元ブラジル代表監督スコラーリがパルメイラスの指揮官に3度目就任

2018.07.27 23:23 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パルメイラスは27日、元ブラジル代表監督のルイス・フェリペ・スコラーリ監督(69)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2年となっている。

▽ジュビロ磐田でも指揮を執った経験のあるスコラーリ監督は、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)でブラジル代表を優勝に導いた名将。その後、ポルトガル代表やチェルシーなどを指揮し、2010年の母国開催となったW杯で2度目となるブラジルを指揮。しかし、準決勝でドイツ代表に1-7と大敗していた。

▽2017年11月に広州恒大の監督を退いた後、フリーとなっていたスコラーリ監督に対しては韓国代表監督就任の噂もあったが、かつて2度指揮した古巣のパルメイラスに新天地が決まった。


関連ニュース
thumb

ポグバのユーベ復帰、今や本人の決断次第か

フランス代表MFポール・ポグバ(29)のユベントス復帰は本人が他クラブよりも条件で劣るオファーを受け入れるかどうかという状況のようだ。 2016年夏に当時の史上最高額となる移籍金8930万ポンド(現レートで約142億8000万円)でユベントスから堂々復帰を果たしたポグバ。それから6年が経つが、ケガの多さによる稼働率の低さや、気分に左右されやすいプレーぶりで思い描いた通りにいっていない。 そうしているうちに契約最終年の今季を迎えたが、いまだ更新の音沙汰なし。このまま移籍濃厚とされ、急浮上したマンチェスター・シティ行きの線こそ薄まっているが、古巣ユベントスやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーが候補と目されている。 そのなかで、ユベントスは先日に急逝したミノ・ライオラ氏の後を継ぐラファエラ・ピメンタ代理人と交渉。そして、移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、オファーを出したユベントスは現在、ポグバとの対話待ちだという。 そのオファー内容は他クラブからのものよりも条件的に低いものだが、ポグバを中心としたプロジェクトも提示されているとのことで、選手が受け入れるか否かという状況と推測されている。 なお、ポグバ自身は現時点で移籍を決めており、今後をどうしたいかに焦点を当てているともされるが、決断はいかに。 2022.05.18 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルに今夏も主力流出の危機…若手DFにマンチェスター・シティがオファーか

インテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)に対して、マンチェスター・シティが獲得に動いているようだ。 2017年夏にアタランタからインテルへ加入したバストーニは、2019年5月に就任したアントニオ・コンテ前監督の下で主力に定着。ここまで公式戦通算117試合に出場して3ゴール8アシストの成績を記録しており、昨シーズンはチームの11年ぶりのスクデット獲得に大きく貢献している。 今シーズンも新たに就任したシモーネ・インザーギ監督の信頼を得て公式戦43試合に出場するなど、チームにおいて重要な存在となっているバストーニだが、来期以降もチームに残留し続けるかは不透明なようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、シティがバストーニ獲得のため6000万ユーロ(約81億6000万円)のオファーを提出したという。インテルは売却を拒否したものの、さらに高額なオファーが届いた場合には断るのは難しいようだ。 インテルはオーナーの蘇寧グループが新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受けたことにより、財政が悪化。昨夏にはモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、ベルギー代表FWロメル・ルカクを売却したが、依然として芳しくなく、今夏にも主力の流出は避けられない見通しのようだ。 シティは今シーズンDFルベン・ディアスやDFジョン・ストーンズが負傷に苦しみセンターバックに不安を抱えていたことから、ジョゼップ・グアルディオラ監督はさらなる守備陣の強化を模索している模様。バストーニに対してさらに高額なオファーを提出する可能性が高まっている。 2022.05.18 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーべ退団のキエッリーニ、ロサンゼルスFCから正式オファー

元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)にメジャーリーグサッカー(MLS)のクラブからオファーが届いたようだ。 ユベントス在籍17年間で公式戦560試合の出場数に19個の獲得タイトルを誇るキエッリーニ。そうした功績が物語るとおい、クラブのバンディエラと呼ぶにふさわしいレジェンドだが、11日に行われたコッパ・イタリア決勝のインテル戦終了後に今季限りでの退団を表明した。 クラブとの契約が来季まで残るなかでの退団決断にいまだ惜しむ声があるが、キエッリーニは16日に行われたセリエA第37節のラツィオ戦後、今後について「正直、まだわからないんだ」としつつ、「異なる文化に触れ、経験する必要性を感じている」と国外移籍に意欲を示した。 そんなキエッリーニの行き先を巡っては以前からアメリカが有力視されてきたが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、MLSクラブのロサンゼルスFCが正式オファー。現在は選手側のゴーサインを待つ状況だという。 やはり年齢的に稼働率こそ下がってきているものの、ピッチに立てば熟練の守りでチームを引き締める存在に変わりないキエッリーニ。ユベントス退団後については「家族と一緒に決めるよ」とも話しているが、どのような決断が下されるのだろうか。 2022.05.18 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデンベレ獲得の動きを本格化、年俸24億円のメガオファー用意か

バイエルンが、バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)と交渉をスタートさせたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 バルセロナとの現行契約が今季限りで満了を迎えるにあたり、その去就が注目されているデンベレ。冬の移籍市場の際には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続け、一時チームから除外される一幕もあった。 しかし、確かな才能を持つ25歳は、その後チームに戻ると本領を発揮。リーグ戦7試合で1ゴール9アシストを記録する活躍を披露し、チャビ・エルナンデス監督からも絶賛の声が挙がった。そして、クラブも契約更新の意思をより明確にし、これまでコンタクトを図っている。 だが、シーズン終了が目前に迫る現段階で交渉の進展は伝えられておらず、時間と共に退団の線が濃厚に。そんな中、バイエルンは年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備し、フランス代表FWを口説きにかかっているようだ。 札束勝負となれば、6月の人件費決済も危ういバルセロナには非常に不利な土俵となる。デンベレに残留の意思があればチャンスもありそうだが果たして。 2022.05.18 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、モウリーニョ所望のマティッチにいささか懸念か

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)の移籍先に浮上しているローマだが、獲得するにあったっての引っかかりもあるようだ。 今季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団するマティッチ。最近になり、ユベントスの関心が取り沙汰され始めているが、以前からローマ行きの噂が先んじて報じられてきた。 それもこれも、かつてチェルシーやユナイテッドで共闘したジョゼ・モウリーニョ監督が所望しているためで、来季に向けた中盤補強リストの第一候補にも挙がっているといわれる。 だが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ローマには年齢的なフィットネスレベルや最低500万ユーロ(約6億8000万円)が求められる年俸から、躊躇いもあるようだ。 そんなマティッチは近年のユナイテッドでもフル稼働こそ難しくなっているものの、左足の展開力は依然健在。モウリーニョ監督のスタイルを熟知しているのも魅力だが、ローマはいかに。 2022.05.18 15:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly