ポグバ兄弟対決はイブラのハットで弟に軍配《EL》2017.02.17 07:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは16日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでサンテチェンヌを本拠地オールド・トラフォードに迎え、3-0で快勝した。▽フェネルバフチェ、フェイエノールトらと同居したグループAを2位通過したユナイテッドは、国内リーグでは16戦無敗と好調。そのユナイテッドは直近のワトフォード戦のスタメンから2選手を変更。GKデ・ヘアとムヒタリャンに代えてGKロメロとフェライーニを起用した。そして、ポグバ兄弟の対決が実現した。

▽マインツやアンデルレヒトらと同居したグループCを首位通過し、国内リーグで5位に付けているサンテチェンヌに対し、ユナイテッドは3分にピンチ。バイリーのバックパスが短くなって相手にカットされたが、シュートには持ち込まれず助かった。

▽その後はボールを保持して主導権を握ったユナイテッドが15分に先制する。ボックス手前左で得たFKをイブラヒモビッチが直接狙うと、壁に当たってコロコロと転がっていったボールがGKの逆を突いてゴールラインを割った。

▽先制後も押し込むユナイテッドは25分に決定機。ポグバの浮き球パスをボックス中央のマタがボレーシュート。しかしGKの好守に阻止された。続く31分にマルシャルがドリブルシュートで決定機を演出すると、ハーフタイムにかけては何度かサンテチェンヌにシュートを許したものの、GKロメロが慌てるほどのシーンはなく、1-0で前半を終えた。

▽迎えた後半、フェライーニに代えてリンガードを投入したユナイテッドは、53分にチャンス。マルシャルがドリブルシュートでGKを強襲した。続く63分にはポグバの左足コントロールショットで追加点に迫ったユナイテッドは、69分にFKからポグバのヘディングシュートがバーを直撃。

▽73分に途中出場のルーにボックス右からチップキックシュートを打たれる大ピンチに見舞われたが枠を超えて助かると、75分にようやく突き放す。ボックス左からラッシュフォードが折り返したクロスをポグバ兄がクリアしきれずフリーのイブラヒモビッチが難なく蹴り込んだ。

▽79分に足をつったポグバ兄がピッチを去ったサンテチェンヌに対し、87分にイブラヒモビッチがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをイブラヒモビッチ自ら決めてハットトリック達成。ユナイテッドが3-0で快勝し、来週敵地で行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。
コメント
関連ニュース
thumb

マンチェスター・ダービーは欠場へ…負傷交代のデ・ブライネについてペップ「出られないと思う」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、トッテナム戦で負傷交代したベルギー代表MFケビン・デ・ブライネについて試合後に語った。イギリス『ガーディアン』が報じた。 リバプールとプレミアリーグの優勝争いをしているシティは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグから中3日で同じトッテナムと対戦。CLでは苦杯を嘗める結果となったものの、リーグ制覇に向けて負けられない一戦に臨んだ。 試合は開始5分、右サイドから崩すと、クロスをアグエロがファーサイドでヘッド。この折り返しに、フォーデンが反応しダイビングヘッドで決め、シティが1-0で勝利した。 しかし、前半38分にこぼれ球をシュートしたデ・ブライネが、自らボールを外に蹴り出し倒れ込み、そのまま担架で運ばれ退場。フェルナンジーニョと交代していた。 試合後、グアルディオラ監督はデ・ブライネの状態について問われると、「まだデ・ブライネ、そしてドクターと話していない。ただ、筋肉のケガだろう」とコメント。また、「その影響の大きさは分からない」とどれほどの重度かは判明していないことを明かした。 また、24日には延期となっていたマンチェスター・ユナイテッドとのダービーを控えているシティだが、グアルディオラ監督は「明日彼に会えるが、次の試合は出られないと思う」とコメントし、大事な“マンチェスター・ダービー”を欠場することが濃厚だと語った。 今シーズンのデ・ブライネは、2度の負傷離脱もありプレミアリーグでは18試合に出場し2ゴール2アシスト。チャンピオンズリーグでも4試合に出場し4ゴールと、これまでほど出場機会はないものの、タイトルを争うチームにとっては大きな痛手となるだろう。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1cx1siiiy113u1vi7ic68ozkyr" async></script> </div> 2019.04.21 09:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドはメッシ対策が甘かった! モウリーニョ指摘

ジョゼ・モウリーニョ氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドのチャンピオンズリーグ(CL)敗退に言及した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 準々決勝でバルセロナと激突したユナイテッドはホームでの1stレグで0-1の先勝を許すと、続く2ndレグで0-3の完敗。2戦合計0-4でベスト8敗退が決まった。その2ndレグ、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2得点を記録。今シーズン途中までユナイテッドを率いたモウリーニョ氏は、古巣の緩慢なメッシ対策が勝負を決したと話した。 「1stレグで中央をしっかりとケアしたが、ユナイテッドの(2ndレグに向けた)アプローチは異なった。メッシのポジションはわかりやすいが、彼を制御するゲージを作ることは簡単じゃない」 「1stレグでフレッジとマクトミネイが常に中央をケアしていたが、2ndレグは勝利が必要だったからか、中盤左右にポグバとマクトミネイ、トップ下にリンガード、アンカーにフレッジを置き、違う視点で試合に入った」 「その位置にメッシが入り込み、ボールを受け、一対一に持ち込まれたら、死んだも同然さ。私はメッシとの一対一を絶対に好まない。メッシを抑止するなら、彼専用のゲージを作らなければならない」 2019.04.20 10:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ルカク売却姿勢か

マンチェスター・ユナイテッドはベルギー代表FWロメル・ルカク(25)に対して、移籍の扉を開いているという。イギリス『テレグラフ』が報じた。 2017年夏に5年契約+1年間の延長オプションでエバートンから加入したルカク。現在、インテルやパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルンが関心を示しているとされ、代理人のフェデリコ・パストレッロ氏は以前に移籍の可能性をほのめかしており、「彼はイタリアが好き。異なる文化や異なるフットボールに触れることを好む選手だ」だとも発言した。 そのルカクはシーズンが進むに連れて調子を取り戻しつつあるが、オーレ・グンナー・スールシャール監督はイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードをセンターFWの1stチョイスとして重宝。今夏の補強と放出に関して「冷酷にいく」と予告しており、ベンチスタートが多いルカクを売却候補の1人としてみなしている可能性がある模様だ。 だが、ルカクの売却は週給25万5000ポンド(約3700万円)の高給だけでなく、エバートンから獲得した際に投じた移籍金7500万ポンド(約109億1000万円)の取り戻しを試みるユナイテッドの希望売値がネックとなり、難航することが有力とのこと。果たして、ルカクの将来はいかに…。 2019.04.20 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

フォス=メンサー、ヒザの手術で今季終了

フルアムは19日、オランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーがヒザの手術を受けることを発表した。 今季、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍しているフォス=メンサーは13日、プレミアリーグ第34節のエバートン戦でヒザを負傷。この度手術を受けることが明らかとなり、今季終了が確定した。 マンチェスター・ユナイテッドも、フォス=メンサーの復帰を発表。手術後のリハビリなどはユナイテッドで行うようだ。 同選手は今季リーグ戦12試合に出場していた。 2019.04.20 02:24 Sat
twitterfacebook
thumb

名手デ・ヘア、失態のCLバルサ戦後に謝罪

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・へアが16日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦後、チームメイトに詫びたという。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ホームでの1stレグで0-1の先勝を許したユナイテッド。続く16日の2ndレグで逆転突破に向け、勝利が求められ、立ち上がりから攻勢を仕掛けた。だが、終わってみれば0-3の完敗。パリ・サンジェルマン(PSG)との前ラウンドに続く逆転突破とはならず、ベスト8敗退が決まった。 この2ndレグでもゴールマウスを守ったデ・へアだが、16分に先制を許すと、続く20分にも失点。その2失点目はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの利き足ではない右足から繰り出された勢いのないシュートだったが、らしくない脇の下を抜かれる凡ミスを犯してのものだった。 そうしたパフォーマンスに批判な声が相次ぐデ・ヘアは敗退が決まった2ndレグ終了後、ドレッシングルームで自責の念を強め、チームメイトに謝罪。自身のミスがなければ、ユナイテッドが準決勝に勝ち上がれたかもしれなかったとの旨を口にした模様だ。 近年のフットボール界において、指折りのGKとして数えられるデ・ヘア。今後、プレミアリーグでのトップ4争いに全力を注ぐことになるユナイテッドの守護神として、名誉挽回のパフォーマンスが求められる。 2019.04.19 14:15 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース