ソシエダがアトレティコからGKモジャを電撃獲得2018.02.28 22:37 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・ソシエダは27日、アトレティコ・マドリーのGKミゲル・アンヘル・モジャ(33)の獲得で合意したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽モジャは、マジョルカの下部組織出身で、バレンシアやヘタフェなどを経て2014年7月にアトレティコへ加入。アトレティコでは公式戦67試合に出場。今シーズンはヨーロッパリーグで1試合、コパ・デル・レイで6試合に出場していたが、リーガエスパニョーラでは出場機会がなかった。

▽通常は移籍期間外となるものの、同クラブが1月30日以降にアスレティック・ビルバオに移籍したスペイン代表DFイニゴ・マルティネスの契約解除を余儀なくされたことで、スペインプロリーグ機構(LFP)側から補強許可を与えられたようだ。

▽ソシエダは、モジャと2020年6月30日までの契約を締結。28日に正式にお披露目され、トレーニングに加わるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダ、下部組織出身のDFムニョスと2022年まで契約延長

レアル・ソシエダは23日、DFアイヘン・ムニョス(21)と契約延長したことを発表した。契約期間は、現行の契約から2年間延長された2022年6月30日までとなる。 ソシエダユース出身のムニョスは、2017年7月にリザーブチームのソシエダBに昇格。今シーズンもソシエダBに所属しながら、定期的にトップチームの練習に参加。 2018年12月のリーガエスパニョーラ第17節のバジャドリー戦で初のベンチ入りを果たすと、今年1月に行われた第18節のレアル・マドリー戦でトップチームデビュー。これまでリーガエスパニョーラでは、6試合に出場している。 2019.04.24 01:23 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ連覇に向けた決勝ゴールのジョルディ・アルバ「全てを勝ち取りたい」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバが、ゴールを決めたレアル・ソシエダ戦を振り返った。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 バルセロナは20日、リーガエスパニョーラ第33節でソシエダと対戦。ジョルディ・アルバは、1-1で迎えた64分にメッシからボックス左でパスを受け、そのまま中に切り込んで右足でシュートを沈め、チームは2-1で勝利した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1b7j0rxgfv71v1f97lzdtkrf78" async></script> </div> 試合後、ジョルディ・アルバはソシエダ戦を振り返り、チャンピオンズリーグ後の試合であったために難しかったとコメント。また、リーグ連覇だけでなく、ベスト4に勝ち上がったチャンピオンズリーグも制したいと意気込んだ。 「今日のソシエダ戦は難しかった。特に、僕たちは多くを捧げていたマンチェスター・ユナイテッド戦後だったからね」 「でも、このチームはチャンピオンになりたいと思っている。全てを勝ち取りたいんだ」 「しかしながら、僕たちはハードワークを続けなければいけないし、僕たちの前に現れる相手をリスペクトする。そして、献身的でなければならないことも知っているんだ」 2019.04.21 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ラングレのリーガ初ゴールとアルバの右足ゴールが飛び出したバルサがソシエダ下し連覇に前進《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは20日、リーガエスパニョーラ第33節でソシエダと対戦し、2-1で勝利した。 勝ち点74で2位のアトレティコ・マドリーと勝ち点差9を付けて首位を走るバルセロナ。前節はチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦を睨んで控えや若手選手で挑みウエスカと引き分けたが、狙い通りユナイテッドを退けて準決勝進出を決めた。 準決勝のリバプール戦までにリーガ優勝を確実にしておきたい中での一戦。スタメンにはメッシやスアレス、ラキティッチ、ピケなどいつものメンバーが顔を揃えた。 その本気のバルサが前半はソシエダの守備に苦しめられる。ボールは持てるものの、コンパクトにゴール前を固められ、効果的なパスが前線に供給できない。 そこでメッシがドリブルで打開を試みる。敵陣中央付近でファウルで止められると、クイックリスタートでスアレスへ。一瞬の隙を突いたスアレスはボックス右を侵攻するが、相手の粘り強い守備にシュートに繋げられなかった。 バルセロナが攻めあぐねていると36分、ルベン・パルドの浮き球パスでファンミにディフェンスラインの背後を取られてしまう。危険な場面だったが、ボックス左からのシュートはGKテア・シュテーゲンがセーブ。事なきを得た。 その後のスアレスのシュートもGKに止められ、このまま終わるかに思われた45分、バルセロナは左CKからラングレが頭で決めてようやく先制に成功。リードを得て試合を折り返した。 ラングレのリーガ初ゴールで先制したバルセロナは56分、アルトゥールを下げてブスケッツを投入。ここから試合が一気に動く。 62分、ソシエダは右サイド深い位置からスローイングでリスタート。一度後ろのメリノに戻すと、メリノから前線へ選手の間を抜く見事なスルーパスが送られる。これに反応したファンミがスライディングしながらシュートを流し込んで同点に追いつく。 しかし、バルセロナは黙っていなかった。失点から2分後、メッシからボックス左でパスを受けたジョルディ・アルバが中に切り込んで右足でシュート。これが右のサイドネットに突き刺さり、あっという間にバルセロナが再び勝ち越した。 その後、バルセロナは危なげない試合運びを見せ、2-1で逃げ切りに成功。また一つ、2連覇に近づいた。 2019.04.21 05:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ソシエダが生え抜きMFスルトゥサと1年間の契約延長

レアル・ソシエダは17日、フランス人MFダビド・スルトゥサ(32)との契約延長を発表した。新契約は、2020年6月30日までとなる。 スルトゥサは、ソシエダの下部組織出身で、2007年7月にエイバルへとレンタル移籍。2009年7月にトップチームへと昇格した。 ソシエダ生え抜きのスルトゥサは、これまでソシエダで公式戦298試合に出場し21ゴール22アシストを記録。リーガエスパニョーラで233試合に出場し16ゴール20アシスト、コパ・デル・レイで22試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグで3試合に出場、ヨーロッパリーグで7試合に出場し1ゴールを記録していた。 スルトゥサとソシエダの契約は今夏で満了を迎えるところだったが、もう1年プレーすることが決定。スルトゥサは「幸せだ。自分の決断について自信を持っているし、興奮している。長年にわたって、プロジェクトを確信しているよ」とコメントしている。 2019.04.18 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.24“ソシエダ旋風”リーガ最強の2トップ/レアル・ソシエダ[2002-2003]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.24</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2002-2003シーズン/レアル・ソシエダ 〜リーガ最強の2トップ〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2002-03realsociedad.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:レイモンド・ドゥヌエ(43) 主なタイトル実績:リーガエスパニョーラ2位 攻撃力9:★★★★★★★★★☆ 守備力7:★★★★★★★☆☆☆ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層6:★★★★★★☆☆☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ソシエダ旋風</div> 2002-03シーズン、バスクの古豪がリーガエスパニョーラで旋風を巻き起こした。1980年代前半にリーガ2連覇を達成するなど黄金期を迎えたソシエダだったが、1990年代は低迷。1999-2000シーズン以降は3年連続13位でシーズンを終えるなど、2000年代に入っても光は差さなかった。しかし、迎えた2002-03シーズン、無名の指揮官・ドゥヌエの招へいが転機となり、チームは一変する。 開幕戦から第8節までで6勝2分けという好スタートを切ったソシエダは、リーガのリーディングを快走。第10節ではロナウドやラウール、ロベルト・カルロス、フィーゴらを擁するレアル・マドリーを相手にサンチャゴ・ベルナベウで1-1のドローを演じた。さらに、第12節ではバルセロナを2-1で撃破。第18節まで無敗とし、シーズンを折り返した。その後、シーズン後半戦にかけて失速したチームは一時、3位まで後退したものの、第32節から第35節まで4連勝を記録し、再び首位に浮上。最後は一押しが利かず、レアル・マドリーの後塵を拝すことになったが、サポーターに21年ぶりのリーグ制覇を夢見させた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">補完性抜群の2トップ</div> 元々、チームにはシャビ・アロンソやカルピン、デ・ペドロなど、中盤に素晴らしいタレントを擁していた。そして、デシャンやデサイー、マケレレらをデビューさせたナントでリーグ制覇を達成してソシエダに迎えられたドゥヌエが、彼らの能力を最大限に発揮させることに成功した。 このチームの特長は、2トップの破壊力を活かす攻撃だ。190cm近い身長のコバチェビッチの武器は何といっても、強烈かつ高精度のヘディング。彼から制空権を奪えるディフェンダーは皆無で、時にはボックス外からヘディングシュートを決めることもあった。一方、相棒のニハトは高さこそないものの、抜群のスピードと決定力、豊富な運動量を活かして相手を翻弄。“タワー”のコバチェビッチ、“衛星”のニハトは素晴らしい補完性を発揮した。このシーズンは、最終的に2人でシーズン43ゴールをたたき出し(コバチェビッチ20ゴール、ニハト23ゴール)、リーガ最強2トップの称号をほしいままにした。 もちろん、強力な2トップを活かした中盤のアシスト役の存在も忘れてはならない。シャビ・アロンソの展開力と、サイドからのクロスがあってこその2トップ。右サイドの職人であるカルピンは当時33歳だったが、素晴らしい推進力を誇った。そして、逆サイドのデ・ペドロは、正確無比な左足でコバチェビッチへのピンポイントクロスを次々に供給した。 守備陣はセンターバックのハウレギとGKのヴェスターフェルトが中心だった。特に、有数のPKストッパーだったヴェスターフェルトは至近距離からのシュートに強く、その素晴らしいレスポンスを活かしたセービングで、幾度もチームの窮地を救った。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">MFシャビ・アロンソ (21)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/aronzopc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 弱冠21歳ながらリーダーとしてチームをけん引したバスク出身のピボーテ。“新たなグアルディオラ”と称されていた通り、当時から素晴らしい展開力を発揮していた。ドゥヌエ体制によりチームの中核となったことで、その才能が一気に開花。順調にキャリアアップし、2004年から2009年までリバプールで活躍した後は、レアル・マドリーに復帰した。キャリアの晩年は、グアルディオラのバイエルンで過ごし、2017年に現役を引退した。 2019.04.15 17:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース