英4部マンスフィールドの18歳FWが急逝…

2018.06.02 17:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ2(イングランド4部)のマンスフィールド・タウンに所属するイングランド人FWライアンエバンス(18)が1日に急逝したことがわかった。イギリス『BBC』が伝えている。

▽『BBC』が伝えるところによれば、エバンスはマンスフィールドのU-18チームでキャプテンを務めており、今回の訃報が伝えられる数日前にはU-21チームへの昇格が決定していたという。なお、同選手は自宅で亡くなっていたことが明かされているものの、死因などに関しては言及されていない。

▽マンスフィールドのU-18チームで監督を務めていたジェイミー・マグワイア氏は教え子の突然の訃報に際して、以下のようなコメントを残している。
「私たちは今回のニュースを知らされて深い悲しみに暮れています。同時に私たちの思いはこの難しい時期を過ごすライアンの家族と共にあります」

ライアンはプレーヤーとして本当に優れたリーダーでした。さらに学習意欲や情熱を失わない素晴らしいプレーヤーでした」

「こういった彼の性格によって私たちはキャプテンを託しました。そして、彼が常に笑顔を絶やさず、素晴らしいエネルギーと魅力を備えた若者だったと記憶し続けます」

関連ニュース
thumb

「ジェラードのようなワン・クラブ・マンになる」レドナップ氏はケインのトッテナム残留を予想

かつてトッテナムで指揮を執ったハリー・レドナップ氏が、イングランド代表FWハリー・ケインの残留を予想した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 トッテナムの下部組織出身であるケインは、2013–14シーズンにファーストチームに定着して以降、通算3度のプレミアリーグ得点王に輝くなど、絶対的なエースストライカーに君臨。5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦でクラブ通算267ゴール目を記録して、ジミー・グリーブス氏を抜きクラブ歴代最多得点者となった。 個人としてはこれまで多くの栄誉を受けてきたケインだが、一方でクラブでのメジャータイトルはなし。2021年夏にはタイトル獲得のためマンチェスター・シティ行きを望んだが、結局は残留となった。 今夏にもバイエルンやマンチェスター・ユナイテッドからの関心が噂されているケイン。しかし、レドナップ氏はイングランド代表FWのトッテナムへの忠誠心を信じており、今後もクラブにとどまり続けるだろうと持論を述べた。 「私はケインが移籍するとは思わない。実際、そうした動きはないように見える。彼はおそらく、リバプールにおけるスティーブン・ジェラードのように、ワン・クラブ・マンとして終わるだろう」 「彼はどのチームでもフィットすると思う。だが、はたしてその必要はあるだろうか? スパーズで貰っている給料は、もう使い切れないほどになっているだろう」 「引っ越したり、新しい家を建てたりするだけでも、きっと彼の人生は素晴らしいものになる。彼はゴルフが大好きで、今もできるときに趣味として楽しんでいる。彼がどこかに行きたいと思っているようには見えず、ここに残ると思う」 「彼は世界最高のセンターフォワードだ。ファンタスティックな選手であり、何でもできる。リーダーであり、シュートを決め、ヘディングもできる。そして中盤の選手のようにパスも出せるし、ライン間でボールも受けられ、体も大きく強い選手だ。まさに完全無欠のオールラウンドプレーヤーだ」 2023.02.09 18:07 Thu
twitterfacebook
thumb

データで見る三笘薫の凄さ…枠内シュート率やドリブル成功率はリーグトップクラス、ファイナルサードのパス成功率は脅威の74%

目に見えた結果を残しているだけでなく、そのパフォーマンスが日に日に注目を集めているブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫だが、データもそのパフォーマンスの凄さを物語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 昨シーズンは自身初となるヨーロッパでのプレーとなった三笘。ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは昇格組ながらレギュラーシーズンを首位で終了。その原動力となった。 今シーズンからプレミアリーグに活躍の場を移した三笘は、当初は途中出場がメインとなっていたものの、しかし、2022年10月29日のプレミアリーグ第14節チェルシー戦で先発出場し初アシストを記録。すると、続くウォルバーハンプトン戦でも先発し今度は初ゴール。さらにEFLカップのアーセナル戦でもゴールを決め、3試合連続で数字を残した。 その後に出場したカタール・ワールドカップ(W杯)では“三笘の1ミリ”と呼ばれるスペイン代表戦でのアシストで世界中の注目を集めると、再開したシーズンでは圧巻のパフォーマンス。公式戦9試合で5ゴール1アシストを記録。現在3試合連続ゴール中と絶好調を維持している。 日に日に評価が高まる三笘だが、データもそのパフォーマンスの凄さを示している。 クラブ公式サイトによると、今シーズンの三笘はここまで7ゴールを記録。これはチーム内で最多タイであり、2アシストを加えるとチームで最もゴールに関与している選手となる。 また、「xG(ゴール期待値)」という統計的な指標では「1.9xG」と決して高くない数字ながら、すでに5ゴールを記録している。2021-22シーズンで考えば、得点王となったリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは「23.07xG」、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは「13.95xG」でそれぞれ23ゴールを記録。得点ランキング上位の選手はゴール期待値も高いがそれを超える結果に。特徴的な選手で言えば、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは「5.39xG」ながら15ゴールを記録。三笘も同様の期待の上回り方と言える。 さらに、サンプル数が少ないものではあるが、今シーズンの三笘はプレミアリーグで18本のシュートしか放っていない。その中で、オンターゲット(枠内シュート)は10本。そのうち、5つがゴールにつながっている。レスター・シティ戦で見せたようなミドルシュートや難しいチャンスをゴールにつなげていることがわかる数字。また、ここまでは168分に1ゴールを決めており、2試合に1ゴールのペースということになる。 三笘の特徴はゴールだけではなく、チャンスメイクの多さもある。今シーズンの全ての大会において、三笘は1試合平均でファイナルサードでのパス数が「21.1本」、アシストが期待できるパスが「0.3本」、ドリブル成功数が「4.9回」となっており、いずれもブライトンの選手の中では最多。ボールを自ら運ぶドリブルに目が行きがちだが、味方との連係プレーでも局面を打開していることがわかる。 ヨーロッパでは躍進を続ける三笘が筑波大学時代にドリブルに関する論文を書いていたことも話題に。チームメイトと自身を研究し、優れたドリブラーは相手DFをよく見ているとし、スキルではなく、ボディフェイントと方向転換で相手を混乱させるスタイルはそこから来ているとされている。 そのドリブルでは、プレミアリーグの中で回数が上位20%、ドリブルを成功させる回数が上位4%に入っており、多くのドリブルを仕掛けているだけでなく、その瞬間を選んでいることもポイントとなっている。ちなみに、成功率は「52.4%」で、今シーズンのプレミアリーグのウインガーの中ではトップの6%に入っている。 いずれにしてもヨーロッパに来て2年目、プレミアリーグに挑戦して1年目であり、最初の7試合は途中出場のみ。先発したのは11試合で8試合でゴールかアシストを記録していると考えれば、慣れてきてからいかに通用しているかが分かるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】躍動止まらない三笘薫、1月の全ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rVQpI7X_wmg";var video_start = 0;</script><div st yle="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay_shorts.js"></script> 2023.02.09 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

夏のストライカー獲得を目指すユナイテッド、エイブラハムをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドがローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハムの(25)獲得を検討しているようだ。 昨年11月にFWクリスティアーノ・ロナウドがクラブとの対立から退団し、新たな点取り屋を探すユナイテッド。最優先ターゲットはトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(29)だが、トッテナムがエース売却を断固拒否する姿勢であることから、獲得には大きなハードルがある。 また、同じく獲得を狙うナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(24)についても、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「売り物ではない」と断言。タフなネゴシエーターとして知られるデ・ラウレンティス会長を相手に、交渉は困難を極めると予想される。 イギリス『テレグラフ』によると、今夏の移籍市場で確実にストライカーを確保したいユナイテッドは、プレミアリーグでの実績を持つエイブラハムもリストに含めたとのことだ。同選手はローマで重要な戦力となっている一方で、クラブは補強のための資金を必要としており、移籍金次第では売却もやぶさかではない模様だ。 チェルシーの下部組織出身であるエイブラハムは、2019-20シーズンにプレミアリーグで15ゴールを記録するなど活躍したが、その後序列が低下したことで2021年夏に5年契約でローマ入り。加入初年度から主軸に定着すると、今季も公式戦28試合で7ゴール5アシストを記録している。 2023.02.09 16:34 Thu
twitterfacebook
thumb

カゼミロの影響大…いるいないでユナイテッドの平均勝ち点&失点に差

マンチェスター・ユナイテッドはブラジル代表MFカゼミロのいるいないでだいぶ結果が変わってくるようだ。 昨夏にレアル・マドリーから加わってから、今やボランチの一角をすっかりモノにするカゼミロ。危機察知能力にプラスして、ボールの捌きも卒なく、タイミングの良い攻撃参加で躍動する30歳はデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンとともにもはや欠かせない中盤のキャストだ。 だが、4日に本拠地で行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦で相手のラフプレーが発端の乱闘騒ぎで対峙したMFウィル・ヒューズの首もとについつい手をかけてしまい、一発退場。ただ相手を止めようとしただけだろうが、イメージが悪く、3試合の出場停止処分が科された。 そうして、ユナイテッドは8日に第8節延期分のリーズ・ユナイテッド戦を迎えたが、0-2のビハインドから何とか2-2のドロー。ただただ前後半の失点が勿体ない試合となってしまったが、データ提供会社『Opta』によると、カゼミロの先発有無で勝ち点や失点の平均値に差があるという。 今季のユナイテッドはカゼミロが先発なら、1試合あたりで2.3ポイントを掴み、失点数も0.7。それに対して、スタメン外なら、1試合あたりで1.4ポイントにとどまり、失点数も2.1まで跳ね上がるそうだ。 こういう数字を見ると、カゼミロの偉大さが改めて身に沁みるが、3試合出場停止のうち、まだ1試合を消化したのみ。エリクセンのほか、MFドニー・ファン・デ・ベークとMFスコット・マクトミネイも離脱中とあまり選択肢がないエリク・テン・ハグ監督だが、残り2試合をどう乗り越えるか。 2023.02.09 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

復活弾に感慨深げなサンチョ「どれだけこの感覚を待ち侘びたことか」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョが自らの復活弾に歓喜した。 昨年10月下旬の試合を最後に心身のコンディション不良でチームから遠ざかったが、今月に入ってようやく復帰に漕ぎつけたサンチョ。8日にホームで行われたプレミアリーグ第8節延期分のリーズ・ユナイテッド戦もベンチからのスタートだったが、復帰後最長となる31分間のプレーを果たした。 そんなリーズ戦では0-2の劣勢下で左サイドハーフとしての出場となったが、63分にチームがイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで1点差に詰め寄ったなか、70分にボックス左で相手のブロックボールを拾うと、迷いなしの右足シュートをねじ込み、貴重な同点弾をマークした。 チームを大逆転に導けなかったものの、0-2のビハインドから貴重な勝ち点1を呼び込んだ22歳アタッカーは試合後、自身のSNSを更新。自らの復活をアピールする一発を感慨深げに振り返り、次戦に決意を新たにしている。 「どれだけこの感覚を待ち侘びたことかは言い表しがたいよ! チームは素晴らしいキャラクターを発揮した。僕は再び週末に向かう」 2023.02.09 12:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly