アタランタ、FWパロスキの獲得を発表…わずか半年でスウォンジー退団2016.06.17 19:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アタランタは17日、スウォンジーからイタリア人FWアルベルト・パロスキ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。2016年7月1日付けで正式にアタランタの選手となる。なお、契約期間、移籍金については明らかにされていない。

▽2007年にミランでトップチームデビューを果たしたパロスキは、これまでパルマ、ジェノア、キエーボでプレー。2016年冬にスウォンジーへと活躍の場を移すも、リーグ戦10試合で2ゴールという成績に終わっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

3位インテルと5位アタランタの上位対決はゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第31節、インテルvsアタランタが7日に行われ、0-0で引き分けた。 前節ジェノア戦でキャプテンを剥奪されて以降戦列を離れていたイカルディが1ゴール1アシストの活躍で4-0と圧勝したインテル(勝ち点56)は3位を堅守。チャンピオンズリーグ出場権を争う5ポイント差のアタランタに対し、インテルはジェノア戦のスタメンからナインゴランに代えてヴェシーノのみを変更した。 対する5位アタランタ(勝ち点51)は前節ボローニャ戦を電光石火のイリチッチのドッピエッタなどで4-1と完勝し、ここ5試合で4勝と絶好調を維持。1ポイント差の4位ミランが前日の試合でユベントスに敗れたため、インテルに勝利すれば4位浮上となる中、D・サパタが出場停止で欠場となったが、A・ゴメスやイリチッチらをスタメンで起用した。 立ち上がりからハイプレスをかけて攻勢に出たインテルは開始3分、ダンブロージオがネットを揺らすも、その前にラストパスを出したガリアルディーニがオフサイドでノーゴールとなった。さらに9分、前線に飛び出したヴェシーノが遠目の位置からボレーシュートを浴びせるも、GKゴッリーニの好守に阻まれた。 その後、徐々にアタランタに盛り返されたインテルは、20分にアクシデント。右足太ももを痛めたブロゾビッチがプレー続行不可能となってナインゴランが投入された。 ブロゾビッチの務めていた中盤アンカーの位置にガリアルディーニを据えたインテルは31分に決定機。ポリターノのスルーパスでボックス中央に侵入したイカルディがシュート。しかし、ここもGKゴッリーニの好セーブに阻まれた。さらに44分、ガリアルディーニのラストパスを受けたボックス右のポリターノがシュートに持ち込んだがDFにブロックされ、ゴールレスで前半を終えた 迎えた後半、アタランタが攻勢をかける展開が続くもシュートにつなげることはできない。 膠着状態が続いて迎えた72分、インテルに後半最初の決定機。ヴェシーノのダイレクトパスに抜け出したボックス右のナインゴランがシュート。だが。好飛び出しを見せたGKゴッリーニの好守に阻まれた。 終盤の85分には右CKからニアサイドのイカルディがヘディングシュートを放つも枠を捉え切れず、0-0でタイムアップ。インテルはアタランタに勝ち点3を許さず、着実に1ポイントを積み上げた。 2019.04.08 03:11 Mon
twitterfacebook
thumb

開始15分で4発のアタランタがボローニャに快勝!《セリエA》

セリエA第30節のアタランタvsボローニャが4日に行われ、4-1でアタランタが勝利した。 リーグ戦4試合負けなしの5位アタランタが、ホームに18位に沈むボローニャを迎えた一戦。直近のパルマ戦で逆転勝利したアタランタは、その一戦から先発を2人変更。パルマ戦で2ゴールのD・サパタやイリチッチ、アレハンドロ・ゴメスらが先発した。 試合は開始早々に動く。3分、敵陣右サイドでボールを奪ったG・マンチーニが素早く前線に送ると、これを受けたイリチッチがボックス右手前まで切り込み、コントロールショットをゴール左に突き刺した。 先制に成功したアタランタは、5分にも相手ボックス付近でスローインを受けたイリチッチがデ・ルーンとのパス交換でボックス右に侵入。ワンフェイントから右足を振り抜くと、左ポスト内側に当たったボールがゴールに吸い込まれた。 攻撃の手を緩めないアタランタは9分、右サイドを持ち上がったイリチッチのラストパスをボックス右で受けたハテボエルがゴール左隅にシュートを流し込み、追加点。さらに15分には、フロイラーのロングパスで左サイドを抜け出したD・サパタが、ボックス左深くまで持ち込み、右足でゴールネットを揺らした。 開始15分で4点を奪ったアタランタは、その後も危なげない試合運びで試合を支配する。42分には、中途半端なバックパスの処理に飛び出した相手GKのパスをデ・ルーンがカットすると、無人のゴールへロングシュートを狙ったが、これはわずかに左に逸れた。 迎えた後半、アタランタはあれハンドロ・ゴメスを下げてパシャリッチを投入。しかし、先にゴールネットを揺らしたのはボローニャ。54分、ボックス右付近でFKを獲得すると、オルソリーニの直接FKがGKゴッリーニの手を弾き、ゴールネットに突き刺さった。 1点を返されたアタランタだが、すぐに反撃。60分、イリチッチの右FKをゴール前のD・サパタがワントラップからシュートを流し込んだが、これはトラップの際に手に当たったと判断されノーゴールとなった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。結局、最後までスコアは動かず4-1でアタランタが勝利。前半の4ゴールでボローニャに快勝したアタランタが、7日に敵地で行われるインテルとの上位対決に弾みを付けた。 2019.04.05 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“アジアのベイル”がMLSのバンクーバーへレンタル移籍 今季はアタランタへレンタルも半年で終了…

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスは11日、ウディネーゼからイラク代表DFアリ・アドナン・カディム(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のバグダッドFCでプロキャリアをスタートさせたアドナンは、185cmという恵まれたサイズに加え、パワフルかつ高精度の左足を兼備した攻撃的な左サイドバック。2013年にトルコで開催されたFIFA・U-20ワールドカップで“アジアのベイル”と評されるなど、印象的な活躍を披露した同選手は、同大会終了後にトルコのチャイクル・リゼスポルに移籍すると、2015年の夏にウディネーゼへ完全移籍。 ウディネーゼでは、在籍3シーズンで公式戦70試合に出場し1ゴール4アシストをマーク。今季はアタランタへ1年間のレンタルで加入していたが、ここまで公式戦5試合の出場にとどまっていた。この状況を受けて、ウディネーゼとアタランタは半年を残してのレンタル終了で合意した。 弱冠18歳でイラクのフル代表デビューを飾ったアリ・アドナンは、公式戦46試合に出場。1月に行われたアジアカップ2019では、全試合に出場し同代表の決勝トーナメント進出に貢献した。 2019.03.12 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナとのコッパ・イタリアの再戦を制したアタランタが6位浮上《セリエA》

セリエA第26節、アタランタvsフィオレンティーナが3日に行われ、3-1でアタランタが快勝した。 4日前に行われ、3-3と打ち合ったコッパ・イタリア準決勝1stレグと同カードとなった8位アタランタ(勝ち点38)と9位フィオレンティーナ(勝ち点36)の一戦。 試合は3分に動く。デ・ルーンのミスパスをカットしたムリエルがボックス左に侵入して左足でゴール右隅にシュートを蹴り込み、フィオレンティーナが先制した。 13分には昨年急逝した元イタリア代表DFアストーリを悼む拍手が1分間行われた中、アタランタが押し込む時間が続くと、20分にA・ゴメスがGKラフォンを強襲するシュートを浴びせた。 そして28分、アタランタが同点に追いつく。クイックリスタートからボックス右にドリブルで侵入したイリチッチが右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれた。 追い付かれたフィオレンティーナは31分に決定機。ボックス左深くまで侵入したシメオネのクロスをファーサイドのローリーニがシュート。だが、GKにセーブされた。 すると34分、アタランタが逆転に成功する。自陣ハーフラインでパスを受けたA・ゴメスがターンしてドリブルを開始。ペナルティアーク中央まで持ち運んでミドルシュートを叩き込んだ。ハーフタイムにかけてもアタランタが攻勢に出た中、コッパ・イタリア同様に打ち合いの様相となった前半は2-1で終えた。 迎えた後半、フィオレンティーナが前がかる展開となった中、アタランタは58分にイリチッチが直接FKで牽制。すると59分、3点目が生まれる。イリチッチのヒールパスをボックス右深くで受けたカスターニュのクロスをファーサイドのゴセンズがヘッドで押し込んだ。 2点を追う展開となったフィオレンティーナは66分、キエーザのミドルシュートがバーを直撃。運にも見放されると、終盤にかけては自陣に引いたアタランタが余裕を持って時間を消化。 3-1でコッパ・イタリアの再戦を制したアタランタがラツィオに勝ち点で並び、6位に浮上している。 2019.03.04 03:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがクリスタンテの買取OPを行使! 今季公式戦31試合で4ゴールをマーク

ローマは2月28日、アタランタからイタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(23)の買取オプションを行使したことを発表した。 クリスタンテは昨年6月にアタランタから買い取り義務オプション付きのレンタルでローマに加入。そして、今季はこれまでセリエAで23試合を含む公式戦31試合に出場し、4ゴール3アシストを記録していた。 なお、クリスタンテの買取移籍金は今季のレンタル料や移籍金、同選手のパフォーマンスボーナスなどを含め、総額3000万ユーロ(約38億円)となるとローマは発表している。 2019.03.01 00:01 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース