シーズンから2017-18シーズンまでナポリを指揮したサッリ監督は、チェルシーでの1年間の指揮を経て、イタリア復帰。しかし、そのクラブはナポリが覇権を争い、現在、8シーズン連続で頂点に立つ“絶対王者”ユベントスだった。 以前、サッリ監督のライバルクラブへの就任について、ナポリのブラジル代表MFアランは「特に何も思わないよ。彼の決断だ。僕らはそれを尊重しなければならない。僕らはナポリであり、今や彼は敵だ。僕らは彼を倒そうとするだけだよ」とコメントしていたが、インシーニェは「裏切り」だと見なしているようだ。 「何度も言うけど、僕らナポリの人間にとって、それは裏切りだ。今、僕らは自分自身に集中しなくてはならない。そして、彼(ユベントス)を倒さなくてはいけないね」 「スクデットは僕ら全員の夢なんだ。もう一度、チャレンジするよ」 2019.07.17 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、ついにユベントス移籍実現へ クラブが到着を発表

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス移籍が実現しようとしている。 今夏、ビッグクラブ注目の的となり、長らく争奪戦が繰り広げられてきたデ・リフト。先日には、ユベントスがアヤックスと移籍金7000万ユーロ(約84億9000万円)で合意に達し、近日中にメディカルチェックを受けることが伝えられていた。 そして、そのデ・リフトは16日、移籍を成立させるためトリノに到着。ユベントス公式サイトやツイッターで報告している。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。 これまでバルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプールといった錚々たるクラブが、19歳のデ・リフト獲得に乗り出していたが、ユベントス移籍でフィニッシュを迎えることになりそうだ。 2019.07.17 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスのラムジーが初お披露目!「ユベントスは世界最高のチームの一つ」

ユベントスに加入したウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)が15日、アリアンツ・スタジアムで入団記者会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 カーディフ・シティでプロデビューしたラムジーは、2008年の夏にアーセナルへ移籍。その後、在籍11シーズンで公式戦361試合に出場し62ゴール64アシストを記録するなど、3度のFAカップ制覇に加え、3度のFAコミュニティ・シールド獲得に貢献。今季もプレミアリーグ28試合に出場し4ゴール6アシストを記録した。 今季限りでアーセナルを退団したラムジーは、15日に入団会見を実施し、次のように話した。 「ここに来られて嬉しいし、みんなに感謝しているよ。ユベントスは世界最高のチームの一つ。なるべく早く準備を整えるために、他の選手と一緒にハードワークしているよ」 「最初にユベントスからの興味を聞いた時は、ここに来るのは夢のようだし大きなチャレンジだと思った。このチャンスを逃すことはできなかったんだ。僕にぴったりのクラブだし、歴史の一部になれることを願っている」 「チーム、選手たち、監督のみんなから温かい歓迎を受けた。サッリ監督とはもう何回か話したけど、話しやすい人だね。今季の大きな目標を達成するために彼とチームの助けになるのが待ちきれないよ」 2019.07.16 03:45 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース