【アンケート】サバイバルレースがスタート! サウジ戦のスタメンアンケート実施中

2017.09.04 15:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・最終戦でサウジアラビア代表と対戦する。

▽オーストラリア代表戦との大一番を制して6大会連続6度目となる本大会出場が決定した日本。約1年に渡る長期戦の締めくくりは、今回のアウェイで行われるサウジアラビア戦だ。この試合は、“事実上の消化試合”という位置付け。しかし、選手たちにとっては、9カ月後の本大会に向けたサバイバルレースの“幕開け試合”となる。そこで、超WSでは希望のスタメンアンケートを実施。締切りは5日17:00まで。奮ってご参加ください!

※アンケートは有料版のみの実施となります
※有料版をご利用でない方はこちら


関連ニュース
thumb

ドイツ代表の復活について語るハヴァーツ「世界の頂点に返り咲くことができる」

チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツが母国の復活について語った。 ドイツ代表は2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)と2017年のコンフェデレーションズカップで優勝を果たし、黄金期を迎えた。しかし、その後はユーロ2016で準決勝敗退、2018年のロシアW杯でグループステージ敗退と思うような成績を残せていない。 ハヴァーツ自身は19歳で2018年9月にA代表デビュー。先のユーロ2020でも4試合で2ゴールを決める活躍を見せたが、チームはイングランド代表に敗れてラウンド16で姿を消している。 そんな中、ドイツ『ビルト』のインタビューで、2022年に開催されるカタールW杯の優勝に向けて必要なことを聞かれると、近年の代表の低迷に触れつつも、世界王者の奪還に自信をのぞかせた。 「ここ数年の成績は良くなかった。だからこそ、多くのことを変えていかなければならない」 「とはいえ、僕たちはスーパープレーヤーを擁する非常に優れたチームであることを確信している」 「この何年かでチームは急激な変化を起こし、多くの選手が出てきた。それは僕にとって刺激になったよ」 「かつての強さを取り戻し、1試合、1カ月ごとに勝利のメンタリティを築いていかなければならないんだ」 「2022年のW杯での優勝には長い道のりがあるけど、チームの質と層を疑う人はいない。僕たちは世界の頂点に返り咲くことができる」 2021.08.27 16:46 Fri
twitterfacebook
thumb

【U-24日本代表プレビュー】本大会前の大事な一戦、主軸が軒並み先発か/vsU-24ホンジュラス代表

東京オリンピックに臨むU-24日本代表は、本大会前の親善試合を2試合実施。そのうちの1試合である、U-24ホンジュラス代表とのキリンチャレンジカップ2021を12日に行う。 大会初戦は22日のU-24南アフリカ代表戦。5日から静岡県で合宿をスタートさせ、大学生との練習試合を2試合実施。10日に大阪へと移動した。 登録メンバーも18名から22名に増加し、試合ごとにコンディションを見て18名を選べる状況に。しかし、そのためにもこの少ない時間で、チームとしての精度を高めることと、コンディションを上げることが求められる。 <span class="paragraph-title">◆仮想メキシコにどんなサッカーを</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210712_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 今回対戦するホンジュラスは、日本と同様に東京オリンピックに出場するチーム。グループBに入り、ニュージーランド、韓国、ルーマニアと対戦する。 メキシコ同様、個々の能力が高くテクニックに優れたチーム。上背はないものの、身体能力は高く、ハードワークをチーム全体で行ってくるのが特徴だ。 日本は静岡合宿がスタートしてから1週間が経過。しかし、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)は負傷、FW前田大然(横浜F・マリノス)は脳震とうの影響で別メニュー調整。互いに回復し、前田は練習試合にも出場したが、前線に若干の不安を残す。その点では、元はバックアップメンバーだったFW林大地(サガン鳥栖)の存在は重要。それぞれタイプも違うが、しっかりと結果を残したいところだろう。 その他、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦っていた川崎フロンターレのDF旗手怜央、MF三笘薫は合流していない状況。名古屋グランパスのMF相馬勇紀、セレッソ大阪のDF瀬古歩夢も移動の疲れなどを含めて、本番に向けて調整していくだけに、ホンジュラス戦での起用はないと見ても良いだろう。 森保一監督も前日会見では「相手チームのレベルが上がった中で、本大会に向けたゲーム感、ゲーム体力を個々、チームとして上げていければと思います」とコメント。この合宿からは大学生との試合しかしていないため、6月12日のジャマイカ代表戦以来1カ月ぶりの実戦でどんな動きを見せるかに注目だ。 <span class="paragraph-title">◆仮想韓国として日本に挑むホンジュラス</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210712_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するホンジュラスは、国内でプレーする選手を中心に招集。参加する各国では、クラブからの派遣拒否が相次ぎ、ベストメンバーを組めていない状況が多い中、ミゲル・ファレロ監督は「特に大きな問題はなかった」と語った。 北中米カリブ海サッカー連盟のNo.1を決める大会であるゴールド・カップとスケジュールが重なったためにオーバーエイジが2人しか呼べなかったということはあるが、A代表にも呼ばれているFWホルヘ・ベングチェ、2017年のU-20ワールドカップを経験しているFWドウグラス・マルティネスを招集し、自信を持ったメンバーと監督は語った。 自分たちのチームについては「最大の特徴は、攻撃面をしっかりと組み立てていくということ。90分間諦めることなく戦う部分、どんな相手とであっても互角に戦う部分が特徴」と語っており、その点を出していきたいとコメント。「ポゼッション、後方からの組み立て、90分諦めないで戦う姿勢が参考になるのではないかと思う」とメキシコ対策についても口にし、互いに調整をしっかりと行いたい意図の下で戦うことになりそうだ。 とはいえ、やはり本大会に向けては勝ちたいところ。「危険なチームだと思っている」と日本を警戒したが、負ける気はさらさらないはずだ。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210712_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、三好康児 FW:前田大然 監督:森保一 この試合に関しては、あくまでもトレーニングマッチという位置付けが強く、ベンチ入りは22名。そして交代選手は11名までOKという条件でホンジュラス側と合意している。なお、交代はハーフタイムに加えて3回までと変更はない。 初戦まで残り10日での試合。守護神は谷晃生(湘南ベルマーレ)が立つと予想する。鈴木彩艷(浦和レッズ)も加わり、3人で争うこととなるGKのポジションだが、序列は谷が大迫敬介(サンフレッチェ広島)を上回ったと考えられる。まずは谷がゴールを守ることだろう。 最終ラインはオーバーエイジの酒井宏樹(浦和レッズ)、吉田麻也(サンプドリア)に加え、冨安健洋(ボローニャ)と中山雄太(ズヴォレ)が並ぶと予想する。左サイドバックはポイントとなるが、旗手怜央が前述の通り合流していないため、この試合は中山が起用されるだろう。 ボランチは遠藤航(シュツットガルト)と田中碧(デュッセルドルフ)のドイツコンビだろう。6月の活動でもこの2人の組み合わせがファーストチョイスになると見られる。しっかりと、実戦で確認をしていきたいところだ。 2列目も右から堂安律(PSV)、久保建英(レアル・マドリー) 、三好康児(アントワープ)が並ぶだろう。三笘薫は旗手と同様に不在。相馬も合流したばかりということもあり、この3名がまずは先発すると見る。 そして1トップだが、前田大然(横浜F・マリノス)と予想する。上田綺世(鹿島アントラーズ)が出遅れていることで、争うのは林大地(サガン鳥栖)だが、コンディションも戻してきた前田を起用すると予想する。 6月のシリーズではトップに入る時間は少なかったこともあり、ここで一度2列目とのコンビネーションを確認するだろう。 なお、このホンジュラス戦と17日のスペイン戦はサポートメンバーとして招集されている山本理仁、藤田譲瑠チマ、成岡輝瑠、鈴木海音、櫻川ソロモン、武田英寿の6人も出場する可能性がある。 注目の一戦は12日の19時30分から大阪のヨドコウ桜スタジアムで行われる。 2021.07.12 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ指揮官、イスタンブールBBSK戦に自信「3ポイントを取れると確信している」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、イスタンブール・バシャクシェヒル戦に向けて自信を覗かせている。クラブ公式サイトが伝えた。 チャンピオンズリーグ・グループHでここまで2勝2敗で3位に位置するライプツィヒ。2日に行われる第5節ではグループ最下位に沈むイスタンブール・バシャクシェヒルのホームに乗り込む。 勝てば2位浮上の可能性がある一方で、負ければ最下位に転落する可能性もある大一番。その一戦に先駆けた前日会見に出席したナーゲルスマン監督は、これまでやってきたことを継続したいと意気込み、結果に自信を見せている。 「水曜日(2日)のイスタンブールでの決戦はいつも通り戦うだけ。チャンピオンズリーグのグループステージでは試合数が少ないため、どの試合も「必勝」となる。私はポジティブ。第三者に頼らなくて良い。まだまだ自分たちの力で目標を達成できる」 「バシャクシェヒル戦でもトップパフォーマンスを見せなければいけない。PSGに対してできることを示していた。トルコの地で3ポイントを獲得できると確信している」 2020.12.02 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

衝撃の”1-7”での敗北…当時のキャプテンD・ルイスが「ミネイロンの悲劇」を振り返る

衝撃の”1-7”での敗北 当時のキャプテンD・ルイスが思いを語る「失望を与えた」 アーセナルに所属する元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)が2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)を振り返った。『ESPN』が伝えている。 1950年大会以来2回目の母国開催となったブラジル代表にとって負けられない大会となったブラジル大会だが、その結末は残酷なものだった。 準決勝でドイツと対峙するが、準々決勝のコロンビア戦で警告をもらったDFチアゴ・シウバは累積警告のため出場停止。さらに、エースのFWネイマールも同試合で脊椎を骨折し欠場を余儀なくされていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4Z0RiVzdtbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> チームとして完成されていたドイツ代表は前半11分のFWトーマス・ミュラーの先制点で勢いづくと、23分からの6分間で4ゴールを立て続けに奪った。結果的にスコアは1-7となり、ブラジル代表にとっての最大差敗戦記録に並び、選手たちは涙を流しながらピッチを後にした。 この試合で、チアゴ・シウバの代わりにキャプテンマークをつけたD・ルイスが、「ミネイロンの悲劇」とも称されるこの苦い思い出について、2007〜2011年まで在籍したベンフィカの公式サイトのインタビューで答えた。 「その試合まで、僕はワールドカップで最高の選手だったかもしれない。その試合は皆にとって失望だった。2、3点差をつけられてから逆転することになれていなかった。突然に、それは大きなダメージだった」 「それからの半年間、多くの人が隠れようとした。彼らは責任を取りたがらなかった。そして、僕は長い間たった一人でそれを担っていた」 2020.05.26 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

スアレスの“噛みつき”事件を振り返る元ウルグアイ主将「ウルグアイサッカー史でも最高」

元ウルグアイ代表DFのディエゴ・ルガーノ氏が2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)での“噛みつき騒動”を振り返った。イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジルW杯のグループステージ第3節のイタリア代表vsウルグアイ代表では、当時リバプールに所属していた現バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、対戦相手のDFイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの肩に噛みついた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHS3VyT083cCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> スアレスに対しては、国際サッカー連盟(FIFA)から4カ月間にも及ぶフットボール活動の禁止処分が科され、多くの注目を集めたが、この試合をベンチから観戦していたルガーノ氏が当時を回想した。 「ルイスはリバプールで戦っていた。そしてW杯の出来事で(レアル・)マドリーかバルサに行く可能性を失っていたかもしれない」 「彼は私たちが死なないように賭けに出た。彼は誰かを噛んだが、大義に忠実であったため、誰かを殺していたかもしれない」 「それが事実だ。彼の努力に感謝している。ルイス・スアレスに関するこのエピソードはウルグアイサッカーの歴史でも最高だと語るに値する」 「大義に忠実な選手の1つのミスを責めるべきではないと思った。イタリアの選手は、試合を通してルイスをマークしていた。ルイスが彼に噛みついた後、キエッリーニは(ディエゴ・)ゴディンのマークを失敗し、私たちは得点して予選を通過した。(噛みついた)次のコーナーキックで得点したので、ルイスがキエッリーニに心理的なダメージを与えたと思う」 「しかし、ルイスは国際サッカーの歴史上でも最も長い判決を言い渡され、彼のキャリアの最高の時にプレーすることができなかった」 現役時代には闘志溢れるセンターバックとして一時代を築いたルガーノ氏にとって、スアレスの行動は称賛に値するようだが、スアレス本人はこの一件で大きくイメージを落とした。それでも、事件後もバルセロナはスアレスの獲得を望み続け、W杯直後の2014年夏にバルセロナへ移籍している。 2020.04.27 18:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly