ニュース

thumb

流れを生かせずメキシコに敗戦の森保一監督「今日の試合を糧にしなければいけない」

日本代表は17日、国際親善試合でメキシコ代表とオーストリアで戦い、0-2でメキシコが勝利した。 前半は日本が押し込む展開となったが、GKギジェルモ・オチョアの好セーブもありゴールレス。後半、DFルイス・ロドリゲス、DFエドソン・アルバレスを投入して流れを変えると、ラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング 2020.11.18 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「力が違った」メキシコのレベルの高さを体感したMF中山雄太「前半同様プレッシャーがかけられていれば」

日本代表のMF中山雄太(ズヴォレ)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウンター 2020.11.18 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

良い流れを作るも連続失点でメキシコに敗れたDF吉田麻也「勝つ力はまだまだ自分たちにはない」

日本代表のDF吉田麻也(サンプドリア)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウン 2020.11.18 10:17 Wed
twitterfacebook
thumb

「就任してから最悪の時間」前半の出来を語るメキシコ代表監督が感じた日本に足りないもの「前半の決定力」

日本代表は17日、国際親善試合でメキシコ代表とオーストリアで戦い、0-2でメキシコが勝利した。 前半は日本が押し込む展開となったが、GKギジェルモ・オチョアの好セーブもありゴールレス。後半、DFルイス・ロドリゲス、DFエドソン・アルバレスを投入して流れを変えると、ラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング 2020.11.18 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「力不足を痛感している」敗戦のMF柴崎岳、メキシコ代表を分析「見習うところが多い」

日本代表のMF柴崎岳(レガネス)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウンターか 2020.11.18 09:17 Wed
twitterfacebook
thumb

「まさにフラッシュバックした」2年前のベルギー戦がよぎったMF原口元気「自分たちが求めていることをやられた」

日本代表のMF原口元気(ハノーファー)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウン 2020.11.18 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「ちょっとした差」とメキシコ代表の印象を語るMF鎌田大地、ただその差は「とても難しい」

日本代表のMF鎌田大地(フランクフルト)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウ 2020.11.18 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「責任を感じる」決定機逸のFW鈴木武蔵がメキシコ戦を語る「勝負強さがでないと上で戦えない」

日本代表のFW鈴木武蔵(ベールスホット)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウ 2020.11.18 08:07 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: 日本代表 0-2 メキシコ代表《国際親善試合》

日本代表は17日、国際親善試合でメキシコ代表とオーストリアで戦い、0-2でメキシコが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点 ©CWS Brains, LTD.※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 2 2020.11.18 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

日本、前半善戦も後半にヒメネス&ロサーノ被弾でメキシコに敗戦《国際親善試合》

日本代表は17日、国際親善試合でメキシコ代表とオーストリアで戦い、0-2で敗戦した。 4日前に行われたパナマ代表戦を南野のPK弾で辛勝した日本は、パナマ戦のスタメンから9選手を変更。吉田と柴崎のみ引き続きスタメンとなって遠藤や冨安、酒井に鎌田らが先発となり、パナマ戦の[3-4-2-1]から[4-2-3-1]に変更 2020.11.18 06:51 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表スタメン発表!パナマ戦から9名変更、久保建英はベンチで4バック採用か《国際親善試合》

18日の5時にキックオフを迎える国際親善試合のメキシコ代表戦に向けた日本代表のスターティングメンバーが発表された。 10月のオランダ遠征に続き、海外組のみの活動となった今回のオーストリア遠征。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、多くの規制がある中、オーストリアのグラーツでリモートマッチ( 2020.11.18 04:02 Wed
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】この先2年の指標となる試合、チャレンジを忘れず現在地を測る《国際親善試合/日本vsメキシコ》

17日、国際親善試合で日本代表はメキシコ代表と対戦する。 10月に引き続き行われているオーストリア遠征。オールヨーロッパ組で臨んでいる今回の遠征だが、13日に行われたパナマ代表戦では1-0と勝利を収めた。 チームのベースではない[3-4-2-1]のシステムで臨んだ一戦。森保一監督は、「4バックをベースに活動 2020.11.17 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表と対戦するメキシコ代表、負傷中のエレーラやドス・サントスもメンバー入り

17日に日本代表と対戦するメキシコ代表メンバー26名が発表された。 14日に韓国代表と対戦し3-2で逆転勝利を収めたメキシコ。日本戦に向けては、主力であるFWラウール・ヒメネス(ウォルバーハンプトン)やMFエクトル・エレーラ(アトレティコ・マドリー)などが名を連ねた。 ヘラルド・マルティーノ監督は、前日会見 2020.11.17 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「優秀な選手が揃っている」と日本代表を語るメキシコ代表指揮官、日本戦のメンバーは「リスクを決して犯さない」

メキシコ代表を率いるヘラルド・マルティーノ監督が16日、翌日に控える日本代表戦に向けた前日会見に出席した。 メキシコは、14日に韓国代表と親善試合を実施。1点を先制されるも、後半に4分間で3ゴールを奪い、一気に逆転。その後1点を返されるも、3-2で逃げ切り勝利を収めていた。 かつてパラグアイ代表を率いていた 2020.11.16 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「隙のないチーム」森保一監督、強豪メキシコ警戒も「この2年で積み上げてきたものがある」

16日、日本代表の森保一監督が、日本時間18日午前5時から行われる国際親善試合のメキシコ代表戦に向けた記者会見に出席した。 13日に行われたパナマ代表戦は、MF南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。3バックを採用した理由について森保監督は「4バックをベースに活動してきた中で、3バックの機会を持ってもらっ 2020.11.16 20:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「守備に重きを置いている」フランクフルトで意識が変わったMF鎌田大地、メキシコ代表は「日本代表と似ているイメージ」

日本代表は16日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けて取材に応対した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 前日トレーニング前、MF鎌田大地(フ 2020.11.16 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「勝利に繋がるゴールを」メキシコDFとの対戦を楽しみにするFW鈴木武蔵「どう逆をついたり、駆け引きに勝てるか」

日本代表は16日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けて取材に応対した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 前日トレーニング前、FW鈴木武蔵(ベ 2020.11.16 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「W杯のベルギー戦が1つの基準」2年前の課題を胸に強豪・メキシコに挑むDF吉田麻也「より本番を想定して戦わないと」

日本代表は16日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けて取材に応対した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 前日トレーニング前、DF吉田麻也(サ 2020.11.16 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「なかなかこういったマッチメイクはできない」強豪・メキシコとの対戦についてMF柴崎岳「非常にシビアな場面ができてくる」

日本代表は16日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けて取材に応対した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 前日トレーニング前、MF柴崎岳(レガ 2020.11.16 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

日本と対戦のメキシコ代表、主力2選手が欠場濃厚と監督が示唆「リスクは負わない」

17日に日本代表との対戦を控えるメキシコ代表だが、主力2選手が欠場する可能性が高いようだ。アメリカ『Notigape.com』が伝えた。 メキシコ代表は、14日にオーストリアで韓国代表を国際親善試合を実施。先制を許したものの、5分間で3ゴールを奪い逆転。最終的には3-2で勝利を収めていた。 メキシコ代表を率 2020.11.16 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「見習うべきものが多い」MF遠藤航をお手本にするMF中山雄太「良いところを盗んで成長する」

日本代表は15日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けてトレーニングを実施した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 トレーニング前、MF中山雄太 2020.11.15 21:41 Sun
twitterfacebook
thumb

「ファイターらしく見えるかな」マウスピースを手にしたMF遠藤航、デュエル勝利数については「Jリーグでも取り入れたら」

日本代表は15日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けてトレーニングを実施した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 トレーニング前、MF遠藤航( 2020.11.15 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「PKは蹴りたいと思うタイプ」パナマ戦PK弾のMF南野拓実がメキシコ戦に意気込み「勝利にこだわってプレーしたい」

日本代表は15日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けてトレーニングを実施した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 トレーニング前、MF南野拓実 2020.11.15 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

メキシコ戦は「指標にしやすい試合」ロシアW杯の敗戦からMF原口元気が感じていること「1つレベルが上の相手に勝たないとベスト8に入れない」

日本代表は15日、17日に控えるメキシコ代表戦に向けてトレーニングを実施した。 13日のパナマ代表戦では、南野拓実のPKを守り切って1-0で勝利した日本。一方のメキシコは、14日に韓国代表と親善試合を行い、先制を許したものの、一気に3ゴールを奪って3-2と逆転勝利を収めていた。 トレーニング前、MF原口元気 2020.11.15 20:51 Sun
twitterfacebook
thumb

「3バックをやる上で一番よくない状況」DF冨安健洋が感じたパナマ戦のポイントは3バックの動き「もう少し運んだり、高い位置を取ったり」

パナマ代表戦を終え、一夜明けた14日に日本代表のメンバーが取材に応じた。 日本は13日、パナマと国際親善試合を戦い、南野拓実のPKで1-0と勝利を収めた。 この試合では、前半は[3-4-2-1]のシステムと、出場機会の少ない選手が多く起用されたことでなかなか機能しなかったが、後半に大きく流れを掴みチャンスを 2020.11.14 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ビルドアップに長けるGKシュミット・ダニエル、メキシコ代表戦に向けて「価値を示せるチャンス」

パナマ代表戦を終え、一夜明けた14日に日本代表のメンバーが取材に応じた。 日本は13日、パナマと国際親善試合を戦い、南野拓実のPKで1-0と勝利を収めた。 この試合では、前半は[3-4-2-1]のシステムと、出場機会の少ない選手が多く起用されたことでなかなか機能しなかったが、後半に大きく流れを掴みチャンスを 2020.11.14 21:27 Sat
twitterfacebook
thumb

「チグハグしていた部分は正直」1年ぶりの日本代表、DF長友佑都が感じたもの「まだまだ上げないと厳しい」

パナマ代表戦を終え、一夜明けた14日に日本代表のメンバーが取材に応じた。 日本は13日、パナマと国際親善試合を戦い、南野拓実のPKで1-0と勝利を収めた。 この試合では、前半は[3-4-2-1]のシステムと、出場機会の少ない選手が多く起用されたことでなかなか機能しなかったが、後半に大きく流れを掴みチャンスを 2020.11.14 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

先発フル出場を果たしたMF三好康児が最後の決定機を反省「あそこで決めるか決めないかは実力次第」

パナマ代表戦を終え、一夜明けた14日に日本代表のメンバーが取材に応じた。 日本は13日、パナマと国際親善試合を戦い、南野拓実のPKで1-0と勝利を収めた。 この試合では、前半は[3-4-2-1]のシステムと、出場機会の少ない選手が多く起用されたことでなかなか機能しなかったが、後半に大きく流れを掴みチャンスを 2020.11.14 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷部誠を思わせる遠藤航が見せつけた分析力と対応力、日本代表の欠かせない軸に/日本代表コラム

2カ月連続でのヨーロッパ組のみでの欧州遠征。11月シリーズの初戦となったパナマ代表戦は、1-0で勝利を収めた。 約1年ぶりの活動となった10月ではアフリカ勢のカメルーン代表、コートジボワール代表を相手に2試合とも無失点。結果は1勝1分けで終えていたが、パナマ戦に勝利し2連勝となった。 ◆南野のPKで勝利!日 2020.11.14 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

パナマ監督「前半は良い内容で対等にやれた」

パナマ代表のトーマス・クリスティアンセン監督は13日、0-1で惜敗した日本代表戦を振り返り、記者会見に臨んだ。 ◆クリスティアンセン監督(パナマ) ――日本の先発メンバーがかなり変わっていたと思うが影響は 「今日、驚いたのは日本が3バックできたこと。とはいえ、これまでの試合で戦っていた選手も多くいて、サプライ 2020.11.14 04:40 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly