バルセロナ、メッシのハット&デンベレ弾でオランダ王者PSVに4発快勝! 《CL》2018.09.19 03:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎え、4-0で勝利した。▽リーガエスパニョーラ王者のバルセロナが、エールディビジ王者のPSVをホームに迎えた一戦。

▽バルセロナは、2-1で勝利した先週末のリーガ第4節レアル・ソシエダ戦からスタメンを2名変更。N・セメド、ラフィーニャに代えて、コウチーニョ、ブスケッツを起用した。また、PSVは7-0で大勝したエールディビジ第5節デンハーグ戦からスタメンを変更せず。イルビング・ロサーノら攻撃的な面子を並べ、ファン・ボメル新監督のCL初陣に臨んだ。

▽試合は、序盤からバルセロナがボールを支配しつつ進行。PSVは中盤をコンパクトに保ち連動してプレスをかけていくが、なかなか奪うことができない。7分、バルセロナ陣内で得たFKの流れからボックス手前中央にボールがこぼれ、反応したG・ペレイロが左足を振り抜きこの試合のファーストシュートを放ったが、枠を捉えず。

▽優位を保ちつつも低めのディフェンスラインを設定するPSVの守備に苦しむバルセロナは、デンベレの飛び出しをシンプル使う形やメッシ、コウチーニョらのコンビネーションで崩す形を織り交ぜつつ打開を図るが、決定的なシーンを作るには至らない。11分には、スアレスの左サイドからのクロスに飛び込んだコウチーニョがヘディングシュートを放ったが、枠を外れていく。

▽逆に14分にはPSVのカウンターが発動し、ベルグヴィンのシュートが右ポストを掠めれば、17分にはボックス中央のルーク・デ・ヨングがクロスを収めてシュートを放つなど、度々バルセロナゴールが脅かされるシーンが訪れる。

▽23分、PSV陣内中央でボールを持ったメッシが左サイドに展開し、左サイドのコウチーニョがクロスを供給。しかし、これに合わせたセルジ・ロベルトのヘディングシュートはGKズートにキャッチされ均衡を破ることはできず。ギアを上げたいバルセロナは鋭い縦パスからのリズムアップを幾度か試みるが、警戒するPSVにカットされカウンターを受ける場面が目立ち始める。

▽それでも31分、一歩間違えば危うい展開となりかねない時間帯にスコアを動かしたのはやはりあの男。デンベレがボックス手前中央で絶好の位置でFKを獲得すると、キッカーのメッシが左足を一振り。ゴール右上隅を正確に射抜きリードを奪った。

▽その後、バルセロナはあまりリスクをかけずに前半を進行。ジョルディ・アルバやラキティッチがやや遠めの位置からミドルシュートを放ちPSVをけん制しつつ、1-0のスコアで前半を終えた。

▽後半に入ると、勝利を確実なものとしたいバルセロナがさらに攻勢を強めていく。58分、ボックス左でボールを持ったコウチーニョが細かいドリブルでタイミングをずらして右足でシュート。しかし、得意の角度からゴール右上隅を捉えたシュートはGKズートの好守に阻まれた。

▽62分、1点を追うPSVも黙ってはいない。ボックス左のベルグヴィンが中央マイナス方向への折り返しを選択。すると、走り込んだアンジェリーノが左足で鋭いシュートを放ちバルセロナゴールを襲う。GKテア・シュテーゲンにセーブされたものの、惜しいシーンを生み出した。

▽PSVが健闘を見せたのも束の間、75分にバルセロナが突き放す。PSV陣内中央付近左でボールを持ったデンベレがドリブルでボックス手前中央まで持ち込み、右足を一閃。チームの2点目を記録した。

▽さらに77分、スアレスの仕掛けからボックス手前中央にボールがこぼれると、ラキティッチがダイレクトでディフェンスライン裏に浮き球のパスを送る。抜け出したメッシが左足で難なく沈め、リードを3点に広げた。

▽勢いに乗るバルセロナだが、81分にアクシデントが発生。ユムティティがロサーノを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場に。10人となったバルセロナは直後にコウチーニョに変えてラングレを起用し、逃げ切りを図った。

▽PSVがやや前がかりになった試合終了間際の88分、スアレスとの好連係からボックス右に侵攻したメッシが右足でGKズートとの一対一を制したところで試合が終了。メッシはハットトリックを記録し、CL開幕節を彩った。

▽勝利したバルセロナは10月3日のグループB第2節でトッテナムとのアウェイ戦に臨み、敗北したPSVはインテルをホームに迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、新守護神としてGKシレッセンを43億円で獲得!

バレンシアは26日、バルセロナからオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は3500万ユーロ(約43億円)。契約期間は2023年6月30日までとなり、契約解除金は8000万ユーロ(約98億円)に設定されている。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンで公式戦31試合の出場にとどまっていた。 バレンシアへの移籍の決まったシレッセンは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「バレンシアは素晴らしい歴史のある特別なクラブだ。僕にとってこの決断をすることは簡単なことだった。僕はスタートから出てチームを勝利に導きたい。今日は僕にとって特別な日となったね」 また、移籍するシレッセンに向けてバルセロナは公式サイトで以下のような声明を発表している。 「バルセロナはイェスパー・シレッセンに対し、その責任感と献身的な姿勢に感謝の意思を示すとともに今後の幸運と成功を祈っている」 2019.06.27 05:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、"ロベリ"後釜にデンベレをリストアップか

バイエルンが、バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『sportbild』が伝えている。 今シーズン限りでの元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の退団が決まっているバイエルン。その"ロベリ"の後釜としてマンチェスター・シティのドイツ代表FWレロイ・ザネ(23)の獲得を目指している。 しかし、バイエルンのウリ・ヘーネス会長が「上手くいく可能性は低い」と発言するなど交渉は難航。そこでバイエルンはザネの代替案として、2016年にも獲得に動いたデンベレをリストアップしているようだ。 2017年にドルトムントから1億500万ユーロ(約128億円)でバルセロナへ加入したデンベレ。負傷癖があるものの爆発的なスピードを武器に今シーズンの公式戦42試合で14ゴール9アシストを記録した。 なお、クラブとの契約を2022年までとしているデンベレには、バルセロナがパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール獲得のためのトレード要員にするのではないかと報じるメディアもある。 2019.06.26 19:42 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、ビダル獲得に向けナインゴランとのトレードを画策?

インテルが、バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥール・ビダル(32)の獲得を検討しているようだ。イタリア『Corriere della Sera』の情報を引用してイタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 インテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督がビダルの獲得に興味を示しているようだ。両者は2011年からユベントスで3年間共闘したことで良好な関係を築いているというが、900万ユーロ(約10億9000万円)の年俸がネックに。そこで、インテルは構想外と見られている元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(31)とのトレードを画策しているようだ。 2018年夏にバイエルンからバルセロナに加入したビダルは、加入当初こそ出場時間が少なかったが、ファイターとしてチームに大きく貢献。最終的に今シーズンは公式戦53試合に出場し、3ゴール7アシストを記録した。 ナインゴランは昨夏にローマからインテルに加入。公式戦36試合で7ゴール3アシストを記録したが、数回にわたってトレーニングに遅刻するなど素行面で問題を起こしていた。 2019.06.26 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、今夏最初の補強はシレッセンに! ツイッターに投稿された動画から推測

バレンシアの公式ツイッターに投稿されたある動画が話題を呼んでいる。 バレンシアは25日、公式ツイッターにひとつの動画を投稿した。ホテルのフロントのようなところである人物が紙にサインし、バレンシアの象徴であるオレンジのサンダルを受け取っている映像なのだが、顔は最後まで隠されておりそれが誰なのかは確認できない。 だが、ファンはこれまでの報道や映像の少ないヒントからバルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセンだと特定し、そのツイートには多くのリプライが寄せられている。 スペイン『マルカ』をはじめとする多くのメディアもシレッセンのバレンシア移籍を報じており、同選手がバレンシアのホテルに宿泊していることまでキャッチしている報道機関もある。 また、スペイン『ムンド・デポルティボ』は以前にシレッセンとバレンシアのブラジル代表GKネトがトレードされるのではないかと報じており、今後の公式発表が注目されている。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していなかった。 <a href="https://twitter.com/valenciacf_en/status/1143592024127524864">◆Big shoes to fill? No problem for this guy...◆</a> 2019.06.26 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサはデ・リフトから撤退? ターゲット変更か

バルセロナが、最終ラインの補強に関して、ターゲットを変更するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 今夏の移籍市場で最大の注目株となっているアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)。各国のビッグクラブが狙う中、バルセロナは早くから獲得に動いていた。 しかし、代理人の手数料の条件を飲めないなど、交渉がもたついている間に、パリ・サンジェルマン、ユベントスへの移籍が濃厚に。バルセロナもデ・リフト側の要求に答える意思が薄まりつつあり、ターゲットを変更したようだ。 そこで新たに候補に挙がっているのが、マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(24)だ。2017年夏にベンフィカから3500万ユーロ(約42億7200万円)でユナイテッド入りしたリンデロフは、加入1年目は苦しんだものの、2年目の2018-19シーズンはプレミアリーグで30試合に出場。チームの守備を支える存在となっている。 デ・リフトは7500万ユーロ(約91億5300万円)の移籍金がかかると見られているが、リンデロフは値段的にも安く済むため、現状を考えるとデ・リフトよりも実現性は高いのかもしれない。 2019.06.26 12:47 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース