元ブラジル代表監督スコラーリがパルメイラスの指揮官に3度目就任

2018.07.27 23:23 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パルメイラスは27日、元ブラジル代表監督のルイス・フェリペ・スコラーリ監督(69)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2年となっている。

▽ジュビロ磐田でも指揮を執った経験のあるスコラーリ監督は、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)でブラジル代表を優勝に導いた名将。その後、ポルトガル代表やチェルシーなどを指揮し、2010年の母国開催となったW杯で2度目となるブラジルを指揮。しかし、準決勝でドイツ代表に1-7と大敗していた。

▽2017年11月に広州恒大の監督を退いた後、フリーとなっていたスコラーリ監督に対しては韓国代表監督就任の噂もあったが、かつて2度指揮した古巣のパルメイラスに新天地が決まった。

関連ニュース
thumb

イスコ、ローマからのオファーを拒否

ローマからの関心が報じられた元スペイン代表MFイスコ(30)だが、オファーを断ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今夏で退団した元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの後釜としてローマが関心を示したイスコ。先月イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた時点では、ムヒタリアンが実際に退団した場合にのみ獲得に動くとされていたが、先日にインテル移籍が発表され、公式にオファーを提示した模様だ。 しかし、レアル・マドリーで5度のチャンピオンズリーグ制覇の実績を持つイスコは、イタリア首都クラブからのオファーを拒否したようだ。『アス』によれば、プレミアリーグからの関心も届いているという。 2022.07.05 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダ代表DFマラシアがユナイテッド移籍を明言「昔言ったことが現実になった」

マンチェスター・ユナイテッド加入が迫るフェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)が、オランダ『テレグラフ』のインタビューで新天地について言及している。 すでにマンチェスター入りし、メディカルチェックを受けていると報じられているマラシア。エールディビジで最高の左サイドバックと称された逸材に、ユナイテッドは1300万ポンド(約21億3000万円)にアドオンを加えたオファーを提示し、獲得に漕ぎ着けた模様だ。 加入発表まで秒読み段階となる中、取材を受けた22歳は、母国のレジェンドであるロビン・ファン・ペルシの存在を引き合いにし、以前からユナイテッドに関心を持っていたとコメント。そして、ユナイテッド入りを明言した。 「ロビン・ファン・ペルシがフェイエノールトの選手だったから、マンチェスター・ユナイテッドはいつも気にしていたんだ。ユナイテッドに特別な感情があるのはそのためさ」 「フェイエノールトのユースにいた頃、ユナイテッドでトーナメントに出たことがあるんだ。その時に『いつか戻ってくるよ』って言っていて、実際にそうなるなんてすごいことだよね」 「テン・ハグさんはとても良い監督で、温かい人柄だ。とても話し合いができたし、とても良いフィーリングを持っているよ」 「うまくいけば、何年も一緒に仕事をするわけだからね。それは大切なことなんだ」 「彼からは多くのことを学べると思うし、努力したいと思う選手の手助けをしてくれる。とても楽しみだよ」 2022.07.05 19:03 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミリトンらブラジル代表トリオと契約延長に迫る!

レアル・マドリーが、MFエデル・ミリトン(24)、FWヴィニシウス・ジュニオール(21)、FWロドリゴ(21)のブラジル代表トリオとの契約更新に近づいているようだ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミリトンとロドリゴは2028年まで、ヴィニシウスは2026年まで延長する見通しとなっており、それぞれ2年から3年の延長となる格好だ。また、契約解除金は全員10億ユーロ(約1400億円)に設定される。 ミリトンは2019年夏にポルトから5000万ユーロの移籍金で加入。加入2年はバックアッパーの域を越えられなかったが、昨夏に重鎮センターバックが抜けたことで出番を得るとついに覚醒。公式戦50試合に出場し、ラ・リーガとチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献した。 ヴィニシウスは2018年夏にフラメンゴから4500万ユーロで加入。当初はミリトンと同様になかなか出場時間が安定しなかったが、2020-21シーズンを境に才能が開花し、今季は公式戦52試合の出場で22ゴール20アシストと圧巻の数字を叩き出していた。 ヴィニシウスと同じ4500万ユーロの移籍金で2019年夏にサントスから加入したロドリゴも2021–22シーズンが飛躍の1年に。リーグの大事な終盤戦では、8試合で4ゴール3アシストを記録し、チャンピオンズリーグでも準決勝2ndレグのマンチェスター・シティ戦の2ゴールなど、通算5ゴール2アシストで優勝に貢献した。 2022.07.05 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールとの契約残り1年のフィルミノ…オファー次第で今夏にも退団か

リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(30)に退団の可能性があるようだ。 フィルミノはこれまでFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネと“フロントスリー”を形成してチームを牽引。卓越した技術と高い献身性で、ユルゲン・クロップ監督のチームを支え続けてきた。 しかし、昨シーズンは度重なるケガやFWジオゴ・ジョタの台頭、FWルイス・ディアス加入に伴うマネのトップへのコンバートもあり、プレミアリーグでの先発はわずか10試合に。チーム内での立場は揺らぎつつあり、新シーズンにはベンフィカから総額1億ユーロ(約142億円)で獲得したFWダルウィン・ヌニェスが攻撃陣に加わることから、さらなる序列低下も懸念される。 リバプールは今夏にマネ、FWディヴォク・オリジ、FW南野拓実が退団した一方で、サラーとは契約延長を発表するなど攻撃陣に大きな変化が見られた。しかし、来夏で契約満了を迎えるフィルミノへの対応は鈍く、現時点でクラブはDFジョー・ゴメスやMFナビ・ケイタとの契約延長を優先している。 イギリス『ミラー』によると、クラブは来夏のフィルミノ退団を見据えつつ、仮に納得のいくオファーがあった場合は今夏にも売却に応じる可能性があるようだ。ユベントスが関心を示していると報じられるが、現時点で具体的なオファーはなし。ただし、新シーズン開幕後の起用次第では選手が移籍を強く希望する可能性も残されており、移籍市場終盤まで動向が注目されている。 2022.07.05 17:02 Tue
twitterfacebook
thumb

積極補強のトッテナム、指揮官の望むパウ・トーレス獲得に向けオファー用意か

トッテナムが、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレス(25)獲得を狙っているようだ。 2021-22シーズンのプレミアリーグでトップ4入りを成し遂げ、今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるトッテナム。すでにクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)、イングランド代表GKフレイザー・フォースター(34)、マリ代表MFイヴ・ビスマ(25)、ブラジル代表FWリシャルリソン(25)を獲得したほか、バルセロナのフランス代表DFクレマン・ラングレ(27)加入も間近と報じられている。 充実のチーム強化を実現させているトッテナムだが、クラブはまだ現陣容に満足していない。イギリス『ミラー』によると、3バックを用いるアントニオ・コンテ監督が左利きのセンターバックを数選手揃えたいという意向を示しており、ラングレの去就にかかわらず、パウ・トーレスの動向には引き続き目を光らせていく模様だ。 なお、トッテナムは交渉材料として、ビジャレアルに昨季レンタル移籍していたアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソ(26)をそのまま差し出す用意もあると伝えられている。 ビジャレアルの下部組織出身であるパウ・トーレスは、2019-20シーズンからトップチームに定着し、守備の要として活躍。昨シーズンも公式戦47試合に出場し、準決勝まで勝ち上がったチャンピオンズリーグ(CL)では、全12試合でフルタイム出場した。 2022.07.05 15:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly