エデルのドッピエッタでインテルがバイエルンに快勝!《ICC2017》

2017.07.27 22:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・シンガポールラウンドのバイエルンvsインテルが27日にナショナルスタジアムで行われ、2-0でインテルが勝利した。

▽今大会最終戦となったバイエルンは、[4-2-3-1]の布陣。GKウルライヒに、ディフェンス陣はフンメルス、フィーニャ、フェリックス・ゲッツェ、アラバが並んだ。ディフェンシブMFにはトリッソとドルシュが入り、インサイドハーフはリベリとコマン。トップ下の位置にハメス・ロドリゲス、ワントップにはレヴァンドフスキが起用された。

▽一方、ICC2戦目のインテルは、[4-3-3]のフォーメーションで臨んだ。ゴールマウスを守るのはハンダノビッチ。4バックにはミランダ、ダンブロージオ、シュクリニアル、長友が並んだ。中盤にはコンドグビア、ジョアン・マリオ、ボルハ・バレロの3人。前線はペリシッチ、カンドレーバ、エデルの3人で挑んだ。

▽試合が動いたのは9分。右サイドのカンドレーバからのアーリークロスを、ゴール前に飛び込んだエデルがダイビングヘッドで押し込み、インテルに先制点をもたらした。

▽インテルは30分に追加点。長友のスルーパスから左サイドを突破したペリシッチが左足でクロスを上げる。それに頭で合わせたエデルがこの日2点目を決めて、リードを2点に広げた。

▽インテルの2点リードで迎えた後半、一進一退の攻防が続く中、71分には、バイエルンにチャンス。後半頭からトリッソに代わって入ったレナト・サンチェスがボックス手前からシュートを狙うが、わずかに右に外れる。

▽さらに79分には右サイドを攻めるバイエルンが、グラウンダーのクロスを上げると、インテルDFミランダがクリアし損ないあわやオウンゴールという場面に。

▽その後も2点を追うバイエルンが攻め込むが、インテルの固い守備を崩すことができず、このまま試合は終了。エデルのドッピエッタの活躍もあり、2-0で勝利したインテルが今大会2勝目を挙げた。敗れたバイエルンは今大会を通算1勝3敗で終えることとなった。なお、長友は90分までプレーしている。

関連ニュース
thumb

ルカクのインテル復帰が目前に! 予定を前倒し29日にもメディカルチェック&サイン

チェルシーに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(29)のインテル復帰が秒読み段階に入った模様だ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。 昨夏に9750万ポンドの移籍金でインテルから古巣チェルシーに移籍したルカク。クラブ史上最高額を記録した移籍金も示すように大きな期待がかけられたが、プレミアリーグでは26試合8ゴール、チャンピオンズリーグでは6試合で2ゴールと、平凡な成績に終わった。 すると29歳は次第にインテル復帰に気持ちが傾き始め、シーズン中にはクラブに無断で受けた取材でインテル愛を強調するなど余計な言動が目立った。そして、シーズン終了後はあからさまにその態度を示すようになり、その願い通り、まもなくレンタルでのネラッズーリ復帰が決まろうとしている。 レンタル料1000万ユーロ(約14億円)+賃金カットの条件を受け入れ30日にミラノに到着する予定となっていたルカクは、現在休暇でイタリアのサルデーニャ島に滞在。 しかし、今回の報道によればルカクは一刻も早くインテル復帰を決めるため、予定を前倒しして29日にメディカルチェックに向かうとのこと。そして、同日の午後にインテルのジュゼッペ・マロッタCEOとピエロ・アウシリオSD立ち合いのもと契約書にサインするようだ。 なお、この予定変更はインテルが6月30日に切れる税制上の優遇措置を逃さないためでもあるとのことだ。 2022.06.27 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルの逸材FWエスポージト、来季はベルギーに武者修行へ

インテルのU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(19)が、来季は期限付き移籍でアンデルレヒトへと加わるようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など複数メディアが報じている。 報道によると、インテルとアンデルレヒトの交渉はすでに最終段階に入っており、エスポージトはメディカルチェックのために明日にもベルギーに出発するとのこと。 今回の契約には100万ユーロ(約1億4300万円)の買い取りオプションが付随。しかし、インテル側も買い戻しオプションも盛り込んでおり、同選手の成長次第では将来的に呼び戻すことを考えているようだ。 2014年にブレシアからインテルの下部組織に加入したエスポージトは、186cmの恵まれた体躯に加え、テクニックやスピード、得点感覚も兼ね備えた万能型ストライカー。 10代前半からその才能を遺憾なく発揮してきた逸材は、2019年3月に行われたフランクフルト戦でヨーロッパリーグ(EL)におけるクラブ最年少デビュー記録(16歳と255日)を樹立。すると同年10月にはドルトムント戦でチャンピオンズリーグ(CL)デビュー。その3日後のパルマ戦ではセリエAデビューも飾り、同年12月のジェノア戦ではPKによる得点ながらトップチーム初ゴールをマークしていた。 しかし、その後はトップチームでの出場機会に恵まれず、2020-21シーズンはセリエBのSPALに武者修行に出されると、今季はスイスのバーゼルへレンタル移籍。バーゼルではリーグ戦23試合に出場し6ゴール5アシストを記録していた。 2022.06.27 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベがジェノアのU-21イタリア代表DFカンビアソ獲得へ本腰か

ユベントスがジェノアのU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)獲得へ本腰を入れているようだ。 カンビアソはジェノアの下部組織で育った両利きのサイドバック。今シーズンは本職である左のサイドバックやウイングバックのみならず、右サイドやセントラルハーフでもプレーし、セリエA26試合1得点4アシストを記録。ファーストチームでのデビューシーズンにも関わらず、優れたパフォーマンスを見せていた。 クラブは残念ながらセリエB降格となり、カンビアソ自身は2023年6月まで現行契約を残しているものの、今夏のステップアップが濃厚とみられており、これまでにイタリア国内から多くの関心が寄せられてきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、現時点でカンビアソの獲得を模索しているのはインテル、ユベントス、アタランタ、ボローニャとのこと。以前にはインテルが争奪戦のポールポジションに立っていると報じられたが、ユベントスも負けじと対抗してきたようだ。 ジェノアはカンビアソ獲得を望むクラブに対して移籍金1000万ユーロ(約14億2000万円)を要求しており、これに対して財政難にあえぐユベントスは若手選手の譲渡を含めることで支出の削減を図りたい考え。 今シーズンをセリエBのヴィチェンツァで過ごしたU-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)か、レンタル先のサレルニターナでセリエA20試合に出場したU-21ルーマニア代表DFラドゥ・ドラグシン(20)が交渉に含まれるとみられ、獲得に成功した場合はブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)に代わる同ポジションの新たな主力選手として据えたい思惑のようだ。 2022.06.26 18:29 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル退団濃厚のサンチェス、来季は?

インテルを退団濃厚とされるチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)に対し、数多くのトップクラブが関心を寄せているようだ。 2019年8月にマンチェスター・ユナイテッドからインテルへと加入したサンチェス。決して主力選手とは言えないものの、エースであるアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスらのバックアッパーとして確かな存在感を発揮し、公式戦109試合出場で20得点23アシストを記録している。 直近2シーズンでスクデットを含む3つのタイトル獲得に貢献してきたサンチェスだが、インテルからは今夏の退団を迫られており、母国チリの『La Tercera』によると、クラブ側からサンチェスへ400万ユーロ(約5億7000万円)を支払うことで契約解除となる様子。サンチェスはすでにビジャレアルやJリーグクラブからのオファーを一蹴したことが報じられてきたが、現在もアトレティコ・マドリー、マルセイユ、アストン・ビラ、古巣であるバルセロナとアーセナルなど多くのクラブからコンタクトがあるようだ。 今年12月には34歳を迎えるサンチェスだが、当面はヨーロッパでのキャリア継続を望んでおり、現時点で最も獲得に熱心なのがマルセイユだという。元チリ代表指揮官であるマルセイユのホルヘ・サンパオリ監督が電話でサンチェスの説得に当たっているとされ、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保していることから選手本人もやぶさかでない様子だが、どうやら高年棒がネックとなっているようだ。 サンチェス本人は、カンプ・ノウで共にプレーしたチャビ・エルナンデス監督が率いるバルセロナや、キャリアの全盛期を過ごしたアーセナルへの帰還を心待ちにしていると友人たちに明かしたようだが、現時点ではどちらのクラブからも具体的なオファーは提示されていないとみられている。 2022.06.26 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ミレンコビッチを巡ってイタリア・ダービー勃発か

フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)を巡ってインテルとユベントスが争奪戦を繰り広げる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 来季でフィオレンティーナとの契約が切れるミレンコビッチに関してはこれまでプレミアリーグ方面のクラブから関心を示されていると報じられていたが、『カルチョメルカート』によればイタリアで新天地を探す可能性が高まっているという。 そんな中でもパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されるDFミラン・シュクリニアルのインテルと、チェルシーへの移籍が噂されるDFマタイス・デ・リフトのユベントスが、それぞれ穴埋めとしてミレンコビッチの獲得に動くのではないかと主張している。 両チーム共に状況次第となるが、ミレンコビッチを巡るイタリア・ダービーを制すのはどちらになるか。 2022.06.26 06:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly