引退報道もあった元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが古巣フラメンゴとの"3カ月契約"でキャリア続行!2018.01.30 00:03 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フラメンゴは29日、元ブラジル代表GKジュリオ・セーザル(38)の加入を発表した。なお、契約期間は3カ月間という短期契約となる。▽フラメンゴの復帰会見に出席したジュリオ・セーザルは、今回の古巣復帰が同クラブでキャリアを終えるための特殊な契約であることを明かした。

「ここに戻ってくることができて嬉しいよ。チャンピオンになりたいし、ここで輝かしいキャリアを終えたいと思っている」

「他にも幾つかのクラブからオファーが届いていたけど、このクラブへの愛がここでキャリアを終えたいという思いにさせたんだ」

「今回の3カ月間のプロジェクトに賛同してくれた会長とロドリゴ・カエターノ(監督)に感謝したい」

「もし、プレーするチャンスがあれば、チームを助けたい。ただ、今回のプロジェクトはここでキャリアを終えるためのものだ。だから、契約を延長する考えはないんだ」

「僕はプロフェッショナルとして振る舞い、キャリアの最後をトロフィーで締めくくれることを願っている」

▽フラメンゴでキャリアをスタートさせたジュリオ・セーザルは、2005年1月にインテル加入後、直後の半年間だけキエーボにレンタル移籍。インテル復帰後は、5度のセリエA優勝や、1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献した。

▽その後、QPRやトロントFCでのプレーを経て、2014年夏に2年契約でベンフィカ入り。その後、2016年に2018年6月までの新契約にサインしていた。だが、今シーズンはアンデルレヒトから加入したU-19ベルギー代表GKミル・スヴィラール(18)の台頭もあり、思うような出場機会を得られず。そして、昨年11月末にはベンフィカとの契約を半年残した段階で契約を解消していた。

▽インテルの黄金期を支え、通算87キャップを記録したブラジル代表でも輝きを披露してきた名守護神に関しては、このまま現役を引退する可能性が報じられていたが、プロキャリアをスタートした古巣でのわずかながらのキャリア続行となった。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコがレアルMFジョレンテの獲得で合意…5年契約

アトレティコ・マドリーは20日、レアル・マドリーの元U-21スペイン代表MFマルコス・ジョレンテ(24)が完全移籍での加入で合意したことを発表した。正式契約はメディカルチェック後となるものの、契約期間は5年間となる。 ジョレンテは、レアル・マドリーの下部組織出身で、2016年7月にトップチームへと昇格。2016年8月にはアラベスへとレンタル移籍を経験。公式戦38試合に出場し3アシストを記録していた。 レアル・マドリーでは公式戦39試合に出場し2ゴールを記録。今シーズンはリーガエスパニョーラで7試合に出場。コパ・デル・レイで5試合1ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場していた。 2019.06.20 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、エバートンからFWヴラシッチを買取! CLでマドリー撃破の立役者に

CSKAモスクワは19日、エバートンからレンタル移籍中のクロアチア代表FWニコラ・ヴラシッチ(21)を完全移籍で買い取ったことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、イギリス『BBC』が伝えるところによれば、ヴラシッチの移籍金は1400万ポンド(約19億1000万円)程度となったようだ。 世界的な活躍を見せたクロアチア人女子走高跳選手のブランカ・ヴラシッチを姉に持つヴラシッチは、クロアチアの名門ハイドゥク・スプリトで2014年にプロデビュー。 その後、2017年夏にエバートンへ移籍も昨シーズンは主にカップ戦要員としてプレミアリーグ12試合を含む公式戦19試合に出場し2ゴール記録。しかし、クラブが昨夏に大型補強を敢行した影響によってCSKAモスクワに武者修行に出されることになった。 すると、今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)グループステージで3連覇中の王者レアル・マドリー相手に大金星を掴む決勝点を記録するなど、公式戦31試合に出場し、8ゴール7アシストの数字を残していた。 2019.06.20 07:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ユーベからU-21イタリア代表FWオルソリーニの買い取りを発表

ボローニャは19日、ユベントスのU-21イタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば買い取り額は1500万ユーロ(約18億2000万円)とのことだ。 2017年1月にアスコリからユベントスに加入した右ウインガーのレフティーは昨夏、ボローニャに買い取りOP付きのレンタルで加入。そのボローニャでは今季、セリエAで35試合に出場し、8ゴール5アシストと活躍していた。 また、U-21イタリア代表では現在行われているU-21欧州選手権にも出場している。 2019.06.20 06:26 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ポリターノの買い取りオプションを行使!

インテルは19日、サッスオーロのイタリア代表FWマッテオ・ポリターノ(25)の買い取りオプションを行使したことを発表した。買い取り金額は2000万ユーロ(約24億2000万円)とのことだ。 昨夏、サッスオーロからインテルに買い取りOP付きのレンタルで加入したレフティーのアタッカーであるポリターノは今季、セリエAで36試合に出場し5ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでは6試合に出場して1アシストを、ヨーロッパリーグでは4試合に出場し1ゴールを決め、主力として活躍していた。 また、インテルは同日、ジェノアのU-19イタリア代表FWエディー・サルセド(17)の買い取りオプションを行使したことも併せて発表した。昨夏、レンタルでインテルに加入したサルセドは、プリマヴェーラで35試合に出場し13ゴールを決めた。買い取り額は800万ユーロ(約9億7000万円)とのことだ。 2019.06.20 04:53 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートン、在籍12年の重鎮ベインズと来季契約を更新!

エバートンは19日、元イングランド代表DFレイトン・ベインズ(34)と来シーズンの契約を更新したことを発表した。 2007年にウィガンから加入して以降、エバートンに12年間在籍している重鎮のベインズは、ここまで公式戦411試合に出場し38ゴール67アシストを記録。しかし、今シーズンはフランス代表DFリュカ・ディーニュの加入によって大幅に出場機会を減らし、公式戦8試合出場にとどまっていた。 その出場機会の減少もあって今シーズン限りでの退団も噂されたベインズだったが、最終的にエバートン残留を選択した。 「ここで初めての契約にサインしたときと同じように誇り高い気持ちだよ」 「年齢を重ねるに連れてクラブが求めるレベルを保つために、やるべきことが多くなるんだ」 「キャリアの終盤を迎えて求めるレベルを維持できていると評価してもらえるのは、自分の仕事を支持してもらえている証明でもあるから本当に嬉しいよ」 一方、エバートンを率いるマルコ・シウバ監督はベインズの契約延長が自身にとって優先事項のひとつであったと語っている。 「レイトンをエバートンに残すことは私にとっても重要だった。そして、シーズン前に契約をまとめることができて本当に嬉しいよ」 「レイトンはクラブの歴史の一部であり、彼はトップクラスのプロフェッショナルだ。しかし、最も重要なことは彼が未だに優れたプレーヤーであるということだ」 2019.06.20 03:47 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース