ファンに謝罪するイカルディ「インテルは家族。今は誤解が生んだ辛い時期」2016.10.18 09:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルの元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが、クラブの公式サイトを通じてファンに謝罪している。▽イカルディは先日、発表した自叙伝の中で2015年2月に起きたサポーターとの問題について言及。サッスオーロとのアウェイゲームの試合後に自身のユニフォームをインテルサポーターの陣取る一角に投げ込んだものの、最終的に投げ返されたと記述。また、当時のインテルサポーターに関しても辛辣な言葉で綴っていた。

▽そして、この自叙伝の内容を知ったインテルのウルトラスは、このサッスオーロ戦後に起きた出来事がイカルディの創作であり、嘘つきはキャプテンに相応しくないと痛烈に非難。その後、予想外の事態に焦ったイカルディは、自身の『インスタグラム』で火消しに走るも、16日にジュゼッペ・メアッツァで行われたカリアリ戦ではゴール裏のスタンドに「お前は男じゃない! お前はキャプテンではない!」と、同選手を非難するバナーが掲げられるなど、インテリスタは謝罪を受けいれていない。

▽この事態を受けてインテルのハビエル・サネッティ副会長は「「(キャプテン剥奪を含めた)何らかのアクションを起こすか? 残念なことにイエスだ」と、イカルディに対する罰を与えると明かしていた。

▽インテルの公式サイトによると、17日の午前中にクラブとイカルディの会談が行われたようで、クラブ側は改めて、イカルディが内部規則違反を犯したことを明かした。一方でイカルディはファンに向けて次のようにメッセージを残している。

「ここ数日に起こったことは、僕にとってとても悲しいことだった。インテルに加入してからは、このクラブのことを最優先に考えなければいけない家族のようなものだと教えられてきた。今回のことは僕にとってつらい時期で、誤解が起こってしまったと思っている」

「今回は僕の少し早すぎた自伝本から始まってしまった。その本のいくつかに不適切な部分があった。このことでインテルのファンに不愉快な思いをさせてしまったことを本当に申し訳なく思っているよ」

「クラブの決定事項にはすべて従う。これからはもっと注意して行動していくつもりだし、チームでの役割もこなす。今は前よりも一段と結束力が強くなったと実感している。これからも一緒に勝利を目指そう」

▽なお、イギリス『BBC』によると、噂されたキャプテンははく奪は行われないことが決定したようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルとアトレティコがバートランド獲得に興味

サウサンプトンのイングランド代表DFライアン・バートランド(29)に、インテルとアトレティコ・マドリーが興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 レンタル移籍を経て2015年2月にチェルシーから完全移籍したバートランド。左サイドのスペシャリストとしてすぐにレギュラーを勝ち取り、ここまで公式戦171試合に出場している。 イングランド代表としても活躍するバートランドに、インテルとアトレティコから関心が寄せられているという。 アトレティコはDFリュカ・エルナンデスがバイエルンに移籍したうえ、DFフィリペ・ルイスの去就も不透明。そこで実力と経験値を兼ね備えたバートランドに目を光らせているという。インテルもアントニオ・コンテ新監督が同選手に興味を持っているとのことで、争奪戦が予想されている。 1500万ポンド(約20億円)を要求するセインツに対し、アトレティコもインテルも1000万ポンド(約13億7000万円)以下に抑えたいと考えている模様。小さくない隔たりがあるものの、セインツは来季からDFマット・ターゲットを左サイドバックのファーストチョイスと見込んでいるらしく、交渉の余地はあるようだ。 2019.06.20 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマFWジェコ、インテルとの移籍話も条件に隔たり

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)についてインテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)とローマのグイド・フィエンガCEOにより話し合いが行われたとイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ジェコはヴォルフスブルクやマンチェスター・シティで活躍後、2015-16シーズンにローマへレンタル移籍。その後16-17シーズンから完全移籍で加入し、同年度にはリーグ戦29得点を挙げセリエA得点王に輝いた。今シーズンはリーグ戦で33試合9得点という成績を残した。 ローマはジェコ移籍に際し、インテルにおよそ2000万ユーロ(約24億円)を要求。それに対しインテルのマロッタCEOの反応は思わしくないようで、それ以降どちらのクラブも特に動くことはなく移籍話は停滞しているという。 現金だけでは移籍成立困難な為、話し合いの中でインテルからはGKイオヌ・ラドゥ、FWアンドレア・ピナモンティ、ローマからはFWダビデ・メロラといった若手選手をトレードする事も挙がっているようだ。各国リーグで輝かしい成績を残してきたベテランFWの今後に注目が集まる。 2019.06.20 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル行き噂のルカク、豪ツアー前の決着希望か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)が7月前の去就決着を希望しているという。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール体制下で序列が低下しているルカク。今夏のインテル入りを切望しているといわれており、来シーズンから指揮を執るアントニオ・コンテ氏もチェルシー時代に続いて同選手の獲得を熱望しているとみられ、今後の動向に注目が集まっている。 ユナイテッドは移籍金7500万ポンド(約102億3000万円)で獲得したルカクの売却準備をしているが、現時点でインテルからの入札はなし。ただ、ルカクはユナイテッドが7月初旬に出発するオーストラリアツアー前の去就決着を望んでいる模様だ。 なお、イギリス『サン』が19日付で報じたところによれば、ルカクとインテルは週給18万ポンド(約2400万円)の個人条件で合意。移籍金として見込まれる7500万ポンドは、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)の売却で調達する方向だという。 2019.06.20 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ポリターノの買い取りオプションを行使!

インテルは19日、サッスオーロのイタリア代表FWマッテオ・ポリターノ(25)の買い取りオプションを行使したことを発表した。買い取り金額は2000万ユーロ(約24億2000万円)とのことだ。 昨夏、サッスオーロからインテルに買い取りOP付きのレンタルで加入したレフティーのアタッカーであるポリターノは今季、セリエAで36試合に出場し5ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでは6試合に出場して1アシストを、ヨーロッパリーグでは4試合に出場し1ゴールを決め、主力として活躍していた。 また、インテルは同日、ジェノアのU-19イタリア代表FWエディー・サルセド(17)の買い取りオプションを行使したことも併せて発表した。昨夏、レンタルでインテルに加入したサルセドは、プリマヴェーラで35試合に出場し13ゴールを決めた。買い取り額は800万ユーロ(約9億7000万円)とのことだ。 2019.06.20 04:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表指揮官、ルカク退団は「明らか」

ベルギー代表を指揮するロベルト・マルティネス監督が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWロメル・ルカクの去就に言及した。イギリス『talk SPORT』が伝えている。 公式戦45試合で15ゴールを挙げながらも、その不安定なプレーの方が目立ってしまった今シーズン。7500万ポンド(現レートで101億円)を支払って獲得したルカクも、現在では不可欠な存在ではないというのが大半の見方だ。 そんなルカクには、先日アントニオ・コンテ監督が就任したインテルが強い関心を見せている。本人もユナイテッドに未練はないとされる中、マルティネス監督がルカクの去就に言及。ベルギー『HLN』にこう語った。 「彼がマンチェスター・ユナイテッドを去らなければならないのは明らかだ。それは両者にとっていい結果になるだろう。今大切なのは、ルカクが幸せにプレーできるかどうかということだ」 また、ルカクもイタリア『メディアセット』に「コンテがインテルに行ったことは僕にとって良いことだ。彼は世界最高の監督だからね」と語り移籍を示唆。ルカクのイタリア行きの可能性は日に日に高まっている。 2019.06.19 16:10 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース