VARに苦しんだインテル、3度目の正直で難所ルイジ・フェラリスを後半ATに攻略《セリエA》

2018.09.23 05:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは22日、セリエA第5節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。

▽前節パルマ戦を痛恨の黒星で早くも今季2敗目を喫したインテルは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦ではイカルディのファインゴール含む終盤の2発で逆転勝利し、悪い流れを断ち切った。この勢いを持続したい中、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ペリシッチとデ・フライに代えてカンドレーバと負傷明けのダンブロージオを起用した。

▽今季ナポリが0-3で沈んでいる難所ルイジ・フェラリスでの一戦。[4-2-3-1]を採用したインテルは中盤の2列目に右からポリターノ、ナインゴラン、カンドレーバと並べた。開始直後、クアリアレッラのバイシクルシュートでゴールを脅かされたインテルは、サンプドリアの圧力を受ける入りを強いられると、11分にもリネティのミドルシュートでゴールに迫られた。

▽その後も攻撃を牽引するクアリアレッラがオンターゲットのシュートを記録していく中、劣勢のインテルは17分にナインゴランがミドルシュートでチーム初の枠内シュートを記録。

▽前半半ば以降もサンプドリアの攻勢が続いた中、インテルは34分にヴェシーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、43分に先制しかけた。FKの流れからルーズボールをペナルティアーク右のナインゴランがボレー。これがゴール左隅を捉えた。しかし、VARの末にオフサイドを取られ、ノーゴールとなってしまった。

▽ゴールレスで迎えた後半、開始5分にインテルがゴールに迫る。右サイドにポジションを変えたカンドレーバがボックス右から左足で放ったシュートが左ポストを直撃した。

▽インテルが圧力をかける中、56分にはカンドレーバの右クロスにニアのイカルディがヘッド。しかし、枠の右に外れた。劣勢のサンプドリアがプラートとリネティに代えてヤンクトとバレットを投入してきたのに対し、インテルはポリターノに代えてペリシッチを投入した。

▽すると69分にはカンドレーバの強烈なボレーシュートがGKアウデーロを強襲。さらにケイタを投入すると、72分にはペリシッチの左クロスをイカルディがヘッド。しかし、わずかに枠の左に外れてしまった。

▽攻勢を強めるインテルは、クアリアレッラのコントロールシュートで牽制されると、終盤にかけては攻めあぐねる状況が続いた。そこで最後のカードを切り、ナインゴランに代えてボルハ・バレロを投入。83分にはCKの流れからシュクニアルがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。

▽それでも82分、ボックス右ゴールライン際から折り返したクロスをアサモアが強烈なシュートでネットを揺らす。ついに先制かに思われたが、VARの末に再びノーゴールとなってしまった。89分にはスルーパスに抜け出したデフレルにネットを揺らされたがオフサイドに救われたインテルは、追加タイム4分に劇的弾を挙げる。FKの流れからルーズボールをボックス右で拾ったブロゾビッチが胸トラップからボレーシュートを叩き込んだ。

▽これが決勝点となってインテルが劇的勝利。VARに苦しみながらもリーグ戦今季2勝目を挙げている。

関連ニュース
thumb

レーティング:インテル 1-2 ローマ《セリエA》

セリエA第8節、インテルvsローマが1日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのローマが1-2で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221002_01_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 5.0 1失点目はボールに触っていただけに何とかしたかった。決してミスではないが、加齢によるパフォーマンス低下という見方も… DF 37 シュクリニアル 5.0 相手のボールの精度は高かったが、マッチアップのスモーリングにフリーで決勝点を叩き込まれる。去就問題の余波か攻守両面で本来の出来ではなかった 15 アチェルビ 6.0 元ラツィオの選手として気迫のこもったパフォーマンス。個人としてはソリッドな守備対応に安定した配球とまずまずのパフォーマンスだった 95 バストーニ 5.5 攻撃面では本来の迫力は出せなかったが、守備では相手のカウンターに対して集中した対応を見せた (→ゴセンス -) MF 2 ダンフリース 5.0 前半序盤はスピナッツォーラに対して優位性を示したが、コンディションの問題もあってか徐々にトーンダウン。押し込んだ際にはアイデア、精度を欠く (→ベッラノーバ -) 23 バレッラ 6.0 先制点をアシスト。テクニカルな中盤相棒2枚とのバランスを意識しながら積極的にボールを引き出してボールの循環の起点に。守備でも球際でよく戦った 14 アスラニ 6.0 ブロゾビッチの代役として加入後初スタメン。序盤こそ硬さが見受けられたが、時間の経過と共に持ち味のテクニック、パスセンスを発揮し、惜しいミドルシュートも放った (→ムヒタリアン 5.5) 古巣初対戦。中盤で繋ぎ役を担ったが、なかなか怖さを出せず 20 チャルハノール 6.0 1失点目に関与する形となったが、先制点の起点や中盤の相棒との好連携で安定したポゼッションに寄与。クロスバー直撃の惜しい直接FKもあった (→ホアキン・コレア 5.0) ボックス内でのシュートミスなど、期待された決定的な仕事はできず。効果的な活躍はできなかった 32 ディマルコ 6.5 見事な動き出しから先制点を奪取。以降も果敢なボックス内への侵入から際どいダイレクトクロスを入れるなど、攻守両面で相手の脅威となった (→カルボーニ -) FW 9 ジェコ 5.5 幻の先制点を含め古巣相手に要所で強さと巧さを披露。ただ、決定的な仕事はできなかった 10 ラウタロ・マルティネス 5.5 巧みな駆け引きと身体のキレで相手守備陣を苦しめたが、最も求められたフィニッシュの仕事はなかなかできなかった 監督 インザーギ 5.0 相手の狙っていた形からの2失点で今季初のリーグ連敗。交代策も機能していたとは言い難い ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221002_01_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ルイ・パトリシオ 5.0 1失点目は崩された形だったものの、何とかはじき出したかった。それ以外に難しい枠内シュートはなかった中、ハイボール処理は安定していた DF 23 マンチーニ 6.0 今季初のカードをもらったが、最後まで安定した守備で相手の強力攻撃陣に対応。アグレッシブな守備で得たFKが決勝点に 6 スモーリング 7.0 元同僚ジェコら相手攻撃陣に粘り強く対応し、見事なヘディングシュートで決勝点を記録 3 イバニェス 6.0 軽率なファウルも見受けられたが、機動力と決断力のある守備で奮闘。繋ぎの局面でもそつなし MF 19 チェリク 6.0 失点場面では絞り切れなかったが、それ以外は堅実な守備で勝利に貢献。攻撃参加の回数は少なかったが、エイブラハムの決定機を演出するなど精度は高かった 4 クリスタンテ 6.0 マティッチと共に身体を張った守備でフィルター役を完遂。代表戦の披露もあってやや難しい時間帯もあったが、攻守両面で水準以上の働きぶり 8 マティッチ 6.5 失点場面こそバレッラに出し抜かれたが、それ以外は攻守にハイパフォーマンスを披露。とりわけ、リード後の試合終盤の要所を締める対応の数々はさすがの一言 37 スピナッツォーラ 6.5 見事なボール奪取からの正確なクロスで同点ゴールをアシスト。後半は守備面での仕事が多かったが、粘りの対応で穴をあけず FW 21 ディバラ 6.5 今夏加入の噂があった相手に鮮烈な同点ゴール。要所で巧さを見せたが、後半序盤に予防措置もあってか負傷交代… (→エイブラハム 5.5) やや試合に入り切れていなかったが、2トップとなった終盤は決定機に顔を出すなど盛り返した 7 ペッレグリーニ 6.5 見事なキック精度で決勝点をアシスト。最前線起用となった中で守備ではアスラニを消しつつ、攻撃ではタメや創造性を見せた (→マディ・カマラ -) 22 ザニオーロ 5.5 古巣対戦で気迫を見せた。カウンター狙いの中でボールの運び役として奮闘したが、なかなか良い形でフィニッシュに顔を出せなかった (→ベロッティ -) 監督代行 サルバトーレ・フォーティ 6.5 ベンチ入り禁止のモウリーニョ監督に代わって指揮を執った試合で3戦全勝。正指揮官と連絡を取り合いながら的確な采配で天敵撃破に導いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スモーリング(ローマ) 今季も開幕からディフェンスラインに安定感をもたらすディフェンスリーダーが、クレモネーゼ戦に続く決勝点を記録。終盤のパワープレーに対しても頼もしい対応を続けて文句なしのMOMに。 インテル 1-2 ローマ 【インテル】 ディマルコ(前30) 【ローマ】 ディバラ(前39) スモーリング(後30) 2022.10.02 03:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラ&スモーリング弾で逆転のローマが天敵に12戦ぶり白星! ホームで惜敗インテルは今季初のリーグ連敗に…《セリエA》

セリエA第8節、インテルvsローマが1日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのローマが1-2で逆転勝利した。 スクデット奪還を目指すインテルだが、インターナショナルマッチウィーク前に行われたウディネーゼ戦に敗れて早くも今季3敗目。ここまで7位と苦しい序盤戦を過ごす。週明けからバルセロナとの重要なチャンピオンズリーグ(CL)連戦を控える中、元指揮官モウリーニョ率いる難敵とのビッグマッチで2戦ぶりの白星を目指した。インザーギ監督はこの試合に向け先発3人を変更。サスペンションのブロゾビッチに代えてアスラニ、ムヒタリアンとダルミアンに代えてチャルハノール、ディマルコを起用した。 一方、アタランタを圧倒しながらもホームで0-1の敗戦を喫し、今季2敗目を喫した6位のローマ。こちらは週明けからベティスとの重要なヨーロッパリーグ(EL)連戦を控える中、近年苦手とするネッラズーロ相手に久々の白星を狙った。アタランタ戦での退席処分によってベンチ入り禁止のポルトガル人指揮官は、エイブラハムをベンチに置きディバラを起用した以外、同じメンバーを採用した。 前線の構成は異なるものの、ほぼミラーゲームの形でスタートした注目のビッグマッチは、ホームチームがボールを握ってアウェイチームがカウンターで応戦する構図での戦いが続く。開始11分にはインテルがボックス内での混戦からDFイバニェスとうまく入れ替わったジェコが巧みな反転シュートでいきなり古巣のゴールネットを揺らすが、ここはVARのレビューの末にオフサイドで取り消しとなった。 立ち上がりの先制点とはならなかったが、以降もボールを握って攻め手を窺うインテルは後ろ重心のローマの堅守攻略に手を焼くものの、セットプレーやミドルレンジのシュートで揺さぶりをかけ続ける。 すると、前半半ば過ぎの30分には後方からのビルドアップを起点にアスラニ、チャルハノール、バレッラの中盤3人でうまくボールを動かしてバレッラがぽっかりと空いたバイタルエリアに侵入。左ウイングバックから斜めのランニングでゴール前を狙うディマルコに正確なラストパスが通ると、イタリア代表DFは利き足とは逆の右足のダイレクトシュート。ボールの勢いとコースを考えれば、GKパトリシオの守備範囲だったが、はじき出すことができずにゴール左下隅へ決まった。 相手の鮮やかな崩しに屈して2度目のピンチで失点を喫したローマはここから反撃に転じていく。前半ここまではペッレグリーニをゼロトップ気味に配置する流動的なトリデンテがいまひとつ機能せず、ザニオーロの個での持ち上がり以外に攻め手がない状況だったが、得意のカウンターでワンチャンスを生かし切った。 39分、チャルハノールからバレッラへのサイドチェンジを狙っていたスピナッツォーラが相手陣内左サイドでボールを奪取。そのままボックス付近まで運んで中央の味方をオトリにファーサイドで浮いたディバラへ左足の正確なクロスを供給。これをディバラが圧巻の左足ダイレクトボレーで合わすと、GKハンダノビッチの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。 インテルペースもディバラの圧巻のゴールによって1-1のイーブンで折り返した試合。後半も拮抗した展開が続くが、前半に比べてローマがボールを握って相手陣内で押し込む状況も作り出す。だが、59分には予てよりコンディションに問題を抱えていたディバラがプレー続行不可能となり、エイブラハムがスクランブル投入された。 時間の経過と共にインテルが主導権を奪い返して押し込む時間帯を作り出すと、ボックス手前の好位置で続けてFKを獲得。63分にはボックス手前左の位置で得たFKを名手チャルハノールが右足で狙うが、ファーポストへ向かったボールは惜しくもクロスバーの上部を掠める。さらに、66分には波状攻撃から空いたバイタルエリアで右からの横パスに反応したアスラニが狙いすましたミドルシュートを放つが、これもわずかに枠の右へ外れた。 後半序盤以降は守勢が続くローマだが、粘り強くピンチを凌ぐと、今度はカウンターと共にもうひとつの武器とするセットプレーがゴールをもたらす。75分、相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのペッレグリーニがゴール前のスペースへ正確なボールを落とすと、マークを振り切ってフリーのスモーリングが完璧なヘディングシュートを右隅へ叩き込み、試合を引っくり返した。 相手の得意とする形から2失点を喫して逆境に立たされたホームチームはここからベンチが一気に動く。失点直後にチャルハノール、アスラニを下げて古巣初対戦のムヒタリアン、ホアキン・コレアを同時投入。さらに、81分にはバストーニとダンフリースを下げてベッラノーバ、ゴセンスの両ウイングバックをピッチに送り込み、ディマルコを3バックの左に配置する。 その後、互いに交代機会を使い切って試合は最終盤に突入。一連の交代ではベロッティやマディ・カマラの投入でうまく前線でキープしながら時計を進めるローマに対して、インテルはホアキン・コレアやムヒタリアンがうまく攻撃に絡めず。試合終了間際のパワプレーではゴセンスが決定的なヘディングでの折り返しを入れるが、これはスモーリングにはじき出されて万事休す。 この結果、敵地で鮮やかな逆転勝利を飾ったローマが2017年2月以来、公式戦12戦ぶりとなるインテル相手の勝利を飾った。一方、ホームで競り負けたインテルは今季初のリーグ連敗となり、バルセロナとのCL連戦を前にインザーギ監督の去就が騒がしくなっている。 2022.10.02 03:13 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第8節プレビュー】スタートダッシュに失敗したインテルvsローマ開催

代表ウィーク前の前節、ミランvsナポリのビッグマッチが行われ、ナポリ守護神メレトの活躍でナポリが2-1で競り勝った。一方でインテルが4連勝中だった絶好調ウディネーゼに屈して早くも3敗目を喫し、不振のユベントスがセリエA初昇格のモンツァに金星を献上している。迎える第8節、スタートダッシュに失敗したインテルvsローマのビッグマッチが土曜に開催される。 7位インテル(勝ち点12)は前節、ウディネーゼ相手に先制する展開とするも、絶好調の相手に押し込まれ続けて終盤の2失点により敗れてしまった。早くも3敗目を喫した中、ローマ戦も長期離脱中のFWルカクは欠場確定。代表戦で負傷し、出場停止のMFブロゾビッチも欠く中、不安要素が多いが復調のキッカケを掴んでチャンピオンズリーグのバルセロナ戦に向かえるか。 一方、6位ローマ(勝ち点13)は前節、強敵アタランタに惜敗。堅守を見せてきた相手に対してシャットアウト負けを喫してしまった。こちらも波に乗り切れないシーズンインとなったが、インテル戦をキッカケとできるか。 敵地でのミラン戦を制し、首位をキープしたナポリ(勝ち点17)は、9位トリノ(勝ち点10)とのホーム戦に臨む。守勢だった中、1失点に抑えたGKメレトの活躍も特筆だったが、PK獲得で流れを呼び込んだMFクワラツヘリアも流石のパフォーマンスを継続中。引き続きジョージアが生んだ至宝のプレーに注目だ。公式戦6連勝としてCLアヤックス戦に臨みたい。 そのナポリに屈した5位ミラン(勝ち点14)は、14位エンポリ(勝ち点7)とのアウェイ戦を戦う。ナポリ戦では内容的には悪くなかったものの、接戦を落としてしまった。代表戦で負傷した守護神メニャン、攻撃を牽引するDFテオ・エルナンデス不在は痛いが、出場停止明けのFWレオンの爆発に期待したい。 低調なパフォーマンスが続く8位ユベントス(勝ち点10)は16位ボローニャ(勝ち点6)とのホーム戦を戦う。モンツァ戦では終始劣勢を強いられる赤っ恥の醜態を晒した中、FWディ・マリアが追い打ちをかけるように退場。数的不利となり、0-1で押し切られた。代表ウィーク中のアッレグリ監督の解任があるかに思われたが、アニェッリ会長は続投を決断。この判断が吉と出るか、ボローニャ戦が試金石となる。 ◆セリエA第8節 ▽10/1(土) 《22:00》 ナポリvsトリノ 《25:00》 インテルvsローマ 《27:45》 エンポリvsミラン ▽10/2(日) 《19:30》 ラツィオvsスペツィア 《22:00》 レッチェvsクレモネーゼ サンプドリアvsモンツァ サッスオーロvsサレルニターナ 《25:00》 アタランタvsフィオレンティーナ 《27:45》 ユベントスvsボローニャ ▽10/3(月) 《27:45》 ヴェローナvsウディネーゼ 2022.10.01 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ルカクの復帰が遅れる、ローマ戦欠場へ

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクの復帰が遅れるようだ。インテルを率いるシモーネ・インザーギ監督が明かしている。 ルカクは8月末のトレーニング中に左太ももを痛め、戦線を離脱。公式戦6試合を欠場した中、代表ウィーク明けのセリエA第8節ローマ戦での復帰が見込まれていたが、復帰までもうしばらく時間がかかるようだ。 ローマ戦前日会見に臨んだS・インザーギ監督はルカクの状態について以下のように述べた。 「少し復帰が遅れている。戦列を離れてから1カ月が経ったが、もう少し時間が必要だ」 インテルは今季のセリエAで早くも3敗目を喫しており、エースFWの早期復帰が待たれるところだ。 2022.09.30 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ラニエリ氏がインテル指揮官時代を回想「チアゴ・モッタの退団が大ダメージ」

老将クラウディオ・ラニエリ氏がインテル指揮官時代を振り返った。 指揮官としてイタリア国内外を渡り歩いたラニエリ氏。2015-16シーズンにレスター・シティをプレミアリーグ優勝へと導き、64歳にして自身初のリーグタイトルを獲得したが、それ以前は目ぼしい成績を残せていなかった。 インテルには2011年9月に就任。同年10月から翌年1月にかけてはセリエAで7連勝するなど好調だったものの、その後急失速し、3月のユベントス戦で黒星を喫した直後に解任された。 ラニエリ氏はイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューでインテル時代を振り返り、主力選手として重宝していたMFチアゴ・モッタ(現ボローニャ指揮官)の退団が痛手だったと口にした。 「チアゴ・モッタがインテルでの私のキャリアを台無しにしたんだよ。彼は1月にパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を希望し始め、私はシーズン終了後であれば構わないと同意した」 「だが、彼はそれでも幹部らにPSG行きを懇願した。彼はフィールドにおいて、時計の針のごとく正確なプレーをする選手。(退団で)メカニズム全体が大きなダメージを受けた」 ラニエリ氏の回想通り、チアゴ・モッタ氏は2012年1月にPSGヘ移籍。当時のインテルは暗黒時代に足を踏み入れた時期で、中盤でタクトを振るっていたイタリア代表MFの退団が大きな痛手に。10年という時を経ても、当時のやるせない感情が忘れられないようだ。 2022.09.30 19:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly