内田復帰の鹿島、開始直後に失点も遠藤弾で上海申花とドロー《ACL2018》2018.02.14 21:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018 のグループH第1節で上海申花(中国)をホームに迎え、1-1の引き分けに終わった。

▽昨シーズンのACLでは広州恒大にアウェイゴール差で敗れてラウンド16という鬼門を突破できなかった鹿島は、初戦で中国FAカップを制した上海申花と対戦。初のACL制覇に向けて初戦に臨む鹿島は、新加入の安西が公式戦初先発。さらに8シーズンぶりに鹿島復帰を果たした内田がスタメンに名を連ねた。

▽グアリン、モレーノ、マルティンスを擁する上海申花を相手に、立ち上がりを大事にしたい鹿島だったが、3分にいきなり失点してしまう。左CKをGK曽ヶ端がパンチングするも、ボックス内で拾われ、リー・ポンがシュート。これはクロスバーに助けられた。しかし、こぼれ球を拾ったマルティンスにボックス右外からのクロスを許すと、GK曽ヶ端が再びパンチングを試みるも処理しきれず、モレーノに頭で押し込まれて先制点を許す。

▽出鼻を挫かれた鹿島は12分、敵陣中央やや左からレオ・シルバがロングボールを供給。ボックス右のペドロ・ジュニオールが頭で折り返し、中央の鈴木が左足で反転シュートを放つが、相手DFに当たって決め切ることができない。

▽このまま流れを引き寄せたい鹿島だったが、モレーノの力強いドリブルに内田がやや苦戦し、17分と18分に自陣右サイドを崩されてシュートまで繋げられてしまう。

▽それでも鹿島は時間の経過と共に応戦。30分、ボックス手前でFKを獲得し、キッカーの遠藤が左足で直接狙うも、GKリー・シュアイにパンチングで逃げられる。さらに直後、遠藤からの左CKをニアサイドのペドロ・ジュニオールがフリック。中央の昌子が頭で合わせたが、わずかにゴール左外へと外れてしまう。35分には、内田のクロスから鈴木が頭でゴールを狙うも枠を捉えきれず、0-1のビハインドで試合を折り返す。

▽しかし、鹿島は後半立ち上がりに同点ゴールが生まれる。51分、中央でのパスワークからボックス内に侵攻すると、ボックス付近の混戦から鈴木がシュート。これはGKリー・シュアイがパンチングで防ぐも、詰めていた遠藤が体に当てて押し込み、鹿島が同点に追いつく。

▽待望の同点ゴールを奪った鹿島は、上海申花に反撃を許さず、敵陣への侵攻回数を増加。それでも62分には、グアリンのスルーパスに反応したマルティンスに最終ラインを突破されると、そのままシュートを許す。しかし、シュートは枠の右に外れ、事なきを得る。

▽上海申花は、76分にスルーパスからマルティンスがゴール前右へと走り込みシュート。しかし、ここは守護神GK曽ヶ端が左手一本で弾き、得点を許さない。

▽ヒヤリとする場面を迎えた鹿島は85分、ペドロ・ジュニオールのシュートが相手DFに当たると、そのこぼれ球を途中出場の中村がボックス手前から左足シュート。ゴール左を捉えたものの、GKリー・シュアイのファインセーブに防がれ、勝ち越しとはならない。

▽鹿島はその後、87分にレオ・シルバ、後半アディショナルタイムに内田が惜しい場面を迎えるも決め切ることができず。試合終了間際には上海申花に危ない場面を作られたが、クロスバーに助けられてそのまま試合終了。早い時間帯に失点するも、遠藤弾で追いつき、なんとか勝ち点1を挙げた。

▽21日に行われる次節では、水原三星(韓国)のホームに乗り込む。

鹿島アントラーズ 1-1 上海申花
【鹿島】
遠藤康(後6)
【上海申花】
モレーノ(前3)
コメント
関連ニュース
thumb

豊田が劇的ゴール! 鹿島撃破の鳥栖、リーグ3連勝で暫定12位浮上!《J1》

明治安田生命J1リーグ第13節のサガン鳥栖vs鹿島アントラーズが26日に駅前不動産スタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ここまで3勝1分け8敗で最下位に沈むサガン鳥栖(勝ち点10)と、7勝2分け3敗で5位につける鹿島(勝ち点23)が激突した。前節のサンフレッチェ広島戦を1-0で勝利し、金明輝監督就任後、リーグ戦連勝を飾った鳥栖は、広島戦から先発メンバーを1人のみ変更。趙東建に代えて古巣対決となる金崎を起用した。同じく古巣戦のチョン・スンヒョンも先発に名を連ねている。コパ・アメリカに臨む日本代表メンバーに選出された原は、ベンチスタートとなった。 一方の鹿島は、前節の松本山雅FC戦を5-0で大勝し、リーグ戦3連勝。22日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループE第6節の山東魯能戦も2-1で勝利し、グループステージ突破を決めたことでチームの雰囲気も良好だ。その鹿島は鳥栖戦に向けて前節から先発メンバーを1人変更。永木に代えて山本を起用した。また、コパ・アメリカに臨む日本代表メンバーに選出された安部は、ベンチ入りを果たした。 好調同士の一戦。試合は立ち上がりから順位で上を行く鹿島がジワジワと鳥栖を押し込む。一方の鳥栖はカウンターで応戦。10分過ぎには、元同僚の金崎と安西が激しくマッチアップする場面も見られた。 そんな中、ホームの鳥栖は16分、敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの原川がボックス左にふわりとボールを浮かせる。いち早く混線地帯を抜け出した金崎が身体を捻りながら左足で合わせるも、左サイドネットに嫌われてしまう。対する鹿島は20分、安西がボックス左手前に持ち込み、右足でシュートを放つが、相手DFに当たってゴール右外に外れた。 鳥栖のプレスに苦戦し、思うように決定機を作れない鹿島だが、24分にセットプレーからチャンス。ボックス右手前でFKを獲得すると、セルジーニョが左足でグラウンダーのシュートを放つ。これがジャンプした壁の下を抜けて、GK高丘の意表を突くも、ボールはわずかにゴール右外へ外れた。 その後は両者譲らす、決定機が訪れないまま終盤に。鳥栖は41分、三丸のクロスをボックス内で胸トラップした松岡が落とし、最後はイサック・クエンカがボレーを放つも、枠を捉えることができず。ゴールレスで試合を折り返した。 後半に入ると、前半終盤にチャンスを作った鳥栖がそのままペースを握る。56分にはボックス手前から金崎がミドルシュート。しかし、ここはGKクォン・スンテの守備範囲に飛んでしまう。さらに57分には原川の右CKが高橋秀人がヘディング。ゴール前左で収めたイサック・クエンカがそのまま右足を振り抜くも、相手DFにブロックされてしまう。 嫌な空気が漂う鹿島は58分、白崎に代えて日本代表に初選出された安部を投入。しかし、鹿島は依然として効果的な攻撃を創出することができない。一方の鳥栖もボックス手前まで侵攻するものの、シュートまで結びつけることができず、ゴールレスのまま試合は終盤を迎える。 ここまで思うように攻め込むことができない鹿島は85分、土居のパスを左サイドで受けた安部がボックス左手前に切れ込み、右足でシュート。これがゴール右を捉えたが、GK高丘にパンチングで阻まれる。 その後、鳥栖は松岡に代えて小野、鹿島は土居に代えて金森を投入してゴールを奪いにかかる。するとチャンスを作ったのは鹿島。90分、左サイドでボールを持った安部がドリブルを開始し、ボックス左外まで持ち込んでグラウンダーのクロスを送る。ニアサイドに走りこんだ金森が左足を合わせるも、ゴール左外に外れた。 このまま試合終了かに思われた後半アディショナルタイム4分、ホームの鳥栖が土壇場で決勝ゴールを挙げる。敵陣中央やや左まで持ち込んだ高橋義希がボックス左にスルーパス。ここに走り込んだ小野がダイレクトで中央に折り返し、最後は豊田がゴール右へ流し込んだ。 このゴールが決勝点となり、1-0で勝利した鳥栖がリーグ戦3連勝を飾り、暫定ながら順位を12位まで上げた。一方の鹿島は連勝が「3」でストップしている。 2019.05.26 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

フル代表初招集の鹿島MF安部裕葵「選ばれるだけで終わりにしたくない」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、フル代表初招集となった鹿島アントラーズのMF安部裕葵がクラブを通じてコメントしている。 「プロ3年目でこのような機会をいただき、とても感謝しています。ロシアW杯でサポートメンバーに入り、A代表に入りたいと強く感じました。日本のトップ選手たちが集まる環境でプレーできることはとても嬉しいですが、選ばれるだけで終わりにしたくないと思っています。自分をサポートしてくれる全ての方々への感謝を、A代表でのプレーで示していきたいです」 2019.05.24 20:06 Fri
twitterfacebook
thumb

大学生でフル代表初招集の法政大FW上田綺世が意気込み!《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、大学生ながらフル代表に選出された法政大学FW上田綺世。大学3年生ながらすでに鹿島アントラーズ入団が内定している大学屈指のストライカーは、2010年のアジアカップ予選で当時福岡大学に在籍していたFW永井謙佑(現FC東京)、流通経済大学に在籍していたMF山村和也(現川崎フロンターレ)以来、9年ぶりのフル代表入りに。 東京五輪世代のエースストライカー候補でもある同選手は大学サッカー部を通じて以下のようなコメントをしている。 「価値を高めるチャンスをいただけたこと嬉しく思います。そのチャンス掴んで来たいと思いますので応援よろしくお願いします」 2019.05.24 19:54 Fri
twitterfacebook
thumb

日本勢は3チームが勝ち抜け! ラウンド16では同国対決が最大5カードに《ACL2019》

2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ全日程が終了した。 日本からはJリーグ王者の川崎フロンターレ、天皇杯王者の浦和レッズ、さらにリーグ戦の順位でサンフレッチェ広島、前回大会王者の鹿島アントラーズの4チームが出場。広島と鹿島はプレーオフを勝ち上がっての出場となった。 日本勢は、第5節終了時点で突破を決めていた広島に加え、最終節で見事に勝利した浦和と鹿島が突破。一方で、川崎Fはアウェイゲームで勝利するも、自力での突破を決めることができず、2シーズン連続の敗退となった。 その他、東地区では中国勢の広州恒大、山東魯能、上海上港、韓国勢の全北現代モータース、蔚山現代が勝ち抜け。オーストラリアやタイ、マレーシア勢は敗退となった。 西地区では、グループAの最終節、ゾブ・アハン(イラン)vsアル・ナスル(サウジアラビア)の一戦が延期に。両チームはすでにグループ突破が決まっているものの、順位が確定していない状況だ。また、日本代表MF中島翔哉が所属するアル・ドゥハイルは勝ち抜けている。 勝ち抜けた16クラブには、前回王者の鹿島、前々回王者の浦和に加え、2016年王者の全北現代モータース、2015年王者の広州恒大、2012年王者の蔚山現代、2011年王者のアル・サッドと過去10年間の王者が揃う他、2度優勝経験のあるアル・ヒラル、アル・イテハドも勝ち残っている。 ラウンド16では、日本対決の鹿島vs広島、中国対決の広州恒大vs山東魯能、カタール対決のアル・ドゥハイルvsアル・サッド、サウジアラビア対決のアル・アハリvsアル・ヒラルの同国対決が実現。さらに、残り1試合の結果次第では、アル・イテハドvsアル・ナスルのサウジアラビア対決の可能性が残る。また、東地区では浦和vs蔚山現代、上海上港vs全北現代モータースが実現した。 東地区のラウンド16は第1戦が6月18日、19日、第2戦が6月25日、26日に行われる。西地区は8月にラウンド16が開催される、 ◆ラウンド16組み合わせ ▽6月18日/6月25日 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.0em;">鹿島アントラーズ</span>(日本) vs <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.0em;">サンフレッチェ広島</span>(日本) 広州恒大(中国) vs 山東魯能(中国) ▽6月19日/6月26日 上海上港(中国) vs 全北現代モータース(韓国) <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.0em;">浦和レッズ</span>(日本) vs 蔚山現代(韓国) ▽8月5日/8月12日 A2位 vs アル・ワフダ(UAE) アル・イテハド(サウジアラビア) vs A1位 ▽8月6日/8月13日 アル・ドゥハイル(カタール) vs アル・サッド(カタール) アル・アハリ(サウジアラビア) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) 2019.05.23 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島のACL決勝T進出でJ1の日程が変更

明治安田生命J1リーグは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の鹿島アントラーズの決勝進出に伴い、リーグ戦の日程が変更されたことを発表した。 鹿島は、山東魯能、慶南FC、ジョホール・ダルル・タクジムと同居のグループEに。第3節まで2勝1分けと好調だったものの、その後の2試合で連敗。2位で迎えた最終節で山東魯能に2-1の逆転勝利を収め、2位通過を決めた。 これにより予定されていたJ1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsセレッソ大阪および第17節の鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島の日程が変更となった。 ◆日程変更 第15節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪 6月15日(土)18:30→6月14日(金)19:00 第17節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島 6月29日(土)18:30→6月30日(日)18:30 2019.05.22 22:35 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース