英4部マンスフィールドの18歳FWが急逝…

2018.06.02 17:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ2(イングランド4部)のマンスフィールド・タウンに所属するイングランド人FWライアンエバンス(18)が1日に急逝したことがわかった。イギリス『BBC』が伝えている。

▽『BBC』が伝えるところによれば、エバンスはマンスフィールドのU-18チームでキャプテンを務めており、今回の訃報が伝えられる数日前にはU-21チームへの昇格が決定していたという。なお、同選手は自宅で亡くなっていたことが明かされているものの、死因などに関しては言及されていない。

▽マンスフィールドのU-18チームで監督を務めていたジェイミー・マグワイア氏は教え子の突然の訃報に際して、以下のようなコメントを残している。
「私たちは今回のニュースを知らされて深い悲しみに暮れています。同時に私たちの思いはこの難しい時期を過ごすライアンの家族と共にあります」

ライアンはプレーヤーとして本当に優れたリーダーでした。さらに学習意欲や情熱を失わない素晴らしいプレーヤーでした」

「こういった彼の性格によって私たちはキャプテンを託しました。そして、彼が常に笑顔を絶やさず、素晴らしいエネルギーと魅力を備えた若者だったと記憶し続けます」

関連ニュース
thumb

ユナイテッド入りのザビッツァー、背番号決定! ヴィディッチで印象深い15番に

マンチェスター・ユナイテッド入りしたオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーの背番号が決まった。 今冬のデッドラインデイにバイエルンから買取オプションなしのローンでユナイテッド入りが決まったザビッツァー。最悪5月上旬まで負傷離脱となるデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの代わりとして活躍が期待される。 エリクセンのほかにもケガ人がいるユナイテッドの現状からして、就労ビザ次第だが、4日にホームで行われるプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦から出番が巡りそうななか、チームが2日に背番号決定をリリースした。 バイエルン時代は18番を背負ったが、ユナイテッドでは直近まで現フルアムのMFアンドレアス・ペレイラがつけた15番に。かつてチームの黄金期に守備の要を担ったネマニャ・ヴィディッチ氏のイメージが強い番号でもある。 先のカラバオカップ準決勝終盤ではMFドニー・ファン・デ・ベークとMFスコット・マクトミネイが負傷離脱中とあって、DFビクトル・リンデロフをボランチで使ったエリク・テン・ハグ監督。ザビッツァーの起用可が待たれる。 2023.02.03 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブス、若手DFモスケラをFCシンシナティへレンタル

ウォルバーハンプトンは2日、コロンビア人DFジェルソン・モスケラ(21)がMLS(メジャーリーグサッカー)のFCシンシナティへレンタル移籍したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までだが、2023年のMLSシーズン終了までの延長オプションが付随しているとのことだ。 アトレティコ・ナシオナルの下部組織で育ったモスケラは、2020年1月にファーストチームに昇格。センターバックを主戦場にコパ・リベルタドーレスで7試合に出場するなど、公式戦24試合に出場し1ゴールを記録した。 この活躍が評価され、2021年6月にウルブスに5年契約で加入。しかし、デビュー戦となった昨季のEFL(カラバオ)カップ3回戦のトッテナム戦でハムストリングを負傷すると、手術を受けるなど長期離脱に。 復帰後はトップチームで一度も出番はなく、今季はU-21チームでリーグ戦4試合の出場に留まっていた。 MLSへのレンタル移籍が決まったモスケラは、シンシナティの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「FCシンシナティに加入することになり、とても興奮している。この機会を与えてくれたクリス(・オルブライト)GM、パット(・ヌーナン)監督、そしてスタッフに感謝します。今シーズン、TQLスタジアムでファンのみんなの前でプレーするのが楽しみだよ」 2023.02.03 07:31 Fri
twitterfacebook
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、エバートンとの競合制してガーナ代表FWアイェウを獲得!

ノッティンガム・フォレストは2日、ガーナ代表FWアンドレ・アイェウ(33)の加入を発表した。背番号は「42」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 先日にカタールのアル・サッドを退団したアイェウは、ヨーロッパでのキャリア再開に向けて1日にイングランド入り。現地報道ではエバートンとフォレストの2クラブと交渉を行った模様だが、クラブの現状やスウォンジー時代に指導を受けたスティーブ・クーパー監督の存在もあり、フォレスト行きを決断する形となった。 アイェウはイングランド屈指の古豪加入に際して以下のコメントを残している。 「ノッティンガム・フォレストと契約できて素晴らしい気分だよ。フォレストやシティ・グラウンドでプレーするときはいつも大変だったし、このスタジアムが大好きなんだ」 「スティーブ・クーパーは僕のことをよく知っていて、ピッチの中でも外でも、自分と一緒に仕事をする方法を理解している人だ。彼は特別なコーチであり、特別な人間であり、僕が本当に尊敬している人なんだ」 「自分がチームに何をもたらすことができるかは分かっているよ。自分のすべてを出し切り、プレミアリーグ残留の手助けとなる準備はできているよ」 マルセイユの下部組織出身のアイェウは、これまでスウォンジーとウェストハムと2つのクラブでプレミアリーグを戦い、89試合21ゴール12アシストの数字を残している。 アル・サッドでは在籍1年半で39試合22ゴール3アシストを記録し、先のカタール・ワールドカップでも健在ぶりを示していた33歳は、クリスタル・パレスで活躍する実弟ジョルダンと共に再びプレミアを舞台にプレーすることになった。 24年ぶりのプレミアリーグ参戦に向け昨夏、スカッド総入れ替えとも言える積極補強を敢行したフォレスト。シーズン開幕当初はなかなか結果が伴わなかったが、徐々に成績は好転。第10節以降はわずか3敗という成績を収めている。 また、現在13位のクラブは今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンのGKケイロル・ナバスや、アトレティコ・マドリーのDFフェリペ、ニューカッスルのMFジョンジョ・シェルヴェイなど即戦力候補を獲得。さらに、指揮官の戦術を知り抜くベテランアタッカーの獲得で後半戦に向けた補強を完了させた。 2023.02.03 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

リーズに痛手…今季12GのFWロドリゴが足首負傷で2カ月の離脱へ

リーズは2日、元スペイン代表FWロドリゴ・モレノが、足首のケガで戦線離脱したことを発表した。 ロドリゴは、1月28日に行われたFAカップ4回戦のアクリントン戦に出場したが、この試合で足首を負傷。検査の結果、足首の骨と靭帯を損傷と診断され、簡単な手術を受けたとのことだ。 なお、リーズはロドリゴの離脱期間を2カ月程度と明かしており、3月末までには復帰できるという。 2020年夏にバレンシアからリーズへ2700万ポンド(約40億8000万円)で加入したロドリゴは、センターフォワードとして今季ここまで公式戦22試合に出場し12ゴールを記録するなど攻撃陣を牽引する働きを見せていた。 2023.02.03 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

グリーンウッド&ユナイテッド、起訴取り下げ受け声明発表

2日、元恋人に対するレイプ未遂や暴行罪に関する起訴が取り下げられたマンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(21)が声明を発表した。 ユナイテッドで大きな期待を寄せられていたグリーンウッド。しかし、2022年1月にオンラインで流出した画像や動画をめぐる疑惑の中、元恋人に対するレイプ未遂、支配的・強制的な行動への関与、暴行の罪で逮捕・起訴されていた。 しかし、グレーター・マンチェスター警察(GMP)は2日、グリーンウッドに対する刑事訴訟手続きが同日に打ち切られたと発表した。 イギリス『サン』によると、グリーンウッドはこれを受けて以下の声明を発表したという。 「この問題が終わったことに安堵しています。支えてくれた家族、愛する人たち、友人に感謝したいと思います」 「現時点でこれ以上のコメントはありません」 一方、グリーンウッド逮捕後、問題が解決するまで同選手の活動停止を言い渡していたユナイテッドも、所属選手の起訴取り下げを受けて声明を発表した。 「マンチェスター・ユナイテッドは、メイソン・グリーンウッドに対するすべての起訴が取り下げられたというクラウン検察局の決定に留意しています」 「クラブは次のステップを決定する前に、独自のプロセスを実施します。そのプロセスが完了するまで、これ以上のコメントは差し控えます」 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ユナイテッドは、現時点でグリーンウッドの活動停止処分の継続、解除を決めかねている状況であり、少なくともクラブ独自の調査が完了するまで、同選手がトレーニングに復帰することはないという。 2023.02.03 06:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly