エスパニョールにレジェンド帰還! FWセルヒオ・ガルシアが2年ぶりの復帰

2017.06.16 19:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エスパニョールは16日、アル・ラーヤンから元スペイン代表FWセルヒオ・ガルシア(34)がフリートランスファーで加入することを発表した。契約期間は1年間となるが、出場数とゴール数によって、翌年の契約が延長されるオプションが付随している。

▽エスパニョールの宿敵バルセロナでプロキャリアをスタートしたセルヒオ・ガルシアは、サラゴサ、ベティスを経て2010年にエスパニョールに加入。在籍5シーズンで公式戦162試合に出場し、44ゴールを記録した。また、2015年にアル・ラーヤンに旅立つまでキャプテンを務めるなど、ペリコのアイドルとして活躍していた。

▽今年1月の移籍市場では加入寸前まで行きながら移籍実現とはならなかったセルヒオ・ガルシアだが、この度2年ぶりの復帰が決定した。

▽なお、今月末までアル・ラーヤンとの契約が残っているため、正式加入は7月1日以降となる。
コメント
関連ニュース
thumb

エスパニョール、新監督に久保建英を指導したビセンテ・モレノ監督を招へい

セグンダ(スペイン2部)に降格したエスパニョールは4日、新監督にビセンテ・モレノ氏(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。 今シーズン、ダビド・ガジェゴ、パブロ・マチンという2人の指揮官の下で最下位に低迷していたエスパニョールは、2019年12月にアベラルド・フェルナンデス前監督を招へい。しかし、指揮を執ったラ・リーガ13試合の戦績は3勝5敗5分けと振るわず。そして、クラブは成績不振を理由に7試合を残した中で同監督を解任。 その後はスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたフランシスコ・ルフェテ氏が、シーズン終了までの暫定監督を務めたが連敗を止められず、3節を残して27年ぶりのセグンダ降格が決定した。 後任に指名されたモレノ氏は、2011年に現役を引退。最後の所属クラブとなったヘレスで指導者の道をスタートさせると、ジムナスティックの指揮官を経て、2017年から当時セグンダB(スペイン3部)に沈んでいたマジョルカの監督に就任。 2年連続でチームを昇格させたことで知られ、ラ・リーガ初挑戦となった今シーズンはセグンダBから在籍するメンバーに加え、日本代表MF久保建英らを加えたメンバーでシーズンに臨んだが、惜しくも残留を逃していた。 2020.08.05 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ウー・レイが2部降格のエスパニョール残留を決意

中国代表FWウー・レイ(28)が、エスパニョール残留の意思を明らかにした。 昨年1月に上海上港からエスパニョールに加入したウー・レイ。中国のスーパースターである同選手の移籍には大陸全土が注目し、デビュー戦となった同年2月のビジャレアル戦は2.8%の視聴率を記録。人口14億人として計算すると4000万人がその一戦を観戦したことになる。 しかし、今季のチームはそんな期待とは裏腹に開幕から不振に陥ると、わずか5勝しか挙げられず27年ぶりに降格の憂き目に。ウー・レイにはウォルバーハンプトン移籍の噂が取り上げられるなど去就が注目されていたが、2部での戦いとなる来季も残留することを明言した。中国『xinhuanet』が伝えている。 「僕の去就が議論されているのを何度も見てきたけど、僕はずっと自分の考えを明確にしてきた」 「エスパニョールにとどまって、セグンダ・ディビシオンで戦う決意をしたよ」 2020.07.28 00:15 Tue
twitterfacebook
thumb

エスパニョール時代の若きコウチーニョが壁の下を通す技ありゴール【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回はブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがエスパニョール時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆相手の壁をまんまと騙す技ありゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjNXc5dVo0MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現在はバルセロナからバイエルンへとレンタル中のコウチーニョだが、インテル時代の2012年1月からはエスパニョールにレンタル移籍し、2012年3月25日に行われたラ・リーガ第30節のマラガ戦では見事なフリーキックを決めている。 前半24分、ペナルティーアークのわずか外、ゴールまで約20mと少しという絶好の位置でFKのチャンスを獲得すると、コウチーニョが短めの助走から丁寧にシュートを放つ。 相手の壁はコウチーニョのキックと同時に全員がジャンプするが、コウチーニョはその壁の下を狙うグラウンダーのシュートを選択。意表を突かれた相手GKウィリー・カバジェロの反応は大きく遅れ、ゴールネットを揺らした。 コウチーニョのエスパニョールでのプレーはわずか半年だったが、当時のマウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を獲得。その後の2013年1月にリバプールへと移籍し、欧州屈指のプレーメイカーとして成長を遂げていった。 2020.07.14 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フル出場の乾がPK獲得のエイバル、降格決定済みのエスパニョールに勝利!マジョルカの結果次第で残留へ《ラ・リーガ》

エイバルは12日、ラ・リーガ第36節でエスパニョールとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 前節レガネスとの残留争いをゴールレスドローとし、降格圏のマジョルカと4ポイント差となっている15位エイバル(勝ち点36)は、乾が[4-2-3-1]の左MFで先発に戻った。 前節降格の決まった最下位エスパニョール(勝ち点24)に対し、立ち上がりから圧力をかけたエイバルだったが、徐々に押し込まれ始めると20分にピンチ。FKからエスピノーサのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKドミトロビッチがセーブした。 すると23分、乾の仕掛けからPKを獲得する。ロングボールを受け、ボックス左に侵入した乾がビクトル・ゴメスをかわしにかかったところで相手のハンドを誘った。このPKをエスポジトが決め、エイバルが先制に成功した。 さらに34分、エイバルはスローインの流れからボックス左のクリストフォロがバックヘッドで逸らすと、エスピノーサの手に当たって2つ目のPKを獲得。キッカーのエスポジトはGKディエゴ・ロペスにシュートを止められるも、ルーズボールを押し込んでエイバルが加点に成功した。 エイバルが2点をリードして迎えた後半、55分に乾がチャンスメーク。ボックス左へ抜け出した乾がマイナスにパスし、キケ・ガルシアがシュート。だが、GKディエゴ・ロペスにセーブされた。 その後は守勢に回ったエイバルだったが、エスパニョールの反撃を許さずに時間を消化。2-0で勝利し、このあと試合を行うマジョルカがセビージャに敗れれば今節で残留が決まることになった。 2020.07.12 22:58 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ・ダービーで辛勝のセティエン監督「スペースやパス精度がなかった」、ライバルの降格にも言及

バルセロナのキケ・セティエン監督が、8日に行われたラ・リーガ第35節のエスパニョール戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 逆転優勝に向けて戦うバルセロナと、残留に向けて戦うエスパニョールによる“バルセロナ・ダービー”。バルセロナはエスパニョール相手に苦戦を強いられたが、56分にFWアントワーヌ・グリーズマン、FWリオネル・メッシと繋いだボールをFWルイス・スアレスが押し込んで先制に成功。そのまま、逃げ切りに成功し、1-0の辛勝を収めた。 <div id="cws_ad">◆バルセロナとエスパニョールで活躍した5選手の技ありゴール<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaN0w0WHRzUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナは、首位のレアル・マドリーと暫定ながら勝ち点差を「1」に縮めた一方で、この敗戦によりエスパニョールは27年ぶりに2部へと降格することが決定していた。 試合後、セティエン監督は「確かに今日は素晴らしい試合ではなかった。エスパニョールが守備的で、とても難しかった。非常に激しく、閉ざされていた。そこに動いても、スペースやパス精度がなかった」と苦戦したと述べた。 この試合では後半頭から出場したFWアンス・ファティが、DFフェルナンド・カレロと接触した際に一発退場の処分が下っていた。この判定について問われると、その3分後に退場したMFポル・ロザーノにも触れ、「我々はアンスがボールに行っていたことを確認した。彼がボールに触れていたから論争があるのは明らかだ。重大な判定だった。最初がレッドカードなら2人目も同じだ。2人の退場はスペースを作り出した」と見解を示した。 また、27年ぶりに2部降格となった同じ街のライバルであるエスパニョールについては「今日の試合を見る感じでは違った。しかし、リーグ戦は何日も戦いが続く。1つの悪い試合だけで降格することはない。2試合、4試合でもだ。これは選手の時に何度も苦しんだ。こういったことが起こる場合、そのシーズンに何か間違ったことをしていたということだ」とライバルクラブの2部降格に言及している。 2020.07.09 10:00 Thu
twitterfacebook