レーティング:バルセロナ 2-0 インテル《CL》

2018.10.25 06:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節、バルセロナvsインテルが24日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 6.0
ポリターノの際どいクロスを弾き出すなど安定したセービング。ただ、繋ぎの部分で少し危ない場面も散見

DF
20 セルジ・ロベルト 6.5
ペリシッチへの対応を意識しながら内と外の攻め上がりで攻撃に厚みを加えた

3 ピケ 6.0
良い意味で目立たず攻守に堅実な仕事を見せた

15 ラングレ 6.5
ハンダノビッチに2度の決定機を阻まれたが、守備では安定した仕事ぶり

18 ジョルディ・アルバ 7.0
相棒メッシ不在も抜群の飛び出しから攻撃の起点に。貴重な追加点に加え、守備でも危険察知能力を発揮

MF
4 ラキティッチ 7.0
絶妙なスルーパスで2点目をアシスト。ブスケッツとアルトゥールと共に中盤を制圧

5 ブスケッツ 7.0
相手の徹底マークを完全に無効化する圧巻の捌きでチームを優位に立たせた

8 アルトゥール 6.5
ポスト・チャビの評価に違わぬ抜群のキープ力と判断力、技術で相手を完全にいなした

(→ビダル 5.5)
アルトゥールとは異なるダイナミックなプレーで見せ場を作った

FW
12 ラフィーニャ 7.0
メッシの代役という重責を担い古巣相手に恩返し弾を記録。それ以外にも積極的なプレーが光った

(→N・セメド 5.5)
与えられた守備的な役目を完遂

9 スアレス 7.0
万能型ストライカーということを改めて知らしめる超絶クロスで先制点をアシスト。エース不在のチームを前線から攻守にけん引

7 コウチーニョ 6.5
ラフィーニャと同様に古巣相手に躍動。ボールを引き出す動きが秀逸でアルトゥールやラフィーニャとのコンビネーションも良好

(→ムニル -)

監督
バルベルデ 6.5
ラフィーニャ抜擢が完璧にハマってスコア以上の完勝。エース不在の不安を払しょくしていざクラシコへ

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 6.5
失点はいずれもノーチャンス。再三のビッグセーブがなければ、後半序盤に決着がついていたはず

DF
33 ダンブロージオ 5.0
守備では大きな穴を作らなかったが、アルバに押し込まれてほとんど攻撃に出られず

37 シュクリニアル 5.5
ミランダと密に連携を取りながらスアレスに何とか対応。要所で攻撃的な守備も仕掛けた

23 ミランダ 5.5
押し込まれる状況が続いた中、冷静にラインをコントロール

18 アサモア 5.5
攻守に最低限の仕事はこなしたが、なかなかオーバーラップのタイミングを掴めなかった

MF
87 カンドレーバ 5.0
アルバの対応に奔走。守備をこなすことが精いっぱいで攻撃への関与は皆無

(→ポリターノ 5.0)
投入直後に見せ場も以降はトーンダウン

8 ヴェシーノ 5.5
プレスがハマり切らない中でも献身的にプレスと球際の守備を続けた

20 ボルハ・バレロ 4.5
同胞ブスケッツに張り付くも守備の強度が足りず。攻撃でもリンクマンの役割を果たせず

(→L・マルティネス 5.0)
可能性の低いシュートにとどまり、攻撃を活性化できなかった

77 ブロゾビッチ 5.0
ヴェシーノ同様に攻守にハードワークをこなしたが、質が付いてこなかった

44 ペリシッチ 5.0
前半こそ鋭い仕掛けで見せ場は作ったが、全体的に存在感が希薄だった

(→ケイタ 5.0)
チームを助けるような無理の利くプレーは皆無

FW
9 イカルディ 4.5
古巣初対戦も前線で孤立する場面が目立ち決定的な仕事はできず

監督
スパレッティ 5.0
ハーフタイムの修正で流れを引き寄せかけたが、エース不在の相手に完敗…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ブスケッツ(バルセロナ)
▽メッシの代役を担ったラフィーニャやスアレス、抜群の働きを見せた両インテリオールの活躍も見事だったが、徹底マークに遭った中で抜群の技術と判断力でチーム全体をスムーズに動かした天才ピボーテをMOMに選出。

バルセロナ 2-0 インテル
【バルセロナ】
ラフィーニャ(前32)
ジョルディ・アルバ(後38)
コメント