ナイキがCBのためのプレミアムクリニックを開催! 高校・ユース年代の国内最高峰リーグで活躍する選手が対象

2017.07.07 13:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ナイキジャパンは、「JFA Youth & Development Programme」の一環として、日本サッカーの強化、育成を目的に世界基準のトレーニングを提供している「NIKE ACADEMY TOKYO」の特別セッションとして、CB(センターバック)のためのプレミアムクリニック「NIKE ACADEMY TIEMPO MASTERCLASS」を2017年8月より開催することを発表した。

▽公益財団法人 日本サッカー協会の「JFA2005年宣言」の理念とビジョンに共感し、日本サッカーの継続的な発展のために、さらなる普及や次世代の育成を促進することを目的として2016年1月に立ち上がったプロジェクト「JFA Youth & Development Programme」をオフィシャルパートナーとしてサポート。2017年2月に特別セッション第1回目として、フィニッシャー養成を目的に開催した「LETHAL FINISHER MASTERCLASS」では、久保竜彦氏、柿谷曜一朗(セレッソ大阪)、風間八宏監督(名古屋グランパス)、大久保嘉人(FC東京)が特別コーチとして指導した。

▽第2回目となる「NIKE ACADEMY TIEMPO MASTERCLASS」は、CB対象の少人数制プレミアムクリニックとして元サッカー日本代表DFの岩政大樹氏監修として8月〜9月に開催する予定。世界で戦えるDFのスペシャリストに成長、飛躍するきっかけとなるプレミアムな環境を提供する。
▽参加条件は、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ/プリンスリーグ所属の選手。4回のトレーニングセッションすべてに参加可能な選手で、募集人数は2名。応募期間は7月23日に締め切り、7月下旬に発表される。

▽練習内容は、NIKE ACADEMY UKが開発したトレーニングをベースに、元日本代表DF岩政大樹氏監修の下で構成したDFに特化したトレーニング。トレーニングには、NIKE ACADEMYコーチ、現役プレーヤー、監督が指導にあたり、トレーニングを行うだけでなく、直接アドバイスをし、成長をサポートする。

▽岩政氏は「世界で通用するDFを育てるためには、“勝つための判断”ができるようになることが重要です。今の日本人プレーヤーは、特にFWに背負われたときに優位な状況を作ることができないという問題点が挙げられます。つまりは、その“状況を作るための手段”を理解することが必要なのです」とコメントしている。



【対象選手条件】
高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ/プリンスリーグ所属の選手
4回のトレーニングセッションすべてに参加可能な選手(日程は調整しながら開催します)

【募集人数】2名
※応募多数の場合、厳選なる抽選にて決定させて頂きます

【募集期間】7月23日当日締め切り・7月下旬発表
※当選者のみにご連絡させて頂きます)

【練習内容】
NIKE ACADEMY UKが開発したトレーニングをベースに、元サッカー日本代表 岩政大樹氏監修の下で構成したDFに特化したトレーニング。トレーニングには、弊社所属のコーチ、現役プレーヤー、監督にご協力頂きながら、トレーニングだけではなく、直接アドバイスを受け、成長をサポートする機会も作って参ります。

【日程】
8-9月の2ヶ月間に4回のトレーニングセッションを予定しております。
*現在以下の日程にて、スケジュールを組んでおります。
第1回/8月10日(木)
第2回/8月25日(金)
第3回/9月11日〜15日
第4回/9月下旬
※参加選手のスケジュールを考慮しながら、日程・時間を調整して参ります。

【場所】
東京近郊のグラウンド
※他の地域で開催する可能性もございます。
※参加者が必要とする国内移動、宿泊の費用に関しては、すべて弊社にてご負担させて頂きます。
※前泊もしくは後泊が必要な場合も、その費用は弊社にてご負担させて頂きます。

【注意事項】
※ 当日トレーニングするウェア、スパイク等は、ナイキで準備をします。
※ 応募者多数の場合は抽選を行います。抽選の結果については、NIKE FOOTBALL運営事務局 (nikefootball@nike.jp) からメールにてご連絡いたします。


関連ニュース
thumb

「壮大で記憶に残る」ナイキのPVでムバッペvsロナウジーニョが実現!豪炎寺修也も登場で海外ファン歓喜

ナイキの最新フットボールキャンペーン「Footballverse」のプロモーション映像が注目を集めている。 ナイキは16日、「全ての世代のアスリートがスポーツの歴史に名を残し、そのスポーツの世界を広げただけではなく、未来の世代のアスリートたちが自分達の爪痕を刻むことを励ましている」との主張のもと、「Footballverse」を展開。過去から現代に至るナイキの偉大なプレイヤーたちが主役となり、彼らが一つのピッチで競う世界を、想像力と遊び心を交えて描いた。 ストーリーはスイスのジュネーブにある秘密研究所を舞台とする。科学者たちは、現代のフランス代表FWキリアン・ムバッペと2006年のロナウジーニョ、どちらが優れているかという議論を発端に、「マルチバース」と呼ばれる仮想選手を召喚して実際に対戦させようと試みた。 フィルムには2人のほかに、元ブラジル代表のロナウド氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとその息子ジュニアくんや、アメリカ女子代表FWアレックス・モーガンなど10名を超えるナイキの契約アスリートが登場。は映画「ときめきサイエンス」のダニー・エルフマン作曲でオインゴ・ボインゴによる懐かしいサウンドトラックも採用されている。 新旧レジェンドの共演には「これまでに作成された最高のマルチバース!」、「涙がこぼれました」、「ナイキは常にコマーシャルで先を行っています」、「美しく壮大で記憶に残るコマーシャル!」といった大賛辞が寄せられた。 また、実在の登場人物のみならず、イナズマイレブンのキャラクター、豪炎寺修也も登場。「ゴウエンジが出てきてカッコいい」「GOUENJIが入っているだけで最高のサッカーCM」「みんなGouenjiを入れた」「豪炎寺修也、史上最高!」と、日本のゲームキャラクターには海外のファンからも熱い視線が注がれることとなった。 ◆出演者一覧 アレックス・モーガン(アメリカ女子代表FW) カーリー・ロイド(元アメリカ女子代表FW) クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表FW) クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア エドガー・ダービッツ(元オランダ代表MF) ケビン・デ・ブライネ(ベルギー代表MF) キリアン・ムバッペ(フランス代表FW) リア・ウィリアムソン(イングランド女子代表DF) フィル・フォーデン(イングランド代表MF) ロナウジーニョ(元ブラジル代表FW) ロナウド(元ブラジル代表FW) サマンサ・カー(オーストラリア女子代表FW) シェーン・クライファート(元オランダ代表FW四男) ヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ代表DF) 豪炎寺修也(イナズマイレブン) 研究者のおじ <span class="paragraph-title">【動画】ムバッペvsロナウジーニョの実現や豪炎寺修也も登場!ナイキの「Footballverse」PV</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6p4SeR3pliM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.17 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「これは買う」「カッコ良すぎる」絶賛されつつも、既視感? 浦和が黒ベースのフランクフルト戦限定のユニフォームを発表「来季のアウェイユニにして」

浦和レッズは8日、フランクフルト戦で着用する限定ユニフォームを発表した。 浦和は、16日にブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by スカパーJSAT でさいたまシティカップとしてフランクフルトと対戦する。 かつて浦和でプレーしたMF長谷部誠が凱旋する試合。長谷部はケガからの復帰を目指している中、すでに帰国しているとのこと。埼玉スタジアム2002のピッチに立つことが期待されている。 今回の限定ユニフォームは、普段とは全くイメージが異なるもの。赤と黒の配色だが、黒がベースとなっており、赤の細いストライプが入っており、フランクフルトのユニフォームを彷彿とさせる感じもある。なお、パンツは黒となる。 この限定ユニフォームは後日販売予定とのことだ。 ファンは「めちゃくちゃ格好いい!!」、「これ良い」、「来季のアウェイユニにして欲しい」、「これは買う」、「カッコ良すぎる」と好評だ。 一方で、「札幌じゃん」、「ミランぽい」とどこか既視感もあるとの意見も。ただ、黒をベースにしたユニフォームは好意的に受け止められている。 <span class="paragraph-title">【写真】札幌?ミラン?それでも好評な浦和の限定ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><br><br>この限定ユニフォームのパートナーにつきまして、お知らせいたします。<a href="https://t.co/PRTpA0eKrE">https://t.co/PRTpA0eKrE</a><br><br>限定ユニフォームは、後日販売予定。<a href="https://twitter.com/hashtag/REDS030th?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#REDS030th</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#さいたまシティカップ</a> <a href="https://t.co/GxW4qMuq1w">pic.twitter.com/GxW4qMuq1w</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1589875782557790208?ref_src=twsrc%5Etfw">November 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.08 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

世界も仰天のコリンチャンスの“日本語”ユニフォームが試合で着用、選手名はまさかの“カタカナ”でさらに驚き

大胆すぎるデザインが世界中で大きな話題となっていたコリンチャンスの日本語ユニフォームだが、本当に試合で着用されていた。 7日、コリンチャンスは今シーズンの3rdユニフォームを発表。このデザインがリークされた段階で大きな話題となっていたが、正式に発表。2012年に日本で行われたFIFAクラブ・ワールドカップ(FCWC)でチェルシーを下して2度目の戴冠を手にしてから、10周年を迎えたことを記念し、日本語がプリントされたものとなっていた。 「これがコリンチャンスです。」という文字が大量に並ぶ異質とも言えるデザインのユニフォームだったが、8日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAのアトレチコ・パラナエンセ戦でお披露目となった。 遠目にみれば、点線のストライプにも見えなくはないデザインだが、やはり近くで見ると異質感が。さらに、選手の名前はカタカナで表記されるというこだわりを見せていた。 流石に背番号は漢数字ではなかったが、日本への想いが詰まったユニフォーム。試合も2-1でコリンチャンスが勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【写真】名前は“カタカナ”表記、ピッチに立つとより異質さが目立つコリンチャンスの日本語ユニ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/corinthians20221010_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/corinthians20221010_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/corinthians20221010_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/corinthians20221010_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.10 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

日本を抑えて1位でW杯出場決めたサウジアラビア、W杯ユニは伝統の緑と白もスピード感と大胆さを表現

6度目のワールドカップ(W杯)に出場するサウジアラビア代表のユニフォームが発表されている。 カタールW杯アジア最終予選では、日本代表とグループステージで同居。日本に勝利するなどし、グループを首位で通過。2大会連続のW杯出場を決めていた。 エルヴェ・ルナール監督率いるチームは、カタールW杯ではアルゼンチン代表、ポーランド代表、メキシコ代表と実力あるチームと同じグループに入ることとなった。 W杯本番までは、9月に2試合を行い、エクアドル代表、アメリカ代表と対戦。日本と同じ相手とヨーロッパで戦っている。 さらに10月にはアルバニア代表とホンジュラス代表、11月のW杯前にはアイスランド代表おtクロアチア代表と、まだ5試合も調整試合を残しているのが特徴的だ。 そのサウジアラビアのカタールW杯ユニフォームは、伝統的な緑と白のカラーとなった。 ホームは伝統の緑。サウジアラビアサッカー連盟 (SAFF) の盾には、サッカーという言葉を多言語で表すアラビア語のハヤブサ(saqr)が描かれている。 濃い緑の中に、薄い緑の模様が入っており、これまでのユニフォームから柄がわかりやすく変化している。 また、アウェイはこれも伝統の白に。2018年、2020年のアウェイと同じコンセプトで作られ、スピード感と大胆さを表しているという。 27日に日本と対戦するエクアドルとは0-0のゴールレスドローに終わっていたが、残りの調整試合でどんな仕上げを行うだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】日本を抑えてグループ1位でW杯出場決めたサウジアラビア、伝統の緑にモダンな柄が</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"> <a href="https://t.co/Ws6EJkeCze">pic.twitter.com/Ws6EJkeCze</a></p>(@SaudiNT) <a href="https://twitter.com/SaudiNT/status/1573240084107005953?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet">(@SaudiNT) <a href="https://twitter.com/SaudiNT/status/1570472710148427778?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/saudi20220926_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.09.26 23:38 Mon
twitterfacebook
thumb

イメージは広大な自然! オーストラリア代表のW杯ユニフォームデザインはホームは陸、アウェイは海!

オーストラリア代表のカタール・ワールドカップ(W杯)の新ユニフォームが発表された。 日本代表とはアジア最終予選でも同じグループで戦ったオーストラリア。アジアプレーオフ、大陸間プレーオフを勝ち抜き、5大会連続でのW杯出場を決めた。 そのオーストラリアは、新たなユニフォームを発表。サプライヤーのナイキは、自然をテーマにデザインした。 ホームはアウトバックの険しい砂地の風景と、豊かな湿地、そして森林を思い起こさせるものとなっている。 また、アウェイは、オーストラリアの海岸線と豊かな海へのオマージュに。黒曜石と緑の輝きは海洋生物と珊瑚礁を表し、オーストラリア人と沿岸生物との深いつながりを示している。 <span class="paragraph-title">【写真】オーストラリアの自然をイメージ? それでもシンプルなW杯ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiuTAOuuAW5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiuTAOuuAW5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiuTAOuuAW5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Socceroos(@socceroos)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/aus20220925_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/aus20220925_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.09.25 23:58 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly