名古屋、早稲田大MF相馬勇紀の来季加入内定を発表「人生で1度だけエスコートキッズをしたチームがグランパスでした」

2018.05.28 10:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽名古屋グランパスは28日、早稲田大学に所属するMF相馬勇紀(21)の来シーズン加入が内定したことを発表した。▽相馬は三菱養和SCユースから早稲田大学に進学。身長165㎝、体重66㎏のミッドフィルダー。クラブは同選手の特徴に「スピード、パワーを生かした1vs1の強さ、精度の高い強烈なシュート、プレースキック」を挙げている。

▽名古屋への来季加入が内定した相馬は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「初めまして来季、名古屋グランパスに加入することになりました相馬勇紀です。私の特徴はスピードを生かしたドリブル、キックなので、そこに注目してもらいたいです。チームに直接的な結果で貢献できるよう頑張ります」

「私が人生で1度だけエスコートキッズをしたチームが名古屋グランパスでした。2004年9月18日の東京ヴェルディvs名古屋グランパスの試合です。初めてスタジアムのピッチに立ち感動し、ここに立ちたいと思いました。14年後の今、あの時見た憧れのチームに入ることができ、本当に嬉しく思います。ただ加入がゴールだとは全く思っていません。1日1日を大切に謙虚に上を見続け頑張ります」

「私は小学1年生の時に三菱養和SCに入り、サッカーを始めました。高校卒業までの12年間、養和で天真爛漫に育てていただきました。その後、早稲田大学に進学し、4年間の間にとても多くのことを学びました。まずは人間として、選手として様々な面で本当に成長することができました。自分として出来ることは、残りの学生生活及び卒業後のプロ生活の中で、学生生活や大学スポーツをしてきたからこそ学ぶことができた経験を生かし、責任と誇りを持って、これからも取り組んでいきたいと思います。ファン・サポーターの皆さま、どうぞよろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

上位争いの名古屋が8連勝中のホームで足踏み 大分に攻め手を欠き0-0ドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が28日にパロマ瑞穂スタジアムで催され、名古屋グランパスvs大分トリニータは0-0のドローに終わった。 前節から中6日の名古屋は今節を含めて残り4試合の現時点で2位ガンバ大阪を3ポイントで追う3位。翌日に今節のG大阪にプレッシャーをかけるためにも勝利が求められる大分戦に向け、故障者続出の最前線に阿部とガブリエル・シャビエルを起用するなど、3試合連続で同じメンバーをぶつけた。一方、中2日の大分は11位。2試合ぶりの勝利を目指して前節の先発から5選手を入れ替え、高山、星、高澤、田中、伊佐を送り出した。 試合は2位争いの真っ只中にいる名古屋が8連勝中のホーム戦ということもあり、より高い順位でのフィニッシュを目指す大分を相手にボールの主導権を掴み、攻め手を見いだしにかかる。ただ、自陣にブロックを固める大分も最後のところで突破を許さず、そこからカウンターに出て反攻。名古屋が押し気味に進める試合だが、そのわりにシュートで終わる攻撃が少なく、大分の守りが際立つ展開が続く。 前半の半ば以降も大分のメリハリが効いた戦いに手を焼き、攻め切れぬまま試合を折り返した名古屋はその後半も立ち上がりから押し込む形を作り出すと、50分に自陣高めの位置でボールを奪ってカウンター。ガブリエル・シャビエルからパスを受け。左サイドを縦に突破したマテウスがボックス左から左足クロスでゴール前に猛進した阿部に合わせにかかるが、相手DFにカットされ、フィニッシュに至らない。 すると、守りの時間が続く大分も60分にカウンターからビッグチャンス。敵陣右サイドのスペースでフィードに追いついた田中が素早いルックアップから右足でゴール前にクロスを送ると、ファーサイドの高澤が頭で折り返す。これに反応した星が3人目の動き出しでヘディングシュートに持ち込むが、惜しくもゴール左外。ここまでを通じて最もゴールの可能性を感じた場面だったが、こう着状態を破れない。 肝を冷やした名古屋は64分に最初の交代枠でガブリエル・シャビエルを下げて相馬を投入して攻撃の活性化を図ろうとするが、同じタイミングで星と伊佐を下げて野村と知念をピッチを送り出した大分が盛り返す展開に。73分に2枚目のカードで阿部と成瀬の交代に動いた名古屋だが、大分は知念や高澤が立て続けにフィニッシュに持ち込んでいき、終盤に差し掛かるなかで攻撃のペースを掴み始める。 その大分が85分に古巣戦の小林と松本を送り込み、テコ入れを図ったなか、最終盤に再び攻めの回数を増やした名古屋だが、頼みの綱のマテウスに良い形でボールが入らない。すると、後半アディショナルタイム3分にバイタルエリア右の岩田が上げた右クロスから三竿が決定的なヘディングシュートを放つが、ランゲラックがファインセーブ。攻勢ムードの大分攻撃陣に名古屋守護神が立ちはだかる。 結局、その後の名古屋のジョアン・シミッチを投入しての攻撃もゴールに繋がらず、ゴールレスドローで終了。クラブ記録となる14回目の無失点を達成した名古屋だが、勝てば得失点差の関係でG大阪を抜いて暫定2位に浮上できるチャンスを逃した。 名古屋グランパス 0-0 大分トリニータ 2020.11.28 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:名古屋vs大分】2位確保へ名古屋“ゼロトップ”が火を噴くか、大分は先制点がカギ

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年11月28日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(3位/55pt) vs 大分トリニータ(11位/36pt) [パロマ瑞穂スタジアム] ◆脅威になりつつある“ゼロトップ”【名古屋グランパス】 前節はホームで湘南ベルマーレを相手に3-1で勝利。リーグ戦連勝で2位を目指す争いに食らいついている。 フォワード2人が負傷離脱したことで危ぶまれた攻撃陣だったが、この2試合はゼロトップシステムが機能。前線がうまく流動的に動き、チームとしてボール回しが活性化することに繋がった。 特にアタッカー陣は豊富な人材が揃っており、まさにケガの功名と言うべきか。マテウス、前田直輝、阿部浩之、ガブリエル・シャビエルを同時起用できる強みを生かしている状況だ。 今節の相手はクセ者の大分。しっかりと持ち味である守備を固めつつ、前線の破壊力を存分に発揮して3連勝なるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:オ・ジェソク、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、マテウス FW:ガブリエル・シャビエル、阿部浩之 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆カギは堅守相手の先制点【大分トリニータ】 川崎フロンターレの眼前での優勝阻止で勢いに乗りたかった大分だが、前節はホームでセレッソ大阪相手に0-1で敗れた。 C大阪戦も悪い入りではなかったが、堅守の前に攻撃陣の力不足を感じさせられた一戦。先制できれば川崎F戦の再現も叶ったかもしれないが、主導権を握られたことが悔やまれる。 今節も堅守の名古屋が相手。さらに攻撃陣も力があるだけに、先に得点を許すとC大阪戦の二の舞になってしまう可能性もある。 さらに名古屋が1週間ぶりの試合となるのに対し、中2日とコンディション面はディスアドバンテージに。その中でしっかりと調整して戦えるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、長谷川雄志、島川俊郎、田中達也 FW:町田也真人、野村直輝 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏 2020.11.28 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋とジョーの契約問題に決着? コリンチャンスとジョーが3億5000万円支払いへ

今年6月に名古屋グランパスを退団し、古巣のコリンチャンスへと復帰していた元ブラジル代表FWジョー(33)についての契約問題に決着がついたようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 コリンチャンスでキャリアをスタートさせたジョーは母国ブラジルや欧州、アジアの複数クラブを渡り歩き、2018年から名古屋に活躍の場を移した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXdVAxRFpnaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018シーズンはは明治安田生命Jリーグで24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞。しかし、2019シーズンは6ゴールにとどまり、今シーズンは公式戦の出場がないまま、6月にコリンチャンスへと移籍していた。 しかし、名古屋は退団の際に契約問題について、国際サッカー連盟(FIFA)の選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねているとしていた。 『グローボ』によると、名古屋はジョーとの契約が今年12月まであったものの、ジョーが仕事を放棄したために4月からの給与支払いを停止。さらに12月までの契約の残額の補償を求める訴訟を起こしていたとのことだ。 また、ジョーが2月にヒザを負傷した際、日本に留まる必要があったものの、治療のためにブラジルへ帰国。その後一度は日本へ帰国したものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、子供と祖父母をブラジルに残していたジョーがブラジルに帰国。そこから問題が生じたという。 FIFAは名古屋の訴えを認めたとのこと。コリンチャンスとジョーは名古屋に340万ドル(約3億5500万円)を支払うことになると判決を出したようだ。なお、これは上告の対象となっている。 この結果を受けたコリンチャンスは「コリンチャンスは24日の午後、ジョーと元クラブである名古屋グランパスが関与した訴訟の結果を受け取った。クラブは10日間かかるがFIFAの裁定の理由を要求するための行動を起こします」と発表しているという。 コリンチャンスに3年半の契約で復帰したジョーは、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで15試合に出場し3ゴール1アシストを記録している。 2020.11.25 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が好調湘南を退けて暫定2位へ! G・シャビエルが第一子へ捧げる華麗なBDゴール《J1》

明治安田生命J1リーグ第28節の名古屋グランパス(3位/勝ち点52)vs湘南ベルマーレ(16位/勝ち点23)が21日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋が3-1で勝利した。 直近5試合で3勝1分け1敗と好調の名古屋は、前節は試合終了間際のマテウスのゴールでFC東京を下して3位へ浮上した。1試合消化の少ない2位のガンバ大阪にプレッシャーを与えつつ、4位以下との差を広げるためにも是が非でも連勝したい今節は、FC東京戦と同じイレブンで挑んだ。 対する湘南は、前節のヴィッセル神戸戦を2-0で制し無失点3連勝とこちらも好調。ここ5試合無敗で、あと1勝でJ1リーグ通算150勝を達成する。スタメンは神戸戦から2名変更し、田中と金子に代えて坂、中川を起用した。 試合は湘南ペースの立ち上がりとなったが、先制したのはホームの名古屋だった。11分、相手がカウンターへ移行しようとしたところを素早く奪い返したマテウスは、敵陣中央から迷わず左足を一閃。ブレ球の強烈なミドルシュートが、弾き返そうとしたGK谷の手をすり抜けてネットに突き刺さった。 出鼻を挫かれた湘南だったがすぐさま反撃に出る。17分の左CK、ファーサイドで坂が頭で合わせたボールは味方に当たってしまうが、坂はそのこぼれ球にすぐに反応し、高く跳ね上がったボールをもう一度ヘディングシュート。これがGKランゲラックやDFの頭上を抜けてゴールに吸い込まれた。 追い付かれた名古屋は29分に左CKからチャンス。ショートコーナーの流れから入ったクロスが抜けてくると、ボックス右で待っていた前田が胸トラップからシュートを放つが、ゴール上部に逸れてしまった。その後、両者ともにゴールチャンスは生まれず同点のまま試合を折り返した。 後半開始早々には湘南が攻め入る。46分、フィールド中央で中川がボールを奪って一気にカウンター。右サイドの茨田へ展開しクロスを送る。これに指宿が飛び込み頭で合わせるも枠を捉えられなかった。 いきなり肝を冷やした名古屋だったが51分、吉田のパスをボックス手前で収めた前田の横パスを、阿部が正確なシュートでゴール右へ流し込み再び勝ち越しに成功。さらに、56分には稲垣がフィールド中央でボールを奪ってカウンターを仕掛けると、ボックス左からファーサイドに送られたマテウスのクロスを、20日に第一子が誕生したばかりのガブリエル・シャビエルがジャンピングボレーで叩き込み、息子へ捧げる嬉しいバースデーゴールを挙げた。 これで一気に余裕が生まれたホームチームは、71分にもガブリエル・シャビエルが湘南ゴールを脅かす。米本のスルーパスでボックス左に抜け出すが、シュートはGK谷の足に阻まれた。 2点ビハインドの湘南は80分に途中出場の選手がチャンスメイク。フィールド中央右からゴール方向へ縦パスが入ると、これをスルーした古林の背後の岩崎がワンタッチでポストプレー。パスを受けた古林はボックス手前からダイレクトシュートを狙ったが、GKランゲラックの正面に。試合終了間際には、左サイドの畑のクロスに古林が飛び込むも、ヘディングシュートはわずかにゴール左に逸れてしまった。 そして、試合は3-1で名古屋が勝利。22日に試合を控えるG大阪を得失点差で上回り、暫定2位へ浮上した。一方、J1通算150勝目はお預けとなった湘南は6試合ぶり黒星となった。 名古屋グランパス 3-1 湘南ベルマーレ 【名古屋】 マテウス(前11) 阿部浩之(後6) ガブリエル・シャビエル(後11) 【湘南】 坂圭祐(前17) 2020.11.21 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「自分は世界一幸せ者」名古屋FWガブリエル・シャビエルに第一子となる男の子が誕生

名古屋グランパスは21日、FWガブリエル・シャビエルに第一子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、ガブリエル・シャビエルの第一子は男の子とのこと。20日に誕生し、母子ともに健康とのことだ。 ガブリエル・シャビエルはクラブを通じてコメントしている。 「息子が誕生したことを妻と共に喜んでいます。昨日は自分たち家族にとって、とても大切な日になりました。妻も息子も共に健康で、自分は世界一幸せ者だと感じています」 ガブリエル・シャビエルは、今シーズンの明治安田生命J1リーグで21試合に出場し3得点を記録していた。 2020.11.21 15:10 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly