途中出場のドグラス・コスタが3アシストを記録しユーベ快勝! ナポリと6ポイント差に《セリエA》

2018.04.16 03:02 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは15日、セリエA第32節でサンプドリアをホームに迎え、3-0で快勝した。

▽前節ベネヴェント戦をディバラのPK弾2つ含むハットトリックで打ち合いを制した首位ユベントス(勝ち点81)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦では3点差を追いつく大健闘の戦いを見せながらも終了間際のPK被弾で惜しくもベスト8敗退となった。そのユベントスはレアル・マドリー戦のスタメンから5選手を変更。出場停止で欠場したディバラの他、クアドラードやルガーニ、ヘヴェデスといったバックアップメンバーが先発となった。

▽直前の試合で2位ナポリがミランに引き分けたことで勝利すれば6ポイント差となる一戦。ヨーロッパリーグ出場権獲得を目指す8位サンプドリア(勝ち点48)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは、2トップにマンジュキッチとディバラ、右サイドにクアドラード、左サイドにマテュイディを配した。

▽そのユベントスがサイド攻撃を軸に圧力をかける展開とするも、決定機を生み出すには至らない。そんな中21分、CKからクアリアレッラのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKブッフォンが阻止。

▽やや単調な攻撃が続くユベントスは35分にケディラのミドルシュートでオンターゲットを記録。43分には負傷したピャニッチがプレー続行不可能となってドグラス・コスタを投入するアクシデントに見舞われたが、45分に先制した。緊急投入されたドグラス・コスタの左サイドからのアーリークロスに、マンジュキッチがボレーシュートで叩き込んだ。

▽迎えた後半、オープンな展開で立ち上がると、ユベントスが60分に突き放した。左サイドからのドグラス・コスタの柔らかいクロスをヘヴェデスがヘディングで押し込んだ。

▽ヘヴェデスの移籍後初ゴールでリードを広げたユベントスはディバラをお役御免とすると、75分に3点目を記録。右サイドをドグラス・コスタが突破してボックス右深くから左足アウトでパス。これをケディラが押し込んだ。

▽ドグラス・コスタこの試合3つ目のアシストで3-0としたユベントスは試合終了間際、D・サパタのシュートをGKブッフォンが止めてシャットアウト勝利。2位ナポリとのポイント差を6に広げている。
コメント