戦列復帰が迫る宮市亮、地元紙でHSVとのダービーに言及「高徳さんとは友達ですが…」

2018.09.06 22:13 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は、トップチームでの公式戦復帰が迫っているようだ。地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』が伝えている。

ひざの十字じん帯の断裂など重傷を負い、長期離脱を繰り返してきた宮市。しかし、ここ数週間では、2軍にあたるU-23チームの一員として2試合にフル出場を果たし、トップチームの戦列に復帰する日も見えてきた。マルクス・カウチンスキ監督も先日、大きな期待を口にしたと伝えられるウイングは笑顔で地元紙の取材に応じ、心境を語った。

「1年前は病院のベッドに縛り付けられていた状況でしたが、今は再びサッカーをプレーしています。もう言葉はないですね。最初はキャリアが終わったとも考えましたけど、そこから戻れることを信じるようになりました。グーグルで何度も十字じん帯を断裂しても戻ってきた選手の例を検索し、それが支えになりましたね」

ザンクト・パウリは6日にFSVフランクフルトとのテストマッチを予定。昨年5月にトップチーム最後の公式戦に出場した宮市はこのように続ける。

「あれからもうだいぶ時間が経ってしまいましたからね。カムバックに関してはまだ具体的な日付を設定していませんし、自分を追い込むようなことはしていません。U-23の試合に出場して、疲れも相当ありましたけど、今は1分でも多くの出場が前進につながっていると思います」

宮市はもちろん、30日に行われる第8節、ハンブルガーSV(HSV)とのダービーでの出場を熱望。“宿敵”クラブに所属するDF酒井高徳やFW伊藤達哉について「僕たち3人は良い友達関係ですよ」と親しい仲であることを明かすと、「伊藤くんの成長ぶりはすごいですよね」とコメント。日本代表にも選ばれた若手への称賛の言葉を惜しまなかった。だが、右サイドバックの酒井とはマッチアップする可能性があるだけに、「高徳さんとは友達ですが、対戦となればピッチでやっつけなければいけませんね」と冗談を交えながら語った。


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

グレゴリッチュの劇的弾で120分の激闘を制したフライブルクが3回戦進出!《DFBポカール》

堂安律の所属するフライブルクはDFBポカール2回戦で2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のザンクト・パウリと対戦し2-1で勝利した。堂安はフル出場している。 直近のバイエルン戦で大敗を喫したフライブルクが、ホームにザンクト・パウリを迎えた一戦。フライブルクの堂安は3日前のバイエルン戦に続き、[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった。 試合はアウェイチームが積極的な入りを見せる中、フライブルクは徐々にボールを保持して攻撃を試みるが、アタッキングサードでの精度、アイデアを欠いてシュートまで持ち込めない。 すると37分、フライブルクはピンチを迎える。中盤でのルーズボールを奪ったダシュナーがドリブルでボックス右まで切り込みクロスを供給。これをゴールエリア左に走りこんだアメニドが合わせたが、シュートはGKアトゥボルが左足でファインセーブ。 さらにフライブルクは42分にも、最終ラインのK・シュロッターベックが不用意なバックパスをダシュナーに奪われると、そのままボックス手前まで独走を許す。チップキックで狙ったシュートは飛び出したGKが右手に当てるも、弾ききれずにゴールネットに吸い込まれた。 迎えた後半、1ビハインドのフライブルクはペテルゼンやM・エッゲシュタイン、K・シュロッターベック、チョン・ウヨンを下げてグレゴリッチュ、ホフラー、チェレ、ラインハルトを投入する4枚替えを敢行。 後半はフライブルクが積極的な入りを見せたが、集中した守りを見せるザンクト・パウリ守備陣を崩すには至らずに時間が経過。71分には、ドリブルでボックス左深くまで切り込んだヴァイスハウプトの折り返しからチャンスを作るが、これはゴール前のDFに当たリゴール右に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、フライブルクは後半アディショナルタイムに追いつく。92分、右サイドからカットインしたカイテルのクロスをファーサイドに走りこんだギンタ―が頭で叩き込んだ。 結局、試合はそのまま1-1で後半が終了し延長戦に突入。延長戦も膠着状態が続く中、試合終了間際にスコアが動く。フライブルク119分、左CKをニアでギンタ―がフリックしたボールをゴール前のグレゴリッチュが頭で押し込んだ。 結局、グレゴリッチュの決勝弾で逃げ切ったフライブルクが120分の激闘を制して3回戦進出を決めた。 2022.10.20 03:42 Thu
twitterfacebook
thumb

「厳しい教訓になった」バイエルン戦5失点大敗を堂安律が反省「これが彼らのクオリティ」

フライブルクの日本代表MF堂安律が、バイエルン戦を改めて振り返った。ドイツ『キッカー』が伝えた。 PSVから今夏フライブルクに加入した堂安。開幕から全試合に出場。ここまで公式戦15試合で4ゴール2アシストを記録している。 チームも2位と好調を維持していた中、16日にはブンデスリーガ第10節で3位のバイエルンと対戦。堂安も先発出場したが、圧倒的な力の差を見せつけられてしまうことに。5-0で大敗を喫し、3位に転落した。 第2節のドルトムント戦以来の敗戦となり、強豪相手に歯が立たなかったフライブルク。堂安はアグレッシブな戦いをチームが見せたものの、それが裏目に出たと語った。 「僕たちにはエネルギーがありましたが、彼らはそれを利用しました。僕たちがプレスをかけた時、彼らはワンツーで僕たちを剥がしました。これが彼らのクオリティです」 「でも、僕たちの強度は十分に高くなかったです」 ショッキングな結果となったバイエルン戦だが、フライブルクは19日にDFBポカール2回戦でザンクト・パウリ(ドイツ2部)と対戦する。 堂安は、バイエルン戦から立ち直る必要があると言い、しっかりとザンクト・パウリ相手に戦わなければいけないとした。 「僕たちにとって厳しい教訓になりました。ただ、次の試合に向けて再び集中しなければいけません」 「一方で、ただの敗北でした。前向きに考える必要があります。お互いに刺激しあい、良いリアクションを見せる必要があります」 「彼らはハンブルクダービーを制しました。タフな試合になると思います」 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律が先発もバイエルンが5ゴールの圧勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NaFdoae7jGI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.19 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

フライブルク、ザンクト・パウリからガーナ代表MFチェレを獲得

フライブルクは27日、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のザンクト・パウリに所属するガーナ代表MFダニエル・コフィ・チェレ(26)を完全移籍で獲得した。 ブラウンシュヴァイクやヴォルフスブルクの下部組織を渡り歩いたチェレは、2014年12月にレギオナルリーガ(ドイツ3部)のTSVハーフェルゼでプロデビューすると、SVヴェーエンでのプレーを経て、2020年の夏にザンクト・パウリへ加入。 ザンクト・パウリでは、攻撃的MFを主戦場に前線のあらゆるポジションをこなし在籍2シーズンで公式戦67試合に出場し22ゴール21アシストを記録。また、昨年9月にガーナ代表デビューを飾ると、今年1月に開催されたアフリカ・ネーションズカップにも出場。これまで8キャップを数えている。 1部へステップアップを果たしたチェレは、公式サイトで「フライブルグのプレースタイル、品位、育成に感銘を受けている。そして、これから始まるブンデスリーガとヨーロッパリーグへの期待でいっぱいだよ」とコメントしている。 2022.06.28 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

板倉滉のシャルケ、1部に返り咲く! 大逆転劇で2位以内確定《2.ブンデスリーガ》

板倉滉のシャルケが1年でのブンデスリーガ復帰を決めた。 2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で2位のダルムシュタットと3位のブレーメンに2ポイント差をつけ、首位を走るシャルケ。勝てば自力での自動昇格圏2位以内が決まるなか、7日の第33節で5位のザンクト・パウリをホームに迎え撃った。 今節も板倉が先発したシャルケだが、前半に2点ビハインドを追う苦しい展開。だが、47分にPKを決めたテローデが71分にもボックス中央で右足ボレーを決め、追いつく。 さらに78分、ボックス左でボールを受けたサラサールが叩き込み、シャルケが逆転。その後、相手に2人の退場者が出て、俄然優位に立ち、そのまま3-2で勝利した。 見事な逆転勝利で2連勝のシャルケはこれで62ポイントに。1試合を残して2位以内でのフィニッシュを確定させ、1年でのブンデスリーガ返り咲きを果たしている。 シャルケ 3-2 ザンクト・パウリ 【シャルケ】 テローデ(後7、26) サラサール(後33) 【ザンクト・パウリ】 マタノビッチ(前9、17) <span class="paragraph-title">【動画】板倉シャルケ、1部昇格決定ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="3R1GXkh-7Zc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.08 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

3回戦で2部チームに敗れた王者ドルトムント…指揮官も落胆露わに「あるべき形でスタートできなかった」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、カップ戦敗退を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは18日に行われたDFBポカール3回戦で、2部のザンクト・パウリと対戦した。格下相手に試合開始早々に失点したチームは、その後もなかなか得点を奪えない時間帯が続くと、40分にもオウンゴールで追加点を奪われる苦しい展開に。後半に入り、FWアーリング・ハーランドがPKを決めて1点を返したが、その後は相手チームの守りを崩せず1-2で敗れた。 昨季のDFBポカール王者が3回戦で敗退したことに対して、試合後のインタビューに応じたローゼ監督も落胆を隠せず。チームは試合に正しい姿勢で臨めていなかったと敗因を語った。 「このカップ戦の夜に、我々は本来あるべき形でスタートすることができなかった。開始15分で何度も問題を起こしてしまい、その後すぐにまた失点した。こういうときは、難しくなるものだ」 「前半の同点ゴールを狙うプレー方法は少し軽率だったね。0-2とされた後になって、いくつかの調整を行った。とはいえ重要なのは、王者である我々が、ザンクト・パウリとのアウェイマッチでどのようなスタートを切ってしまったかということだ。我々は試合の意味について、正しく理解していなかった」 2022.01.19 11:06 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly