インテル、18歳の逸材DFと長期契約を締結!2018.01.27 01:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは26日、U-21ベルギー代表DFジーニョ・ファンフースデン(18)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2015年にスタンダール・リエージュからインテルの下部組織に加入したファンフースデンは、プリマヴェーラで主軸を担う逸材センターバック。今季はトップチームデビューが期待されていたものの、昨年9月にUEFAユースリーグのディナモ・キエフ戦で負ったヒザのケガによって長期離脱を強いられている。

▽ただ、すでにケガは完治しており、近日中の戦列復帰が見込まれている。
コメント
関連ニュース
thumb

キエッリーニがインテルとのイタリア・ダービーで復帰

ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、27日に行われるインテルとのイタリア・ダービーで招集メンバー入りした。 ふくらはぎを痛めていたキエッリーニは、チャンピオンズリーグ準々決勝のアヤックス戦をはじめ、公式戦ここ4試合を欠場していた。 一方でFWパウロ・ディバラ、FWマリオ・マンジュキッチ、FWドグラス・コスタら一部主力は負傷のため招集外となっている。 前節セリエA8連覇を達成したユベントスの招集メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ユベントス招集メンバー GK ヴォイチェフ・シュチェスニー カルロ・ピンソーリオ マッティア・デル・ファベロ DF マッティア・デ・シリオ ジョルジョ・キエッリーニ アレックス・サンドロ アンドレア・バルザーリ レオナルド・ボヌッチ ジョアン・カンセロ ダニエレ・ルガーニ レオナルド・スピナッツォーラ MF ミラレム・ピャニッチ ブレーズ・マテュイディ エムレ・ジャン マテウス・ペレイラ ハンズ・ニコルッシ・カヴィーリャ FW クリスティアーノ・ロナウド モイゼ・ケアン フェデリコ・ベルナルデスキ</span> 2019.04.26 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

高過ぎるサンチェス、インテルが条件次第で引取か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(30)を巡り、インテルが興味を示しているという。イギリス『インデペンデント』が報じた。 2018年1月、アーセナルから移籍したサンチェス。シンボルナンバーの背番号「7」が授けられるど大きな期待を寄せられての加入だった。だが、加入2年目の今シーズンも低調。先の途中出場したプレミアリーグ第31節延期分のマンチェスター・ダービーで12分間のプレータイムが与えられながらわずか1回のボールタッチ数で再び悪目立ちするなど、復調の兆しがない。 そうした状況もあり、サンチェスを巡っては以前からユナイテッドが売却に動く可能性が取り沙汰されてきたが、ボーナス込みで週給50万ポンド(約7100万円)の高給がネックとなり、引き取り手が見つからず…。かつて興味が囁かれ続けたパリ・サンジェルマン(PSG)も当時ほどの熱を失っており、現時点でインテルが唯一獲得に関心を示しているクラブとのことだ。 ただ、インテルもサンチェスの獲得に察して、高額給与が障壁に。新天地でも現在の給与レベルを保ちたがっているサンチェスだが、大幅なサラリーカットを受け入れることがインテル移籍の鍵になるとみられる。 2019.04.26 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

次期指揮官を巡りミラノ・ダービー勃発か!? ミランの本命はコンテと伊紙が報じる

ミランの次期監督候補にかつてイタリア代表やユベントスを率いたアントニオ・コンテ氏(49)が浮上した。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 2017年11月にヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督の後任としてジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が指揮を執るミラン。 今シーズンはここまでチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に位置しているが、24日に行われたコッパ・イタリア準決勝では、ラツィオに2戦合計0-1と敗戦。この結果に失望した首脳陣は、来シーズンに向けた指揮官のリストを作成しているようだ。 『ガゼッタ・デロ・スポルト』の二コラ・シラ氏によれば、ミランはチェルシーのマウリツィオ・サッリ監督(60)やアタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(61)、マルセイユのルディ・ガルシア監督(55)をリストアップしているが、本命はユベントスでセリエA3連覇を達成したコンテ氏だという。 イタリア代表監督退任後、2016-17シーズンからチェルシーの指揮官に就任したコンテ氏は、就任1年目でチェルシーに3バックをもたらせ、プレミアリーグを制覇。しかし、翌シーズンに選手との確執が浮上すると、シーズン中にチームは空中分解。リーグ戦を5位という不甲斐ない成績で終えると、その責任を取らされる形で解任された。 今シーズンは監督業から離れているコンテ氏だが、すでに来シーズンでの復帰を明言。そのコンテ氏には、ユベントス時代にゼネラルディレクターを務めていたジュゼッペ・マロッタ氏がCEO(最高経営責任者)を務めるインテルも招へいに動いており、難しいオペレーションになることは間違いないだろう。 2019.04.26 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.41 “スペシャル・ワン”がもたらせたトレブル/インテル[2009-10]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.41</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2009-2010シーズン/インテル 〜トレブル・モウ・インテル〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2009-10inter.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:ジョゼ・モウリーニョ(47) 獲得タイトル:セリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグ 攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力10:★★★★★★★★★★ タレント9:★★★★★★★★★☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層8:★★★★★★★★☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">モウリーニョの下で3冠達成</div> 2000年代後半にセリエAの覇権を握ったインテル。3連覇を成し遂げたマンチーニ(2005-06シーズンはユベントスの八百長により繰り上がり優勝)の後任に就いたモウリーニョは、自身2年目のシーズンで大偉業を達成した。まず補強面において、イブラヒモビッチとのトレードでバルセロナからエトーを獲得。さらに、スナイデル、ルシオ、ディエゴ・ミリートら脂の乗ったビッグネームを招き入れた。 セリエAでは序盤戦から順調な戦いぶりを見せ、第7節から首位をキープ。終盤にかけて追いすがるローマを振り払い、最多得点(75得点)と最小失点(34失点)でスクデット5連覇を達成した。また、コッパ・イタリアでもローマとの決勝戦を制して2冠を達成する。 そして、“スペシャル・ワン”率いるネラッズーリは、CLでも結果を残す。決勝トーナメントでチェルシーとCSKAモスクワを退けると、当時最強を誇ったペップ率いるバルセロナと準決勝で対戦。モウリーニョ・インテルは3-1で先勝して迎えたカンプ・ノウでの2ndレグで、前半28分にモッタが退場しながらも、相手の良さを消す徹底した守備戦術を敢行して0-1で乗り切り、2戦合計3-2で決勝に勝ち進んだ。そして、決勝ではD・ミリートの2得点でバイエルンを破り、見事3冠を達成。有終の美を飾った。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">勝利至上主義</div> モウリーニョ監督の下、勝利に対して貪欲で、なおかつソリッドなチームだった。序盤戦では中盤がダイヤモンドの[4-4-2]を採用していたが、シーズンを過ごすとともに[4-3-3]や[4-2-3-1]も併用。モウリーニョは、様々なシステムを用いながらスター選手に対して献身的なハードワークを徹底させ、非常にコレクティブなチームを形成した。 守備では、ルシオとサムエルが円熟味のある守備で相手の攻撃をシャットアウトし、その後方にはジュリオ・セーザルが構えた。右サイドバックには当時、世界最高と評されたマイコンが傑出した攻撃参加を見せれば、左サイドではサネッティやキブが巧みに逆サイドとのバランスを取った。 さらに、セントラルMFのカンビアッソ、チアゴ・モッタ、スタンコビッチらが攻守に抜群の安定感を見せてチームを支えた。そして、攻撃では司令塔のスナイデルから供給される良質のパスを決定力抜群のディエゴ・ミリートが生かし、次々とネットを揺らした。また、ウイングとして出場することが多かったエトーは献身的な守備を厭わず、チームに貢献。攻撃でも得点に加え、チャンスメイクを行うなど、出色のパフォーマンスを披露した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">監督:ジョゼ・モウリーニョ(47)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2009-10inter_2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> このチームの肝はモウリーニョしかいないだろう。スター選手がひしめくチームを一つにまとめ上げて、勝利という結果でさらにチームの結束を高めた。まさに、“スペシャル”な存在であり、結果として“唯一無二”の存在にもなった。平成を代表する名将の1人として、チームに成功をもたらせたその人身掌握術は見事の一言に尽きる。 2019.04.23 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、カバーニ後釜にイカルディをリストアップか インテルは88億円を要求

パリ・サンジェルマンがインテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)に関心を寄せているようだ。フランス方面の情報をもとにイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 PSGでは、長年ゴールゲッターとして活躍してきたウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)が今夏に退団する可能性が指摘されている。フランス王者は後釜としてイカルディをリストアップしているという。 今年2月にインテルからキャプテンマークを剥奪されたイカルディ。それもありクラブはイカルディを絶対的な選手と捉えていないようで、移籍金を7000万ユーロ(約88億1000万円)に設定した模様だ。 なお、ワンダ・ナラ氏は今夏の去就についてイタリア民放局『Canale 5』で「私たちは来シーズンもインテルに残るわ」と残留を明言するコメントを残していた。 2019.04.23 19:17 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース