新戦力FWチュカからエース・クリスティアーノ弾!! 甲府が土壇場で白星をもぎ取る《J1》2016.04.10 16:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽10日に山梨中銀スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第6節のヴァンフォーレ甲府vs湘南ベルマーレは、3-1で甲府が勝利した。▽前節の浦和戦で1-2の敗戦を喫し、リーグ戦4試合勝ちなし2連敗中の甲府が、今シーズン未だに勝利がない湘南をホームに迎えた。試合は開始早々に動きを見せた。5分に左CKを獲得した甲府はショートコーナーからクリスティアーノのクロスを、ゴール前に飛び込んだ津田が体で押し込んで先制に成功する。

▽劣勢となった湘南は持ち味の運動量を活かして攻め込んでいくがシュートまで持ち込めず、逆に甲府にカウンターを許す苦しい展開となる。それでも16分には島村のクロスから高山が頭で合わせるが、枠を捉えきれなかった。

▽甲府は34分にフリーキックの流れから左サイドからクロスを入れると、ファーサイドに流れたボールを津田がプッシュ。先制点と似たようなシーンを作り出したが、津田のシュートは枠を捉えきれず、前半は甲府が1点リードで終えた。

▽後半は追いかける湘南がパウリーニョに代えて長谷川を投入。長谷川は湘南加入後、初のJリーグ出場となった。前半同様に湘南が主導権を握る展開の中、長谷川の縦パスが起点となり相手のボックス内に攻め込んでいく回数が増える。

▽すると56分、湘南は左CKのチャンスを得ると、この流れから島村がヘディングシュート。これは枠を外れていたが、稲垣が手を使ってボールを弾いてしまい湘南がPKを獲得する。高山がこのチャンスをきっちりとモノにして湘南が同点に追いついた。

▽甲府は70分、ニウソンを下げてチュカを投入。チュカはJリーグデビュー戦、ホーム山梨中銀スタジアムでのデビュー戦となった。その後もお互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すも勝ち越しゴールは生まれず。84分には湘南が右サイドから攻め込むと、ボックス内に入ってきたアーリークロスに、ファーサイドでフリーとなった藤田がヘッドでゴールマウスに押し込む。しかしここはオフサイドの判定でゴールは認められなかった。

▽このままドローで終わるかと思われたが後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。チュカのスルーパスに抜け出したクリスティアーノが、そのままシュートを流し込んで勝ち越しに成功。さらに、アディショナルタイム3分にはまたもクリスティアーノがゴールネットを揺らして試合は終了。甲府が土壇場で貴重な勝ち越しゴールを奪い、昨年8月以来のホーム白星を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

甲府MF佐藤和弘が左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約6週間

ヴァンフォーレ甲府は15日、MF佐藤和弘の負傷を発表した。 佐藤は、7日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節のFC町田ゼルビア戦に先発出場。しかし、38分に負傷しMF新井涼平と交代していた。 クラブの発表によると、佐藤は左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は約6週間とのことだ。 今シーズンの佐藤はここまでJ2リーグで8試合に出場していた。 2019.04.15 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府のDF小柳達司に第二子となる長男が誕生「町田戦の試合中に男の子が産まれました!」

ヴァンフォーレ甲府は10日、DF小柳達司に第二子となる長男が7日に誕生したことを発表した。 小柳は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「4月7日、町田戦の試合中に男の子が産まれました! 頑張ってくれた妻には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう! これからもより一層の覚悟と責任を持ってサッカーに励んでいきます」 2019年にツエーゲン金沢から甲府に完全移籍した小柳。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに8試合出場している。 2019.04.10 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

男子はヴァンフォーレ甲府U-12が3大会ぶり優勝、女子は千葉中央FC U12ガールズが連覇!バルセロナで開催の世界大会への切符を掴む!《ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN》

U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN」の本大会が駒沢オリンピック公園総合運動場第二球技場/補助競技場(世田谷駒沢公園1-1)にて24日に開催された。 スペイン・バルセロナで開催される世界大会への切符を掴んだのは、男子は3大会ぶりに優勝したヴァンフォーレ甲府U-12、女子は連覇を達成した千葉中央FCU12 ガールズとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 男子大会の決勝トーナメントでは、地方予選を勝ち上がってきた「川崎フロンターレ U-12」や「浦和レッドダイヤモンズジュニア」、 「横浜Fマリノス プライマリー」などの他、昨年優勝の「江南南サッカー少年団」や「レジスタFC」など、前日のグループ予選を勝ち上がった16チームによって熱戦が繰り広げられた。 男子大会の決勝トーナメント1回戦では、「鹿島アントラーズジュニア」が 昨年の優勝チーム「江南南サッカー少年団」から勝ち星を上げる波乱の幕開け。そして、ベスト4全てがJリーグ下部組織チームとなり、迎えた決勝戦では「ヴァンフォーレ甲府 U-12」対「清水エスパルス U-12 清水」という対戦カードになった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 10分ハーフで行われる試合は前半開始5分、「ヴァンフォーレ甲府 U-12」が相手の守備の隙を突き1点を先制すると、すぐさま追加点を上げ、2-0で前半を折り返す。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 後半に入ると、「清水エスパルス U-12 清水」も反撃を見せたがこのまま終了。2016年大会優勝の「ヴァンフ ォーレ甲府 U-12」が、3大会ぶりとなる世界大会出場を決めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 一方の女子大会では、グループ予選から決勝戦まで無失点で勝ち上がった「千葉中央 FC U12 ガールズ」vs「バディフットボール クラブ」が対決。昨年の決勝戦と同カードとなった決勝戦は、互いにチャンスを作るも両者譲らずゴールレスで試合が終了。PK戦に突入した結果、「千葉中央 FC U12 ガールズ」が3-2で勝利を収め、連覇を果たした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 決勝戦を解説した大会アンバサダーの前園真聖氏は、日本代表となった両チームに対し「女子の決勝は昨年と同じ組み合わせになりましたが、PK 戦までもつれ込んだ試合の中で、千葉中央 FC U12 ガールズは普段通り冷静に戦えたことが良かったと思います。世界大会でも普段通りの力を出して、後悔することなく戦ってきてほしいです。男子は、ヴァンフォーレ甲府 U-12 がチームとしてまとまりがあり、自分たちのやりたいサッカーができていたと思います。是非とも世界大会では自慢のチーム力を活かして、前回以上の成績を残してきてほしいと思います」とエール。また、今大会を振り返り「(ダノンネーションズカップは)世界を目指している大会なので、毎年、質の高い、プレーを見せてくれます。今回も決勝戦という緊張感の中で素晴らしプレーを見せてくれて感動しました」とコメントした。 2019.03.28 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府DF山本英臣が右腓腹筋肉離れで全治約2ヵ月

ヴァンフォーレ甲府は19日、DF山本英臣が右腓腹筋肉離れにより全治約8週間と診断されたことを発表した。 発表によると、山本は9日の明治安田生命J2リーグ第3節鹿児島ユナイテッドFC戦で負傷。検査の結果、今回の離脱が判明した。 山本はジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)でプロデビュー後、2003年から甲府一筋でプレー。昨シーズンは明治安田生命J2リーグ21試合に出場し、甲府在籍17年目の今シーズンもここまで3試合に先発出場している。 2019.03.19 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府、FWリンスの北京北体大への完全移籍を発表

ヴァンフォーレ甲府は5日、退団していたブラジル人FWリンス(31)が中国甲級リーグ(中国2部)の北京北体大に完全移籍することを発表した。 リンスは、ブラジル国内のクラブでプレーし、2014年にクリシューマからガンバ大阪へ完全移籍。2シーズンを過ごすと、2016年はフィゲイレンセ、2017年はポンチ・プレッタでプレー。2017年8月に甲府へと完全移籍で加入すると、明治安田生命J1リーグで12試合に出場し6ゴールを記録していた。 2018年はJ2で戦うことになったものの、16試合に出場し5ゴールを記録。2018年7月にFC東京へとレンタル移籍すると、J1で18試合に出場し3ゴールを記録していた。 先日には北京北体大が加入合意を発表しており、甲府側からの発表が待たれていた。 北京北体大は、2019年2月に北京控股足球倶楽部からチーム名が変更。指揮官は中国のクラブの監督を歴任し、中国代表監督も2度務めたガオ・ホンボ監督が務めている。 2019.03.05 11:55 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース