L・エンリケ、メッシ&ネイマール起用のためには「99%の状態でなくてはならない」

2015.12.19 22:38 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
バルセロナは20日にクラブ・ワールドカップ決勝リーベル・プレート戦に臨む。この一戦を前に会見に出席したルイス・エンリケ監督は、尿路結石に苦しんだFWリオネル・メッシ、右内転筋肉離れを患っていたFWネイマールを起用するためには、両選手が「99%の状態でなくてはならない」と話した。スペイン『マルカ』が伝えている。

準決勝の広州恒大戦を欠場したメッシ&ネイマール。L・エンリケ監督は両選手の出場の可能性について、次のようにコメントした。

「試合前に確認すべきことが多くある。私はいつだって楽観的だがね。バルセロナのどのような選手も、100%ではない状態でプレーできる質がある。が、最低でも99%でなくてはならない…」

一方、リーベルへの警戒感も表している。

「彼らはしっかりとサッカーをプレーするだろう。リーガエスパニョーラや欧州のライバルと、そこまで異なる相手ではないよ。リーベルは一枚岩のチームであることが強調されるが、もし注目しなければならない選手を挙げるならば、自陣のゴールに近い彼らとなる。サンチェス、モラ、アルアリノ、クラネビッテル…、もちろん私の元チームメート、サビオラもね」

「手堅い試合になるとは思っていない。リーベルはボールを扱うことやそれを保持すること、また高い位置でのプレッシングを好む。しかし、難しい一戦にはなるだろう」


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

チャビ監督の堪忍袋は破裂寸前…回答渋るデンベレ陣営に「もう待てない」

バルセロナとフランス代表FWウスマーヌ・デンベレの去就をめぐる問題が佳境を迎えている。 2017年夏に出場ボーナスを含めた総額1億3500万ユーロの移籍金でドルトムントから加入したデンベレ。その契約も満了まで半年を切り、その去就が注目されていた。 チャビ・エルナンデス監督によれば、デンベレは契約延長を望んでいるものの、肝心の交渉については遅々として進まなかった。代理人のムサ・シソコが暗躍しているとの噂もある中、20日のコパ・デル・レイ4回戦のアスレティック・ビルバオ戦前の会見で、指揮官はタイムリミットが近づいていることを明かした。 「これ以上ウスマーヌを待つわけにはいかない。契約を更新するか、売りに出すか、直ちに決めなければならない」 「ただ、私は彼をスタンドに追いやるようなことはしない。彼はここに留まりたいと言っているのだが、なぜかサインはしない。不可解な状況だ」 「メッセージは明確だ。ウスマーヌがサインしないのであれば、我々は1月中に売却先を探す。それだけだ」 「オールオアナッシング。申し訳ないが、一番大事なのはクラブの利益だ」 2022.01.19 21:54 Wed
twitterfacebook
thumb

盟友メッシの帰還を求むダニエウ・アウベス「彼がバルサにいないのは奇妙」

ブラジル代表DFダニエウ・アウベスは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシのいないバルセロナに寂しさを感じているようだ。 昨年11月にバルセロナにおよそ5年ぶりの電撃復帰を果たしたダニエウ・アウベス。年俸はラ・リーガ1部で定められる最低額15万5000ユーロ(約2000万円)という、バルセロナ愛が感じられる契約となった。 ただ、そこにいるはずのメッシの不在に戸惑いもあった様子。アルゼンチン『TyC Sports』ノオインタビューで盟友について言及している。 「メッシはサッカー史上最高の選手だ。ここに彼の姿がなく、隣に彼がいないなんて奇妙な気分だよ」 「彼にはこのクラブ以上のものは存在しないと言ったんだ。僕が出て行く時に彼が言ってくれたのと同じ言葉だ」 「彼のキャリアがここで終わることになれば素晴らしいよ」 2022.01.19 20:32 Wed
twitterfacebook
thumb

タグリアフィコに再び脚光、バルセロナやナポリが関心か

アヤックスのアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(29)の人気が再び高まっている。 2018年1月に母国のインデペンディエンテからアヤックスに加入し、屈指の左サイドバックとして名を挙げたタグリアフィコ。2018-19シーズンにはチャンピオンズリーグの準決勝進出に大きく貢献し、同時にアルゼンチン代表でも不動の地位を築いていた。 長らくビッグクラブから関心が伝えられていたタグリアフィコだったが、2020年12月に2023年6月までの新契約を結んだことで一旦沈静化。しかし、ここに来て再び29歳の左サイドバックに興味を持つクラブが増え始めているようだ。 中でもバルセロナやチェルシー、ナポリといったところが有力なクラブだが、アストン・ビラやマルセイユも目を光らせている模様。特に強い関心を示しているナポリやマルセイユは、買い取りオプション付きのレンタルを検討しているようだ。 なお、今季はDFダレイ・ブリントにポジションを奪われ、出場機会を減らしているタグリアフィコの獲得を狙うクラブに対して、アヤックスは700万ユーロ(約9億円)の移籍金を要求していると言われている。 2022.01.19 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが男子年間最優秀選手を2年連続受賞! 『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で各賞発表

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男女各賞受賞者を発表した。 男子最優秀選手は昨年に続きFWロベルト・レヴァンドフスキがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、エジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)を抑えて2年連続受賞。 男子最優秀監督はチェルシーを指揮して約4カ月でチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルをもたらしたトーマス・トゥヘル監督が初受賞。男子最優秀GKはチェルシーの守護神エドゥアール・メンディが同じく初受賞した。 一方、女子最優秀選手はスペイン代表MFアレクシア・プテラス、女子最優秀監督はチェルシーのエマ・ヘイズ監督、女子最優秀GKはチリ代表GKクリスティアネ・エンドレルが受賞している。 その他では年間ベストゴール賞に当たるFIFAプスカシュ賞は、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラがトッテナム時代のアーセナルとのノースロンドン・ダービーで決めたラボーナ弾で受賞。トッテナムは昨年の韓国代表FWソン・フンミンに続き史上初の2年連続受賞に。 FIFAフェアプレー賞、FIFAファン賞は、ユーロ2020のデンマーク代表とフィンランド代表の試合中に卒倒し、一時心停止となったデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの救命措置で世界中のフットボールファミリーから称賛を浴びたデンマーク代表、同試合で暖かなサポートを見せた両チームのサポーターが選出された。 また、偉大なキャリアを送った選手たちが対象となるFIFA特別賞を、それぞれポルトガル代表、カナダ女子代表で代表通算ゴール記録を塗り替えたクリスティアーノ・ロナウド、クリスティーン・シンクレアが受賞することになった。 ◆各賞受賞者一覧 《男子最優秀選手》 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) 《男子最優秀監督》 トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー) 《男子最優秀GK》 エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)) 《女子最優秀選手》 アレクシア・プテラス(スペイン/バルセロナ) 《女子最優秀監督》 エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー) 《女子最優秀GK》 クリスティアネ・エンドレル(チリ/パリ・サンジェルマン、リヨン) 《FIFAフェアプレー賞》 デンマーク代表&メディカルチーム 《FIFAプスカシュ賞》 エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム、セビージャ) 《FIFAファン賞》 デンマーク&フィンランドサポーター 《FIFA特別賞》 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) クリスティーヌ・シンクレア(カナダ/ポートランド・ソーンズ) 2022.01.18 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ユムティティが右足の第5中足骨を骨折…18日に手術へ

バルセロナは17日、フランス代表DFサミュエル・ユムティティが18日に右足の手術を受けることを発表した。 クラブの発表によると、ユムティティは17日のトレーニング中に右足を強打し、第5中足骨を骨折。そして、同選手は、18日にアントニ・ダルマウ医師とクラブのメディカルサービスの下で手術を受ける予定だという。 離脱期間などの詳細に関しては手術実施後に改めてアナウンスする予定だ。 先日に大幅な減俸を受け入れる形で2026年までの新契約にサインしたユムティティは、今シーズンここまでラ・リーガ第17節のオサスナ戦の1試合のみに出場している。 2022.01.18 00:08 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly